藤井聡太の最年少タイトル奪取は可能か?――令和に達成の期待がかかる将棋記録トップ5

文春オンライン / 2019年5月11日 11時0分

写真

藤井聡太は、すでに全棋士参加の一般棋戦「朝日杯将棋オープン」では2連覇を達成している ©文藝春秋

 平成の終わりが迫った4月29日、日本将棋連盟は「棋才 平成の歩」なるイベントを開催した。出席したのは、谷川浩司、羽生善治、渡辺明、藤井聡太ら豪華メンバー。それぞれが令和の時代の将棋界がどのようになるか問われると、羽生は「将棋界もカオスの時代になるのではないか」、藤井は「人間と一度も対局せずに棋士になる人が出てくるのではないかと思います」と予言した。

 今回は、そんな令和時代に打ち立てられる期待がかかる新記録について考えてみたい。果たして新時代の旗手となるのは誰だろうか。

1、藤井聡太の最年少タイトル奪取

 やはりといっては身も蓋もないが、まず期待がかかるのは、藤井聡太がいつタイトルを奪取するか、という点になるだろう。現在の最年少タイトル獲得記録は屋敷伸之の18歳6ヵ月で、平成2年に棋聖を奪取しての実現となった。藤井がこの記録を破るには、令和2年の年末までにタイトルを獲得する必要がある。現在、可能性があるのは今年の王座戦、竜王戦と来年の王将戦、棋王戦、叡王戦、棋聖戦、王位戦、王座戦、竜王戦の9棋戦だが、果たして……。

 なお、令和元年5月1日時点では、藤井以外に最年少タイトル獲得記録を更新する可能性のある棋士はいない。四段昇段からタイトル奪取までは最速でも1年ほどはかかるので、10代半ばにデビューして、すぐにトップクラスに上り詰めるくらいでないと、この記録は破れないのだ。

2、同時八冠の実現

 平成の終わりに、叡王戦が8つ目のタイトルに昇格した。そうなると羽生の七冠を超える「八冠王」の実現にも期待がかかるが、多士済々の戦国時代を抜け出して、天下を統べる棋士は現れるだろうか。

 現時点での最多冠は豊島将之と渡辺明の二冠。両者ともに三冠目への挑戦が確定している。それぞれが最速で八冠王を実現した時の星を計算してみたが……。

 まず豊島の場合、

名人戦で1勝(挑戦中の番勝負で3連勝中)
棋聖戦で3勝(防衛戦が確定)
王位戦で4勝(防衛戦が確定)
王座戦で7勝(挑戦者決定トーナメントで4勝、番勝負で3勝)
竜王戦で9勝(1組で1勝、決勝トーナメントで4勝、番勝負で4勝)
王将戦で8~10勝(挑戦者決定リーグで4~6勝、番勝負で4勝)
棋王戦で9~11勝(挑戦者決定トーナメントで6~8勝、番勝負で3勝)
叡王戦で9~10勝(本戦トーナメントで5~6勝、番勝負で4勝)

 と、このように勝てれば、最速で令和2年の5月頃に八冠王だ。

 続いて渡辺は、

棋聖戦で3勝(挑戦が確定)
王座戦で7勝(挑戦者決定トーナメントで4勝、番勝負で3勝)
竜王戦で9勝(1組で1~2勝、決勝トーナメントで3~4勝、番勝負で4勝)
王将戦で4勝(防衛戦が確定)
棋王戦で3勝(防衛戦が確定)
叡王戦で9~10勝(本戦トーナメントで5~6勝、番勝負で4勝)
名人戦で11~13勝(A級順位戦で7~9勝、番勝負で4勝)
棋聖戦で3勝(王位戦番勝負の前に棋聖戦の防衛戦が入る)
王位戦で12~14勝(予選で4勝、紅白リーグで3~5勝、挑戦者決定戦で1勝、番勝負で4勝)

 こちらの八冠達成は最速で令和2年の8月頃となる。

 自ら書いていても思うが、タイトル独占というのはとてつもない無理難題である。しかしながらそれをやったのが(防衛戦が大多数とはいえ)、平成7年度の羽生だったのだ。

 ちなみに羽生七冠達成の段階を追うと、

平成3年の3月に棋王奪取(一冠)
平成4年の9月に王座奪取(二冠)
平成5年の1月に竜王奪取(三冠)
同年の7月に棋聖奪取(四冠)
同年の8月に王位奪取(五冠)
同年の12月に竜王失冠(四冠に転落)
平成6年の6月に名人奪取(五冠に復帰)
同年の12月に竜王奪回(史上初の同時六冠達成)
平成7年の3月に王将挑戦失敗(七冠達成ならず)
平成8年の2月に王将奪取(七冠達成)

 となっている。羽生をしても5年かかるとみるべきか、羽生だから5年で済んだとみるべきか。

 いずれにしても、せめてタイトルの過半数を保持した時にようやく実現の可能性が、わずかながらに感じられる大記録というべきだろう。

3、「女性棋士」の誕生

 棋界の新たな転換点として認められる瞬間は、女性が四段になりプロ棋士としてデビューするときだろう。

 現在までに60名を超える「女流棋士」が誕生しているが、「女流棋士」と「棋士」はまったくの別制度だ。プロの棋士になるためには、奨励会の三段リーグを突破して四段になる必要があるが、いまだ「女性棋士」は一人もいない。現役最強女流棋士というべき里見香奈をもってしても、奨励会の壁は厚く、三段リーグという最後の壁を抜けられなかった。現在、ただ一人の女性として三段リーグを戦っている西山朋佳には大きな期待がかかっている。

 藤井フィーバーによる一連のブームで、奨励会を目指す女子が増えれば、いずれは女性棋士の誕生が現実になると思う。また現在の女流棋士も、勝ち進むことで男性棋戦参加への道を開き、そこでプロ編入試験の受験資格を得るに至れば、こちらも女性のプロ四段は夢物語ではない。

4、年度最高勝率記録の更新

 現在の年間最高勝率記録は、昭和42年度に中原が記録した0.855(47勝8敗)。この記録は50年たっても破られていない。連勝記録以上の聖域と化している。昨年度及び一昨年度の藤井には更新の期待がかかっていたが、惜しくも届かなかった。

 とはいえ、2年連続年間8割超えは中原と藤井しか達成していない、こちらも偉大な記録なのだ。史上初の3年連続8割超えとともに、新記録達成も見てみたいというファンは多いだろう。

5、通算勝利数の更新

 現在の通算最多勝は大山の1433勝。これを追うのが1429勝の羽生である。さすがに更新は時間の問題だろうが、さらに羽生が勝ち数をどこまで積み重ねるかだ。

 直近3年の羽生の年間勝利数は、平均して30ほど。また大山は晩年の15年間でも平均して年30勝近く勝っていた。仮に羽生が今後の20年間を同様のペースで勝ち進むと、前人未到の2000勝も夢ではない。

 令和の棋界は、藤井聡太が平成の羽生善治を上回る活躍をするかという点に注目が集まるだろう。そして、羽生が自身の数字をどこまで伸ばしていくかという可能性も興味深い。いずれにしろ、新時代の棋界からも目を離せない。

(相崎 修司)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング