「人として責任とります」原田龍二“潔すぎる取材対応”ノーカット版・文春記者への一問一答

文春オンライン / 2019年5月31日 18時59分

写真

「5時に夢中!」(TOKYO MX)より

 5月31日(金)、レギュラーMCを務める情報番組「5時に夢中!」(TOKYO MX)に生出演し、「人生でこんな拷問ってあるんですね」などとコメントした原田龍二(48)。5月30日(木)発売の「週刊文春」が報じた複数のファン女性との不倫疑惑について、自ら記事を解説し、共演者からもツッコミを受けていた。

 5月26日(日)、埼玉県内の自宅前での「週刊文春」記者の取材に対しても、潔く事実を認め、「責任をとります」などと答えていた。

 以下は直撃取材での原田と記者の一問一答。

(帰宅した原田に声を掛けた。原田はサングラス姿)

――原田さん、すいません。

「ちょっと待って!」(一度家に入り、すぐに出て来る)

――すみません。週刊文春です。原田さんにお尋ねしたいことがありまして。

「ええ」

――5月10日と12月、「5時に夢中!」の後に、○○公園というところに、女性と行かれていたと思うのですが。車に乗せて」

「……ちょっと待ってください」(再び家に入る。90秒後、家から出てくる)

――別の場所でお話ししますか。

「そうですね」(近所の公園に移動)

――すみません。要は、原田さんに不倫の話が出ていまして。

「はい」

――○○公園で、○○さんという都内在住の、女性だと思うんですけど、30代の。

「はい」

――あの○○公園の横で、たぶん後部座席にいらしたと思うんですけど、お二人で何をしていたのでしょうか?

「…………してはいけないことですね」(うつむき、吐き出す感じで)

――(現場を)複数回、見てまして。その……別の方とも同じようなことを……。

「すいません、ちょっと……」(ベンチを立ち、家に再び入る)

(10分後、再び登場。サングラスを外している)

――○○公園では「してはいけないこと」を?

「はい」

――相手はファンの方ですよね?

「はい」

――他にもSNSで知り合った別の方と、同じ所で同じ事をしたこともあったと思うのですけど。

「……」

――羽田空港とかロケ現場で部屋に来ないかと誘ったり、裸の写メを要求したことはありましたか?

「そう言われたことはありましたけどね。(写メを)くださいとかって。あげたことはないですけど」

――逆に原田さんの方から、そういうことをしたりとか、裸が見たいとか、下着の写メを……。

「送られてきたことはありましたけどね」

――ご自身が要求したことは?

「ない……ないと思います」

――そうですか。別の女性とも○○公園で同じように、関係といいますか、車の中でというのは?

「はい……」

――やはり……。

「いけないことでしたね」

――あるファンの方は「道具のように扱われた」と。

「ハア~(ため息)」

――すぐにそのまま帰されたり、ゾンザイな扱いだったと。

「たしかにありましたね。それはどなたが言われているのですか」

――出所は言えませんが。ご記憶はありますか。

「う~ん、要求されたことはありますけど。DM(ダイレクトメッセージ)はいろんなメッセージが来ますし、そういったスキャンダラスというか……」

――自分からDMを送って、ファンの方をナンパといいますか……。

「僕からフォローするということですか? フォローする方は選んでますので、いろんな方をフォローすることはない……してなかったと、自分では思っているんですけど」

――部屋に来てくれとか、実際、京都に呼んで関係を持ったという方も。

「……いけないことですね。責任とります。はい」

――そういうつもりでお聞きしているのではないのです。そういう声が、ファンの方々から複数上がっていたので、確認したかったのです。

「責任とりますので、はい」

――応援している方もいらっしゃいますので。

「そうですね。でも、裏切ってしまったので、責任とります」

――責任というのは?

「考えますね。人として責任とります。すいません、失礼します」

 原田は何度か記者に頭を下げ、家の中に入っていった。

(「週刊文春」編集部/週刊文春)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング