西武の株主様になった途端に爆裂含み損を抱えてしまったので、ライオンズの日本一を強く要求します

文春オンライン / 2020年6月19日 11時0分

写真

2015年から2016年シーズンには球場名称を「西武プリンスドーム」としてシナジーを発揮したこともあったが……。

 開幕にあたり謹んでご挨拶申し上げます!

 突然ですがみなさんは「オリックス」と聞いて何を思い浮かべますでしょうか。僕の調べでは一般人が思い浮かべるオリックス関連ワードは「イチロー、レンタカー、ブルーウェーブ」となっております。文春オンラインで野球コラムなどを読んでいるマニアのみなさんですと「イチロー、山本由伸、吉田正尚」あたりでしょうか。しかし、僕は違います。今年から違います。今の僕が「オリックス」と聞いて思い浮かべるのは「イチロー、高配当、カタログギフト」です。

優待目当てで購入した西武株はコロナショックで……

 おわかりの方もいるでしょうが、私、オリックス(8591/銘柄コードです)の株主様であります。オリックスの株を100株以上買いますと、毎年3月末にはふるさと優待と題したカタログギフトを株主優待でもらうことができ、9月末にはプロ野球観戦やレンタカーが割引料金で利用できる株主カードをもらうことができるのです。そうしたお得な優待に加えて利回り5%にも及ぶ配当金もいただけるということで、オリックス株は個人投資家の間で人気筆頭の株となっています。おそらくオリックス・バファローズファンの数よりもオリックス(8591)の株主の数のほうが多いでしょう。個人株主が50万人くらいいるらしいですから。オリックス・バファローズ公式ツイッターのフォロワーは34.1万人なのに!(2020年6月19日現在)

 老後の資産形成を見据え、投資に目覚めた2020年。長期積立のインデックス投信に軸足を置きつつも、優待や配当狙い、そして何よりも「株主様」というステータスを求めていくつかの個別株も購入を進めておりました。そのひとつが「みんな大好きオリックス株」であったわけですが、もうひとつ所有した株があります。それが西武ホールディングス(9024/銘柄コードですよ)の株です。

 何も考えずに「だいすきなせいぶらいおんずのかぶ」を買ってしまった半年前の自分。今は半年前に戻って自分をひっぱたきたい気持ちでいっぱいです。2020年2月7日に1863円の年初来高値をつけた西武株は、コロナショックとともに暴落し、2020年4月1日には1126円をつけ上場来安値を大幅に更新するに至りました。プロ野球公式戦のチケットがもらえるという優待目当てで購入した西武株は、購入時の価格にいまだ戻ることなく大きな含み損を抱えています。チケットは普通に買ったほうが絶対によかった。

 優待でもらった公式戦のチケットは、おそらく使用機会がないでしょう。お客が入場できるかどうかもまだ不透明ですし、株主様への還元なのに「売切御免」の設定らしく、入場者数を制限してのソーシャルディスタンス観戦においては出番はなさそうです。やらないゴルフの優待券、予定皆無の結婚式の優待券、あるだけマシ程度の配当、よくよく考えたら何で西武株を買ってしまったのか自分でも意味がわかりません。せめて安くなってから買い叩くべきでした……。

 このように「株主様」として見る西武は、これまで見ていた西武とはまた違った存在でした。今まではプロ野球・埼玉西武ライオンズのことだけを考えておればよかったわけですが、西武グループ全体におけるライオンズ事業の割合はたかだか数パーセントに過ぎません。西武グループは西武鉄道による都市交通・沿線開発と、ホテル・レジャー業が2本軸の企業グループであり、そのなかでもエースで4番で企業アイデンティティであるのはプリンスホテルなのです。

 西武線の業績はコロナ禍があろうがなかろうが大して変わらないんじゃないかという気もしますが(もともと人が大して乗ってない)、プリンスホテルの業績はコロナ禍の直撃を受け、東京五輪の延期によってワンツーパンチを浴びた状態。本業がノックダウンでは株価が上がるわけがありません。他球団の親会社を見渡しても「新聞、ゲームのガチャ、阪神が本業、市民球団が建前、地方新聞、ヤクルト販売、一応電話、一応通販、菓子販売、ハム販売、レンタカー?」と西武ほどにコロナ直撃を受けた企業はありません。西武だけがガツンとボコンとやられている。株主様視点で見る今季の埼玉西武ライオンズはまさに存亡の危機。苦境のプリンスホテルを何とかせねば西武ホールディングスの未来はなく、すなわちライオンズの未来も株価のプラス転換もないのです。

 そして株主様となった今ならば2013年に米投資ファンドのサーベラスグループが西武株のTOB(株式公開買い付け)を行なった際の「ライオンズの売却」「西武秩父線の廃線」という腹案についても理解できます。ライオンズの本拠地・埼玉県にあるプリンスホテルの物件は川越にある川越プリンスホテルと、西武ファンもわざわざ宿泊はしない西武ゆうえんち横の中国割烹旅館掬水亭の2軒。西武秩父線で秩父くんだりまで運ばれても泊まる宿があるわけではありません。それであればちょうど今年話題となった「としまえん売却」のように、売れるものは売ってしまったほうがいいという考えも生まれるでしょう。結果として、人情や沿線事情を顧みない腹案は株主の反感を買ってTOBは失敗に終わったわけですが、考え方としてはアリだなと思います。シナジーの薄い部門を整理して、プリンスホテルへの「選択と集中」を考えるならば。むしろ株価は上がりそうな気がします。

埼玉西武ライオンズが今こそ成すべき「親孝行」

 そんなシナジーの薄い両者に、今年はいい意味でのサプライズがありました。

 開幕迫る6月10日、埼玉西武ライオンズとプリンスホテルが協力して『埼玉西武ライオンズ応援宿泊プラン』なる宿泊プランを発表したのです。プリンスホテルに泊まり、ビデオチャットを活用してリモート観戦を楽しむというこのプラン。利用者には特典グッズを配布したり、球場で販売している弁当の提供などもしてくれるといいます。このプランに限りライオンズファンクラブ会員資格で「SEIBU PRINCE CLUB」会員と同等の価格で利用できるというお得な申し出も。さらには、川越プリンスホテルに1室限りではあるもののライオンズコラボルームも作ってくれたとのこと。おおっ、キャンプ地・宮崎県にある日南海岸南郷プリンスホテル以来のライオンズコラボ!

 このプランにより、ライオンズはプリンスホテルという西武色の強い場を活用してファンの「野球観戦に出かけたい」「少しでも気分を盛り上げたい」という飢えを満たし、プリンスホテルはライオンズファンという西武グループに強く結びついた人たちの「気持ち=お金」を吸収して苦境を凌ぐのです。熱いグループ内シナジーを感じずにはいられません。プリンスホテル硬式野球部に囲った選手に「(西武以外なら)プロ入り拒否」のオーラを出させていた時代以上のグループ内での連帯を見た想いです。

「ようやくディズニーリゾートで一番お金が取れるアトラクションが『ホテル』だと気づいてくれたか」

「東武東上線沿線にあるプリンスじゃないヨソのホテルにライオンズコラボルームが誕生していたことの果てしない違和感がようやく解消されそう」

「西武グループとしてもっとライオンズを活用しなくてはいけない」

「西武鉄道も西武トラベルもムーミンバレーパークを熱心に推してるけど、アレは土地を売ってあげただけでヨソの会社のもの」

「株主様向け資料でムーミンを好調の要因として強調するんじゃない」

「ムーミンに便乗して最寄りの飯能駅の駅舎をフィンランド風に改造してるし」

「そのうちマスコットもムーミンになるんちゃうか」

「ムーミンよりライオンを推すべき」

「あるいはムーミンを買収するべき」

「スポーツと旅行は本来とても相性がいいもの」

「ライオンズ球団はやたらと群馬とか沖縄とか遠隔地で開催したがるタイプだし」

「百獣の王(キング)とプリンス(皇子)のタッグ、全然悪くない」

「まさに、King & Prince」

「あと、ライオンズファンクラブ会員のプリンスホテル優待は恒久的にあってしかるべき」

「Lポイント(ファンクラブのポイント)で宿泊できるようになるとなおよい」

「むしろ野球ファン全体が『プリンスホテルの優待目当て』でライオンズファンクラブに入るくらいでもいい」

「優待目当てで何をやってる会社なのかよく知らないオリックスの株を買うヤツだっているんだから」

「そうだ、練習試合で大活躍の川越誠司を川越プリンスホテルの広告塔に据えて一大プロモーションを展開しよう」

「そして、次のドラフトでは苗字が『品川』『下田』『大磯』などの獲得を狙うのだ!」

 プリンスホテルなくして埼玉西武ライオンズなし。そして埼玉西武ライオンズくらいしかプリンスホテルが好きなように使える商材もなし。かつてはまさにプリンスホテル(旧コクド)がライオンズを直接所有していたという親子関係がある両者です。ホテル・レジャー業の会社として親会社が大打撃を受けている今季、埼玉西武ライオンズの目標というのは、勝つとか負けるとかの野球次元には留まりません。みんなに元気を与えるといった高邁な社会貢献だけでも生きられません。

 親孝行。今こそグループ内でのシナジーを発揮してプリンスホテルを盛り立て、親会社の苦境を救うことが今季のライオンズに課せられた使命です。その大きな目標に向かって、西武グループ全体の人気とブランド力を高めていくような勝利や振る舞いを選手たちは見せなくてはなりません。出掛けるときは「主張の強い英語が書いてあるトレーナーにジャラジャラネックレス」とかではなくビシッとスーツで。休日のインスタライブ配信の背景は意識高そうな本棚か白壁に統一し、もちろん配信中の飲酒は控える。ちょっと大人のお付き合いをいたすときは、家に呼びつけて皿洗いさせたり多目的トイレに呼びつけて5分で追い返したりするのではなく、しっかりとプリンスホテルでおもてなしをする。そして、「まぁこんな素敵な選手たちがいるなら、さぞや素敵なホテルなのでしょうね」とお客様の連想買いを喚起する。そんなノーブルな球団を目指して。株主様として2020年の埼玉西武ライオンズには、西武グループを救う大活躍を期待しています!

【以下、株主様が要求する今季の埼玉西武ライオンズの成果目標】

(1)第15回定時株主総会まで無敗の維持
・6月25日(木)の株主総会を気持ちよく迎えたい
・たった5連勝すればよい
・「総会まで無敗」をやるチャンスはもうないかも

(2)プリンスにふさわしいノーブルな球団イメージの追求
・山賊は多分ホテルに泊まらないので……
・都会的で清潔感ある身なりを常に意識
・週刊文春に写真を撮られる前提で密会は必ずプリンスホテルを利用

(3)優勝・日本一達成による含み損の解消
・僕のお金減っちゃってるの……
・株価の大ホームランを期待
・日本一になったらちょっとは上がるかな?
・株価がプラスに転じたらすぐ売ります!

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2020」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/38503 でHITボタンを押してください。

(フモフモ編集長)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング