白石和彌監督が「沢尻エリカ逮捕で“大河撮り直し”は必要ない!」と語る理由

文春オンライン / 2019年12月14日 6時0分

写真

沢尻エリカ容疑者 ©時事通信社

 合成麻薬MDMAなどを所持したとして麻薬取締法違反の罪で起訴された女優の沢尻エリカ被告(33)。11月16日に逮捕されて以降、相次いでいるのが沢尻被告の出演作を「自粛」する動きだ。

 NHK大河ドラマ「麒麟がくる」では、既に10話分の撮影が済んでいたと伝えられていたものの、女優の川口春奈さんを代役に立てることを決定。沢尻被告出演分を撮り直すために初回放送が2週間延期されることとなった。

 また、今年5月に5夜連続で放送されたテレビ朝日開局60周年記念ドラマスペシャル「白い巨塔」のDVDは、当初は来年1月8日に発売を予定していたが、無期限延期となった。ドラマはV6の岡田准一(39)さんが主演。沢尻被告は、岡田さんが演じる主人公の愛人役を演じていた。

これまでの業績のすべてを否定するのは「どうかしている」

 こうした相次ぐ「自粛」の流れに疑問を投げかけるのが、映画監督の白石和彌さんだ。発売中の 「文藝春秋」1月号 で、その想いを語った。

「僕は映画監督を生業にしていますが、まずはじめに申し上げたいのは沢尻エリカさんとは一面識もないということです。今回彼女がなぜ逮捕されるに至り、薬物をどれほど使用してきたのか。報道されていること以上を知りうる立場にありません。

 もちろん彼女が法を犯したのなら、その罪を償うのは当然のことです。違法薬物の使用を擁護するつもりはさらさらありませんし、法の下で処罰されるのも当然と考えます。

 しかしながら、彼女が逮捕されて以降、まるで『水に落ちた犬を打つ』ように彼女のこれまでの業績のすべてを否定し、集中砲火のバッシングを浴びせる世の中の動きについては、正直『どうかしている』と思わざるを得ません。

 このままでは彼女が今後クスリをやめ、再起を図ろうとしても、そのスタートラインに立つことすらできなくなる。本当にそうなってもいいのか——僕の主戦場はあくまで『映画』です。しかし、私的リンチを執拗に繰り返す、この社会の不寛容さへの疑問から、今日はあえてお話しすることにしました」

 白石さんが今回、疑問の声を上げたのには、今年3月、俳優のピエール瀧さんがコカイン使用の容疑で逮捕されたあとに考えたことが関係しているという。

なんでもかんでも“自粛”して本当に良いのか?

「あの時は僕も『当事者』でした。僕が監督した『麻雀放浪記2020』の公開が翌月に控えており、瀧さんは、重要な役で出演していたからです。深夜のニュース速報で逮捕の一報を知った時は本当に動揺し、世論の状況によっては撮り直しを求められることも覚悟しました。

 実際にその後、すでに放映がスタートしていた大河ドラマ『いだてん』では彼の出演シーンを再編集してカット、そののちに代役を立てる措置が取られましたし、5月公開の映画『居眠り磐音』は、代役をたてて撮り直すことになりました。

 しかし、『麻雀放浪記』の配給会社の東映はノーカットでの公開を決定。僕は東映の多田憲之社長と一緒に会見を行うことになりました。

 僕がその席で、まず申し上げたのは瀧さんについてです。

『バカ野郎としか言いようがない。罪をきちんと反省して治療してほしい』と思いを述べ、その後にノーカットでの公開について『議論の余地なく、社会の流れで公開中止が決まっているかのように、作品に蓋をしてしまうのはよくないんじゃないかと思います。公開できないというのは、あくまで特例であってほしい』と述べました。世論のムードに流されるように、なんでもかんでも“自粛”するのは文化にとっても損失だと思ったからです。

ケースバイケースの判断が求められる

 僕の会見がどれほど影響したかは知りませんが、その後公開された『宮本から君へ』『引っ越し大名!』、来年1月公開の『ロマンスドール』といった映画では瀧さんの出演シーンはカットされず上映されることになりました。

 僕は、出演している俳優が不祥事を起こした時に『作品に罪はない』という理由ですべてをなかったことにしていいとも思っていません。たとえば、出演者が殺人を犯したとか、“被害者”を伴う凶悪事件を起こしたとすれば、放映や上映を自粛することも必要だと考えます。

 どんなテーマの作品なのか、どんな事件だったのかなどをきちんと議論して、ケースバイケースの判断が求められると思います」

 そして、白石さんはなぜ大河ドラマの「撮り直し」が必要ないと考えるかを改めて説明。さらに今の日本社会に漂う「不祥事があればその内容は問わず、とにかく自粛や謹慎は当たり前だとする風潮」にも言及し、薬物などの依存症からの回復を目的としたリハビリ施設「ダルク」などの取材経験をもとに、芸能人と薬物の問題にも一石を投じるのだった。その詳細は是非「文藝春秋」1月号および「文藝春秋digital」に掲載の「 沢尻エリカ『撮り直し』は必要ない 」でご確認ください。

(「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2020年1月号)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング