平成の終わりに考える ZOZO前澤友作さんは花火師か、あるいは思想のある経営者か

文春オンライン / 2019年1月10日 18時0分

写真

©iStock.com

 年は明けましたが、お前ら何かいいことはありましたか。

 以前、事業資金が足りないと言うのでカネを貸した直後いきなり逃げて行った古い友人から、何年かぶりに夫婦と娘二人が仲良く写っている写真がプリントされた年賀状が送られてきて血圧が上がった以外は、穏やかな年末年始を送っておりました。

 実家に帰ったところ、老いた父親が頑丈なはずのハズキルーペを踏んづけて真っ二つにしたり、玄関先で塗ったペンキを嗅いだ野良猫ちゃんが気絶していたり幸先の良い一年を迎えられたと思っております。

 2019年は平成も終わり5月1日からは新しい元号が始まるとのことですが、昭和生まれの私としては30年続いた平成の時代の総括って凄くむつかしいんですよね。なんかこう、社会的にはドーンと停滞していた30年だったなあと。

みんなと一体でありたいという隠れたモチベーション

 そんな陰鬱とした平成の最後に、我らがZOZO前澤友作さんが私財1億円を叩いて一般人100人に100万円ずつばら撒くというイベントが! いいですね、こういう夢のある話は。

 不肖、この私も「RTするだけで100万円貰えるチャンスがあるんなら」ってことで、前澤さんフォローしてリツイートしてみたんですが、後から後からなんか凄い量の応募者が!! 結果的には当然のようにハズレて残念な思いをしました。ちくしょう。でもまあ前向きに面白くネット上でワイワイ話題作りできるって最高ですよねえ。100万円外れて最高にムカつくけど。

 前澤さんがそこまで計算して1億円ばら撒く話を思いついたのかは分かりませんが、こういうのがウケるバックグラウンドって、みんなで寄ってたかって盛り上がれる何かが求められているからだと思うんですよ。ハロウィンであれ日本代表が出場するスポーツイベントであれ、何かを吹っ飛ばしたい、何か辛いことを忘れたい、みんなと一体でありたいというもの凄い隠れたモチベーションが裏側に控えていると思うんです。

これだけ盛り上がるのはタダだからですよ

 そして何より、1円も払いたくない。リスクなく、大きなリターンを。少しでもコスパよく、エレガントに。ネットでは一部の専門家の間から「これが新しい広告の形だ」みたいな過剰な評価まで出てきておりましたが、これだけ盛り上がるのはタダだからですよ。

 PayPayなるソフトバンク系の電子決済でも「100億円分のポイント還元だ」とか言って欲しくもない高額家電を買う人が続出したのも、ある種の「お得感」に群がる大衆心理みたいなものが平成を生き抜いた日本人の精神骨格に染み付いていると思うんです。まあ、100万円外れて最高にムカついてはいるんですが、まあ、夢を感じさせてくれたからまあいいかと。良くないけど。

 それこそ、豪商紀伊国屋文左衛門が元禄文化華やかな時代によそ様の雪見会場を妨害するために大判ばら撒いて住民が殺到して台無しにしたのと同様に、成金が思い付きで変なことをやる、それを見てみんなが手を打って喜ぶ、それを見た成金がさらに過激なことをしようとするというパフォーマンスの連鎖ってのは大事だと思うんですよね。

自分から積極的にひけらかしにいく姿勢は嫌いじゃありません

 しかも、前澤さんのTwitterプロフィール欄はふつうの内容は書いてなくて「月に行く予定の人で、ZOZOの社長で、剛力彩芽さんが彼女で、リツイート数の世界記録保持者」ってのが自己紹介になっとるという。

 自分のことを他人に紹介する際に、芸能人が私の彼女ですと言い切るスタイルが男らしいじゃないですか。そりゃ上場企業経営者に芸能人や女性タレントをつまみ食いしてややこしいことになった人たちは多数見てきたけれど、自分から積極的にひけらかしにいく姿勢は嫌いじゃありません。抱えたミサイルはとりあえず全弾ぶっ放しにいく態度は素晴らしいと思います。100万円が外れて最高にムカついている以外はその潔さに惚れるんですよね。

 他方、私のように証券投資が好きな人間からしますと、どうしてもZOZO(旧社名「スタートトゥデイ」社)は興味深い銘柄であり続けました。最近はどうでも良くなりましたが、以前は深夜番組の銘柄情報で取り上げたりして、ずっと注目していた理由はその「思想性」にあります。

単に豪運な成金で終わらない経営者としての奥深さも感じる

 企業というのは、多かれ少なかれその経営者の考え方や人間性が前面に出るもので、社風が固まってコーポレートイメージが事業全体を彩らせていく部分があります。前澤さんというのは社員のためにユニークな評価制度として社員に払う給料を極力均一にして競争をなくそうとしたり、率先して1日7.5時間労働で週休3日も可能としたり、単に豪運な成金で終わらない経営者としての奥深さも感じるわけですよ。

 一方で、超実力主義的な田端信太郎さんをLINE社から引き抜くような形でZOZOのイメージ戦略のかなめに置いていて、どちらかと言えば理想主義的なフラワー体質の前澤友作さんと、マッチョ思想の具現者である田端信太郎さんが前のほうにドーンと出ているのは興味深いわけです。どちらも優秀だと思うけど、思想だけ見れば正反対じゃね? 態度を見ればどっちも説教臭い目立ちたがりという点では共通しておるわけですが、私としては100万円が外れて最高にムカついていることを除けば「これでどこまでやっていけるんだろう」という気持ちにもなります。

「前澤流の急成長の終わり」を暗示させる部分がある

 惜しむらくは、前澤個人商店の延長線上でZOZOが終わらないといいなあと思うところで、ZOZOの高収益を生み出す仕組みがどこまで持続できるかがハッキリしない以上、単なる話題作りでZOZOが各種メディアに取り上げられただけでは花火師で終わってしまいかねない部分はあると思います。夢を大事にする、何かにすぐに取り組んでいく強さを前澤さんが持っていたとしても、ZOZOがいまあるビジネス上のリソースや、作り上げたブランドを土台にして第二第三の高収益事業を築いていける状況にはありませんので、株価がなかなか冴えなくなっている理由も「前澤流の急成長の終わり」を暗示させる部分があるのではないかとは感じます。

 世界的に穏やかな景気拡大があり、一方で、人口減少や生産性の低迷で日本社会が中国との競争に負けていく中で徐々に国富を失っていったのが、平成の30年間でした。そんなを平成時代を象徴するような緩やかな衰退を伴う「食える閉塞感」を、100万円の夢をみんなに持たせることで打破しようとしているZOZOってのは面白い会社だなあ、100万円さえ当たってくれれば良かったのになあと思わずにはいられない新年でした。

(山本 一郎)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング