最優先すべきは“個としての仕事”…高橋慶彦がいま、選手たちに伝えたいこと

文春オンライン / 2020年10月2日 11時0分

写真

高橋慶彦 ©ガル憎

 全国のカープファンの皆さま。元広島東洋カープの高橋慶彦です。まずは7月に 娘が書いたコラム にたくさんの反響をいただき、ありがとうございました。もちろん自分も読みました。多くの方から「感動しました」あるいは「すごく良かったです」といった感想をもらい、とても嬉しかったです。

今年のカープには「船頭」がいないのかもしれない

 さて。佐々岡新監督のもとで2020年シーズンを迎えたカープですが、残念ながら戦績が奮わず下位に低迷し続けています。そんな中、周囲から「カープはもう消化試合だから選手のモチベーションも下がっているのかな」という言葉を耳にしました。たしかに今年はCSが無いので、チームとしての目標のようなものが無くなり、結果として消化試合という感覚になられている方が多いのかもしれませんが、自分はこの消化試合という言葉があまり好きではありません。

 野球選手というのはチームに属し優勝やCSを目指して戦うわけですが、いちばん大事なのは自分の成績です。チームである前に個々の集まり。プロとしてやったことに対して報酬をもらうわけですから、チームが強かろうが弱かろうが、極端に言えば知らんぷりしてないといけないんです。まずひとりの野球選手としてどうするべきか。優勝やCSといった目指すものが無いなら、なおさら考えなきゃいけない。プロ野球選手というのは1年間、契約して野球をやっているんだから、モチベーションは関係ない。給料分は働くのが当たり前。消化試合だろうとなんだろうと、環境に左右されたら絶対にダメです。

 今年のカープが弱いのは、もしかすると選手の中に「船頭」がいないのかもしれませんね。たとえば「水」を想像してください。水は、放っておけば好きな方向に勝手に流れていきます。自分が現役だったころは(山本)浩二さんやキヌさん(衣笠祥雄)という船頭がいましたが、チームにそういう存在の人がいると、ス~ッと水の流れがまとまってくるんです。大きい流れをひとつの流れにまとめるような。水は、静かな時もあれば溜まる時もある。ただ流れる時もある。なにより、大きな石を流すほど強い力を生み出すことがある。チームが崩れる時というのは、その水の流れがまとまってない、船頭がいない時なのです。

 そういう意味で考えると4番の鈴木誠也などは浩二さんやキヌさんのような存在であってほしい。ただ、まだ26歳と若いですよね。その若さゆえなのか、最近は、納得のいかないプレイをしたあと、凡打のあとなどにベンチ内で感情をあらわにすることが多くなったと聞きました。きっとチーム状況が悪いことに責任を感じてるんだと思います。自分が監督なら「暴れるんなら裏で暴れろ」と言いますが、やはり責任感の現れでしょう。自分のプレイだけでなくチームが負ける責任も被ってしまっている。チーム事情が良ければ自分が打てなくても「うわ~打ち損じた」で終われますからね。そういう意味では、自分の時の浩二さんやキヌさん、3連覇したころの黒田や新井。いわゆる「気にするなよ、俺らもいるから大丈夫だよ」という柱、船頭が必要ということになるでしょう。もちろん、鈴木誠也はその立場になるべき選手です。

 強いチームというのは「ハンコを押す」だけなんですよ。固定された先発メンバーに対してハンコを押す。控え選手に対してハンコを押す。決まってるメンバーがいて、あとはハンコを押す。あれこれ考えるんじゃなくて、仕上がっているものに対してポンとハンコを押すだけ。それが強いチーム。いまのカープは、スタメンしかり、もしかすると「これにハンコを押して大丈夫かな?」みたいな迷いがあるのかもしれません。1番バッターをとっても、完全にこの選手でいく、という「職人」のような選手がいない。いないというか、固定できない。佐々岡監督は、そういう部分で苦労しているのではないでしょうか。

まずは「個」としての「仕事」を最優先に考えるべき

 選手は「個」。個人事業主。それでいて、チームが弱くても監督みたいに責任を取らなくて済む。だったら給料もらってる分、思い切り働くべき。取っ替え引っ替えされないように頑張るべき。逆を言うと、いまはチャンスなんです。自分なら消化試合だからとモチベーションを下げることはありません。むしろモチベーションが上がります。チャンスなんですから。メンバーが固定されて入る余地が無いような状態じゃないんですから。

 そう考えると、最近のプロ野球は少し「個」に対する考え方が緩いのかなと思うこともあります。たとえば送りバントを成功させた選手がベンチに戻る時に「ナイス」みたいな感じでハイタッチをしたりしますよね。あと、フォアボールを出す、ランナーを背負うなどの局面でピッチャー交代。そのピッチャーがベンチに戻る時にも同じような光景が見られる。自分の現役時代だと、そういう場面では誰もハイタッチしませんでした。なぜならバントは仕事で、ピッチャーの交代は「ピンチを招いた結果」ですから。ピッチャー交代に関してはそこまでの投球を労っている部分もあるのでしょうが、ピンチを招かなければ交代も無いんです。

 逆にピンチを切り抜けた時のハイタッチ。これならいいように思うかもしれませんが、そもそもピッチャーはバッターを抑えるために投げてますよね? たとえばサラリーマンがFAXを送ったからってハイタッチしますか? よく送りましたってハイタッチしますか? しませんよね? ムード作りや一体感など様々なニュアンスもあるので一概には言えないのですが、監督やコーチはそのあたりを区別して選手を教育すべきだと思いますし、まずは「個」としての「仕事」を最優先に考えるべきです。

 なんだか厳しい意見を言っているようになりましたが、3連覇した時のメンバーも多く残っているカープ。まだまだ強くなれるはずです。だからファンの皆さんには、勝とうが負けようが、カープというチームを応援してほしいです。まず、野球に負けはつきものですからね。あと選手は「野球をやる楽しみ」というのをもう一度、考えてほしい。野球はすごく楽しいものです。しかも選手はそれでメシが食えるんです。だからモチベーションを下げずに、目標を持ってやってほしい。優勝争いをしていても消化試合をしていても、自分の全力を出し切ってほしい。そういう「個」が集まってチームプレイになり、それが結集することで強いチームになるわけですから。

 最後になりますが、娘が書いてくれたので自分からも書きます。自分はカープに帰りたいです。カープでコーチをやりたいです。やっぱり僕はカープに育てられた。カープが無かったら高橋慶彦も無い。恩返しの意味も込めてカープで野球がやりたいんです。僕を知ってるカープファンの方って、本当によくしてくれるんですよ。チームから離れて30年以上が経つのに、いまでもよくしてくれて温かい言葉をかけてくれる。自分の人生は、やっぱりカープ。それも「広島」。広島のカープです。ただのチームじゃない。広島という素晴らしい街にある野球チーム。あの街のチームに入ったから現在の自分がいる。広島弁はとても怖かったですが(笑)、やはり僕の中でカープは特別な存在なのです。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2020」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/39950 でHITボタンを押してください。

(高橋 慶彦)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング