AKB卒業生の勝ち組? 松井玲奈29歳に 独立して5年、“地味な成功”続ける仕事術とは

文春オンライン / 2020年7月27日 11時0分

写真

7月27日に29歳の誕生日を迎えた松井玲奈 ©文藝春秋

《松井玲奈 まつい・れな――役者。1991年7月27日生まれ。愛知県豊橋市出身。》

 昨年4月に刊行された小説集『カモフラージュ』(集英社)の巻末の著者プロフィールは、こんなあっさりとしたものだった。職業は「女優」でも「俳優」でもなく「役者」。生年月日と出身地のデータ以外に、これまでの経歴に関する記述は一切ないのが潔くも思える。著者の情報を必要最低限にとどめたのは、何の色眼鏡もかけずに読んでほしいという意図からだろう。何も知らずにこの本を手に取った読者は、映像的な筆致で、ときに人間のフェティシズムも躊躇なく描かれるこの小説から、著者がまさか、かつてアイドルグループの中心メンバーだったとはよもや思いもしないのではないか。

 きょう、29歳の誕生日を迎えた松井玲奈が、名古屋を拠点とするアイドルグループ・SKE48を卒業してから来月で早5年が経つ。2008年に同グループの1期生として加入した彼女は、同姓の松井珠理奈とともに人気を集め、シングル表題曲で何度もセンターを務めたほか、AKB48でもシングル「10年桜」以来、選抜メンバー常連だった。

「ゴキブリを見ると感情が爆発する女の子」文化祭で演技に目覚める

 卒業をラジオの深夜番組『オールナイトニッポン』で発表したのは2015年6月。その前月、松井がAKB48の横山由依と主演を務めた舞台『マジすか学園~京都・血風修学旅行~』終演後の出演者のあいさつでは、共演したほかのAKB48グループのメンバーらが素に戻るなか、松井だけが役をまだ演じ続けるようにキリッと前を見据え、何か決意したような表情だったのが、いまも筆者の記憶に残る。卒業コンサートは8月、地元・愛知の豊田スタジアムで開催された。ちょうど同日には、彼女がその年の春まで1年間あまり兼任していた乃木坂46も東京の神宮球場でコンサートを行なっており、両会場を結んで乃木坂のメンバーがサプライズで豊田スタジアムの大型モニターに登場し、松井にメッセージを送っている。ちなみに乃木坂で一緒に活動したひとり、深川麻衣とはその後、NHKの朝ドラ『まんぷく』(2018~19年)で共演を果たした。

 役者になるのは、SKE48に入る前からの夢だった。ドキュメンタリー映画『アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48』(2015年)のインタビューでは、SKE加入以前に劇団に所属していたと告白している。演技に目覚めたのはその少し前か、高校の文化祭での演劇部の公演だったという。ちなみにこのとき演じた役は、「普段はぶりっこだけど、ゴキブリを見ると感情が爆発して凶暴になる女の子」というから(※1)、その後SKE時代に深夜ドラマ『マジすか学園』(テレビ東京系)で演じたゲキカラというエキセントリックな役にも通じるものを感じる。

『エール』『浦安鉄筋家族』『行列の女神』……これは地味な成功?

 グループ卒業の翌年には、つかこうへい作の舞台『新・幕末純情伝』で主人公・沖田総司に抜擢される。演出した岡村俊一は、その起用の理由を、《見た目のかれんさとは裏腹に、内面に潜む女優としての狂気》と語った(※2)。このあとも役者として着実にステップを踏んでいく。舞台では、2017年には鴻上尚史作・演出の『ベター・ハーフ』、昨年には村上春樹原作の『神の子どもたちはみな踊る』(フランク・ギャラティ脚本、倉持裕演出)と、演技において心の機微の表現がひときわ求められる作品に挑んだ。

 ドラマの出演作には、SKE48時代の2012年から昨年まで出演を続けた『名古屋行き最終列車』シリーズ(名古屋テレビ)のほか、『神奈川県厚木市 ランドリー茅ヶ崎』(毎日放送・TBS系)など、深夜枠のちょっと先鋭的な作品が目立つ。そこで演じてきたのは、『ニーチェ先生』(読売テレビ・日本テレビ系)で好きな人への思いを高ぶらせるOLのようなエキセントリックな役から、『100万円の女たち』(テレビ東京系)での主人公の男を静かに見守る書店員のような役まで、じつにバラエティに富む。今年に入ってからは、NHKの朝ドラ2度目の出演となった『エール』(現在放送休止中)で、自身と同じ豊橋出身であるヒロインの姉を演じるほか、テレビ東京系の『浦安鉄筋家族』『行列の女神~らーめん才遊記~』と、このコロナ禍のなかでもドラマ出演があいついだことから、ネットニュースで「地味な成功」と紹介されたりもした(※3)。

昨年の抱負は「生き残る」

 グループ卒業後は、元アイドルとして大々的に売り出すという道もあっただろう。だが、松井の場合、舞台・テレビ・映画を問わず自分の志向に合った作品を選んだうえ、作品ごとに新たな挑戦を続けながら、地道な努力を積み重ねた結果、ようやく多くの人の目に触れるようになったということではないか。

 昨年1月には、ある週刊誌の企画で、その年活躍を期待される人物のひとりに選ばれ、1年の抱負として色紙に「生き残る」としたためた。これについて本人は《「生き残る」には「芸能界で生き残る」だけでなく、「人の記憶に残る人になりたい、そういう演技がしたい」という意味が込められている》と説明している(※4)。彼女の目標はいつも具体的だ。数年前、筆者が立ち会ったテレビ番組の収録で、あるアイドルグループのメンバーが、SKE卒業時に「女優になりたい」ではなく「演じる仕事がしたい」と目標を立てた松井を尊敬すると言っていたのを思い出す。松井が役者という肩書を好んで用いるのも、俳優以上に具体的に演技している人というイメージが強いからなのかもしれない。

『タモリ倶楽部』『JTB時刻表』そして小説……好きなことを仕事に

 SKE48時代から多趣味で知られる。名古屋の「リニア・鉄道館」を建設中に新聞の企画で取材したのをきっかけに鉄道に魅せられ、その後、『JTB時刻表』の表紙や『タモリ倶楽部』の鉄道企画などにも登場するようになった。本も子供のころからよく読んでいたが、17歳で芸能界に入って読書する時間がなくなってしまう。そんなころ、書籍・雑貨店のヴィレッジヴァンガードで、天体コーナーに島本理生の小説『よだかの片想い』が置かれているのを見つける。どこか場違いに思えて手にしたのだが、気づいたら買っていた。その本を読んですっかり島本作品のとりこになり、これを機にまた本を読み始めたという(※5)。

 文章を書くのも好きで、書評やエッセイを書く機会も多い。『文藝春秋』2019年7月号には、「おばあちゃんのほおずき」と題して、郷愁漂うエッセイを寄稿している。小説を書くきっかけは、ファンクラブの会報誌にショートショートを発表したことだ。これが『小説すばる』の編集者の目に止まり、短編小説を依頼される。第1作「拭っても、拭っても」をはじめ同誌に発表した3作に、書き下ろしを加えてまとめたのが、冒頭にあげた『カモフラージュ』である。刊行時、この書名に決めた理由について訊かれ、《どの作品にも共通するのが、誰でも何かに対して装っているというか、カモフラージュしている部分があるんじゃないか、ということではないかと。その化けの皮がはがれたところを書きたかったんだなと後で気づきました》と答えている(※6)。人々の前で装うことを仕事とする彼女ならではの発想というべきか

 アイドル時代から芯のしっかりした人という印象がずっとあるのだが、新たな出演作や文章に触れるたびに、こんな一面もあったのかと驚かされる。役者として成長を続ける彼女が、これからどんなふうに大化けするのか、今後も目が離せない。

※1 『FLASH』2013年4月30日増刊号
※2 「まんたんウェブ」2020年6月7日配信
※3 「AERA dot.」2020年5月11日配信
※4 『週刊朝日』2019年1月18日号
※5 『Voice』2018年9月号
※6 『青春と読書』2019年5月号

(近藤 正高)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング