「武闘派ヤクザ」高山若頭の智謀……“暴力団業界のM&A”で東京進出の舞台裏

文春オンライン / 2020年3月22日 18時10分

写真

6代目山口組若頭の高山清司(中央) ©時事通信社

 6代目山口組弘道会傘下での 「大量破門」 が憶測を呼んでいる。偶然にも処分が重なったのか、それとも新たな抗争の予兆なのか――。

 指定暴力団「6代目山口組」から、「神戸山口組」が分裂し対立の構図が続く中、山口組若頭の高山清司が昨年10月に府中刑務所を出所したことで抗争事件が激化。その後、双方が特定抗争指定暴力団とされたことで警察当局の強い規制が働き、睨み合いが続いていた。その静寂の中での「大量破門」だけに、波紋を広げている。

 警察庁幹部をして「高山の出所以降、山口組の動きは変化してきている」とまで言わしめる高山。そこまでの存在感を示すようになった背景には、組織改革と暴力団業界の“M&A”とでも言うべき異例の手法で東京進出を果たした歴史があった。

桑田、宅見、司という“ニューリーダー”集団

 神戸山口組が離脱したことで、近年の対立抗争事件がクローズアップされるが、山口組はこれまで内部対立、分裂の歴史をたどってきた。

 昭和の後半から平成の時代にかけて全国に進出し組織が巨大化していくに従い、これまで何度も殺し合いとなるケースがあった。最大の内部抗争は1985年1月に4代目組長の竹中正久が殺害された事件をピークに25人が殺害され約70人が重軽傷を負った「山一抗争」だった。

 竹中死去後は紆余曲折を経て、山口組内の中核組織、山健組出身の渡辺芳則が1989年4月に5代目組長に、ナンバー2の若頭には宅見組を率いた宅見勝がそれぞれ就任した。跡目争いは収束し、時はバブル経済の好景気に沸いていたころでもあり、全国の暴力団業界もシノギ(資金獲得活動)でその恩恵を受けていた。1992年3月に暴力団の活動を規制する暴力団対策法が施行されたが、それでも「直参」と呼ばれる直系組長が120人を超えた時期もあった。

 しかし、「山波抗争」と呼ばれた波谷組との対立抗争事件で一般市民が誤って射殺された事件をめぐり、遺族から「使用者責任」を追及するとして渡辺を相手取り約1億2600万円の損害賠償請求訴訟が起こされ、警察当局以外からも法的責任を追及される事態となった。

 さらにバブル崩壊後、表経済の苦境は裏社会である暴力団業界にも直結し、シノギがバッティングすることも少なくなかった。

 当時の山口組は、渡辺の出身母体で桑田兼吉が組長を務めていた最大組織の山健組と、のちに6代目山口組組長となる司忍の弘道会の2団体が「2大派閥」と称されていた。さらに、若頭の宅見を輩出している宅見組。渡辺の側近で親衛隊を自任していた中野太郎が率いる中野会などが有力組織だった。

「警察の取り締まり強化、相次ぐ損害賠償請求訴訟などで次第に渡辺が動揺するようになり求心力が失われていった。当時の山口組の組織運営は、桑田、宅見、司の3人の、いわば“ニューリーダー”集団が行うようになった。桑田でさえ渡辺に対して懐疑的な見方をしていた」(警察庁組織犯罪対策部幹部)

 内部で隙間風が吹き始めたころ、白昼堂々の衝撃的な事件が発生した。1997年8月、神戸市内のホテル内の喫茶店で宅見が射殺されたのだ。襲撃したのは中野会系の構成員らだった。渡辺の意をくんだ犯行とされた。喫茶店にいた男性歯科医に流れ弾が命中し死亡するという許しがたい被害も発生し、山口組は社会から大きな非難の対象となっていった。

 中野会は後に絶縁処分され、渡辺は指導力を失い、山口組は迷走を続ける。宅見死亡後の山口組は8年間にわたり若頭が不在となる。

異例のスピード出世を遂げた高山

 宅見が殺害された1997年の年末、山健組の桑田が銃刀法違反容疑で逮捕される。さらに弘道会の司も銃刀法違反容疑で逮捕され、最高幹部が不在となる中、5代目組長の渡辺は2004年11月に「休養宣言」をして山口組の運営から事実上、手を引いてしまう。

 そんな機能不全状態の組織の中に現れたのが高山だった。高山は05年3月、2代目会長として弘道会を継承。4月には「直参」と呼ばれる山口組の直系組長となった。

 当時を知る前出の警察庁幹部は、高山について、次のように指摘する。

「高山は直参となる前までは、弘道会の若頭だった。言ってみれば『枝(2次団体)のカシラ』程度ということになるが、『高山』という名前は誰もが知っていた。ただの枝のカシラではなかった。司とともに群雄割拠の名古屋を中心とした中京地区を平定した“武闘派”ということだけでなく、経済ヤクザとして資金力があるということでも有名だった」

 高山が直参に就任して1カ月あまりが経過した5月には、保釈されていた司が5代目山口組若頭に就任。空席が8年ぶりに埋まったことになる。

 司が若頭となると、すぐさま6月には高山を若頭補佐に引上げて、後の「弘道会支配」「名古屋支配」と呼ばれる体制の布石を打ち、7月には渡辺が引退を表明。8月には司が6代目組長を継承、高山は若頭に就任し、前例のない同じ組織の出身者で組長と若頭のツートップを占めるという人事を打ち出した。

 カリスマと呼ばれた田岡一雄の3代目体制では、山健組の山本健一が若頭を長期間務めた。4代目体制時は竹中組の竹中正久が組長に、若頭は豪友会の中山勝正が就任、5代目では山健組の渡辺が組長、若頭は宅見組の宅見勝だった。トップとナンバー2を別の組織から就任させることで、組織内のバランスを保つことが慣習化されていた。

「司・高山体制」が急速に整備されていくのを内部で見てきた山口組幹部は、次のように振り返る。

「弘道会を継いで本家の直参になってから、あっという間に(若)頭補佐になった。さらに短期間で(若)頭にまで上りつめた。これは6代目(の司)が側近の高山を引き上げておいて、将来、様々な問題が起きても強力な体制で押さえつける意図があったのは間違いない。それまで内部対立から大きな抗争事件が起きてしまった教訓もあっただろう。反乱を起こしそうな一部の幹部に対する先手だった。これは『新生山口組』を作り出したようなものだった」

国粋会「山口組加入」の衝撃

 山口組内部で“革命的”ともいえる組織変革を断行した司と高山はさらに、山口組から外に向かって手を打つ。

 6代目山口組組長に司が就任してから1カ月しか経過していない05年9月、暴力団業界だけでなく、警察当局も耳を疑うようなビッグニュースが駆け巡った。関東の老舗ヤクザと称され、名門博徒とも呼ばれた指定暴力団「国粋会」が山口組に加入したのだ。国粋会会長の工藤和義は司の舎弟盃を受けて最高顧問として迎えられた。

 国粋会を迎え入れた山口組の狙いについて、前出の警察庁幹部は、「東京の銀座や赤坂、六本木などシノギが大きい繁華街となっている一等地について、住吉会への貸ジマの返却を求める目的だったはずだ」と指摘する。

 元々、暴力団業界での歴史が古い国粋会は銀座など都内各所の繁華街に縄張りを持っていたが、勢力を拡張してきた指定暴力団「住吉会」に縄張りを貸し出すことで賃料を受け取っていた経緯がある。縄張りであるシマを貸していたことから、「貸ジマ」と称していた。

 この貸ジマについて、国粋会が山口組に加入したからといって「返してくれ」となれば、途端に山口組国粋会と住吉会の間でトラブルとなることは間違いない。しかし、返却を求める方の理屈が成り立つとも言える話だった。

 警察庁幹部は次のように振り返る。

「山口組が東京に進出するにあたり、貸ジマの返却という要求を押し通そうとしたとみられる。こうした絵を描いた、つまり計画を立てたのは高山だろう。司の参謀として、高山が智謀を巡らせた戦略だったのではないか。これには暴力団の界隈の者も『このような手があったか』と舌を巻いた」

住吉会との暗闘

 前出の警察庁組織犯罪対策部幹部も「そもそも、司を6代目に押し上げる工作をしていたのは高山。6代目体制が発足直後に国粋会が加入していることからしても、高山はかなり前からこうしたことを考えていて6代目発足後、すぐに実行したのだろう」と推測する。

 住吉会との間で交渉が行われていたのか、それとも何事もなく推移していたのかははっきりしないが、2007年2月の白昼、多くの人が行きかう東京・西麻布で住吉会幹部が射殺される衝撃的な事件が発生する。警視庁は徹底的な捜査を進め、後に複数の山口組系組員たちを逮捕、これ以上の対立抗争を起こさせず封じ込めた。

 この問題の延長線の出来事と推測されるが、住吉会幹部射殺事件から10日後、国粋会会長の工藤和義が自殺したのだ。

「貸ジマを『住吉会から返してもらえ』と迫られ、うまく問題を解決できなかったことが自殺の動機なのか、それとも山口組内でもう少しよい待遇で迎えられるはずだったのに期待ほどではなかったのか、自殺してしまったので本心は分からない」(警察庁幹部)

 国粋会の加入から約3カ月後、銃刀法違反罪に問われ裁判中だったが、保釈されていた司について最高裁は上告を棄却し懲役6年が確定した。司は収監されることになる。

 しかし、その後も高山は若頭として司が留守の山口組の運営で采配を振り続ける。5代目体制当時から在籍していた最高幹部らを事実上追放するなど強権的な権力を発動し、6代目体制を強固なものにしていく。(敬称略)

( 後編に続く )

山口組で“長期的ビジョン”を持つ3人のヤクザ 警察幹部もうなる「高山が見据える7代目と8代目以降」 へ続く

(尾島 正洋/週刊文春デジタル)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング