いつもはかけ声があがるパレードも無言……ディズニーの達人が解説する「休園前との5つの違い」

文春オンライン / 2020年7月19日 11時0分

写真

 ©吉田よしか

 2020年7月1日に再開した東京ディズニーランドと東京ディズニーシー。『 吉田さんちのディズニー日記 』というブログを運営している筆者は、「ディズニーリゾートって、今どうなっているの?」と頻繁に聞かれます。 

 7/1に東京ディズニーランド、7/3と7/16に東京ディズニーシーに足を運び、休園再開後の様々な様子を確認してまいりましたので、筆者の体験したリアルなパークの様子をレポートいたします。 

休園前との違い① 入園前のソーシャルディスタンス

 再開日の7/1に東京ディズニーランドへ、7月3日に東京ディズニーシーへ足を運びましたが、園外から並ぶ際のソーシャルディスタンスは徹底されていました。

 入園前の待機列は黄色い線の中に1グループ2名から3名に分かれ、枠内からはみ出さないようにとキャストから案内があります。さらに並んでいる間にキャストが一人ずつ検温を行い、入場する際にも時間がかからないようにとの配慮がされていました。 

 マスクを持参していないゲストは入園できないため、入園前のセキュリティーゲートや ディズニーリゾートラインの駅前などで1枚100円にてマスクを販売しています。 

 なお、37.5度以上の体温がある場合、入園は一切出来ません。その場合に限り購入したチケットは払い戻しをしてもらうことが出来ますが、日付変更を行いたい場合は自身のスマートフォンやパソコンなどで変更手続きを行う必要があります(窓口では不可)。 

休園前との違い② 「何かあってはならない」ゲストの意識の高さ

 再開初日(7月1日)に来園したゲストは、この日のチケットを入手するため十何時間もの激しいチケット争奪戦を勝ち残ってきたり、わざわざディズニーブランドホテルやディズニーオフィシャルホテルなどに宿泊しホテルの宿泊特典でパークチケットを購入した猛者揃い。 

 ゆえに、「パークに何かあってはならない」「ルールは守らなければならない」という緊張感がすごく、キャラクターが挨拶に来るミニパレードでもはしゃいだり声を出したりする方は非常に少なかったです。

 シンデレラ城前で行われるミッキーマウスたちの挨拶が終わった後もシーンとして拍手のみが響き渡る状態。これまで何回もパークを訪れていますが、こんな光景は見たことがありません。ゲスト側の意識徹底を垣間見た瞬間でした。 

休園前との違い③ 並ぶ時間が圧倒的に短いアトラクション

 7/3、7/16の両日で東京ディズニーシーへ行き、一番人気の呼び声高い「ソアリン:ファンタスティック・フライト(以下:ソアリン)」へ搭乗してきました。 

 入場できる人数が制限されていたので、休園前であれば3時間から、長いときは6時間待ちは当たり前だったソアリンでさえ7月3日の時は最長45分待ち。実際並んで時間を計ったら20分程で乗り場に到着するという過去に類を見ない待ち時間、ソアリンに次ぐ人気のアトラクション「トイ・ストーリー・マニア!」も待ち時間が10分と驚愕の短さでした。 

 日が経つにつれ、連日のように当日券が販売されるようになったこともあり、徐々に人出が増えてきて、7/16に足を運んだ際はソアリンの待ち時間は75分。ソーシャルディスタンスを保ちながら並ぶこともあり、アトラクションの最後尾はアラビアンコーストまで延びる勢いになっていました。

 しかし、長さの割にはすいすいと進むので、休園前に比べたらやはり圧倒的に待ち時間が短いのは3日と変わりません。その他に関しては5分~30分程度で乗車できるのでアトラクション好きの方には天国かも知れないですね。 

休園前との違い④ レストランの利用は注意が必要

 アトラクションが混み合っていない分、プライオリティ・シーティング(レストランの事前予約)を取らないと入店できないレストランも増えました。

 東京ディズニーランドのワールドバザールにある「センターストリート・コーヒーハウス」やアドベンチャーランドの「ブルーバイユー・レストラン」、「ポリネシアンテラス・レストラン」などは事前に予約をしないと入店するのが非常に難しいです。今現在は8時入園、11時入園、14時入園の3段階に分かれてチケット販売されていますが、11時以降のチケットをお持ちの方が上記プライオリティ・シーティングの対象レストランに行くのはおそらく厳しい。

 実際14時過ぎのチケットを購入し、15時頃に「ポリネシアンテラス・レストラン」のキャストに確認したところ「朝一番でご予約いただかないと並んでも入店できないというのが現状です。本日はもう受け付け終了しました。日によって並んでいただける場合もあるのですが……」との返答。 

 ただし、プライオリティ・シーティング対象外のレストランは比較的短い待ち時間で食事出来るので、ご安心を。 

休園前との違い⑤ お菓子の販売はほぼなし。お土産はアプリを活用

「お土産はいくらでも買いたい」という気持ちはあるものの、コロナの影響で製造工場のラインが止まっていたこともあり、7月15日頃までは園内のショップでお菓子の取り扱いが非常に少なくお菓子売り場でTシャツなどを販売していました。

 しかも7/15からは東京ディズニーリゾート内で販売するグッズが大きく変わりイベントグッズは東京ディズニーリゾートショッピングアプリのみで販売、レギュラーグッズはパーク内外の施設のみで販売と、今までとは取り扱う商品が大きく異なっています。

 7/19現在は、再開初日よりお菓子の品数も徐々に増えつつありますがパーク内でしか購入できないお土産が多数あるので、見つけたときが買い時!「後でいいや」は止めて欲しいものはその場で購入しましょう。

 そして現在は閉園が今までより早い20時のため閉園1時間くらい前になるとお土産のショップには入店制限がかかります。店内に入るため30分以上かかることもあるので、時間の無駄や3密を防ぐためにも買い物は16時までに済ませることを強くおすすめします。 

一人一人がマナーを意識して行くことが大切! 

 パーク内では至るところで3密対策がされていましたが、やはり人が集中する時間帯にはそれなりに密ができます。混雑時間を避けて自衛することが非常に大切だと思います。 

 入園時にはソーシャルディスタンスなどを守っていても、パーク内に入って気分が高まるにつれて、だんだんルールを忘れて距離を詰めてしまう方もお見かけしました。 

 一人ひとりがルールを守ることがディズニーリゾートを守ることになるので、人の居るところではマスクは外さない、マスクを外して大声でおしゃべりすることは慎むなど“密にならない意識”を高く持っていたいですよね。 

 WEBで購入したディズニーeチケットは購入日から一年間は無料で日付変更、パーク変更が可能なので、少しでも体調不良を感じたらチケットの日付変更を検討してください。また、パーク滞在時間は若干短くなりますが、入園時間や退園時間を若干ずらして密にならないようにするなど、現在の状況下では少しの我慢も大切だと思います。 

 ディズニーに限らず、コロナ対策は一人ひとりの心がけが本当に大事なので、家に帰るまでルールを守る意識を持ち続けましょう。 

撮影=吉田よしか

 

※2P目「6時間待ちは当たり前」を「3時間から、長いときは6時間待ちは当たり前」に変更しました(2020/07/17 17:55)。

(吉田 よしか)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング