『銃・病原菌・鉄』のジャレド・ダイアモンドが語る「日本が“人口減少社会”を恐れなくていい理由」

文春オンライン / 2020年1月23日 6時0分

写真

ジャレド・ダイアモンド氏 ©文藝春秋

「確かに今の日本はさまざまな問題を抱えています。どこから手をつけるべきなのか、その優先順位を聞かれたら、わたしはこう答えます。『順位をつけることはできません。すべて解決しなければなりません』。ジャーナリストが一番嫌がる答えですね(笑)。

 しかし、問題だと思われている中には、実際には問題ではないものもあると考えています。それは人口減少です。もし日本の人口が1億2600万人から300万人になるのなら、大問題です。でも9000万人に減るのは問題ではなく、むしろアドバンテージです」

ピューリッツァー賞を受賞した『銃・病原菌・鉄』

 ジャレド・ダイアモンドの名を一躍、世界に知らしめたのは、ピューリッツァー賞を受賞した著書『 銃・病原菌・鉄 』(草思社)だった。さまざまな資料を駆使して「西洋が経済的に優位に立ったのは、人種の優劣ではなく地理的な要因だ」と喝破し、「ヨーロッパ人は優秀」という人種差別的な偏見に反論する内容で世界的なベストセラーとなった。

 ダイアモンド氏は、ハーバード大学で生物学、ケンブリッジ大学で生理学を修めたあと、進化生物学、鳥類学、人類生態学へと研究領域を広げた。複数の言語を操り、パプアニューギニアで長年のフィールドワークを続けるなど、学際的な研究で得た独自の視座による著作はいずれも世界的に高い評価を得ている。

 最新刊は『 危機と人類 』(日本経済新聞出版社)。これまで国家はいかに危機を乗り越えたのかを幅広い事例で検証し、今、人類が直面する危機にどう立ち向かうべきかについての示唆に富む一冊だ。

労働人口の減少で日本の国力は削がれる?

 気候変動や格差の拡大などの世界的な危機に加え、日本は人口減少、少子高齢化、男女不平等、近隣諸国との関係、資源不足、長引く不況など独自の問題も多く抱えている。中でも、大きな問題とされているのが少子化に伴う人口減少だ。労働人口の減少は経済力の低下につながり、日本の国力を削ぐ危険性があるとされる。

 しかし、ダイアモンド氏は人口減少については非常に楽観的だ。それはなぜか。

日本の人口が9000万人になったら……

「日本は外国の資源に依存しています。歴史を振り返ると、日本は資源を獲得するために苦心し、その結果、政治的な困難にも巻き込まれてきました。もし日本の人口が減少すれば、それだけ必要とする資源が減るのです。これは日本にとって悪いことではない。

 人口が減ったら経済力が落ちると心配する声もあるようですが、日本よりも人口が少ないにもかかわらず経済的に成功している国はたくさんあります。オーストラリア、フィンランド、イスラエル、シンガポール……。人口が9000万人になったからといって経済力が極端に落ちることはないでしょう。

 今、世界は持続不可能な経済で回っています。森林、漁業、水など、われわれは資源の回復をまたず、欲望のまま使っています。今のペースでいくと30年で必要とする資源はなくなってしまうかもしれません。

 持続可能な経済を営むには、枯渇させないように資源を使う必要があります。かつて日本は持続可能な国でした。江戸時代、鎖国をしていたので、基本的に国内の資源ですべてをまかなっていたのです。森林を守りながら木材を利用していましたし、農業も漁業も同じです」

 少子化と同時に進行する高齢化の解決策、ダイアモンド氏が「人口減少、高齢化、不景気などよりも大きな問題だ」とする韓国、中国との関係を改善する方法に加え、21世紀が中国の世紀にならない理由、アメリカに忍び寄る軍事クーデターなき独裁の危機など2020年の日本、世界の行方を独自の視点で語る「 人口減少社会を恐れるな 」の全文は「文藝春秋」2月号および「文藝春秋digital」に掲載されている。

(「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2020年2月号)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング