ハゲはほんとに治るのか?#1 「薄毛治療の第一人者が20年間飲み続けている薬」

文春オンライン / 2017年8月13日 11時0分

写真

©佐藤亘/文藝春秋

「このハゲーッ!」。この6月から7月にかけて、ワイドショーで何度、豊田真由子衆議院議員の怒鳴り声を聞いたことでしょう。そのたびに、グサッと胸に刺さった男性も多かったはずです。男性型脱毛症(AGA)に悩む日本人男性は1300万人以上で、4人に1人(26.7%)と推計されています(2007年アデランス調べ)。どうすれば薄毛のコンプレックスから解放されるのか。薬による治療から文化論まで、薄毛治療の第一人者である東京メモリアルクリニック・平山の佐藤明男院長に、「週刊文春」や「文春オンライン」の医療記事でもおなじみ、ジャーナリストの鳥集徹さんが迫ります。

◆◆◆

──まず、佐藤先生が「薄毛」の研究に興味を持ったきっかけを教えてください。

佐藤 1998年から英国のオックスフォード大に留学していたのですが、それがちょうど薄毛の治療薬である「フィナステリド(商品名・プロペシア)」が、ヨーロッパで前年に認可されたばかりだったんです。それまで、ハゲは治らないものだと、みんな思っていました。ところが、その発売開始記念セミナーを見に行って、「ハゲも薬で治る時代になったんだ!」と衝撃を受けたんです。

──その当時、日本ではフィナステリドは使えなかったんですよね。

佐藤 日本では遅れて、2005年に認可されました。でも、私は日本で認可される6年前の99年に帰国して、当時、非常勤として勤めていたこのクリニックで使い始めたんです。そしたら、この薬を製造販売するメーカーが私のことを知って、「薄毛の専門家として話してください」と依頼されたんです。いろんなところで講演するようになったら、余計に患者さんが来るようになって、このクリニックがハゲのメッカのようになっちゃった(笑)。

──その頃は日本では未承認の薬だったわけですが、患者さんの名前で個人輸入するかたちで始めたんですか?

佐藤 そうです。医師のライセンスを使って米国の薬問屋から買うんですが、なかなか手続きがややこしくて、FDA(米国食品医薬品局)だけでなく、FBI(米国連邦捜査局)にも登録しました。要するに、薬の国際間取引をするには、僕が医師であって怪しい人間ではないことを英語の書類を作って証明する必要があるんです。さらに、日本に入れるときには薬事法(当時)があって、それに基づいて厚生労働省の薬務局に申請する必要がありました。

──現在は多くの医療機関で使える薬ですが、当初は入手するだけで大変だったんですね。苦労をされただけの効果は実感されましたか?

佐藤 それはもう、よく効きましたよ。(パソコンのモニターでビフォーアフターの写真を示しながら)たとえばこうなったり、これがこうなったりとかですね。毛髪が増えた頭の写真を見せたら、患者さんがみんなニンマリして、いい年をしたおじさんが、「今日はスキップして帰ります」とか言って。

20代の患者さんはたくさんいる。中には10代も……

──左の人、すごいですね。誰が見ても薄毛だったのが、ハゲとは言えない状態まで回復している。どれくらいの期間で、ここまで回復するんですか?

佐藤 毎日薬を飲み続けて、年単位はかかります。この人で、ここまで生えるのに5年かかりました。そもそも薄毛自体、年単位で進行していきますから。この方、受診したときは、21歳だったんですよ。

──え!  21歳なんですか(絶句)。ご本人は辛かったでしょうね。

佐藤 20代の方なんて、たくさんいますよ。中には10代の人もいます。それはもう、みなさん必死です。

──21歳でこんな状態だったのが、5年後には薄毛とは言えないほど回復したわけですよね。患者さんの反応はいかがでしたか?

佐藤 それはすごい喜びようでした。それまで、「もうハゲは治らない」と思い込んでいるわけですから。最初はみなさん、「ハゲを治す薬があるならやってみようか」という感じで、半信半疑で受診されるんです。

合コンでライトの当たるど真ん中の席に座れない

──若いのに薄毛だと、精神的に辛いだけでなく、表情も暗かったり、消極的だったりするのではないかと想像するのですが。

佐藤 合コンに行くと、ど真ん中の席には座れないとおっしゃいます。テーブルの真上にはダウンライトがあって、頭がテカテカに光るので、端っこに座るんだって。会話も目の前の女性とは弾まずに、必ず対角線上に交わすことになる。だから、連絡先の交換にまで至らないと。

──対角線上というのは、どういうことですか?

佐藤 合コンの主役というのは、テーブルの真ん中に座る人たちであって、要するに端っこの人は割り勘係として呼ばれてるんです。だから端っこの人どうしでは会話が弾まず、真ん中に座る人たちの話に入れてもらう感じになっちゃうんです。そんな状況だから、パートナーがなかなか見つからなくて、30代中盤にもなると本当に焦ってきますよね。この方は中部地方の学校の先生で、当初は30代後半だったんですけど、親に40歳までに結婚しなさいと言われて受診されたんです。薬では間に合わないんで、結局、当クリニックで植毛されました。その結果、39歳でギリギリ結婚することができて、「ありがとうございました!」と報告に来てくださいました。

──そうでしたか。やはり、薄毛というのは単なる見た目の問題ではなくて、結婚など、その人の将来に関わる問題でもあるんですね。

佐藤 そうです。パートナーの問題が一番大きいですね。それに40代に入ってくると、家族から「ハゲたお父さんは運動会に来ないで」と言われちゃうみたいなんです。それから50代になると、今度は出世の最終コーナーで差がついてくる。つまり、見た目で差別されてしまうんですね。よほど仕事ができないと、対人関係で損をするんです。もちろん、薄毛の人すべてがそうだというわけではないですよ。でも、私が「いいじゃないですか。ハゲててもかっこいいですよ」と言うと、「先生はハゲてないから、そんなことを言えるんです」と返されちゃう。

「私ももう20年飲み続けてます」

── 欧米なんかでは薄毛の人が多くて、ブルース・ウィリスやショーン・コネリー、ジャン・レノのように、ハゲててもかっこいい俳優がたくさんいますよね。

佐藤 やはり、日本では少数派だから差別されちゃうんだと思います。欧米の白人男性は多くの人がハゲるので、最後はスキンヘッドになって、みんな同じような顔になる。髪のあるほうが少数派なので、逆にハゲてるほうがカッコよく見えるんです。でも、日本人はそんなにハゲる人種ではないので、そうすると薄毛の人がカッコ悪く見えちゃう。

──そのせいか、佐藤先生の著作ではフィナステリドの使用量は世界で日本が一番多いと書いてありましたね。

佐藤 そうです。一時はワールドワイドで日本がトップセールスでした。この薬は副作用が少なくて、ほとんど問題が出ませんし、安全性が十分担保されているいい薬なんです。私ももう20年も飲み続けていますが、何の問題も起こっていません。安全で効果的な薬があるということは、薄毛の方にとって、本当にいいことですよね。

──佐藤先生の著作では、「フィナステリドを飲めば99.7%の確率で脱毛を食い止めることができる」とありました。これは、このクリニックでのデータですよね。

佐藤 はい、最初から一例一例、患者さんに写真を撮らせていただいているんですけれど、7000以上の症例の写真を時系列でずっと記録しているのは、世界でもこのクリニックだけだと思います。この薬を販売している製薬会社の本社の役員も、私のデータを見に、わざわざ米国から日本にやって来ました。

──ただ、99.7%の人に効果があると言っても、全員がフサフサになるわけではありませんよね。

佐藤 ええ。薄毛治療の効果の判定には国際的な基準である「MGPA法」というのがあって、1「著明進行」、2「中等度進行」、3「軽度進行」、4「不変」、5「軽度改善」、6「中等度改善」、7「著明改善」の7段階で評価されます。その客観的な基準に基づいて、4の「不変」以上だった人が99.7%だったという意味です。薄毛は放置していると進行していくので、「不変」でも薬の効果があったと判定されるのです。

治療を始めたら、同級生がハゲていって追い越していった

──なるほど。どの人も、薬で髪が増えるわけではないんですね。薄毛だったのが、ハゲとは言えないくらい回復される方は、どれくらいですか?

佐藤 2、3割ぐらいです。4人に1人といったところでしょうか。でも、(パソコンの写真を示しながら)、この方なんかは33歳で薄毛が始まったんですが、薬を飲み続けて、同じ状態をずっと維持しています。もし薬を飲まなかったら、40前にヤカン(ツルツル)ですよ。もう当院に通い続けて15年ほどになり、現在50前になられましたが、同級生がハゲていって、追い越していったと話していました(笑)。

──つまり、同じ状態を維持しているだけでも、薄毛治療としては意味があるということですね。でも、客観的には「効果あり」と判定されたとしても、「『不変』では満足できない」という人もいませんか?

佐藤 それについても調べたことがあります。治療して10年超えた人を対象に、10点法で満足度をたずねる調査を行ったところ、「治療をやってよかった」という項目の平均点が7.5点でした。「今後も治療を継続したい」という項目の平均点も8.3点だったので、かなり高い満足度だったと言えると思います。

──治療を継続している人の7~8割は、効果に満足しているということですか。でも、満足できる効果を得るためには、どれくらいの期間、薬を飲み続ける必要があるんでしょうか。

佐藤 髪の毛が必要な間ですよね。50歳ぐらいで治療を始めた人の中には、もうすぐ定年になるし、千葉とか神奈川とか遠いところから通っているので、そろそろ治療をやめようかという人もいます。

──でも、薬を飲むのをやめたら、どんどん薄くなってしまうんですよね。

佐藤 どんどん、ということではないですけど、徐々に薄くなっていきます。でも、治療の動機は対人的なものですから、仕事をやめてあまり人と会わない立場になれば、髪の毛はもう要らないとなりますよね。

佐藤明男(さとう・あきお)
1957年新潟県生まれ。北里大学医学部卒業。98年、英国オックスフォード大学に留学後、フィナステリドによる薄毛治療を国内でいち早く開始する。これまでに7000人を超えるAGA患者を治療。北里大学医学部寄附講座再生医療形成外科学特任教授なども兼任し、毛髪の再生医療研究にも取り組んでいる。『なぜグリーン車にはハゲが多いのか』(幻冬舎新書)など著書多数。東京メモリアルクリニック・平山院長。http://www.clinic-hirayama.com/

「ハゲの患者さんは男性として優秀な人が多い」と専門医。それでもやっぱり治したい! ネット通販は安全? 費用は? クリニック選びのコツは? <第2回>」に続く

(鳥集 徹)

文春オンライン

トピックスRSS

ランキング