《霞が関の幹部人事》事務次官になれなかった「菊池桃子の夫」に“電通との悪縁疑惑”が浮上

文春オンライン / 2020年7月20日 6時0分

写真

麻生太郎財務相と談笑する太田充事務次官 ©AFLO

 霞が関の幹部人事がひと月遅れの7月14日に発表された。

 注目の財務省は太田充が事務次官、矢野康治主計局長のツートップとなった。わけても太田は森友学園問題で自殺した近畿財務局職員の未亡人から国会答弁のおかしさを名指しで指摘されている上、財務省内にも知らせず官邸官僚独断のコロナ対策に奔走。官邸官僚たちに操られてきた、と省内に不満やストレスが残ったままの事務次官就任となる。

もう一つの“注目の的”経産省人事は……

 内閣人事局による官邸主導の霞が関人事にあって、もう一つ注目されたのが経産省人事だ。焦点は昨年来、首相の補佐官と政務秘書官を兼務する実力者今井尚哉が事務次官に推してきた経済産業政策局の新原浩朗の次官就任なるか。

 この4月に60歳になったばかりの現事務次官の安藤久佳は次官定年の62歳まで2年近く残しているが、新原に次官ポストを譲るのではないか、との観測も流れた。が、安藤は留任。新原は昨年9月に60歳を迎え、コロナ対策を理由に定年延長しており、いまだ内閣府事務次官の可能性が残っているものの、これで経産次官の目は消えたといわれる。

 さらに経産省人事では、中小企業庁長官の去就も取り沙汰された。安藤の引きで昨年7月に局長を飛び越えて長官に昇進した前田泰宏は、コロナ対策の持続化給付金問題で野党やマスコミ追及の矢面に立たされた。そのため今度の人事で更迭されるのではないか、とも囁かれたが、こちらも留任が決まった。

「安倍一強」の足元が揺らいでいる

 安倍晋三一強政権、虎の威を借る官邸官僚たちの我が世の春、といわれて久しい。しかし、ここへ来て、思いのままに政策や人事を操ってきた側近たちの亀裂が露わになり、政権の足元が揺らいでいる。結果、それが今度の中央官庁人事にも投影されているように感じる。

 官邸ならびに霞が関の権力構造は複雑に入り組んでおり、政策の結果や評判だけを追いかけていたら、本当の姿をとらえきれない。安倍政権のPRを一手に握る電通との蜜月が問題になった中小企業や個人事業主に対する持続化給付金もそうだ。詳しくは本編(「文藝春秋」8月号「 『持続化給付金』と経産省の暗闘」 )に譲るが、前田は電通と結託して中小企業対策をねじ曲げてきたわけではない。

経産省と電通の“悪縁”

 一般社団法人「サービスデザイン推進協議会」なる隠れ蓑を使い、電通やパソナなどに儲けさせようとしたのは、いったい誰か。経産省が電通とともにこうしたトンネル会社まがいの仕組みを使い始めた経産官僚として、今になって新原の存在が浮上しているのである。

 2011年9月に資源エネルギー庁省エネルギー・新エネルギー部長に就任した新原は、経産省の天下り先として批判された独立行政法人「新エネルギー・産業技術総合開発機構」(NEDO)に代え、電通が中心となって設立していた一般社団法人「環境共創イニシアチブ」(SII)を窓口に使った。そのあと2012年12月に第二次安倍政権が発足し、経産省は電通との悪縁を深めていったという。

 さすがに今度の人事で、その疑惑の経産官僚を事務次官に昇進させるわけにはいかなかったのではないだろうか。(敬称略)

◆◆◆

「文藝春秋」8月号ならびに「文藝春秋digital」に掲載した森功氏の「 『持続化給付金』と経産省の暗闘 」は、持続化給付金問題で主役と目された前田氏の意外な経歴をくわしく紹介しながら、「新しい公共事業」ともいうべき給付金事業の不都合な真実について鋭く迫っている。

※「文藝春秋」編集部は、ツイッターで記事の配信・情報発信を行っています。 @gekkan_bunshun  のフォローをお願いします。

※音声メディア・Voicyで「 文藝春秋channel 」も放送中! 作家や編集者が「書けなかった話」などを語っています。こちらもフォローをお願いします。

(森 功/文藝春秋 2020年8月号)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング