ママになった優香40歳に “結婚説”志村けん「30歳違うだけだよ」に優香がツッコんだひと言

文春オンライン / 2020年6月27日 11時0分

写真

タレント・女優の優香。6月27日、40歳の誕生日を迎えた(写真は2001年撮影) ©文藝春秋

 時はインターネットが普及しつつあった1997年。『週刊プレイボーイ』12月9日号の誌面で、17歳の新人アイドルが芸名を募集した。応募はハガキだけでなく、当時まだ珍しかったネットのチャットでも受けつけ、約1万7千通が集まったなかから選ばれたのが「優香」だった。これは最終的に1文字違いの「優菜」と並んで残り、当時若い女の子のあいだで「ってゆうか~」と言うのが流行っていたことから選ばれたという。同誌の翌1998年4月7日号では、優香となった彼女が芸名のお披露目とともに水着姿でグラビアを飾った。

 ちなみに優香の“名付け親”となったのは、大学生の男性だった。その副賞として彼女とデートする権利を得た男性は、一緒に青山劇場へ舞台を観に行ったとか。のち2016年のインタビューで彼女は、《今、その方はきっと40代だから、お父さんになっているのかな。もしも娘さんがいたら、“優香”って名前をつけてくれていることを願っています(笑)》と語った(※1)。そんな優香も同年、俳優の青木崇高と結婚し、今年4月には第1子の出産を所属事務所のホリプロを通じて発表している。きょう6月27日は彼女の誕生日で、40歳を迎えた。

「またパイを投げられてみたい」

 優香はデビューするや、雑誌のグラビアを席巻すると同時に、テレビのバラエティやCMにも出演し始め、人気を集めるようになる。まもなくして大きな出会いがあった。今年3月に亡くなった志村けんだ。

 初共演は、1998年10月より半年間放送された『集まれ!ナンデモ笑学校』(テレビ東京系)というバラエティ番組でだった。このとき、マネージャーから「コントは原点だ」と勧められ、コントができれば芝居もアドリブでできるようになると言われたという。この番組中のコントで、志村からクリームのついたパイを思い切りぶつけられ、かなり痛かったが、快感を覚えたらしい。のちに志村との対談で「またパイを投げられてみたい」とねだるほどだった(※2)。ただ、べつのところでは、《志村さんとのコントだから好きなんですね。だから、パイを投げられてる私を見て、「この子はそういうのべつに抵抗がないんだ」とか、「優香ちゃんは何でもやってくれる」と思われるのも、ちょっといやなんですよね》と正直な気持ちも打ち明けている(※3)。コントをやるのも、志村という信頼できる大先輩が相手だからこそだったらしい。じつはデビュー当初はバラエティ自体が苦手だったという。

《私がテレビに出始めた頃は、けっこうキツい感じというか、毒舌でどんどんいく感じの女の子が多くて、それこそ戦場みたいな雰囲気でした。なので私みたいにフワーッとしていると置いていかれちゃうんですよ。だからほんと「向いてないなぁ」って。でも志村さんと共演するコント番組は、そんな私を必要としてくれたし、ちゃんと居場所がありました。志村さんと、志村さんの信頼しているスタッフさん達が、私の言うことで笑ってくれるのが本当にうれしかった》(※4)

“結婚説”志村けんは「30歳違うだけだよ」

 初共演から10年以上が経った2011年の対談では、志村に《優香だと必ず何か返ってくるから安心してできるんだよね》と言わしめた(※5)。このころには、志村の深夜の冠番組のコントで夫婦役も演じるようになっていた。同じ対談では進行役から「お似合いの夫婦に見える」と言われ、優香が《それは困ります。だって、志村さんって私の両親と同い年なんですよ》と返し、それに志村が《30歳違うだけだよ》と混ぜっ返すも、すかさず《30歳も!!ですよ》とツッコみ、絶妙なコンビネーションを見せた。2人のあいだに何度となく結婚の噂が立ったのもうなずける。志村の番組を長らく手がけてきた演出家の戸上浩もまた、優香について《僕が思うのは、志村さんが完全に許しているっていうことかな。志村さんと共演ともなれば、臆してしまうのが当たり前。でも優香は堂々としている。おそらく志村さんと共演して自分の言葉を話すことができる唯一の女性タレントなんじゃないですか》と評している(※4)。

志村がアドバイスした「芸能界で長生きする秘訣」

 やはり長らく続いた『志村けんのバカ殿様』(フジテレビ系)で、少年時代のバカ殿の遊び友達として登場した“優香姫”も印象深い。いつもハイテンションの優香姫が、バカ殿を時折たじたじにさせるのが笑いを誘った。のちにNHKの時代劇『ちかえもん』(2016年)で優香は年増の遊女を演じたが、そこで彼女が、なじみの客である主人公・近松門左衛門(演じたのは松尾スズキ)を巧みにあしらうさまに、これぞバカ殿仕込みと思ったものだ。優香はこのドラマで謎の渡世人を演じた青木崇高と、放送終了からまもない6月、36歳の誕生日に結婚した。青木に対し優香が感じたのも絶対的な安心感だった。『ちかえもん』で初めて京都で撮影にのぞんだ彼女は、大阪出身で京都にもくわしい彼に色々と教えてもらい、すごく頼りになる人だと思ったという(※6)。

『ちかえもん』は手ごたえのある仕事で、終わったあとには、心地いい解放感と達成感を抱いた。《幸せな仕事の場があって、そこで彼に出会えたことが嬉しいですね》とは、結婚直後の雑誌での発言である(※6)。同じ記事では、これまでの仕事を振り返って、《自分なりにチャレンジを続けたいと次第に考えられるようになると、体力的にはもちろん、心にも余裕をもって、いい仕事に一つひとつ丁寧に取り組みたいという思いが出てきました。そうやって次につなぎたいと感じるようになったのです》とも語っていた。一つの仕事に打ちこもうという姿勢は、駆け出しのころの志村けんとの対談で、彼女が芸能界で長生きする秘訣を訊ねたところ、《自分のポジションとかカラーをずっと持っていられればいいんだけど、あんまりいろいろ出過ぎると飽きられたりする》と教えられたのを忠実に守るかのようである(※2)。

「あの頃には戻りたくない(笑)」

 2003年よりTBSの土曜昼の情報番組『王様のブランチ』で総合司会を務め、翌2004年に『グータン~自分探しバラエティ~』として始まったトーク番組『グータンヌーボ』(関西テレビ・フジテレビ系)でもMCを担当、いずれも2012年まで出演し、番組を仕切る術を身につけた。女優としても、2014年には三谷幸喜作・演出の『酒と涙とジキルとハイド』で初舞台を踏み、その後も『ちかえもん』のほか、吉田大八監督の映画『羊の木』(2018年)などに出演し、着実にキャリアを積んでいる。

 一昨年、38歳になる前のインタビューで優香は、《歳を重ねることに抵抗はないです。あの頃に戻りたいというのは、まったくないです。むしろ、戻りたくない(笑)。それは、昔の自分が嫌だったとかじゃなくて、これからの方が、もっと何かあるんじゃないかと思うからです》と語った(※7)。30代になって年相応の役をもらうことが増え、それに幸せを感じているという。志村けんとの共演がもう見られないのは残念だが、私生活で一緒にいると安心できる伴侶と子供を得て40歳を迎えた彼女が、これからどんな展開を見せるのか楽しみである。

※1 『週刊プレイボーイ創刊50周年記念出版「熱狂」』(集英社、2016年)
※2 『Checkmate』1999年6月号
※3 『週刊文春』2002年10月31日号
※4 『テレビブロス』2014年1月4日号
※5 『CIRCUS』2011年2月号
※6 『婦人公論』2016年8月9日号
※7 『FRaU』2018年6月号

(近藤 正高)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング