「里見さん、西山さんとはいつか対戦したい」女流棋士が語るタイトルホルダーへの憧れと覚悟

文春オンライン / 2020年3月13日 11時0分

写真

両親ともに棋士という家庭に育った塚田恵梨花女流初段

両親がともに棋士ってどんな家庭? 「父とは指したことがない」という塚田恵梨花女流初段に聞いてみた から続く

「母との対局はこれからもありません。母は今期で引退しますので」

 塚田恵梨花女流初段へのインタビューのなかでこんな発言が聞かれた。

 彼女の母は、高群佐知子女流四段。将棋界では、例のない母と娘による公式対局が実現すれば、大きな話題となるところだが、高群女流四段は今期で引退して、もうその機会はこれから先、訪れることはないという。

 この母の決断に対して娘はどのような感想を抱いたのだろう――。塚田恵梨花女流初段へのインタビューの後編となる本稿では、彼女の将棋にかける思い、そして叶わなかった母との対局などについて聞いた。

この3年間は、精神的に辛かったですね

 塚田泰明九段と高群佐知子女流四段の間に生まれた塚田恵梨花女流初段は、2014年、16歳のときに女流2級でプロデビューを果たしている。棋風は、父親譲りの攻め将棋で、子供のときに教わってからの居飛車党である。比較的早いプロ入りだが、ここからの道のりは、決して平坦ではなかったようだ。

塚田 女流2級でデビューしてから3年の間、ずっと2級でした。プロになったとき、初段までは比較的楽に上がれるだろうといわれていて、実際、同期の人は、どんどん上がったんです。でも私だけずっと2級だったので、この3年間は、精神的に辛かったですね。

 そこから練習方法などを試行錯誤し2017年に女流1級に、そして2018年度の成績によって2019年4月から女流初段に昇段している。

どうしても実戦が不足してしまう

――初段になったときは、どんな気持ちでした。

塚田 嬉しいというよりもホッとしましたね。

――そのために、どういった努力をされたのでしょうか。

塚田 いちばん力を注いだのが、実戦を増やすことですね。研修会にいたときは、決まった実戦の数があったのですが、プロになると、トーナメントで早々と負けてしまうと月に1回も対局がないときもあるので、どうしても実戦が不足してしまう。この点を道場やネット対局で補うようにしました。

 男性棋士と女流棋士の大きな違いのひとつに実戦の数がある。男性棋士は、年間かけて戦う順位戦のリーグがあるので、成績が振るわずとも、一定の対局数を確保できる。しかし女流棋戦は、基本的にトーナメント方式なので、初戦負けが続くとどうしても対局数が少なくなってしまう。

 それゆえ、塚田さんは、来期の目標として「リーグ入り」を口にした。現在、女流7大タイトル戦のうち「岡田美術館杯女流名人戦」と「女流王位戦」は、勝ち上がるとタイトル挑戦者を決めるためのリーグ戦に参加することができる。

あと2つ勝てば西山さんとの対局でしたが……

塚田 女流名人リーグに入れたら、それだけで9局、女流王位の挑戦者決定リーグに入れば5つ対局が増える。それはすべてトップレベルの戦いなので得るものが大きいはず。タイトル挑戦と言いたいところですが、目標は一歩ずつということで、来期はリーグ入りが目標です。

――今期は、9勝10敗でしたが、マイナビ女子オープンではベスト4入りを果たされました。この成績は、ご自身でどう評価されていますか?

塚田 ベスト4にも残れて少し成績を上げられたとは思っていますが、初戦負けも多く全体としても負け越したので課題も多いですね。

――もう少しでタイトル挑戦でしたね。

塚田 マイナビ女子オープンは、あと2つ勝てば西山さん(朋佳女流三冠)と対局ができたので、負けてすごく残念でした。西山さんとも里見さん(香奈女流四冠)とも、公式戦では一局も指したことがないので、いつか対戦したい。そのときに勝てるような実力をつけるのが今の課題です。

――タイトル保持者の里見香奈女流四冠と西山朋佳女流三冠は、どういった存在ですか?

塚田 里見さんは関西所属なので、あまりお会いする機会はないんですが、タイトル戦を見に行ったとき、同じ場所にいるのに遠い存在に感じてしまいました。そう思うのはいけないことだと思いますが、そんな存在です。西山さんは、関東にいらっしゃるので少し交流がありますが、とても優しい先輩です。

師匠の棋譜はだいたい攻めているのでよく並べます

――やはり目標とする人ですか?

塚田 お人柄や振る舞いなどを見ていると、目標にしたい人だなと感じます。ただ里見さんも西山さんも振り飛車なので、将棋のことでは少し違いますが。

――男性棋士も含め、とりわけ棋譜を勉強している棋士はいますか?

塚田 攻めるのが好きなので攻め将棋の人でしょうか。その点、師匠の棋譜はだいたい攻めているのでよく見ます。

――師匠である塚田泰明九段は、今年の叡王戦において、攻め将棋をいかんなく発揮されて本戦トーナメントに進出されました。お父さんの中継はやはり見ますか。

塚田 本戦トーナメントの初戦だった行方尚史九段戦のときは、仕事だったので、現場にいた男性棋士に「これはどっちがいいですか?」なんて聞きながら見守りましたね(笑)。師匠以外だと角換わりが好きなので、藤井聡太七段や豊島将之竜王・名人の棋譜もよく見ますね。

――ライバルだと思っている人はいますか。

塚田 ライバルはとくにいません。ただ、同世代の成績は気になります。同世代の人が勝っていると「自分も頑張らないと」と思いますね。

この先も母と対局することはありません

 現在の女流タイトルホルダーと対戦経験がないと語る塚田女流初段だが、母親でもある高群佐知子女流四段とも対戦がない。母と娘の対局を、塚田さん自身は、やはり待ち望んでいるのだろうか。

――お母さんの高群女流四段とも対戦はありませんよね。

塚田 今までに2回ほど当たりそうになったことがあったんですよ。でも1回目は、手前で母が負けて。2回目は、その手前で私が負けて叶いませんでした。それで、この先も母と対局することはありません。

――それは……どういった理由から?

塚田 母親は今期(3月31日付)で引退しますので。降級点をもっているといった事情ではないですし、まだ発表もしていないんですが……。

――それはここで書いてもいいんですか?

塚田 そういった質問もあるだろうから、そのときは答えていいよと母親から言われてきました。今年度、12月にあった山口恵梨子さん(女流二段)との対局が最後になりました。

――引退されるという決意は、いつ頃から聞いていました?

塚田 けっこう前から辞めようかなという話はしていました。それで年度の始めから「今年いっぱいにする」と口にしていましたね。

――以前、あるインタビューで《恵梨花にはまだ負けません。母の意地です》と答えておられたようですが……。

塚田 それもだいぶ前の話なので、もう違うかもしれませんね。

悔しい敗戦でちょっと落ち込みました

――やはり一度くらいは対戦したかった?

塚田 今年は、私が勝てば対局できるチャンスがあったんですよ。

「第2期ヒューリック杯清麗戦」の再挑戦トーナメントで、塚田恵梨花女流初段と、高群佐知子女流四段は、隣の山に入っていた。お互いに1度勝てば当たる状況で高群女流四段は上川香織女流二段に勝ったが、塚田女流初段は中倉宏美女流二段に負けて、母娘の対戦は実現することはなかった。

塚田 母が先に勝って待っていてくれて……。もしかしたら引退試合になったかもしれない対局だったので、そうなったら面白いねと話していたんですが……。悔しい敗戦でちょっと落ち込みました。

――それは残念でしたね。

塚田 でも、ある意味平和でした(笑)。

――「お母さん、もうちょっと引退は待って」という感じにはなりませんでした?

塚田 完全燃焼したというか、将棋の面では満足したようなので。第二の人生を楽しんでもらえたらなと思います。

 引退を決めた高群女流四段は、これからはより母親的な目線で、我が娘を応援できることだろう。そうなれば、母と娘の関係も変わっていくのだろうか。ファンとしては、母と娘の対局が実現しなかったことは寂しくもあるが、新たなる母と娘の関係で、より塚田女流初段が活躍することを願いたい。

写真=平松市聖/文藝春秋

(岡部 敬史)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング