俺の香港を守れ! 元エリート官僚とノンポリおじさんが「共に戦う理由」

文春オンライン / 2019年6月21日 6時0分

写真

6月17日夜、タマール公園には大量の抗議文が地べたに置かれていた。ヘルメットに書き込む例も ©安田峰俊

衝撃の香港デモ、警官に肩を撃たれた僕が「それでも戦った理由」 から続く

  #1に 引き続き、今回の香港の一連のデモに参加した当事者たちの言葉を紹介していく。次に紹介するのはバリバリのエスタブリッシュメント層、わかりやすく表現すると「香港人同士でもお互いに英語で会話しかねない人たち」だ。

 CさんとSさんはともに香港の有名大学を卒業し、法学などの分野で欧米の複数の大学への留学歴を持つ。いずれも香港政府の官僚として勤務したことがあるが、2010年代前半に退職して民間企業勤務を経てから現在は独立している。そんな彼らは以下のように語る。

◆◆◆

【ファイル2 エリートは英国の遺産を奉ずる】
〔Cさん 31歳 職業:弁護士、元香港政府官僚 学歴:香港中文大学卒業、米国・英国留学経験あり〕
〔Sさん 31歳 職業:実業家、元香港政府官僚 学歴:香港大学卒業、英国某有名大学で修士号取得〕

「香港はいつからこんな街になったのか」と涙が出た

――デモには行きましたか?

S: 9日のデモも16日のデモも行った。ただ、12日の立法会付近での抗議行動は、行こうかと思ったが危険そうなのでやめたよ。

C: 僕は12日も現場を見に行った。衝突現場から300メートルほど離れた歩道橋の上で見ていたけれど、催涙弾のガスが自分の場所まで漂ってきて苦しかったな。30分ほどで帰った。危険だと思ったし、なにより悲しかったからね。香港はいつからこんな街になったのかと涙が出たんだ。過去、例えば2003年のデモ(治安立法制定などに反対して50万人を動員)当時は、警官とデモ隊はすごく友好的だったのに。

――今回の鎮圧がかなり激しかったことをどう見ていますか?

C: 公務員時代、2014年の雨傘運動のときは警察(※キャリア組に相当)で働いていた。当時は非常にじれったい思いだった。政府のオフィス内では、とにかくデモ隊を見下す雰囲気が強かったんだ。「あいつらは仕事がない連中だ」「人生に不満があるだけで、民主化を求めているわけじゃない」ってね。今回、警察側の鎮圧が激しかったのも、そういう連中には暴力を行使しても当然なんだという認識もあったんじゃないか。

S: 催涙弾は雨傘運動のときから使われ出したけれど、当時も非常に驚いた。1967年の文化大革命時代の暴動を最後に、香港人に催涙弾が使われることなんて近年はほぼなかったんだ。しかも、雨傘運動も今回の衝突事件も、基本的には平和的で理性的な運動だ。多少は荒っぽいことがあったとしても、フランスのデモなんかと比べればずっとおとなしい。それに暴力を使うのは許せることじゃないね。個人的に昔の同僚たち(※警察以外の政府部門)に話を聞いても、あの鎮圧にはみんな反対していた。

「英国植民地時代からの公務員は信頼できるんだ」

――今回、政府庁舎の窓に内側から「反送中(逃亡犯条例改正反対)」の紙が貼られていたことも話題になりました。内心、政府の職員たちも嫌がっていたのでは?

S: 上司の方針が間違っていると感じれば反対・討論することが認められる。これは英国が残してくれた香港の公務員の素晴らしい規律で、多くの人はそれに誇りを持ってきた。正直、1997年に中国に返還されてから、徐々に大きく変わってきているのがこの点だ。現在は、「上」が決めたことは合理的な理由がなくても従わなくてはならなくなってきた。これは法治ではない。悪しき人治であり、社会の後退だよ。

――行政長官の林鄭月娥だって、英国植民地時代から公務員として叩き上げの人物ですが。

C: そうだ。だから僕たちは当初、彼女に期待していた。前任の梁振英はビジネス界出身のとんでもないヤツだったけれど、林鄭月娥は「わかってる人」なのだろうと。英国時代からの公務員なら、もっと理性的だろうと思ったんだけどね。

――英国以来の体制への信頼は強そうですね。

S: 特に司法分野の人たちは、植民地時代に作られた体制や価値観のほうが優越していると考えている。僕は彼らについて信ずるに足ると思っている。

C: そうだね。見た目は香港人でも、中身は完全にイギリス人、という人たちが、まだ存在しているんだ。英国時代からの公務員は、本来は非常に信頼できる。彼らは批判的に表現すれば「港英餘孽(英領香港が残した悪しき者)」とも呼ばれるわけだけれど。

「雨傘は地位が低い人たちだったが、今回はエリート層も支持している」

――大英帝国を主人として仕えた植民地官僚ですね。

C: ああ。けれど、言い方を変えれば、完全に西側水準での民主・自由・法治の概念をしっかり持っている人たちってことでもある。でも、香港返還から20年以上が経って、政府内でそういう人たちが減っている。英国時代以来の公務員の規律の衰えの原因もそこにある。

S: 英国のコモン・ローは極めて理知的で優れた法体系だ。香港はさまざまな面で中国に飲み込まれたけれど、英国が伝えてくれた法治の概念、司法のシステムは香港に残された最後の砦だよ。だが、今回の逃亡犯条例改正問題は、その砦を崩す動きだった。だから、絶対に容認できないものだと感じた。

C: 雨傘運動は社会的に地位が低い人が多く支持していた印象だけれど、今回はハイクラスの人も運動を支持している。その理由はこういう点にもあるのではないかな。

――今回、抗議運動の最前線で警官に突撃している人たちは、「コモン・ローのシステムを守る」みたいな論理で反対していると思いますか?

C: よく知らないけれど、彼らは法治システムについての問題意識を持っているわけではないと思うな。そういう難しいことに興味を持つのはエリート層だ。

S: 若い世代に香港人アイデンティティが強く、政治運動に熱心な傾向があるのは、香港にいる限りはもう逃げ場がないからだろう。移民として海外に脱出するのでなければ、香港を変えないとまずい。そういう考えだろうね。

◆◆◆

香港の社会格差は先祖代々受け継がれてきたもの

 打てば響くようなスマートな地頭の良さと、当然のように顔を覗かせる選民意識。そんな印象を覚えた方もいるだろう。香港は過去に150年以上の英国統治を経験したうえ、中国大陸の社会主義革命の影響を受けずに旧中国の価値観も残ったことから、実はかなり強烈な階級社会の顔も持つ。加えて英国時代から、政府の市場介入を最小限にとどめる自由主義的な資本主義経済が幅を利かせてきた土地でもある。

 近年、格差問題は中国や日本でも深刻だが、中国大陸の格差は改革開放政策が軌道に乗った最近30年間で生まれたものでしかない(日本も格差問題が顕著になったのはここ20年以内の話だ)。ゆえに30代以上の人たちであれば、国民の大部分が同レベルの文化・経済水準の暮らしを送っていた往年の記憶も残っている。

 しかし香港の場合、社会格差はすでに先祖代々受け継がれ、階層として固定化されたものだ。上流階層と庶民階層では、各階層で主流の言語(英語と広東語)が異なることすらあり得る。狭い街に住んでいるのに、互いの生活上の接点がほとんどなかったりもする。

 だが、今回の逃亡犯条例改正問題は、それぞれの理由は大きく異なれど、香港社会の上から下までなんらかの違和感を抱き得る問題だった。前代未聞の200万人規模のデモが発生した要因は、こうした点にあるとも言える。

ノンポリおじさんも動いた

 いっぽう、近年の香港では世代間の分断も大きい。特にゼロ年代までに中国とのビジネスで経済的な恩恵を受けてきた年配世代と、割りを食った思いが強い30代以下の世代との考えのギャップは顕著だ。総じて言うならば、前者は政治への興味が相対的に薄く、中国大陸をそこまで嫌っていない。対して後者は政治に感心が強いうえに、中国大陸への心理的な距離感が強い傾向が見られる。

 中国大陸と香港の社会を隔ててきた一国二制度は2047年に終わる予定だが、それまでに世を去る可能性が高い前者と異なり、後者の若者世代は自分が生きているうちに「完全に中国社会に組み込まれた香港」を体験するという違いもある。

 だが、今回の香港のデモに向かった人たちには、年配層も若者層も含まれていた。政治的にも、ほぼノンポリに近い層が数多く参加していた。そこで最後に紹介するのは、ノンポリの一般人代表、下町暮らしのWさんである。

【ファイル3 ノンポリおじさんが動くとき】
〔Wさん 52歳 職業:小規模商店主 学歴:専門学校卒〕

――デモにはどういう形で参加されましたか?

W: デモに行ったのは2003年の「50万人デモ」以来だな。なんとなく、今回ばかりは行ったほうがいいなあと思って。9日と16日のデモに参加した。最初から最後まで歩くのは大変だから、銅鑼湾(コーズウェイベイ)あたりから横入りして、途中で抜けたよ。

――参加を決めた理由は?

W: なんとなく、本能的にマズい感じがしたというか。あとは林鄭月娥の態度が悪かったからかな。今回、香港の弁護士会が「慎重に審議を」と意見書を出したのに、強行突破をしようとした。専門家が意見を出しているのに耳を貸さないで、最初から法案を通すことありきで「法律が通ってから内容を説明する」みたいなことを言い出していた。偉そうじゃないか。あれはよくない。

「別件のでっちあげもあるだろう」

――態度が偉そうなのが気に食わなかった(笑)。

W: 彼女は人生で失敗したことがない人だから、他の人の意見に耳を傾けないんじゃないのかな。今回の話だって、しっかり市民に説明して慎重に審議に移ってくれていれば、納得もできたかもしれないのに。

――逃亡犯条例改正案をどう思いますか?

W: 内容をしっかり理解しているわけじゃないけれど、ちょっと怖い気はする。雨傘運動のときと違って、財界が反対しているのもわかるよ。中国で商売していたら、誰でも絶対にワイロなり何なりの悪いことはやっている。やっていなければ商売できないもの。経済犯罪は引き渡しの対象にならないというけれど、別件のでっちあげはあるだろう。中国にことさら悪い印象はないけれど、信頼性が低い部分は確かにあるし、特に司法関係なんかはそうだよね。

「黒シャツがドレスコードだとは知らなかったんだよ」

――普段は政治にそれほど関心がないけれどデモに来た人も多かったのでしょうか?

W: だと思うなあ。16日の行進中、すぐ後ろをオッサンの3人組が歩いていたんだ。当日、デモ参加者はみんな黒シャツを着てくることになっていたんだけど、オッサンたちは普通のシャツで。実は私もそうだった(笑)。普段はこういうことにちっとも関心がないから、この日のデモにドレスコードがあるのも知らなかったんだよ。

――あの場でめちゃくちゃ浮きますね、それは。

W: けれど、そのオッサンたちの会話が聞こえてきたんだ。「いやー、デモで世の中が変わるもんじゃないし時間のムダだと思っていたんだよな」「でも、今回はなんだか来なきゃヤバい気がしたんだよなあ」ってさ。今回はそういう人がたくさんいたんだと思うよ。

◆◆◆

 香港市民の約4人に1人、200万人が街に繰り出した事情は、つまりそういうことなのである。香港の政治体制は十分に民主化されていないが、言論・表現の自由や集会・結社の自由は西側先進国並みの水準にある。とりわけ、香港はもともと「デモの都」と呼ばれるほどデモが多い(香港特別行政区は東京都のおおむね半分程度の面積・人口にもかかわらず、例えば2018年の集会数は1万783回、デモ数は1097回にのぼる)。

 デモ活動があまりにもありふれているだけに、香港人はノンポリの一般市民でも社会運動に慣れている。特に事前申請がなされたうえで実施される活動の場合、参加人数が数万人を超えたとしても(それどころか200万人が参加しても)平和的に秩序だったデモをおこなうことができる。

 そんな社会なので、普段は政治に関心がない人でも、本能的にヤバいと感じたときはなんとなくデモに足を運ぶ。社会階層や世代間の分断が大きくても各人の動機が違っても、ここ一番のときはみんなやって来て、目的の達成のために小異を捨てて合従連衡するという華人的な合理主義精神を発揮する。そして、結果的に政府に対して巨大な民意を叩きつけるのが香港なのだ。

 北京の中央政府は2000年代なかば以降、経済を通じた香港の取り込み政策とメディアの言論支配を進め、さらに習近平政権下の2010年代なかばからは政治的な干渉を大きく強める動きを見せている。だが、彼らが今後も最も手を焼くのは、香港人の社会にかくもナチュラルに根付いている、成熟した市民意識の存在だろう。こればかりは、中国共産党の感覚では絶対に理解ができない概念なのだ。( #1より続く )

(安田 峰俊)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング