オリックス・福良前監督のGM就任は、一番期待値の高い補強策だ

文春オンライン / 2019年5月30日 11時0分

写真

監督時代の福良淳一氏とヘッドコーチ時代の西村徳文氏

 かれこれもう13年ほど前の話になるだろうか。我々MEGASTOPPERのメンバーはスカイマークスタジアム(現・ほっともっとフィールド神戸)の一室、急誂えで用意された控え室で試合後のセレモニーの出演待ちをしていた。そろそろ準備でも始めようかというタイミング、そんな中メンバーでギタリストの244(ツヨシ)が驚いた表情でドアを開け急ぎ早に控え室に戻って来た。

「ヒロユキ(=DOMI、自分の事をMEGASTOPPERのメンバー達はそう呼ぶ)! エライこっちゃ! ちょっと来いよ」と早口気味にまくし立てる。何のこっちゃと、とりあえず2人で控え室を出て少し歩くと、そこには報道陣の人だかりとざわつく会話があった。会話の糸を手繰りながら状況を飲み込んでみるとどうやら中村勝広監督が試合後の選手サロンで辞任を発表するとの事。慌ただしく揺れるプレス用の腕章が印象的な、そうあれは2006年の9月、シアトルではイチロー選手が9年連続の200本安打を達成した年の事だった。

鮮やかだった中村「GM」の手腕

 スカイマークスタジアム1階1塁側の「中村勝カレー」が記憶に根強い中村勝広氏。実はORIX球団「平成唯一のGM(ゼネラル・マネージャー)」である。確かにファンの間では監督としての評価はイマイチ高くなかった中村氏だが、今にして思えばGMとしての手腕は非常に鮮やかなものだった。

 2005年オフのドラフト会議までは編成を指揮し京産大から平野佳寿(ダイヤモンドバックス)、NTT西日本から岸田護、当時の高校生ドラフトでは履正社から岡田貴弘(T−岡田)を獲得。更にその前年の2004年ドラフト会議ではトヨタ自動車から金子千尋(金子弌大)、JR東海から光原逸裕を獲得するなど今振り返れば完璧とも言えるチーム編成を実施、加えてダイエーから村松有人、広島から菊地原毅を獲得するなど確実に強豪チームへと歩を進める明確なシナリオを描いていた。

 NPBでは最近になってようやく馴染みが出てきたこの「GM」。実はNPB一番最初のGM制導入は1994年のロッテで、NPB史上最初のGMは広岡達朗氏である。映画「マネーボール」でブラット・ピットが演じ一躍脚光を浴びたそのGMだが、「マネーボール」のモデル、ビリー・ビーン氏がアスレチックスのGMに就任したのが1997年、アスレチックスが常勝軍団になったのが2000年以降であるから当時のロッテの取り組みは実に画期的だったと言えるだろう。

待ちに待ったようで案外早かった福良イズ・バック

 そして時は流れ2019年。イチロー選手が現役引退を発表した年の5月の終わり、ORIX球団から実に楽しみなニュースがリリースされた。ORIX球団としては2005年以来のGMの設置、その際の湊通夫球団社長の言葉が実に印象的で「フロントの強化」だと言うではないか。超一流の経営者がフロント強化の為にと生粋の野球人をフロントの重要職に任命するのだから、湊球団社長の球団愛が伝わってくる。

 これほどファンにとって明るく未来のあるニュースは糸井嘉男獲得(2013年1月)のニュースの時以来ではないだろうか。そう、リリースされたのは福良淳一前監督のGM就任のニュースである。仏の福良・鬼の福良、我らの福良さんがチーム編成の中心に帰ってくるのだ。それもGMという最重要ポストとして。待ちに待ったようで案外早かった福良イズ・バックである。

 会見で福良GMはここからの巻き返しを口にした。確かにまだまだ5月、しかも首位までたったの5.5ゲーム差である。若手主体への切り替えタイミングだとか、チームの生まれ変わりの時期だとか、そんな諦めにも似た言葉をちょくちょく耳にするようになってはきたが、まだまだ今シーズンのペナントを諦めるには時期尚早である。補強も視野に入れた巻き返しをフロント、そしてチームが一丸となって推し進めようとしているのを証明して見せたこの発言、実は何よりファンに希望と勇気を与えてくれたのではないだろうか。それに「福良チルドレン」とも言えるであろう現在のORIX Buffaloesの主力選手達を見るに、福良GMの編成と育成の巧みさはファンなら誰もが知るところだろう。これは非常に期待ができる。ORIX球団「令和最初のGM」福良さんの就任は、実は現状一番期待値の高い補強策なのかもしれない。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2019」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/11703 でHITボタンを押してください。

(DOMI)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング