《慶應アメフト女性風呂盗撮》主犯格部員の父親は警視庁幹部だった!

文春オンライン / 2019年10月22日 19時32分

写真

慶應義塾大学アメリカンフットボール部Twitterより(2019年5月19日)

 部員が女子露天風呂を盗撮していたことが発覚し、無期限活動自粛を発表した慶應義塾大学アメリカンフットボール部。問題が起きたのは、今年の夏合宿中の宿泊施設だった。8月下旬の事件発覚から10月15日の公表までには、約2カ月の“時差”がある。部内で重大な犯罪行為があったにもかかわらず、当初、監督らは何食わぬ顔で、立教戦、法政戦、明治戦の3試合に部員を出場させたことから、隠蔽の疑いも浮上している。

盗撮行為が発覚するまで

「1週間の合宿中、部員らが複数回にわたって女子露天風呂の竹垣の上へ手を伸ばして、入浴中の女性マネジャーらをスマホで撮影したそうです。盗撮した部員はその動画を部内の仲間にエアドロップ(※ワイヤレスデータ共有機能)で拡散するなどしたため、多くの部員の間で噂になっていた。そして、再び犯行に及んだところを入浴中の部内の女性が気づき、事件が発覚しました」(アメフト部関係者)

主犯格は“部活の問題児”

 事件の主犯格は慶應義塾高等学校からエスカレーター式に大学へ進学したAとBの2人の男性部員。

「2人は部内で禁止されている喫煙が発覚するなど、以前から慶應アメフト部の問題児でした。しかし、Aはスターターとして試合に出場するほど運動能力が高く、優秀な選手でした。Bはアメフト部ではレギュラーではありませんでしたが、中学3年間は陸上部に所属し、中距離競走で好成績を残すほどの実力があった。2人は仲が良く、プライベートでもよくつるんでいました」(同前)

警視庁現役幹部の父も手を焼く「バカ息子」

“盗撮犯”部員について取材を進めると、ある事実が判明した。警察関係者が明かす。

「実は、Bの父親は現役の警察官です。警視庁の幹部で、過去には某警察署の副署長を務めたこともあります。性格的に厳しい人物の多い幹部の中では珍しく温厚で人当たりがよく、部下からの信頼も厚かった。子煩悩で子供達の野球大会などに積極的に参加していました。ただ、Bの扱いには手を焼いていたようです。Bが父親のクレジットカードを勝手に使い込み、20万円近い請求がくることもあったと聞いています。職場からBに怒って電話していたこともありますよ。Bのことを“バカ息子”だと周囲に話していました」

母親は「何も言えません。学校に聞いてくださいよ」

 盗撮問題が発覚後、被害女性はショックで部活を休んでいた時期もあったという。

「AとBは被害者女性に謝罪し、示談して内々に済ませたそうです。その後、2人は退部し、他の部員との接触も禁止された。動画を視聴した部員も謹慎処分となっています」(前出・アメフト関係者)

 Bの自宅は都内の閑静な住宅街に建つ一軒家。窓はシャッターで閉じられたまま。夕方に車で帰宅したBの母親を直撃した。

 降車した母親に「週刊文春です」と告げると、憮然とした表情で「私はわかりませんので」と足早に玄関へと向かった。

――Bさんが合宿先で女性風呂を盗撮した件について聞かせてください。

「すみませんが、私は何も言えません。学校に聞いてくださいよ」

――被害に遭った女性に対しては?

「……」

――警察官のお父さまは何と言っていますか?

「……」

 母親は怒りの表情で、記者とは一度も目を合わせなかった。家の中に入ると、玄関のドアを大きな音を立てて叩きつけるように閉めた。

(「週刊文春デジタル」編集部/週刊文春デジタル)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング