アートや文学より、漫画は「格上」か?〜世田谷文学館で安野モヨコ展を観ながら

文春オンライン / 2020年9月5日 11時0分

写真

 世田谷文学館で「安野モヨコ展 ANNORMAL」が開かれている。

 漫画家・安野モヨコといえば、『ハッピー・マニア』『働きマン』『さくらん』などのヒット作で広く知られる。このたびデビュー30周年を迎え、それを機に個展が企画されたのである。

 会場には、これまでに発表された作品の原画やセリフの抜き出しがずらりと並ぶ。馴染みのキャラクターと出逢える展示は、長年のファンにはもちろんうれしいかぎり。

 ただ……、中には不思議に思う向きだってあるやも知れぬ。 

 漫画家の個展とはこれいかに? いったいどんなものなのだ? と。

 会場が世田谷文学館だけに、漫画は文学でもアートでもなかろうに……。そんな指摘も挙がりそうだ。

漫画家個展はすでに「鉄板企画」

 いや実は、漫画家の個展自体は、そう珍しいものではなくなっている。世田谷文学館ではこれまでに、石ノ森章太郎、浦沢直樹、岡崎京子、さらには手塚治虫といった面々の展示が開かれ、人気を博してきた。すでに定番のキラーコンテンツと言っていいほどだ。

 それはそうだろう、コンテンツとして見た場合、漫画ほど隆盛を誇り、広く浸透しているジャンルもまたとない。コミックの売り上げは莫大で文学書の比ではないし、アート作品の市場規模や知名度は漫画作品のそれに遠く及ばない。人気漫画を展示に仕立てれば、ある程度「客を呼べる」催しにする見通しは立つ。

 では、表現としての質はどうか? 漫画はミュージアム的な空間で「展観」するに足るものか。文学やアートに一応は認められている「高い表現性」や「芸術的価値」と、肩を並べるほどのものなのかどうか。

 この疑問には即答できる。漫画はとっくの昔から、文学やアートと同列に見るべき表現領域であると。展示品として眺めても、充分に他のジャンルを凌駕する優れた表現を生み出せるものだ。

 漫画は、絵と言葉(セリフ)から成る。この両者をうまく操れれば、言葉の芸術たる文学とビジュアル表現たる美術、双方の要素を高い次元で融合した、他にはない表現となり得るのである。

 そのあたりは、安野モヨコ展をひと巡りすれば、よくよく納得できるはずだ。

江戸の浮世絵師にも負けない美人画が

 まずは絵画作品として安野の漫画を見てみよう。会場では大きく引き伸ばされたプリントや、筆の跡も生々しい原画によって、彼女の絵を堪能できる。

『ハッピー・マニア』のシゲカヨ、『働きマン』の松方弘子、『さくらん』のきよ葉、『鼻下長紳士回顧録』のコレット、『オチビサン』のオチビ、さらには個別作品からは離れたイラストレーションとして描かれた妖艷な女性たち……。さまざまなタイプの人物画を眺めていて強く感じられるのは、描線の美しさだ。

 漫画はモノクロでつくられることが多く、絵柄も省略化がされるため、シンプルな線画の世界として立ち現れる。少ない描線で人物も背景も表現されるわけだが、その一本ずつが安野作品では非常に洗練されている。天賦の才もさることながら、漫画を週刊連載などしていると、漫画家は人物を描く分量が日々半端ではない。「鍛え方が違う」という面もあるのだろう。

 鍛え抜かれた線の美しさがとりわけよくわかるのは、江戸時代の吉原を舞台にした『さくらん』の描画だ。主人公・きよ葉の横顔を捉えた一枚の、たおやかで、かつ張りのある強い輪郭線はどうだろう。そのなめらかな曲線をずっと眼で追っていられる。

 これはもう、喜多川歌麿らによる江戸期の名作浮世絵と並べて比べたくなってくる。きっとまったく遜色などないはずである。

ストーリーテラーとしても超一流

「絵師」として卓越しているだけではないのが、長年人気漫画家としてあり続ける安野モヨコの凄みである。絵と同じく、言葉やストーリーテリングの世界でも第一級なのは、展示からも読み取れる。

 会場では一つひとつの作品がかなり丁寧に紹介されているので、未読の人でも、あらましや作品世界の雰囲気がよく理解できる。特筆すべきは、主役級の登場人物たちのキャラクターの強さだ。圧倒的に女性が多いのだけれど、彼女たちはいずれも環境や周囲の人に大いに振り回されながらも、はっきりとした意志を持って自分の足で歩むことを止めない。その力強い姿に、読者は否応なく惹かれてしまうこととなる。

 彼女たちが発する「グッとくる言葉」も、会場の随所には大書してある。

「あたしは仕事したなーって思って 死にたい」(『働きマン』)

「人より多くもらうものは 人より多く憎まれる」(『さくらん』)

 などなど。ゆっくり読んで、深く噛み締めたくなる。

 かように安野モヨコ展は、まこと持ち帰るものの多い展覧会になっている。

 絵師としての、またストーリーテラーとしての抜きん出た才能を、ひとつの身体内に併せ持つのが安野モヨコの稀有な点であり、それが漫画表現の凄みにもつながっている。

 文学やアートと並び立てるのか? そう問われるどころではない。

「文学+アート」のハイブリッドであるとも言える漫画表現の、驚くべきクオリティに展示会場で浸ってみるといい。

 ⓒMoyoco Anno/Cork

(山内 宏泰)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング