「棋士は遅い時間になればなるほどテンションが上がる」AbemaTVトーナメントの舞台裏

文春オンライン / 2020年7月17日 6時0分

写真

過去に麻雀プロの資格を持っていたゼネラルプロデューサーの塚本泰隆さん

藤井聡太棋聖の活躍で人気チャンネルに 歴代1位の視聴数を叩き出した対局とは から続く

 新型コロナウイルス感染症流行によって将棋イベントはのきなみ中止、タイトル戦が延期される中、将棋ファンの話題の中心になったのは4月4日から放送されている第3回AbemaTVトーナメントだった。

 インタビュー後半では、誕生までのいきさつや、裏話、そしてこれからやってみたい企画などについて聞いてみた。

(全2回の2回目。 #1 を読む)
※文中の段位などは、インタビュー当時のものです

◆ ◆ ◆

将棋を観て楽しむという文化の間口を広げたい

――AbemaTVトーナメントは、第1回から超早指しで行っています。羽生善治九段(当時竜王)のアイディアとのことですが、この企画が誕生したいきさつを教えてください。

塚本 AbemaTVトーナメントや、炎の七番勝負など特別番組に共通していることとして、将棋を観て楽しむという文化の間口を広げたいという思いがあります。ニコニコ動画さんが先に将棋番組を配信していて、将棋を観る文化というのはありました。それをもっと広げたい。もともとの将棋ファンだけでなく、ちょっと興味があるくらいの人にも見てもらいたいし、ABEMAは若者に親しまれているメディアなので、若い層にも見てもらいたい。

 持ち時間5分で1手指すごとに5秒増えるフィッシャールールは、羽生九段から「時間の短いルールでやるのも面白いのでは」と話があり、取り入れることにしました。羽生九段の親しんでいるチェスで導入されているルールということでした。長時間考える将棋はもちろん魅力的ではあるけれど、超早指しならば、幅広い層が気軽に楽しめるライトな将棋番組が作れる。新たに「将棋って面白い、楽しい」と気付いてくれるきっかけとなるのではないかと考えました。

――第3回は3人の団体戦という新しい試みになりました。団体戦にした理由はなんでしょう。

塚本 私は2018年の麻雀のMリーグの立ち上げ、中継にも関わっています。Mリーグは企業がチームを持つ形でトップ選手のチームで争います。チームのために戦う姿、勝った仲間をハイタッチで迎える様子など、大きな反響を呼び大人気となっています。将棋も麻雀も頭脳スポーツという点では共通しており、将棋でも団体戦を取り入れたら、盛り上がるのではないかと考えました。

――チーム紹介ビデオが評判になりましたね。稲葉陽八段の「恋愛の失敗談」では「高校時代に連絡先を聞いた女の子の彼氏が不良で、不良グループに囲まれ、この世の終わりかと思った」とびっくりするようなエピソードが明かされたり、笑ってしまう話が次々に出てきました。

谷井 チーム紹介映像では、棋士同士で、恋愛のことなどきわどい質問をしてもらうパターンがよくありました。こちらとしては、濁していただいてもかまわなかったのですが、ストレートに答えてくれました。「普段できないことができたから、いい経験になった」と言って下さる棋士もいましたし、楽しい雰囲気の作品となり視聴者からも大変好評でした。

棋士の新たな魅力も伝えたい

――作戦会議や、仲間の対局を見守る控室の様子を映すのも評判になっています。

塚本 これもMリーグでの知見が大きいですね。Mリーグでは、裏側を見せることで、選手の関係性や人間性が伝わり、ファンが増えました。AbemaTVトーナメントは早指しで大逆転とか何が起こるか分かりません。チームメイトの対局を見ての反応や、応援する様子、棋士同士のやりとりを見せることで盛り上がり、棋士の新たな魅力が伝わり、ファンが増えるという確信がありました。

――出演した棋士一人ひとりの人気が出るような演出で、藤井聡太七段の人気だけで終わらないようにしたいという意図もあるのですね。対局の合間に流すビデオでは石井健太郎六段「優勝賞金の使い道は?」、近藤誠也七段「師匠に差し上げます」、渡辺明三冠「そんなわけないだろう!」というようなチームでのコントも披露されました。Abemaドリームチームでも羽生善治リーダー(九段)が三枚堂達也七段のボケに「そっちじゃないだろう」とツッコミを入れ、「ちょっと無茶ぶり?」と思ったことも。棋士の皆さんの反応はいかがでしたか?

塚本 恥ずかしがってNGになったり、噛んでうまくいかなかったりもありませんでした。むしろ、予想以上に皆さん楽しんでやってくださいました。こちらの「皆さんのファンを増やしたい」という思いを理解して、自分が注目してもらえる良い機会ととらえてもらったと思います。

――サイバーエージェントでは新卒採用にも、ドラフト制度を取り入れていると聞きました。今回のトーナメントでドラフトを実施したのは、そんな背景もあったのですか。

塚本 採用だけでなく、ドラフトはサイバーエージェントの文化として根付いている制度で、藤田社長が積極的に取り入れてきました。ドラフトのように選択をするということが、ドラマを生むという確信があったので、日本将棋連盟さんに今回はドラフトを取り入れたいと話をしました。最終的に、タイトルホルダーとA級の棋士の皆さんにドラフトをしていただくことができました。

棋士の皆さんが、個性あるチームになるように考えてくれた面はあると思います

――黄色いジャンパーを着て3人で指宿観光をする様子が竜王戦のブログで紹介された、豊島将之二冠、佐々木勇気七段、斎藤明日斗四段のチーム「GOOD BOYS」や、同級生3人の木村一基王位、行方尚史九段、野月浩貴八段のチーム「酔象」など、ファンが喜ぶ特徴のあるチームがそろいました。指名はすべてリーダー棋士にお任せだったのでしょうか。

塚本 もちろん、誰を指名してくれとか頼んだりしていません。ただ、棋士の皆さんが、個性あるチームになるように考えてくれた面はあると思います。ドラフトで指名があまり重ならず、くじの出番が少なかったのは意外でした。こちらは6人くらいで並んでくじを引くシーンを想像していたのですが(笑)。棋士なので、いろいろ他チームの指名を読んだり裏をかいたりしたのでしょうね。

――藤田社長も「Abemaドリームチーム」の総監督として出演されましたね。

塚本 羽生九段と藤田はABEMAができる前から親交があります。羽生九段のアイディアを生かしたAbemaTVトーナメントをどのようにするかは、第1回からずっと藤田と相談しながら進めてきました。今回は、総監督として作戦会議室にも登場し、羽生九段vs藤井七段の対局では「羽生さんが負ける姿って見たくないですね。藤井君が勝つ姿は見たいのだけど」と。チームは負けてしまいましたが、第3回全体は「立ち上がって観ることがあるくらい面白い」と評価していました。

遅い時間になればなるほど気力がみなぎってくる

――今回、新しい試みがたくさんありましたが、実現するのは大変ではなかったでしょうか。

塚本 2018年の春あたりから第3回の新しい試みを考えはじめ、日本将棋連盟さんと最終合意したのが2019年秋ですから1年以上かかりました。まず団体戦ということにOKをもらい、次に対局姿だけでなく裏側を見せること、スケジュールなど少しずつ話を詰めていきました。

――3月前半までに予選リーグを撮り終え、緊急事態宣言中の4月11日から放送していきました。これは予定通りでしたか?

塚本 予定通りです。緊急事態宣言前に予選を撮り終えることができて、ラッキーでした。7月の第1週から決勝トーナメントを生放送というのも予定通りです。

――各リーグとも3チームの3試合を1日で撮影していたようですが、かなりの長丁場になったのではないでしょうか。夜は何時くらいまでかかりましたか。

塚本 具体的な時間まではお答えできないのですが、日本将棋連盟さんとも相談し、順位戦と同じくらいの時間(朝10時開始で、終了はだいたい21~23時、日付が変わることもある)ならOKということになり、1日で撮影しました。夜になると疲れも出るかなと心配は多少ありましたが、実際の収録では、棋士の皆さんは遅い時間の方になればなるほどテンションが上がって気力がみなぎってくる感じでした(笑)。普段から終盤戦の夜に冴えるように調整しているからでしょうね。

――夜になると元気になるのはさすがですね。3チームの9人のスケジュールを合わせるのも大変だったと思います。

谷井 そちらについては日本将棋連盟さんに調整していただきました。収録日が1日の予定だったので、お忙しい棋士の方々のスケジュールに、制作スタッフの予定を合わせました。

――公式戦にはない超早指しのため、うっかりも出ましたし、佐々木大地五段が時計を押し忘れて、作戦会議室で「佐々木君! おいおい」と悲鳴が上がるなんてこともありました。参加した棋士の皆さんの反応はいかがでしたか。

谷井 「やってみて面白かった」という声はいくつもいただきました。「新しい形の将棋ができるのは嬉しい」と言われたこともありました。第1回と第3回に出演した山崎隆之八段は「第1回に出場した時の悔しい思いを2年も抱えていたので、今回は練習してきた」とおっしゃっていました。かなり練習を積んだ棋士の方もいらっしゃったようです。

AbemaTVトーナメントは、SNSに貼って盛り上げてください

――そうですね、以前にインタビューした近藤誠也七段は、佐々木勇気七段と練習されたと言っていましたし、チームを超えて練習もあったようですね。ところで、番組のスクリーンショットをTwitterに掲載しているファンも多くいます。これは歓迎なのでしょうか。

塚本 食事やおやつの紹介などは大丈夫です。AbemaTVトーナメントに関してだけ申し上げると、ABEMAが主催していますから、盤面も含めてスクリーンショットを好きなだけ載せていただければ。ぜひSNSで盛り上げて下さい。

――ABEMA将棋チャンネルの主な宣伝方法はTwitterでしょうか。3人でTwitterを始めたチームもありました。

塚本 そうですね。TwitterはABEMAのテレビもビデオも貼ってアクセスしてもらいやすいですし、相性が良いです。アカウントを持っている棋士、女流棋士の皆さんに、出演する番組の宣伝などお願いすることもあります。

谷井 チームでTwitterをやっていただいているのは、こちらからお願いしたわけではなく、棋士の方からチームのアカウント開設のご提案があり、こちらとしても是非にとお願いしました。佐藤康光九段、谷川浩司九段、森内俊之九段のレジェンドチームの開設が一番早く、将棋界や番組情報の発信をしていただいています。

――放送を見てファンになったというツイートもよく見ました。

塚本 そのようにファンになってもらうことが、今回の企画の狙いでもあります。単に対局を放送するだけでは人気が高まるのは難しい。その棋士の人間性を伝えることでファンを増やす。ファンが増えると別の番組にその方を起用したら見てもらえますし、番組を増やすことにもつながりますので、相乗効果で盛り上がっていきます。

 将棋も、麻雀も、ファンを増やし、ABEMAを観る方を増やすだけでなく、すそ野を広げて、その世界全体が盛り上がる一助になればと思ってやっています。棋士の皆さんも、こちらのファンを増やしたい、将棋界を盛り上げたいという思いをよく理解して楽しく出演してくれました。

セットにも力を入れ、洗練された空間づくりを目指しました

――実際に、出演棋士のファンが増えた効果はあったように思います。これからは、他の棋士の公式戦の中継を増やすことも考えていますか。7月からは朝日杯オープンやJT杯など、多くの棋士の対局が中継されています。

塚本 タイトル戦と藤井七段戦はこれからも外さないようにしていきますが、今後は他の棋士の中継も増やしていきたいです。

――撮影セットも石が敷き詰めてあったり豪華で、決勝トーナメントでは照明やARを駆使した華やかな演出でした。リーダーの皆さんを和服姿で撮影するなど、ビジュアルにも力が入っていましたね。

塚本 かっこいいビジュアルは大事で、第1回から羽生九段の和服姿の写真を撮影しキービジュアルとして使ってきました。第3回は12チーム36人の棋士が対局する大掛かりなもので放送期間も長いです。ABEMAとしても成功するようかけています。当然、セットにも力を入れ、洗練された空間づくりを目指しました。

――ヘアメイクにも力が入っているのでしょうか? 予選Cリーグに登場した糸谷哲郎リーダー(八段)の毛先を遊ばせた髪型を「ジャニーズ風に仕立てられていた」と、聞き手の室田伊緒女流二段が指摘して話題になったりしました。普段とは違うおしゃれな髪型になっています。

谷井 ヘアメイクさんは専門の会社のスタッフさんにお任せしています。いろいろなスタイルを提案してもらい、自分ではできないような髪型に仕上がったことを喜んでいただいたり評判は良いですし、普段とは違う髪型にしてもらったことを棋士同士で楽しみあったりされていると思います。

最近は将棋の知識を増やすことに貪欲になりました

――番組のエンドロールには監修として、鈴木大介九段、野月浩貴八段、西尾明七段のお名前が出ています。この先生方と番組のかかわり、どのような仕事をしてもらっているか教えてください。

谷井 日本将棋連盟理事でもある鈴木九段、西尾七段のお二人には、ABEMAとの相談の窓口になっていただいています。野月八段には、将棋AIを使った表示をどう扱うか、画面の見せ方やルールなどかなり細かい実務的な内容の相談をしています。チャンネル立ち上げ時には遠山雄亮六段にも関わっていただきました。

――将棋をよく知るために取り組んでいることはありますか。

塚本 中継はもちろん、めちゃめちゃよく見ていて、自分なら次はどう指すか考えたりします。ですが、指す機会はないので棋力は何級かよく分からないままです(笑)。

谷井 最近は、棋士のことをもっと知りたいと調べたり、将棋の知識を増やすことに貪欲になりました。棋書も買って、今は菅井竜也八段の研究をまとめた「菅井ノート」を読んでいます。ただ、高段者向けで、私には難し過ぎてなかなか理解できません(笑)。この本が理解できるくらいの棋力を身に付けたいです。

「将棋の子」(元「将棋世界」編集長・大崎善生氏のノンフィクション。奨励会でプロになれず退会した青年が主人公)も好きな本で、職業でプロになるという制度において将棋は世界一と言ってもいいくらい厳しいと思いました。棋士の対局の映像を取り扱う身として、そういった背景を意識した番組作りをしていきたいと考えています。

第4回は将棋ファンをさらに増やせるようなものにしたいですね

――最後にこれから将棋チャンネルでやってみたい企画があれば教えてください。第4回AbemaTVトーナメントの予定はあるのでしょうか。

塚本 第4回もやるつもりではありますが、まだどんな形になるかは未定です。第3回では、新たな試みで、多数の棋士の魅力を掘り下げることができましたし、大きな手ごたえを感じています。第4回は将棋ファンをさらに増やせるようなものにしたいですね。将来的にはもっと将棋を観るのを当たり前にしたいですし、できるならば、放送だけでなく実際に参加できるようなイベントもやってみたいですね。今回は、日本将棋連盟さんと協力して、チームのTシャツや、クリアファイルを販売することができました。またグッズなどの取り組みで、ロイヤリティーを上げていくことができればいいなと思っています。

谷井 第3回では、棋士36人に参加していただきましたが、他に約135人の棋士がいらっしゃいます。より多くの棋士の方々の魅力を知ってもらえるような企画ができればと考えています。

写真=杉山秀樹/文藝春秋

塚本泰隆(つかもと・やすたか) 33歳。麻雀プロ資格を過去に持ち、麻雀チャンネル、将棋チャンネルのプロデューサーを務める。4年前に転職してサイバーエージェントに入社。将棋チャンネルの立ち上げ、麻雀のナショナルプロリーグMリーグ立ち上げの他、ABEMA寄席など特別番組にも多く関わっている。AbemaTVトーナメントは第1回から担当している。

谷井靖史(たにい・やすし) 38歳。2007年サイバーエージェントに新卒入社し14年目。Webエンジニア、携帯ゲーム事業のプロデューサー、マネージャーを務めた後、将棋チャンネルに異動して3年目。主に生放送、編成を仕切る。6歳の頃から将棋が好きで、棋力はアマ初段。三間飛車党。

(宮田 聖子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング