どうやら「健康警察」の次のターゲットは「アルコールは少量でも身体に悪い」らしい

文春オンライン / 2019年12月26日 6時0分

写真

©iStock.com

 長生きはしたいですよね。

 そのためには、健康に留意することが大事だ。食べるものをコントロールし、定期的に運動をして、実際の年齢よりも肉体年齢を若々しくしましょう。あっ、はい。

「死ぬまで生きる」だけでなく「丁寧に生きる」

 私も結婚するまではガリガリに痩せて、食べない割に大酒飲みのヘビースモーカーでしたから、うすうす「あ、これは長生きできないな」と思っていたんですよ。飲み始めれば心行くまで飲みたい、タバコも迷惑だと言われない限りどこででも吸いたい。当然、食欲も出ませんので、一日チョコとチーズとビールで過ごすというフーリガンみたいな生活を続けていたんです。自宅でよく使うビールグラスたちはちょっとしたお気に入りで、大事に大事にもう20年ぐらい愛用しています。

 で、重いインフルエンザを機にタバコを一気にやめ、思いがけず結婚し、気が付いてみれば家内が出してくれるおいしい三食の飯とかわいい子どもたちに恵まれて、ようやく「あっ、これは長生きしないといけないな」と気づくわけであります。与えられた命を思うまま「死ぬまで生きる」だけでなく、なるだけ「丁寧に生きる」という、クソ女性誌の特集タイトルみたいな人生が幕を開けるのです。

酒を控えろ、一滴も飲むな

 結果として、若い頃は経験したこともない激太りと育児・介護のストレスに見舞われて、宅飲みの機会増加と共にさらに酒量は増え、これはいかんと酒を大幅に減らして現在に至ります。が、やはり飲みたいものは飲みたい。ほぼ毎日飲んでいたころに比べて飲む量こそ減らしたものの、太った身体に染み渡らせるように楽しく飲もうと思うようになります。

 そこへ立ちはだかるのは、アルコールに関する最新の学説であります。曰く「アルコールはたとえ少量でも身体に悪い」。どの研究を見ても、論文の中身が指し示す内容はただ一つであり、健康のためなら酒をやめろという一択の提示であります。突き付けられるんですよ、酒を控えろと。それも、一滴も飲むなって。

「酒は百薬の長」ではなかったのか

 まあ、タバコが身体に悪いというのはよく分かる。たくさんタバコを吸った後は、世の中が違った色で見えるほど気持ち悪い不思議な感覚になりました。肺が真っ黒だ、痰が止まらない。若い頃はまだ体力に勢いがあったので「タバコをやめるぐらいなら人生終わってもいい」ぐらいに思っていた時期もありました。でもやっぱりタバコをたくさん吸うと具合が悪いのは事実であって、禁煙ブームが来る一足先に自力でタバコをやめられたのは私のささやかな誇りです。

 一方、酒はどうなのだ。確かに飲み過ぎると辛いのは紛れもない事実であります。しかしながら、頭にこびりついて離れない、「酒は百薬の長」という言葉。また、友人と割り勘で飲みに行くと、下戸ほど損をするという我が国特有の文化があり、酒を飲まなければ「割り勘負け」をするという真実を突きつけられると、外で酒を飲むほどにどうしてもたくさん頼み、たくさん飲み、へべれけになって家族の冷たく白い目に迎えられながら帰宅、という塩梅になるのです。

長時間飲み続けていれば幸せ

 私の友人には、高いワインを愛好する人もおれば、高級ウィスキーを嗜む人もいます。年を取るほどに趣味が高じてしまい、ワインセラーに詰まった何千万、何億ものワイン代が負担となり、飲むための高いワインなのに開けるに開けられない、飲むに飲めないという自縄自縛にハマり込む愚か者もいます。そんなの簡単な話で、私が彼の家に行けば高いワインを順番にコルク飛ばして飲み干してあげるというのに、なぜ私をあまり誘わないのでしょう。

 そんな私と言えば、自分が買って日ごろ飲むものはひたすら国産のおいしいビールであり、長時間飲み続けていれば幸せという安上がりな人物であるため、経済的な理由で酒に押しつぶされることはありません。唯一の弊害は、昔Twitterのアカウントがあった時代に、酒を飲みながらTwitterをやり、手あたり次第に煽っていたらアカウントをBANされてしまったという記憶があるぐらいです。飲酒運転と飲酒ネット利用はやめようという教訓は身をもって説明できるわけであります。

ノンアルコール飲料が充実してきている

 故に「アルコールは一滴でも身体に悪い」と言われても、話は分かるけど酒も飲まないで人生を過ごすのは辛い。でも身体は悪くしたくないし、健康でありたいとは思っている。何とかなりませんか。たぶん、葉巻やタバコの類と同じく、先進的な人たちは脱アルコールなどとっくに果たし、ジュース片手に笑顔で健康に過ごしているに違いない。

 大学や研究職の人たちと宴会に行くと、最近の飲み屋は「ノンアルコール飲料が充実してきている」と実感します。なんだ、その見たことのないノンアルコールカクテルは。下戸の皆さんが穏やかに健康的な飲み物を召し上がっている横で、のんべえは競うようにビール大ジョッキを空け続けているさまを客観的に見るならば、酒を飲まなくても充分に楽しく会合に出たり、割り勘負けしないような頼み方ができるようです。下戸にも優しく住みやすい、良い世の中になったものだ。しかしそれは、相対的に酒飲みの側の優位性が失われようとしていることに他なりません。

 ヤバイ。時代は変わりつつある。明らかに、酒を飲んでいる側にとって、アゲンストの風が吹き始めているんですよ。アルコールで紅潮した頬に、みぞれ混じりの冷たい空気がビシバシと当たっている。ここは自分の健康のため、世の中に迎合してさらにアルコールを減らして良い人生を送ろうと決心するのか。いやいや、一人の酒飲みとして、もうこの人生はアルコールに捧げるものとして、健康面には目を瞑り頭を低くしてこの反アルコールのファッショ的な言動をやり過ごそうとするのか。

やんわりドクターストップを喰らって

 いまや、大学でも職場でもアルコールによる“ノミニケーション”は否定されつつあり、若い人のアルコール離れが広がる中で、我が国伝統の飲酒文化の担い手としての根性が試されているのだと思うのですよ。決断の時期が迫っているように思うんですよね。

 そのように思いながら日々を過ごしていたところ、先日健康診断で一部数値があまりよろしくなく、馴染みの医師から「そろそろお酒を控えられては」とやんわりドクターストップを喰らってしまいました。悲しい。現代社会に生きる文明人であるこの私が、民主政治により与えられた自己決定権を行使することなく第三者から充分な根拠を持って「酒やめろ」と指示をされてしまう日が来るとは。

 仕方ないといえば仕方ないのですが、愛用のビールグラスを仕舞う背中が物悲しいと家内に言われてしまったので、ビールグラスにいまオレンジジュースを入れて飲んでいます。

 違う。なんか違う。でも、知性ある人間たるもの、環境の変化に適応していかなければ。

(山本 一郎)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング