1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

370円「はなまるうどん弁当」を実食。“ソックリ”な丸亀製麺の弁当とどっちがうまいか

bizSPA!フレッシュ / 2021年6月20日 8時46分

写真

新「はなまるうどん弁当」

 今年の4月中旬、丸亀製麺からうどん弁当が発売され、2か月経たないうちに400万食を突破するなど、好調の様子を見せています。これに続けと、ライバルのはなまるうどんでも同じような弁当が5月下旬に登場。一部のネット上では「丸亀のパクリ!」とも言われているようですが……。

うどん弁当を発売したはなまるうどん

◆確かに似ている…

bs102-3

好調の丸亀製麺からは、「夏のうどん弁当」が6月8日から発売されている

 確かに弁当の容器はウリ二つ。弁当のバリエーションや価格帯も共通点を感じる部分は多くありますが、大事なのは、おいしいのはどちらなのか? ということ。

 もちろんおいしさの感覚は人によってそれぞれですから、一概には言えません。以前、丸亀製麺のレポートをした私が、実食・比較レポートをしていきます。麺やつゆ、天ぷらの特徴を紹介しながら、みなさんのお口に合うのはどちらなのか、参考にしてもらえたらと思います(価格は税込・容器代含む)。

◆はなまるのうどん弁当2種を実食してみた

bs102-4

新「はなまるうどん弁当」3番弁当(620円・奥)と4番弁当(650円・手前)※リリースより(以下4枚、同じ)

 発売された、新「はなまるうどん弁当」は、以下の4種。そのなかから私が今回レポートするのは、3番弁当と4番弁当です。

【1番弁当(370円)】
・天ぷら2種(野菜天1個、ちくわ磯辺揚げ1/2個)
・ほうれん草の胡麻和え
・ぶっかけうどん(冷)小

1番弁当(370円)

1番弁当(370円)

【2番弁当(490円)】
・天ぷら3種(えび天1個、野菜天1個、ちくわ磯辺揚げ1/2個)
・ほうれん草の胡麻和え
・ぶっかけうどん(冷)小

2番弁当(490円)

2番弁当(490円)

【3番弁当(620円)】
・天ぷら4種(えび天1個、かしわ天1個、野菜天1個、ちくわ磯辺揚げ1/2個)
・ほうれん草の胡麻和え
・ぶっかけうどん(冷)

3番弁当(620円)

3番弁当(620円)

【4番弁当(650円)】
・甘辛く味付けした牛肉
・天ぷら3種(かしわ天1個、野菜天1個、ちくわ磯辺揚げ1/2個)
・ほうれん草の胡麻和え
・ぶっかけうどん(冷)

4番弁当(650円)

4番弁当(650円)

 丸亀の弁当と構成上大きく違うのは、丸亀に入っている卵焼きの代わりが「ほうれん草の胡麻和え」であること。はなまるで使われている肉は牛肉、丸亀の夏バージョンでは豚の冷しゃぶであるという点です(発売当初の丸亀製麵「2種の天ぷらと定番おかずの肉うどん弁当」は牛肉)。

 それでは、肝心な麺やつゆ、天ぷらについて確認していきましょう。

◆麺は、丸亀製麺に軍配

bs102-5

 うどん弁当の中でもっとも主役といえるのが、「麺(うどん)」でしょう。いずれもさぬき風の太麺になっていて、見ただけでは大きな違いはありませんが、実際に食べてみると、はなまるのうどんはずいぶんと柔らかいことがわかります

 丸亀のほうはコシがしっかりありながら、噛むことで小麦の風味・旨味を実感することができました。食べる人の好みもあるとは思いますが、丸亀の方がうどんのおいしさや醍醐味を堪能しやすいのでは? と感じたのが正直なところです。

 そしてもうひとつの主役、天ぷらはどうでしょうか……。

◆天ぷらは、はなまるのほうが風味よし

bs102-6

 以前のレポートでもお伝えしましたが、私は丸亀の天ぷらがやや苦手。食べた後に残る独特のくどさ・苦味が残念ポイントですが、はなまるの天ぷらはごまの香りが効いていて風味も後味も良好でした。

 特に美味しかったのが、かぼちゃ天。しっとり厚切りのかぼちゃが衣とマッチしていて、存在感を発揮してくれています。天ぷらに関しては明らかにはなまるのほうが上と断言したくなる結果でした。

◆つゆの袋と、お味は?

bs102-7

 はなまるのうどんつゆは切り口が容易なパック状になっていて、注ぎやすさの点でストレスはありません。一方、丸亀は大きめのビニールに入っているため、扱う人によってはこぼしてしまう可能性もある注ぎにくさが難点。

 とにかく慎重に注いでから、味を確かめてみました。はなまるは、いわば東京風の濃口しょうゆベースの濃さが印象的であり、丸亀はやや薄味ながらも出汁と甘味を強く感じるバランスになっています。だしの風味という点では丸亀がやや優勢な気もしますが、好みは分かれるかもしれません。

 以上をまとめると、はなまるのうどん弁当は、天ぷらのおいしさは際立つものの、麺に関しては丸亀のほうに軍配が上がるかもということ。

 はなまるは全体的に濃い味付けなので、濃い味に食べごたえや満足感を感じる人には良さそうです。少しでもうどん好きの皆様の参考になりますように!

<文・撮影/食文化研究家 スギアカツキ>

【スギアカツキ】

食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。世界中の健やかな食文化を追求。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)が好評発売中。Twitterは@sugiakatsuki12

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング