生田斗真と清野菜名はウエンツ、岡田将生と入籍日深夜まで“飲み会”。嵐、小栗、佐々木希…リアルな人間関係が見える《芸能人オンライン交友録》

文春オンライン / 2020年6月19日 17時0分

写真

生田斗真(ジャニーズ事務所公式サイト「Johnny's net」より)

 コロナ禍で広がった芸能人たちの「オンライン飲み会」が話題になっている。かつては六本木、西麻布、三軒茶屋などに夜な夜な集まり、秘密裏に行われていた芸能人たちの集いがオンラインに場を移し、その様子が時には全世界に配信されることもあるのだ。

 バラエティーやラジオ番組、SNSまで生粋のテレビっ子として芸能人をウォッチするてれびのスキマ氏は、「オンライン飲み会で、これまで見ることのできなかった芸能人同士のリアルな関係が見えてきました」と語る。オンライン上で垣間見えた、芸能人のプライベート交友録を徹底調査した。

◆ ◆ ◆

結婚初夜、生田は夜中の2時まで「オンライン飲み会」

 6月1日、女優の清野菜名(25)と入籍した生田斗真(35)。結婚初夜のこの日、生田が深夜まで没頭していたのが、コロナ禍で空前のブームとなっている“オンライン飲み会”だ。メンバーは生田、ウエンツ瑛士(34)、岡田将生(30)の3人。6月7日に放送された「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、ウエンツが「『このコロナ禍において何かできないか』みたいな話し合いをしていて」とオンライン飲み会をしていたことを明かしている。

「その日は夜中2時まで議論が白熱し、酔っぱらって眠そうな生田の画面に清野が頻繁に映り込んでいたようです。『やけに菜名ちゃんがやってくるなと思ったんですよ』とウエンツが思っていると、そのタイミングで生田が清野との結婚を報告したようです。結婚を知らされていなかったウエンツと岡田は『言ってよ!』と驚き、ウエンツは『記念すべき初日の日なので、本当に申し訳ないことをしました』と振り返っていました」(スポーツ紙芸能デスク)

“男の友情”を大切にする生田の人柄がよく表れたエピソード

 入籍日に行われた男友達との飲み会。てれびのスキマ氏は「生田さんの人柄がよく表れたエピソードですよね」と解説する。

「生田さんは“男の友情”を大切にするタイプなんです。星野源さんが疲労のピークで追い込まれて『旅行へ行きたい』と言ったら、生田さんが手配してすぐにハワイへ旅立ったこともあるくらい。

 友情が密に、長く続くタイプで、ウエンツさんとは『天才てれびくん』(NHK)で共演してから20年来の仲ですし、岡田さんとは2007年に放送されたドラマ『花ざかりの君たちへ』(フジテレビ系)での共演以来、旅行へも一緒に行く間柄です。岡田さんは2016年の映画『秘密THE TOP SECRET』の舞台挨拶で、『生田さんは本当に誰よりも優しい先輩。何回か斗真さんの胸で泣かせてもらったことがある』と告白しています。岡田さんは、ウエンツさんのことも『兄貴』と慕っています」

嵐のシングル曲で“みんなで踊ろうよ”

 生田はジャニーズ事務所に入所後、芝居一筋で歩んできた“ジャニーズの異端児”だ。しかしその人柄で、同期である嵐の松本潤(36)との友情も深め続けている。4月17日に配信された嵐のインスタライブでは、松本が生田とオンライン飲み会をしたと報告した。

「小栗旬くんとか斗真とか友達5人くらい繋いでみんなでやってた」というオンライン飲み会では、「“みんなで踊ろうよ”みたいな話になって」、嵐のシングル曲『GUTS!』の振り付けを松本が参加者に教えたという。「斗真はさすがに振りを覚えるのが早くて。俺とか斗真が『もうちょっとこうした方がいいよ~』とかアドバイスしながら、旬の子どもとかが一緒になって踊ってたり。めっちゃ楽しかった」と満喫した様子だった。てれびのスキマ氏が語る。

「生田さんは、2020年1月20日に『ごごナマ』(NHK)に出演した際、中学時代は松本さんとケンカを繰り返していたと明かしています。しかしそんな時代を経て、今ではジャニーズ事務所の中でも最も絆が深い友人になった。小栗さんとは2007年のドラマ『花ざかりの君たちへ』(フジテレビ系)で共演して以来、親交を深めていて、コロナ禍以前もよく飲みに行く仲間だったようです。みなさん熱く演技論を語るタイプなので、酒席での話も盛り上がるのでしょう。『小栗会』は一線級の若手俳優が一度は参加しているんじゃないかと思わせるほど、いま小栗さんは若手俳優の”ハブ”になっています」

豪華メンバーが参加した動画の再生回数は380万回超

「小栗会」には、勝地涼(33)、綾野剛(38)、三浦春馬(30)、向井理(38)らが参加しており、さながら“俳優男子会”の様相を呈している。なかでもコアなメンバーが山田孝之(36)だ。小栗と山田も、このコロナ禍で交流の場をオンラインへ移しているようだ。

 4月24日、赤西仁(35)と錦戸亮(35)が立ち上げたYouTubeチャンネル「NO GOOD TV」に、小栗は山田と共にゲスト主演。山田とかつてJINTAKAという音楽ユニットを組んでいたこともある赤西は、アメリカの自宅から参加していた。

 小栗と錦戸は、ほぼ初対面で「ちゃんと喋ったことないですもんね」と緊張気味だったが、小栗、山田、赤西は旧知の仲ですぐに会話が弾み、『全裸監督』が大ヒットした山田がズボンを下げて悪ノリするなど、盛り上がりをみせていた。豪華メンバーが参加した動画の再生回数は380万回を超えている。

小栗会は若手俳優界の一大勢力

「正直、小栗さんの顔が広すぎて、どの辺りまで繋がっているのかが判別できません。30代の有望な役者はたいてい小栗会に参加したことがあるんじゃないでしょうか。参加者は事務所もバラバラですが、小栗会は仲間意識が強く、いまや若手俳優界の一大勢力となっています。

 小栗さんは若い頃からプロデューサー気質で、人脈を広げてきた。山田さんがプロデュース業を行うようになったのも、小栗さんの影響が大きいのではないでしょうか。2009年からは所属事務所である『トライストーン・エンタテイメント』の取締役に就任。同年に映画『クローズZEROⅡ』で共演した綾野剛は、小栗の熱烈なスカウトでトライストーンに移籍したと言われています」(てれびのスキマ氏)

小栗会から距離を置く“インドア派”松坂桃李の動向

 一方で小栗会の面々と距離を置く俳優もいる。松坂桃李(31)だ。

「松坂さんの子供の頃の夢は漫画家で、いまでも『ONE PIECE』の大ファンです。オフの日は漫画喫茶で過ごしたり、時間の許す限り自宅でゲームをしたりと、根っからの“インドア派”。俳優仲間と積極的に絡むタイプではないようです。そんな松坂さんが心を許しているのが、小栗会にも顔を出している岡田将生さんなんです」(同前)

 5月21日、松坂はTwitterで岡田とオンライン飲み会をしたことをツイート。〈岡田将生とかとリモートで飲んでみたのですが、小っ恥ずかしいけど、いいもんですね〉と感想をつぶやいている。

「2人は2011年の映画『アントキノイノチ』で初共演しています。当初はライバル心を抱いていたが、再び共演した2016年のドラマ『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)で距離が縮まり、いまでは多いときは週3で飲むほどの大親友になった」(スポーツ紙記者)

“女子版小栗会”ハリセンボン・近藤春菜の“春菜会”

 俳優界はコロナ禍でも交流が途切れず続いているようだ。そして、“女子版小栗会”と言われるのが、ハリセンボン・近藤春菜(37)の“春菜会”だ。メンバーには吉高由里子(31)、本田翼(27)、Perfume、安室奈美恵(42)ら、女優からアーティストまで錚々たる顔ぶれが名を連ねており、このコロナ禍でもオンラインで勢力を拡大し続けている。

 近藤はコロナ感染拡大が深刻化してきた4月に公式インスタグラムを開設。城田優(34)とインスタでラップ対決をしたり、トリンドル玲奈(28)、サッカー選手の槙野智章(33)高梨臨(31)夫妻とインスタライブで交流したりと早速活用している。

家族の登場も……プライベートな顔が垣間見えることも魅力のひとつ

 4月7日には水川あさみ(36)とインスタライブを行った。2人での会話の途中、昨年9月に水川と結婚した窪田正孝(31)が乱入。窪田は「嫁さんに呼ばれたから、そりゃあ出ますよ。春菜とも付き合い長いからね」と一言。近藤も思わず「イチャイチャしないの」と突っ込むほどのラブラブぶりを披露している。

「近藤さんと水川さんは、2009年のドラマ『血液型別 オンナが結婚する方法♪』(フジテレビ系)で共演して以来の大親友です。芸能人によるオンライン飲み会配信は、彼らのプライベートな顔が垣間見えることも魅力のひとつですよね。水川さんと近藤さんの配信同様、桐谷美玲さん(30)と河北麻友子さん(28)が行ったインスタライブにも、桐谷さんの夫である三浦翔平さん(32)が登場しています。家族がいる自宅で、お酒を飲みながら仲のいい相手と話すため、テレビでは言わないようなことを話してくれることもありますよね」(てれびのスキマ氏)

渦中の佐々木希が率直に語っていた家族への想い

 現在、複数女性との不倫で芸能活動を自粛しているアンジャッシュ・渡部建(47)の妻で、女優、モデルの佐々木希(32)も、親友相手に家族への想いを率直に語っている。

「渡部の不貞発覚前の4月12日、佐々木は元『non-no』モデル仲間の大政絢(29)とのオンライン飲み会をインスタライブで配信していました。『最近思う“幸せだな”と感じる瞬間はどんな時ですか?』という視聴者からの質問を大政が読み上げると、佐々木は『この表現が合っているか分からないけど、こういうこと(コロナ)があったから、家族の時間がすごい増えたかな。それはすごい、幸せって思える。だってね、こんなに家族みんなで一緒にいられるって、なかったから』と穏やかな笑顔で語った。そんな最中、夫は不貞行為に及んでいたわけですから、いたたまれない。再生回数はいまや5万回を超え、ファンからの応援メッセージも書き込まれています」(別のスポーツ紙記者)

 一方、相方の不倫問題でお詫び行脚を強いられているアンジャッシュ・児嶋一哉(47)も、意外な相手とオンライン飲み会をしている。5月17日に放送された渡部のレギュラー番組「相葉マナブ」(テレビ朝日系)で、嵐・相葉雅紀(37)が「このないだ俺ね、児嶋さんと(オンライン飲み会)やったよ」と明かしているのだ。渡部は「児嶋さん、スケジュール共有してるんだけどさ。こないだ20連休あったけど大丈夫かな?」と上から目線の突っ込みを入れている。

「児嶋さんは俳優としても活動しているので人脈の幅は着実に広がっています。児嶋さんは夫婦で相葉さんの自宅へ遊びに行くほど仲がいい。相場さん宅では、みんなで“嵐かるた”をしたそうです。これまで以上に児嶋さんの仕事は増えていくでしょう」(てれびのスキマ氏)

広瀬姉妹とのコラボも実現 「ムロ会」の広がり

 規模は小さいが、“小栗会”と“春菜会”に負けず劣らず豪華メンバーが集う会がある。俳優・ムロツヨシ(44)が中心となった“ムロ会”だ。

「ムロツヨシさんは小栗会に出席することもありますが、俳優仲間を集めて自宅でお手製の“ムロ鍋”を振る舞う『ムロ会』も行っています。参加しているのは小泉孝太郎さん、戸田恵梨香さん、新垣結衣さん、吉田羊さんら人気俳優の面々です。ムロさんを慕って俳優らが集まり、ジワジワと人脈のすそ野が広がっています」

 オンラインでもその勢力は拡大中だ。5月13日、同じ家に住む広瀬すず(22)、広瀬アリス(25)姉妹のインスタライブに、ファンから同時刻に配信されていたムロツヨシのインスタライブと『コラボしてほしい』という要望が殺到しコラボが実現。その様子を、ムロのインスタライブを見ていたという中村倫也(33)がTwitterで実況した。豪華なインスタライブとなったわけだが、芸能ジャーナリストは「広瀬すずさんのインスタライブは危険なんです」と語る。

「すずさんは不用意な発言をしてしまうタイプで、過去に『とんねるずのみなさんのおかげでした』に出演したとき、音声スタッフについて『本当に声を録るだけでいいの?』と発言。裏方スタッフを軽視していると炎上しました。

 インスタライブでも、すずさんがヘアゴムを使ってあやとりを始めて『これが男で……』と、男性のシンボルを再現すると、アリスさんが『はい、いきましょう』と危機一髪で切り上げるというシーンもありました。生配信するときには、すずさんの横には突っ込み役のアリスさんが必要でしょうね」

 

“リアルな芸能人交遊録”が見られるのは今だけ?

 芸能人の素顔が見られたり、ハプニングがあったりと目が離せないオンライン飲み会配信だが、てれびのスキマ氏は「コロナが収束すると、オンライン飲み会配信は形を変えていくかもしれません」と語る。

「コロナ禍でのオンライン飲み会配信やインスタライブは、本当に仲がいい芸能人らが自由に交流していました。今後も人目に付かないオンラインを通じての芸能人たちの交流は広がっていくと思いますが、配信される交流の一部は変わって行くこともあると思います。これまで行われてきたプライベート色の強い配信は減り、番宣などビジネス的な面が色濃く出てくる可能性もあるのではないでしょうか」

 非常時だからこそ垣間見えた“リアルな芸能人交遊録”は、今だけしか見られない貴重なものなのかもしれない。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング