「先生、俺にもご褒美下さい」不倫、年の差、禁断愛……TBS「火ドラ」を恋愛ドラマの定番にした“胸キュンセオリー”

文春オンライン / 2020年7月28日 11時47分

写真

『逃げるは恥だが役に立つ』(2016年)公式サイトより

 初回から3回連続視聴率12%超と好調に推移している多部未華子(31)主演の『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)。「こんな家政夫が欲しい」「癒される」という声も多く、評判も上々だ。

 それにしても面白いのは、放送開始前から《絶対好きなやつ》《これ、絶対面白い》と予感しているコメントがSNSで多数見られたこと。一つには、多部未華子×大森南朋(48)というキャスティングの安心感もあったろうし、「おじさん家政夫」というテーマへの期待もあったろう。

 しかし、ドラマ好きに刺さっていたのはそれだけではない。いま、TBS火曜夜10時の枠自体が、かつてトレンディドラマの大流行を牽引したフジテレビの「月9」のような、“間違いないドラマの代名詞”となっているのだ。

ことごとくSNSでバズってきた「火ドラ」

 TBSに、火曜夜10時の「火曜ドラマ」、略して「火ドラ」枠が誕生したのは、2014年4月。この枠は長らくバラエティ番組が放送される枠だったが、8年続いたダウンタウンのお笑い番組『リンカーン』が終わり、後番組『100秒博士アカデミー』も終わったタイミングで、“ドラマ好きの大人”に向けたドラマ枠に変更された。

 火ドラの狙いは見事に当たった。視聴率が右肩上がりに伸び、社会現象ともなった新垣結衣(32)×星野源(39)の『逃げるは恥だが役に立つ』(2016年)や、綾瀬はるか(35)主演の笑って泣ける母娘ストーリー『義母と娘のブルース』(2018年)、大人の女性たちが佐藤健に胸キュンさせられた上白石萌音(22)×佐藤健(31)の『恋はつづくよどこまでも』(2020年)など、この枠のドラマはいつも大きな話題を呼び、高視聴率をマークしてきた。 

 他の作品も、たとえ視聴率が大きくハネなくとも、ことごとくSNSでバズり、固定のファンを持つ強さを持っている。それはいったい、何故なのか。

2014年

『なるようになるさ。』舘ひろし主演

『東京スカーレット~警視庁NS係』水川あさみ主演

『女はそれを許さない』深田恭子×寺島しのぶ

 

2015年

『まっしろ』堀北真希主演

『マザー・ゲーム~彼女たちの階級~』木村文乃主演

『ホテルコンシェルジュ』西内まりや主演

『結婚式の前日に』香里奈主演

 

2016年

『ダメな私に恋してください』深田恭子主演

『重版出来!』黒木華主演

『せいせいするほど、愛してる』武井咲×滝沢秀明

『逃げるは恥だが役に立つ』新垣結衣×星野源

 ひとつには『逃げ恥』の「恋ダンス」や、『恋つづ』の告知としてスタートした佐藤健の公式LINEやsugarなど、SNSを意識した仕掛けの数々が効いているということもあるだろう。さらに「#逃げ恥」「#ぎぼむす」「#はじこい」「#恋つづ」「#わたナギ」など、の“愛称”を公式Twitterから積極的に発信していくという、小さな工夫もSNSでバズるきっかけを作っている。

 しかし、火ドラの大きな魅力はほかにある。それはフジテレビの月9が手放した、F1層(20~34歳の女性)が主人公の恋愛ドラマを真っ向から作り続けていることだ。

90年代の“ときめきセオリー”には違和感

 月9人気が凋落して以来、恋愛ドラマの存在感が悲しいほどに小さくなってしまった。当時、恋愛ドラマ人気を支えていたのは女性たちだったが、時代を経るにつれ、彼女らの価値観は激変した。仕事で自己実現を果たす女性が増えたことで恋愛や結婚の優先度が下がり、変わりに仕事の悩みが増えた。かつてはいかにドラマチックな恋愛をして運命の人と結ばれるかが人生においてとても重要だったが、現代ではそんなにシンプルに恋愛だけに身をゆだねることはできない。

 そうした変化で、トレンディドラマの“ときめきセオリー”に違和感がでてきたのだ。

 かつては胸を焦がしながら観ていた『東京ラブストーリー』(フジテレビ系・1991年)。街中で公然とカップルがイチャつくシーンや、オフィスではばからずに私用電話をしては恋バナを繰り広げるシーンはいい大人の態度としてちょっと……という気になる。『愛していると言ってくれ』(TBS系・1995年)でも、相手の在宅や都合を確かめずに無鉄砲に飛び出し、家の前で待ち伏せするシーンなどは、いま観るとときめくというより怖い。

 しかし一時期は90年代のドラマ黄金期のセオリーをそのまま踏襲した恋愛ドラマも制作された。3人の美女からモテまくるという20代の俳優がやるようなラブストーリーを40歳近くで木村拓哉(47)が演じた『月の恋人~Moon Lovers~』(フジテレビ系・2010年)や、福山雅治(51)と藤原さくら(24)という親子ほどトシの離れた恋人との茫洋とした恋愛をPV風に撮影した『ラヴソング』(フジテレビ系・2016年)など……。彼らがまだ若い頃であれば面白かっただろうとは思うが、“古い”感じは否めず、視聴率にも結び付かなかった。

 そこで増えてきたのが、テレ朝の『相棒』や『ドクターX~外科医・大門未知子~』に代表されるような「一話完結」「勧善懲悪」「医療モノ・刑事モノ」路線。しかし一話完結はどの回から観ても内容がわかる強みがある一方で、全体としての盛り上がりに欠ける。勧善懲悪の物語は、スッキリするがマンネリ感が否めない。医療モノ・刑事モノはやり尽くした感もあり、『アンナチュラル』のヒット以降は、『監察医 朝顔』『インハンド』『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』など、ニッチな方向にシフトしてきている。

現代の空気や価値観に合う「愛」の描き方

 そんななかで独自路線を守り続けるのが火ドラなのだ。火ドラは、ほぼ一貫して「恋愛」「愛すること」を描いているが、あくまで現代の空気や価値観に合うかたちで提示している。

2017年

『カルテット』松たか子×満島ひかり×高橋一生×松田龍平

『あなたのことはそれほど』波瑠主演

『カンナさーん!』渡辺直美主演

『監獄のお姫さま』小泉今日子主演

 

2018年

『きみが心に棲みついた』吉岡里帆主演

『花のち晴れ~花男 Next Season~』杉咲花×平野紫耀

『義母と娘のブルース』綾瀬はるか主演

『中学聖日記』有村架純×岡田健史

 例えば、『逃げ恥』(2016年)。新垣結衣と星野源演じる男女2人の契約結婚から始まる“ムズキュン”を描く一方で、女性が無償で家事育児を担うことを正当化する“愛情の搾取”や、やりがいがあれば労働に正当な対価を支払わないという“やりがい搾取”といった、社会問題を斬る言葉が登場。こうした搾取は現実の恋愛や結婚ではよく起きているが、いままではドラマで描かれることはなく、モヤモヤした思いを抱えていた女性が多かったのだろう。多くの共感を集めた。

恋愛ドラマのなかで価値観の多様性を描く

 現在、放送されている『私の家政夫ナギサさん』(2020年)も新しい問題提起をしている。

 主人公は「お母さんになりたい」という夢を母親に否定され、母親に認められたい一心で仕事を頑張ってきた。しかし、「お母さんになりたかったから家政夫になった」という元エリート会社員のおじさん家政夫に出会ったことで、様々な気づきを得る。社会進出が当たり前になったことで、現代女性たちが仕事至上主義になってはいないか、家事を仕事より一段下のものとして見てはいないか、という疑問が付きつけられるのだ。

『わたし、定時で帰ります。』(2018年)も素晴らしかった。

 タイトルからはワークライフバランスを重視した働き方こそが正しいのだというメッセージを受け取るが、登場人物の仕事に対する思いはそれぞれ。なかでも、働き方改革全盛のこの時代において、ユースケ・サンタマリア演じる“ブラック上司”の「仕事にすべてをかける喜び」が描かれたことは強烈な気づきとなった。また、部下の失敗もすべて解決してくれる向井理演じる“理想の上司”は、仕事熱心すぎるゆえに職場全体の働き方改革を阻害する原因としても描かれていた。

 火ドラは恋愛ドラマであっても、こうした価値観の多様性が描かれる。現代は昔よりも女性を取り巻く価値観が複雑で「ハンサムな男性とすれ違いを繰り返しながら真実の愛を見つければ幸せ」という時代ではない。そんな空気を上手く掬い上げて、恋愛ドラマに“新時代のリアリティ”を加えているのだ。

2019年

『初めて恋をした日に読む話』深田恭子×横浜流星

『わたし、定時で帰ります。』吉高由里子主演

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』石原さとみ主演

『G線上のあなたと私』波瑠×中川大志×松下由樹

 

2020年

『恋はつづくよどこまでも』上白石萌音×佐藤健

『私の家政夫ナギサさん』多部未華子×大森南朋

“許されざる恋愛”の中でこそ際立つ“純粋な恋愛”

 肝心の恋愛で揺れ動く女性の心理描写も巧みだ。

 『あなたのことはそれほど』(2017年)では不倫への非難の声が続出したし、『中学聖日記』(2018年)でも女性教師と教え子の恋に嫌悪感を抱く人が多数いたが、登場人物のただひたすらに好きな人を思う純粋な気持ちに心打たれる人も多かった。“許されざる恋愛”を単なる刺激的題材として扱うのではなく、その渦中でこそ際立つ“純粋な恋愛”がしっかり描かれていた。

 かと思えば、火ドラは“ザ・少女漫画”な恋愛ファンタジーも上手い。

『はじこい』(2019年)では完璧なルックスと繊細な演技で横浜流星(23)が演じるピンク髪の「ゆりゆり」が、深田恭子(37)演じる塾講師に対して甘えるように言うセリフ「先生、俺にもご褒美下さい」や、塾の強化合宿中に漏らした本音「キツイです。好きな人が四六時中そばにいるんで」には多くの女性が熱狂。

 そして、ベタなストーリーでありながら、恋愛テクてんこもりで、まるで佐藤健との恋愛シミュレーションゲームを楽しんでいるような感覚に陥らせた『恋つづ』。どちらも王道ながら、キャラクター造形や見せ方、演出で完全にファンタジーに振り切ることで、違和感なく“胸キュン”を楽しむことができた。

 火ドラは使い古されたセオリーを捨て、安直なテーマや手法に頼らず、複雑になりすぎた現代の恋愛を複雑なままエンタメに昇華しているのだ。

(田幸 和歌子/Webオリジナル(特集班))

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング