「つ、ついに一般人に負傷者が出ました!」抗争に“狂騒”し続けるマスコミ、そしてヤクザの本音

文春オンライン / 2020年6月21日 11時0分

写真

©iStock.com

 新宿歌舞伎町の通称“ヤクザマンション”に事務所を構え、長年ヤクザと向き合ってきたからこそ書ける「暴力団の実像」とは―― 著作「 潜入ルポ ヤクザの修羅場 」(文春新書)から一部を抜粋する。

◇◇◇

ヤクザとマスコミの蜜月時代

 もう一度時計の針を戻そう。『実話時代』編集部に入った当時、暴力団と実話誌の関係は微妙な位置にあった。お互いがその関係性を模索していた。というのもこれ以前、頻繁に実話誌に露出していた暴力団たちが、一転して態度を変えたからだ。もっとも大きいのは、山口組がマスコミとの接触を全面的に禁止したことだった。

 五代目体制が成立するまで、マスコミと暴力団は持ちつ持たれつで、蜜月関係を構築していた。ヤクザ渡世は人気商売で、週刊誌の記事はいい宣伝になった。名前を売り出すため、組織の認知度を広めるため、ヤクザたちはこぞって雑誌に登場し任俠道を語った。反面、マスコミがいつも自分にとって都合のいい記事を書くとは限らない。暴力団たちはマスコミを一方的に利用するのは不可能だと思い知らされただろう。実際、暴力団がもっとも頻繁にマスコミに登場したのは、山口組が分裂したさい――山一抗争当時だ。

情報戦略にマスコミを利用するヤクザ

 1984年6月、四代目の座を巡って日本最大の山口組が分裂した。離脱組は一和会という新組織を立ち上げた。このとき、マスコミはお互いの正当性を喧伝するために使われた。ヤクザ記事は、次第にマスコミを使ったスピン――情報戦略に変わっていった。山口組はマスコミを使いながら、マスコミに使われた。

 後継者レースが難航すると、テレビさえ暴力団抗争をエンターテイメント番組として放送するようになった。1983年7月、田岡一雄三代目組長の三回忌法要では、早くもテレビカメラが入り込み、のちに激しい殺し合いを演じる2人の四代目候補――山本広と竹中正久(のちに四代目を襲名、一和会ヒットマンによって射殺される)の映像を撮影している。ヤクザ報道は、山口組が実際に分裂すると、一種のブームを作りあげた。実話誌にはこれ以前、大阪の博徒・松田組と山口組が対決した「大阪戦争」によって、抗争を実況中継する体制が整っていた。ヤクザ記事をメインに扱う夕刊紙も数多く創刊され、極道ジャーナリズムという言葉が生まれたのもこの時期だ。ヤクザ抗争は確実に数字のとれるネタとして確立していた。

 そのなかで日本最大の暴力団である山口組が分裂したのだから、マスコミは大喜びしたに違いない。分裂後は活字媒体のみならず、NHKをはじめ多くのテレビ局が特番を組んだ。挙げ句には出勤前のサラリーマンをターゲットにした早朝の番組や、お昼のワイドショーまでが山一抗争を追いかけたのだから、今から考えれば異常である。

抗争の凄惨さを伝えるワイドショー

 まだ肖像権やプライバシー保護の観念が出来上がっていない時代だったこともあって、レポーターを恫喝する姿、機動隊と衝突する模様、ガサ入れの様子、そして各組長や若い衆の談話などが、何の修正もなくそのままブラウン管を通して全国に配信された。中には銃撃され路上に倒れ込んだ死体の映像まであり、殺された組員の着ていたシャツの模様は、流された血の色でいっそう派手に装飾され、抗争の凄惨さを際だたせた。

 ワイドショーなどでは、ヤクザ情報に詳しい多くのジャーナリストがスタジオに呼ばれ、事件に関する質問を受けた。その質問はあきれるほど低レベルで、まるで誘導尋問である。ジャーナリストたちはその術策にはまり、ヒステリックな感情論を煽っていた。誘導に引っかからなかったのは、溝口敦と野坂昭如くらいだろう。

 ――今回野坂さんはこの危ない地帯の視察にいかれたんですよね。

「今視察って言ったけど、そういうことじゃなくてね。友達や知り合いが今問題になっている辺りにいるもんですからね、よく話を聞いたり、近くの商店街を歩いたりしただけですよ」

 ――歩いてみてどうですか。やっぱり危ない?

「(事務所のある)同じフロアにいれば多少はあるでしょうけど、周り近所は別段、マスコミが報じるように恐ろしいから店じまいするとかいうことはまったくないです。(その前にレポーターが『抗争が続いて飲食店が営業できないなど、一般人に経済的な損失が出ている』と前振りしていた)。山口組と一和会が拮抗している地域もあるんですね。そういうところでもなにもビクビクしてることはないし、ちゃんと飲み屋は夜遅くまでやってるし、みんなカラオケで歌ってますよ」

司会者はスクープの興奮を抑えきれなかった

 ある番組では生放送の最中に山口組山健組に銃弾が撃ち込まれ、出演者が一気に浮足だった。これまでテレビに出演した解説者は揃って「山口組は山健組、一和会は加茂田組が主力部隊」と言っていたにもかかわらず、まったく動きがなかったからである。その上、この事件では山一抗争で初めて一般人が流れ弾で負傷した。

「つ、ついに一般人に負傷者が出ました!」

 司会者の興奮に歪んだ顔が印象的だった。

ヤクザのトップがマスコミに登場した時代

 山口組、一和会双方の親分が、直接テレビや雑誌のインタビューを受け、様々な質問に答えた。特に一和会は最高幹部のほとんどがテレビに出演し、ロングインタビューを行っている。一和会側の露出が多いのは、組を割って出た側には、繰り返し自身の正当性と大義名分を喧伝する必要もあったからだろう。それは私の実体験とも一致している。

 1997年、新神戸オリエンタルホテルのティーラウンジで山口組宅見勝若頭ほか、無関係の一般市民を射殺、山口組を絶縁となり抗争事件となったとき、マスコミに登場したのは山口組を追われた中野会側である。2006年、福岡県久留米市の指定暴力団・道仁会が内部分裂した際も、取材に応じてくれたのは、組を割って出た九州誠道会側だ。

 四代目山口組の一和会に対する激しい切り崩し工作に、一和会幹事長・佐々木将城は週刊誌のインタビューに応え、「度を超し、任俠道を頭から否定するもの」と嫌悪感を露わにしているほか、トップである山本広会長も、1984年9月27日号の『アサヒ芸能』でインタビューに応じている。

誌面上でもバトルが繰り広げられる

 ――田岡一雄組長は存命中、ことのほか竹中四代目をかわいがったと伝えられているが……。

「それはやなあ、あとからひっつけたもので……。まあ、ワシがいちばんオヤジとは近い存在にあったわけやから、そのへんの事情はだれよりもよう知っとるわ(中略)とにかく、ワシはバタバタしとうなかった。バタバタ慌ててな、見苦しいことをして内輪で抗争するようなバカげたことはしたくなかったわけや。だいいち、竹中四代目がどうあっても四代目にこだわるなら、ワシがそれに横ヤリを入れてもしようがないしな。だが、ハッキリいえるのは、アチラがワシらに対して、『代紋はずせ』とか、とやかくいう筋はないいうことやねん。そりゃまあ、さまざまのイキサツはあったけれども、竹中四代目サイドから『代紋おろせ』いわれる筋合いはないんや」

 暴力事件と並行し、誌面でバトルが繰り広げられるのだから、これほどエキサイティングな興行はなかった。当人たちにとっては生死を懸けた生存競争でも、マスコミにとって暴力団抗争は紛れもなく見せ物だった。1989年、多大な犠牲を払って五代目体制が誕生してからというもの、山口組はマスコミをシャットアウトし、この掟を破った幹部や組員を徹底的に処分した。当初、北海道や九州にいた一部の大物は見逃されたが、通達を無視し、高をくくって週刊誌のインタビューに応じた傘下団体組長が厳しい処分を申し渡され、実質的な解散に追い込まれると、山口組組員の意識も次第に変わった。

「ヤクザはこんな立派な人たちなのか……」暴力団取材をした私が舞い上がってしまった理由 へ続く

(鈴木 智彦)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング