小池徹平、山崎育三郎、磯村勇斗……今期、バイプレイで魅せたアラサー俳優3人衆

文春オンライン / 2018年12月16日 11時0分

写真

©iStock.com

 ふと思ったんです「最近、ドラマの中からクリスマスが消えてる」って。ちょっと前まで10月~12月期O.A.恋愛ドラマの最大テーマといえば、「いかにふたりが困難を乗り越え、ハッピーなクリスマスを迎えるか」だったはず。マライヤ・キャリーのハイトーン主題歌に乗せて、山口智子、松下由樹、柳葉敏郎が共同生活を送る『29歳のクリスマス』や、メロウな稲垣潤一の歌声が響く中、唐沢寿明と福山雅治が恋愛バトルを繰り広げる『ホームワーク』なんて激アツ作品もありました。

“普通”の恋愛ドラマがどんどん減っている

 が、平成終了のカウントダウンが始まった今期、地上波でプライムタイムに放送中のドラマは「ほぼ、クリスマス死滅状態」です。どうした、クリスマス! 小田和正の『クリスマスの約束』とともにどこかに飛んでしまったのか?

 と、ドラマ界で隅っこに追いやられているクリスマスのことを思いつつ、フロントラインで語られることも多くなったドラマ界の「バイプレイ」=助演に注目したいと思います。アラサー実力派俳優たちが今期のドラマで魅せた存在感とは――。

 そもそも「クリスマス感」どころか、オフィスや学校で展開する“普通”の恋愛ドラマがどんどん減っている昨今。今期も、ストーリーの進展が異常に遅い『獣になれない私たち』(日本テレビ)、中学生男子と新任教師との歳の差愛を描いた『中学聖日記』(TBS)、40代も後半に入った男女の変形恋愛模様『黄昏流星群』(フジテレビ)と、どうにもテンション(そして視聴率)が上がりづらい。

まさに「ベイビーフェイスの逆襲」

 そんな中、恋愛ドラマとして気を吐いているのが『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS)。若年性アルツハイマーに冒された産婦人科医の尚(戸田恵梨香)と、尚との出会いでふたたび小説家として歩み出す真司(ムロツヨシ)を軸に、彼らと周囲の人々の10年間が描かれています。

「終幕」に向かっていくしかない哀しさと切なさの中に、ほっこりとした笑いをちりばめた本作でビビッドなバイプレイを魅せたのが小池徹平さん。尚と同じ病を抱え、自分と同じ闇の中に彼女を引きずり込もうとする松尾公平役をキラースマイル全開で演じる姿は、まさに「ベイビーフェイスの逆襲」です。

自身のキャラを逆張りしたバイプレイ

 ウエンツ瑛士さんとの音楽ユニット・WaT解散後は俳優としてソロ活動をしている小池さんですが、森に住む愛らしい動物のような笑顔と、パーカー&斜め掛けバッグが似合うキュートさは32歳の今も健在。

 が、そのキュートさが、30歳を越えた俳優として必ずしもプラスに働くと限らないのはご承知の通り。ただでさえ渋滞気味の男性アラサー俳優陣。自身の強みをアピールしなければ、40代になった時に第一線に立てているかは微妙です。

 そこで小池さんが切ったカードのひとつが「ベイビーフェイスならではの怖さ」。『大恋愛』での演技も、甘いキラースマイルや、持ち前の爽やかさがあるからこそ、役の内面の異常さが際立つワケです。「普通じゃない感」を視覚化するために見せた納豆ズルズル食べからのゲップ芝居や、キュートなビジュアルを逆手にとっての“闇感”溢れるストーカー演技……小池さんが自身のキャラを逆張りしたバイプレイは大成功を収めました。

ミュージカル俳優が映像作品に出るのが難しい理由

 続いてピックアップしたいのが『昭和元禄 落語心中』(NHK)で有楽亭助六を演じる山崎育三郎さん。著名な落語家・有楽亭八雲(岡田将生)のもとに、刑務所を出たばかりのチンピラ・与太郎(竜星涼)が弟子入りしたことをきっかけに、八雲とかつての盟友・助六(山崎)との因縁が次第に明らかに。戦争中から平成まで時代を行き来しながら物語が紡がれていきます。

 山崎さんといえば、日比谷界隈では知らぬ人がいないミュージカル界のスター。ですが、ミュージカル界の売れっ子って、映像作品に出るのがなかなか難しいのです。なぜなら、人気俳優は劇場の都合で2年から3年前にスケジュールを押さえられてしまうから。また、大劇場での芝居に慣れると、指1本、視線ひとつで感情表現が成立する映像の演技に順応するのも一苦労。なので、彼もここ数年は「ミュージカル界のスター」の看板を背負った上でドラマに出ていた印象。ですが、本作ではっきり「化け」ました。

 泥くさくて直情的。圧倒的な華と明るさとで落語界の階段を駆け昇った天才・助六。が、芸者のみよ吉(大政絢)と駆け落ちし、捨てたはずの落語に絡め取られて死んでいく。

 個人的にはこの作品が今期で一番刺さる“恋愛ドラマ”だと思っています。BL云々ではなく、八雲と助六は互いの“芸”を誰よりも愛し、妬み、恋い焦がれ、体以外……相手のすべてを命さえ賭けて欲し合った仲だから。この作品の山崎さんを見て「ああ、なんか急に歌いだす舞台に出てる人ね」なんて思う人はいないはず。「華麗なミュージカル俳優」が「泥臭い役者」に化けたバイプレイでした。

「これでもか!」な勢いでおバカな芝居を繰り出す福田組

 最後に注目したいのが今期の大穴(?)ドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ)で悪の巣窟・開久高校のNO.2、相良猛を演じる磯村勇斗さん。

 1980年代の千葉を舞台に軟高、紅高、開久と、3つの高校のツッパリ(ヤンキーではありません、あくまでツッパリ)たちが繰り広げる青春学園コメディ。脚本・演出が『勇者ヨシヒコ』『銀魂』シリーズの福田雄一氏ということで、手練れの俳優陣が「これでもか!」な勢いでおバカな芝居を繰り出しています。

 当初、制作サイドはアラフォーから80年代ドンピシャのアラフィフ世代をメインターゲットに据えていたと推測するのですが、ふたを開けてみれば小学生から高校生に大人気。そういえば家の前の保育園でも園児たちがドラマの主題歌『男の勲章』を毎日嬉しそうに歌っています。いいのか、教育上。

あえての「クズ転向」に拍手

 これまでの磯村さんというと、代表作は有村架純さん主演のNHK朝ドラ『ひよっこ』で演じたコック見習いのヒデ。白いコック服を身にまとい、陰からみね子を見守って、最後はめでたく夫婦になる。あー、良かった。最後はちゃんとした人が幸せになるのねえ……と、オトナ女子たちの安心をかっさらいました。が、本作では陰湿な卑怯さでアタマを追い落とし、汚すぎる手を使って軟高の三橋(賀来賢人)と伊藤(伊藤健太郎)を潰しにかかる極悪モードに。

「朝ドラでの爽やかなヒデはどこに行ったの?」と涙目になりつつ、アッシュの髪に眉毛を消して挑んだ清々しいまでの卑怯者キャラに心からの拍手を贈りたい。だって、普通の若手だったら1回売れた役柄をしばらくなぞって人気とイメージをキープするはずなんです。そこをあえての「クズ転向」。さらに、この相良って同情の余地も可愛げも一切ない「究極のクズ」なんですよ。これは演じる側もある種の振り切りがないと成立させられない。

 今期のドラマのバイプレイで輝きを見せたアラサー俳優3人衆。彼らの共通点は「主演も張れるプレイヤーが覚悟を決めて新たな境地に挑んだ」こと。近年、バイプレイが注目されるひとつの理由が、主役に比べ、振り幅のあるキャラクターを存分に魅せられるからかもしれません。

 それにしても本当に減ったなあ“普通”の恋愛ドラマ。なんてことを思いながら、すっかりLEDモードになったクリスマスのイルミネーションを見上げるのでした。

(上村 由紀子)

文春オンライン

トピックスRSS

ランキング