「五月病」は本当は”六月病”かも 大型連休を終えても油断できないその正体とは?

文春オンライン / 2019年5月11日 11時0分

写真

©iStock.com

 学校や企業のフレッシュマンが、入学・入社から1カ月が過ぎたところでの大型連休――。心身に溜った疲労と不規則な日程が重なって体調を乱すのが「五月病」だ。

“ブルーマンデー・シンドローム(サザエさん症候群)”の新緑特大号のようなこの病態に苦しむ新人が、あなたの周囲にもいるかもしれないし、あなた自身が苦しんでいる当人なのかもしれない。放置すると最悪の場合「自殺」の危険性もあるというこの五月病について、原因と対策をメンタルヘルスの専門医に解説してもらう。

「季節の変わり目には気を付けろ」は事実?

 頭痛やめまい、腹痛や睡眠障害など、身体的、精神的に様々な症状を引き起こす五月病。特に今年は10連休という例年にない大型の休みを挟んだこともあり、つらい不定愁訴に苦しむ新人が多いのではないだろうか。

「“五月病”というのは正式な病名ではなく、医学的には自律神経失調症と適応障害にまたがって分類される病態のこと」

と語るのは、横浜労災病院勤労者メンタルヘルスセンター長で心療内科医の山本晴義医師。まずは発症の仕組みを解説してもらった。

「五月病を説明する前に、人間の体と季節の関係を理解しておく必要があります。季節には春夏秋冬の4つがありますが、本来人間の体は夏と冬の2つのシーズンにのみ対応するようにできています。つまり、体にとっての春と秋は、冬から夏へ、夏から冬への移行期に過ぎないのです。人体の機構はこの時、季節の変化に順応するための様々な対応で忙しくなります。自律神経が乱れがちになり、体調を崩しやすくなる。昔から“季節の変わり目は要注意”といわれるのもこのためです」

五月病は体内時計のズレから始まる

 こうした「季節と体」の関係が前提としてある上に、フレッシュマンにとっては入学や入社という「環境の変化」が大きなストレスとなる。それまで馴染んでいたところから知らない人ばかりのところに移り、慣れない勉強や仕事に必死に取り組んできた1カ月。心身ともに疲労が最大値に達したところで大型連休を迎えた。しかし、ここでたっぷり休んでしまうと、体のリズムが崩れやすくなるのだ。

「朝寝坊や夜更かしのし放題でサーカディアンリズム(概日リズム=体内時計)が狂うのが一番の原因。家族と同居していればまだ周囲と合わせようとする力が働きますが、一人暮らしだと歯止めが利かない。昼夜逆転の生活に体が馴染んでしまったところで再び学校や会社が始まり、体は否応なく緊張状態に置かれます。このストレスが“症状”という形で顕在化するのが五月病の正体なのです」

五月病が侮れない理由は、"3つの不調"

 だからといって連休中にも会社に行けというのではない。せめて起床時間だけでも揃えておけば、五月病のリスクは下げられたということだ。

 山本医師によると、五月病の症状は「体」「心」「行動」の3つの不調に分類されるという。

「“体の不調”とは、頭痛、めまい、動悸、肩や首のこり、胃痛、下痢や便秘、吐き気に代表される消化器系の症状など。“心の不調”とは、無気力、億劫、憂鬱、イライラ、不眠、など。“行動の不調”とは、登校や出社拒否、暴飲暴食など。いずれも早期であれば生活習慣を見直すことで改善も可能ですが、放置すると自分では治すことができなくなり、医療の力を借りる必要が出てくる。それさえ放置すると、いずれうつ状態に移行することになり、こうなると危険です。自分など社会の役に立たない人間だ――と思い詰めるようになり、最悪の場合は自殺の危険性も出てくる。早い段階で対策を講じる必要があります」

連休を終えた今に、できること

 すでに連休を終えた今となっては、怠惰と悦楽に浸った10日間を後悔しても始まらない。いま苦しんでいる人はどうすればいいのだろう。山本医師は、たとえつらくても、学校や会社には行くべきだという。

「基本は体を“夜型”から“朝型”に修正すること。そのためには、学校や会社が始まる3時間前に起床するのです。午前9時の始業なら、毎朝6時に必ず起きる。最初はつらくても、これを土日も含めて毎日励行することで、体は自然に朝型になっていきます」

 夜、寝つきが悪い人も、早起きを繰り返しているうちに、自然に早寝ができるようになる。早起きして、体を一日の授業や仕事で疲れさせ、自然に眠くなるように仕向ける。「早寝→早起き」ではなく「早起き→早寝」を体に覚えさせていくのだ。

「これは、五月病に限らず、ブルーマンデー・シンドロームの対策としても有効です。土曜や日曜、祝日に朝寝坊しないこと、そして休日は日中に軽いスポーツなどで体を適度に疲れさせることが、体内時計を正常に保つ上で重要です。起床時刻だけは365日揃えることから始めましょう」

 それでもストレスが強くてどうしても眠れないときは、心療内科を受診して睡眠導入剤を処方してもらってもいい。まずは「眠り」からサーカディアンリズムの改善を図るべきなのだ。

 言うまでもないことだが、ベッドにスマホやゲームを持ち込むのは御法度だ。これは睡眠や脳に影響を与えるだけでなく、「目」にも深刻なダメージを及ぼす。就寝の1時間前からは、スマホやゲームはもちろん、パソコンからも目を遠ざけるようにしたい。

発症のリスクは梅雨明けまで残る

 ちなみに、山本医師の実感では、五月病の症状を訴えて心療内科を訪れる人は、5月よりも6月のほうが多いという。

「原因は“梅雨”です。4月の忙しさと大型連休による概日リズムの崩れで、連休明けにつらい思いをしていた人が、それでもどうにか頑張って乗り越えようとしていたところに、梅雨という鬱陶しさが加わることで、ついに力尽きてしまうのです」

 そう語る山本医師によると、五月病は、何事に対しても真剣に取り組む真面目な人ほどなりやすいという。

 連休明けのこの時期は話題になりやすい五月病だが、発症のリスクは梅雨明けまで残る。苦しんでいる人、悩んでいる人は早めに、心療内科や総合診療科などへの相談をお勧めする。

(長田 昭二)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング