トランプ支持の日本人:ロマン優光連載173

ブッチNEWS / 2020年11月6日 21時10分

写真

President Donald Trump poses for his official portrait at The White House, in Washington, D.C., on Friday, October 6, 2017. (Official White House Photo by Shealah Craighead)

ロマン優光のさよなら、くまさん

連載第173回 トランプ支持の日本人

 10月から11月にかけて、Twitter上では「大阪市を廃止し特別区を設置することについての投票」、高須克弥さんが音頭をとった愛知県の大村知事に対するリコール運動、アメリカ大統領選挙の3つの投票に関わる話題で盛り上がってる人がたくさんいたわけですが、不思議な人たちも色々と見かけました。
 例えば…トランプ氏をおやびんと呼んで慕ってる人たち。あれ、何なんでしょう? あの呼び方から滲み出てくる「ユーモア」感。老境の萩本欽一氏がTwitter上で発していた「ユーモア」感に近いものを感じます。見てるこっちが恥ずかしくてツラくて死にそうになるというか……。
 おやびん派以外にもトランプさんを支持する日本人いますけど、なんで全然日本に優しくないトランプさんを日本人が慕ったり支持してるのか意味がわからんです。自分の言動の整合感などに考慮することなくデタラメな発言で煙にまいたり、平然と事実に反することをアグレッシブに主張して他者を攻撃したりするようなところに「そこにシビれる! あこがれるゥ!」してるのかなとも思ったのですが、日本のトランプ支持者の多くがそういうのが好きでトランプさんを応援してる人たちではありません。別の側面からというか、Qアノン系の話のもっともらしい部分を真に受けてトランプ支持を表明してる人もいますし、おやびん派の人たちはさらに素直にトランプさんの言うことを信じてそう。
 今回のアメリカ大統領選挙でTwitter本社直々にデマ認定されたようなタイプのデマや陰謀論を拡散しがちなインフルエンサーのみなさんの気持ちはなんとなくわかるんですよ。あの人たち、デマとかそんなのどうでもよくて、ああいうのを拡がると得する人と、ああいうのを読んだら気持ちよくなる人に向けてビジネス的にやってるわけですよね? よそでやらかして仕事できなくなってしまいネトウヨビジネスにかけるしかない人とか、今まで鳴かず飛ばずできたけどここでなんとしても成り上がりたい人とか、ああいうことを書くと簡単に大勢の人がふぁぼってくれるからとかで、恥も外聞もなく一生懸命がんばってるんでしょう?
 あの人たちが大阪市廃止とか大村知事リコール運動とかだけじゃなくアメリカ大統領選で同じような活動をするのは、あの人たちが普段相手にしてる客層が喜ぶからです。コロナ禍の中でアメリカ直輸入のQアノン系の創作都市伝説みたいな話やコロナ陰謀説みたいな話を書き綴ってるアカウントが増えてきて、コロナネタ以外も人気だったりするのにインスパイアされたんですかね。もしそうだったら、Qアノンって日本のああいう人たちにインスパイアされたという説があるから逆輸入? それはともかく「トランプ善・バイデン悪」みたいな物語を素直に喜ぶ人たちがいるからやってるわけです。そこには不思議はないんです。不思議なのは、ああいう物語を喜んでる人たちがいるということです。
 あの人たちが大嫌いな中国とトランプさんが対立してるように見えたから(そういう情報を与えられたから)トランプさんを支持していると考えるのが妥当なんですかね。ただ、バイデンさんって民主党じゃないですか。あのー…アメリカの民主党と日本の民主党を同じ組織みたいに考えたりしてるってことは、さすがにないですよね。そこまででなくても、民主党という名前だけで悪認定してしまってる人がいたりしないか不安になってきました。

 そういえば、Twitter本社にデマ認定されたインフルエンサーの方々について、一つ不思議に思ってることが。トランプさんが大統領になろうが、バイデンさんが大統領になろうが、この国がアメリカの顔色を窺いながらやってくのは変わらないですよね。そういうことを考えたら、バイデンさんを攻撃するようなデマが拡がるのを迷惑に思うような人も、あの人たちのお客さんの中にはいますよね。そこを考慮しないんすかね? そっち側の方が本来は太い客なのに。あまり考えてないのか? そっちはもう諦めてるのか? ちょっと気になります。まあ、その場だけウケればいいだろうから、深い理由はないでしょう。すぐに自分の言ったことを忘れて、手のひら返しすればいいだけでしょうし、できるタイプの人たちでしょうしね。
 ああいうアカウントとか、Qアノン直輸入系のアカウントを善意でRTしてる人、面識のある人に関して言えば、非常に善良なタイプの人が多いんですよね。ツラい…。きっことかナイフを善意でRTしてる人を見るのも同じくらいツラい…。

 ああ、不思議と言えば、名古屋の河村市長。あの人、これからどうするんでしょうね? コロナ対策そっちのけでリコール運動やってたわけじゃないですか。絶対、支持率下がってますよね。次の選挙どうするんでしょ? Twitterでの破壊された文体の文章も心配をかきたてます。あれでは政界引退後に、あの手のインフルエンサーになるのも難しそう。維新が愛知での勢力拡大狙ってると思うんですけど、ああいうロートルを維新も仲間にしてくれないと思うんですよね。どうすんだろ?
 河村市長、あいちトリエンナーレ実行委員会の副委員長であり、展示内容について意見を言える立場・介入できる立場だったのに何もしなかったわけで、本来だったら追及される側なわけですよ。そこも不思議ですよね。そんなに問題があると思ってるんだったら、まず最初に自分が責任とって名古屋市長辞めてから、リコール運動やればよかったのに。
 そういえば、高須さんがリコール運動の妨害活動にあっているみたいな話してましたけど、恋人である西原理恵子や息子さんの高須力弥さんは、高須さんがどういうニュアンスで発言したと思っているのかが知りたいです。本気で信じて言ってると思ってるのか、ギャグで言ってると思ってるのか、敵対陣営を陥れるために嘘をついてると思ってるのか。ご本人がどう思ってるのかではなく、本当に近しい人がどう考えてるのかにすごく興味があります。

(隔週金曜連載)

Photo:President Donald Trump poses for his official portrait at The White House, in Washington, D.C., on Friday, October 6, 2017. (Official White House Photo by Shealah Craighead) Public Domain.

★「90年代サブカルの呪い」そろそろ電子書籍版が出るんじゃないかという噂も!?……現時点では、紙の本を書店・ネット書店で「ご注文」のうえご入手ください。★

「90年代サブカルの呪い」(コア新書)
https://books.rakuten.co.jp/rb/15761771/
在庫のあるネット書店はコア新書公式ページから
http://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_027.html

★ロマン優光のソロパンクユニット プンクボイのCD「stakefinger」★
https://books.rakuten.co.jp/rb/15176097/

★ロマン優光・既刊新書<以下3作は電子書籍版あります。主要電子書店スタンドで「ロマン優光」で検索を。>★

『SNSは権力に忠実なバカだらけ』
https://books.rakuten.co.jp/rb/15204083/
主要配信先・書籍通販先などは下のリンクからhttp://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_025.html

『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』
http://books.rakuten.co.jp/rb/14537396/
主要配信先・書籍通販先などは下のリンクからhttp://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_021.html

『日本人の99.9%はバカ』
https://books.rakuten.co.jp/rb/13104590/
主要配信先・書籍通販先などは下のリンクからhttp://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_010.html

★「実話BUNKAタブー」(発売中)では、『ロマン優光の好かれない力』引き続き連載中! 12月号は「男のフェミニストはヤバいやつが多い?」コンビニや書店・ネット書店で!

【ロマン優光:プロフィール】
ろまんゆうこう…ロマンポルシェ。のディレイ担当。「プンクボイ」名義で、ハードコア活動も行っており、『蠅の王、ソドムの市、その他全て』(Less Than TV)が絶賛発売中。代表的な著書として、『日本人の99.9%はバカ』『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』(コアマガジン刊)『音楽家残酷物語』(ひよこ書房刊)などがある。現在は、里咲りさに夢中とのこと。twitter:@punkuboizz

おすすめCD:『蠅の王、ソドムの市、その他全て』/PUNKUBOI(Less Than TV)
楽天ブックス
http://books.rakuten.co.jp/rb/13292302/

連載バックナンバーはこちら
https://wp.me/p95UoP-3N (コピペして検索窓に)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング