「逗子・葉山駅」から葉山まで、じっさい何分かかる? 京急電鉄の新駅名4駅に行ってみた

文春オンライン / 2020年6月8日 8時45分

写真

最初に訪れたのは「逗子・葉山駅」。「新逗子」から名前を変えた

 今年の3月、ひっそりと名前が変わったいくつかの駅がある。首都圏では、京急電鉄の6駅だ。そのうち2つは羽田空港周りの駅で、国際線ターミナル駅が第3ターミナル駅に、国内線ターミナル駅が第1・第2ターミナル駅に変わった。が、まあ本質的には何も変わっていないに等しいし、利用する立場で戸惑うことも少なかろう。むしろ問題は他の4駅である。いったいどの駅がどんな名前に変わったのか……。早々に答え合わせをしてもいいが、どうせならば新駅名を掲げている4駅がどんなところか見てみよう。(全2回の1回目/ #2 に続く)

◆◆◆

(1)「新逗子駅」→「逗子・葉山駅」

 というわけで、京急の改称4駅を訪れた。最初は南の外れ、「逗子・葉山駅」。この3月までは新逗子駅と名乗っていた、逗子線の終着駅である。三浦半島における京急の終着駅には他に本線終点の浦賀駅と久里浜線終点の三崎口駅がある。他に多くの列車が終着とする駅という点では京急久里浜駅を含んでもいい。で、この3駅は以前に訪れた。その時も新逗子駅だけ除け者のようで申し訳ないなあ、などと思っていたのだ。そこで念願の新逗子駅訪問。といっても、駅名は逗子・葉山駅に改められているのだが。

 逗子・葉山駅はその名前だけ見ると案外にややこしい。新逗子駅だったら「ああ、逗子のあたりにあるんだろうな」と想像がつく。ところが、新駅名では葉山が付け加わっているのでどこにあるのかかえってイメージしにくい。地図を広げてみると、JR横須賀線の逗子駅のごく近くにあるようだ。ならば、とJR湘南新宿ラインに乗って逗子駅に向かい、そこから歩いて逗子・葉山駅を目指すことにした。

JR逗子駅から徒歩5分、逗子・葉山はどんな駅?

 JR逗子駅はその名の通り逗子市のターミナルで、駅前には大きなロータリーもある立派な駅だった。周囲には逗子の中心市街地なのだろう、商店街のような道筋も伸びている。

 その合間を5分ほど歩いていくと、少し商店などが途切れて神社や逗子市役所が見えてきたあたりで京急の逗子・葉山駅に着く。町外れに近いのか、JRの逗子駅と比べると人通りは少なめで駅の規模もちょっと小さめ。

 ドトールコーヒーが目立つ小ぶりな駅ビル。階段を登って2階にいくと、なぜかそこから線路の上を歩いてわたる歩道橋。そこを通ってホームは階段を降りて……、と、なんともややこしい構造をしている。ホームの端っこには踏切があるので、すぐに駅に入る改札口を作ることができないからということなのだろう。興味深い、というか不思議な構造の駅だ。で、この駅ビルが正面の駅舎なのかと思っていたら、そうとも言えないようだ。線路(というかホーム)に沿って少し歩いていくと、かまぼこ型の立派な屋根とステンドグラスを持つ堂々たる駅舎が見えてくる。正面には堂々と「逗子・葉山駅」の駅名看板。こちらがメインの出入り口なのか。

逗子・葉山駅が“不思議な構造”になった理由

 調べてみると、もともとこの駅はふたつの駅が統合して生まれた歴史を持つという。北側に湘南逗子駅(のち京浜逗子駅)があり、南には逗子海岸駅があった。といっても互いにかなり近い距離にあったから、事実上は同一駅のようなものだった。そこでふたつの駅を統合し、さらにホームを長くして8両編成まで入れるようにしましょうね、として1985年に生まれたのが新逗子駅、今の逗子・葉山駅というわけだ。旧来の京浜逗子駅舎はそのまま北口の、逗子海岸駅の駅舎はそのまま南口の駅舎となった。北口駅舎はのちに駅ビルに建て替えられてしまったが、南口駅舎は逗子海岸駅時代そのまま。ずいぶん立派な駅なのはそうした時代の名残なのだ。逗子海岸は湘南の玄関口。きっと多くのハイカラさんが利用する駅だったのだろう、この駅舎の中にはかつてダンスホールまであったとか。

「ああ、葉山ってずいぶん遠いのよ」

 と、ここまで来て気になった。逗子、というのはわかるのだが、新しく名前に加わった「葉山」はいったいどこに。駅前の案内図などには葉山方面への案内もあるにはあるが、「徒歩5分で葉山の街」という距離ではないようだ。通りすがりの地元のおばちゃんに聞いてみた。

「ああ、葉山ってずいぶん遠いのよ。駅を降りてすぐに葉山だと思ってくる人がいたら、かわいそうねえ」

 改めて地図を見ると、確かに葉山という土地は逗子・葉山駅からだいぶ南に離れている。歩いていくには無理があり、バスに乗り継いでということになるだろう(葉山のバス停まではバスにもよるが約10~20分ほど)。ただ、それでも葉山への玄関口がこの駅であることも事実のよう。最初期にはこの南側の出入り口は湘南逗子駅の葉山口と名乗っていたくらいだから、歴史的にみても正統性は充分だ。新逗子という駅名のままでは葉山の存在が消えているから、この新駅名も悪くはない。ちなみに、逗子の代名詞でもある逗子海岸海水浴場は逗子・葉山駅から歩いて15分ほどである。

(2)「仲木戸駅」→「京急東神奈川駅」

 逗子・葉山駅を終着とする京急逗子線には、羽田空港からやってくるエアポート急行が走っている。これに乗ると、金沢八景駅からそのまま本線に乗り入れる。次に訪れる“改称駅”は京急東神奈川駅。横浜駅から2つばかり品川寄りの駅である。エアポート急行も停車するので、そのまま揺られて横浜のベッドタウンたる住宅地を抜け、黄金町あたりのオトナな町も抜けると、JR東海道線・京浜東北線と並んで走って目的の駅に到着した。

 京急東神奈川駅は今年3月まで仲木戸駅と名乗っていた。江戸時代に徳川将軍の御殿があって、その守りの木戸が名の由来という由緒ある駅名。それをわざわざ改称するなんてなぜなのだろうか……と思って駅を降りたら、ペデストリアンデッキを挟んで真向かいにJRの東神奈川駅がある。

さよなら「仲木戸駅」……改名の理由は?

 JRの東神奈川駅は京浜東北線と横浜線が交わる駅で、横浜線に3駅ぶん乗れば新幹線の新横浜である。

 つまり、旧仲木戸駅は京急沿線から新横浜、東海道新幹線を目指すための乗換駅だったというわけだ。ところがほとんど同じ場所にあるのに駅名が違うと、ここが乗換駅であることに気がつかない人がいるかもしれない。横浜駅でもJRと乗り換えることができるが、人混みの中の乗換は骨が折れるし、北側(仲木戸駅以北)の京急沿線の人が横浜で乗り換えたら遠回り。だったら「同じ駅ですよ」とアピールしておくほうが便利に決まっている。

 きっと、これが駅名変更の大きな理由なのであろう。言ってみれば、京急川崎とJR川崎、京急久里浜とJR久里浜、これらの関係と似たようなもの。駅周辺は京急側もJR側も住宅地。京急からJRへと乗り換えていく客もいれば、その逆の客もいた。同じ駅名になって、これから乗り換えで利用する人も多くなるんじゃないだろうか。

( 【続き】なぜ「産業道路駅」は「大師橋駅」に名前を変えた? 京急電鉄の新駅名4駅に行ってみた  を読む)

写真=鼠入昌史

なぜ「産業道路駅」は「大師橋駅」に名前を変えた? 京急電鉄の新駅名4駅に行ってみた へ続く

(鼠入 昌史)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング