「重厚な将棋に憧れて……」17歳の女流棋士が“鉄板流”森内俊之九段に弟子入りするまで

文春オンライン / 2020年9月25日 11時0分

写真

©松本輝一/文藝春秋

中学生名人戦優勝 期待のルーキー・野原未蘭を成長させた藤井聡太のアドバイスとは から続く

 野原未蘭女流2級の女流棋士資格は「女流公式戦ベスト8」を満たして申請したものだ。過去にこの資格で女流棋士になったのは礒谷真帆女流初段だけ。アマ大会での活躍により数多くの女流プロ公式戦に「アマ代表」として出場し、勝ち星を積み重ねてきたことが結果につながった。

 インタビュー後半では、これまでの女流プロ公式戦の話や、コロナ禍でアマ大会がなくなったときの心境の変化、森内俊之九段に師匠をお願いした経緯、この先の目標などを聞いてみた。(全2回の2回目、 #1 から続く)

◆ ◆ ◆

マイナビチャレンジマッチは「何の大会だかよく分かっていませんでした(笑)」

――女性アマには女流プロ公式戦の予選のような大会がありますね。未蘭先生が小5とき、2014年のマイナビチャレンジマッチ(女性アマ有段者なら誰でもエントリーでき、勝ち抜いた10名程度がマイナビ女子オープンに参加できる。一部女流棋士もチャレンジマッチから参戦)では、60代半ばの鈴木英春先生が北陸から夜通し運転して、未蘭先生と田中沙紀さんを東京まで連れてきたと話題になったのを聞いたことがあります。2015年に北陸新幹線が開通するまでは車で遠征でしたか。

野原 英春先生は基本的に車で遠征する方で、私1人ではなく田中沙紀さんや、他の「直伝」で教わっている強い方と一緒に大会などへ連れて行ってもらったことが何回かあります。大変というより、寝ている間に着く感じでした。小5の時のマイナビチャレンジマッチは勝ち進んだわけでもないのに、渡部愛女流三段と対局することができ、もちろん負けでした。でも、プロだということは後から聞いて知ったくらい、何の大会だかよく分かっていませんでした(笑)。

 このマイナビチャレンジマッチの他にもう1つ、リコー杯女流王座戦アマチュア予選があり、これも女性アマなら誰でもエントリーできて、例年勝ち抜いた6人ほどが女流王座戦に出場できる。それに加え、女流アマ名人戦や小中高大別の全国大会女子の部などの活躍によって倉敷藤花戦には2枠程度、女流王将戦には5枠程度、YAMADA女流チャレンジ杯には1枠のアマ枠もあり、男性に比べアマチュアが女流棋戦に参加する門戸が広い。野原女流2級は、この2つのアマ予選に小学生の頃から毎年参戦し、合計6回勝ち抜いた。女流アマ名人戦でも3連覇している。これにより、アマのうちに女流公式戦で26局を戦っている。

なかなか勝てなかった公式戦「勝率を挽回したかった」

――プロと対戦しても公式戦扱いにはならない「マイナビチャレンジマッチ」を除いて、初めて女流公式戦に出たのは小学生の時でしたか。

野原 女子小学生の駒姫名人戦で優勝し、小6で女流王将戦に出たのが最初です。野田澤彩乃女流初段に負けてしまい、そこから中2のマイナビ女子オープンまで公式戦で5連敗してしまいました。

――その間もマイナビチャレンジマッチでは女流プロに勝っていたのですが、公式戦ではなかなか勝てなかったのですね。

野原 はい。まだ力が足りないうちから女流公式戦に出させていただいたのはありたがく、経験も積めました。年々勝てるようにはなってきたのですが、最初の5連敗の分、勝率が悪くなってしまい、そこは挽回したかったです(※デビュー戦となった9月11日の倉敷藤花戦準決勝、中井広恵女流六段戦では、それまでの女流公式戦の成績として12勝14敗、勝率0.462という数字が紹介されていた)。

「遠く及ばない」上田初美女流四段との再戦に向けた抱負

――これまで出た女流公式戦で、遠く及ばないと感じた相手はいますか。

野原 昨年のリコー杯女流王座戦で対局した上田初美女流四段です。1次予選で女流棋士2人に勝って進んだ2次予選でした。タイトル戦に何度も出ている上田先生はオーラもあって飲まれました。もちろん対策はしっかりして臨みましたけれど、通用せず、はっきり読み負けているのを感じました。感想戦でもレベルの差を思い知らされ、すべての面で負けている気がしました。このままでは通用しない、ソフト研究をもっとしなければと思いました。

――その上田女流四段とは、9月26日のマイナビ女子オープン一斉予選で再戦します。抱負を教えて下さい。

野原 初戦から強敵すぎますね。勝ち上がらないと当たれないような相手なので、こんなに早く対戦できるのは、ポジティブにとらえています。積極的に自分らしく、いい将棋を指したいです。

少しでも早く女流棋士になりたいとは考えていませんでした

――女流公式戦で何度も勝ち星も挙げていたので中学生のときに研修会に入っていれば、もっと早く女流棋士になれたのではないかと思います。

野原 英春先生には「十分強くなってから女流棋士になって、パーっと勝ち上がればインパクトがあるだろう。アマの中で揉まれながら強くなれる」と言われていました。少しでも早く女流棋士になりたいとは私も考えてはいませんでした。

――確かに、大会で格上の男性強豪と指すこともできるし、女性大会には未蘭先生同様、女流棋士に勝っている強豪もいるし、女流公式戦に出る機会も多いし、アマでいても強くなることは十分可能ですね。一方、女流棋士は(順位戦がないので)勝てれば対局数が増えるけれど、勝てないと年に公式戦10局程度に留まることもあります。

野原 女流棋士になってしまうと、大会に出られないのはデメリットだと考えていました。女性大会には東京でもよく参加していましたし、地元の大会も出られるだけ出ていました。大会に出ることで強くなることができたと考えています。

アマ大会で実現したかったこと、やり残したこと

――それがコロナで3月以降の大会は、ほとんどなくなってしまいました。

野原 アマの大会ってこんなに軽いんだとショックでした。プロの対局はすぐに再開されたのに。オリンピックもできないくらいでしたから仕方ないと分かってはいたのですが……。

――アマ大会で実現したかったこと、やり残したことはありますか。

野原 高校生の大会で優勝したかったです。高1の夏の高校選手権女子の部では、予選ではなちゃん(和田はな女流2級)に勝ったのに、決勝トーナメントベスト16で再び当たって負けてしまいました。アマ名人戦などの一般大会では、一度は富山代表になりたかったです。富山を代表するアマ強豪の方の壁は厚く、県3位が最高成績でした。

――アマ大会がなくなる中、未蘭先生がアマ枠で参戦していた女流棋戦・倉敷藤花戦は緊急事態宣言明けに続行されました。

野原 他のアマの方はすべて大会を奪われてしまったけれど、私にはまだ倉敷藤花戦が残っていると、かける気持ちは強くなりました。ベスト8に入って女流棋士になることを目標にしました。以前は、アマ大会の対策を考えながら、プロ公式戦の対策も考えていましたが、今回は倉敷藤花戦だけに集中。学校も休みになって時間もとれました。一戦ごとに相手の女流棋士の棋譜を探し、特徴を押さえて、ソフトで研究を重ねました。

1つ1つの対局をプロと同じように大事にはできていない

――コロナ流行前の2月には東海研修会のテストを受け、女流棋士資格ラインのB2クラスで入会されたので、コロナ休会を除いて10~11月くらいに48局(B2クラス入会の場合48局の間クラスを維持しなければ資格はとれない)をクリアして女流棋士資格が得られる見込みもありました。

野原 高1のとき自分としては、強くなっている実感がありませんでした。大会に出ながらアマで強くなるのもいいけれど、1つ1つの対局をプロと同じように大事にはできていないのが良くないのかなと思いました。研修会は30分(切れたら60秒)で、アマ大会より持ち時間が長く、それにも慣れたかったです。

 最初は資格がとれたらすぐ女流棋士になるかどうか迷いながら研修会に入りました。研修会員は(奨励会員と違って)アマチュア大会への出場可なのですが、肝心の大会がコロナですべて中止に。7月に倉敷藤花戦で伊奈川愛菓女流初段に勝ってベスト16に進んだあたりで、ベスト8が実現しなくても研修会で資格が取れたらプロになろうと決心しました。

――東海研修会を選んだ理由を教えて下さい。

野原 富山から一番近いからです。大阪は金沢に出てから特急に乗り換える必要があります。東京への新幹線は高いです。名古屋なら車で3時間。父に送ってもらっていました。

「『鉄板流すごい』、森内先生の将棋を目指したい」

――師匠は十八世名人でもある森内俊之九段です。弟子になったいきさつを教えて下さい。

野原 富山出身のプロ棋士はいますが、東京などに出ていますし、地元ではあまり接点がありません。女流棋士になるには師匠が必要なので、どうするか自分で考えました。

 コロナの自粛期間中に棋譜並べを勉強に取り入れ、羽生善治九段や佐藤康光九段、谷川浩司九段など全局集を並べていました。森内先生の全局集はなかったのですが、羽生先生、佐藤先生の相手としてたくさん並べました。受けが強く「鉄板流(と森内九段は評されることが多い)すごい」と思い、森内先生の将棋を目指したいと思うようになりました。ちょうど放送されていた第3回AbemaTVトーナメントでもレジェンドチームの一員として活躍していて、応援していました。師匠になってもらうなら尊敬できる森内先生と決めました。

 でも、どうやってお願いしたらいいのかよく分からない。都成竜馬六段が谷川浩司九段に師匠になってもらうときに手紙を書いたというエピソードを読んだり、若手女流棋士からも手紙を書いて師匠をお願いしたと聞き、手紙でお願いするものなのかと思ったんです。

17歳の誕生日、師匠になって下さるとお返事が

――東京や大阪近辺ではプロ棋士の道場や教室も多く、そこに通って師匠になってもらうケースも多いですが、地方だとそうはいかないですよね。手紙には何と書いたのですか。

野原 先生の重厚な将棋を勉強していて、自分もこういう将棋が指したい、そして弟子にしてほしいということです。倉敷藤花戦でベスト16まで進んでから出しました。宛先もよく分からず、森内先生が主宰されている青葉将棋クラブ宛にしました。しばらくしてお返事をいただき、倉敷藤花戦でベスト8に進んだら会って下さると。負けたら会っていただけないと思って、何が何でも室田伊緒女流二段に勝ちたいと対局に臨みました。実戦では研究通りには進みませんでしたが、うまく対応して勝つことができました。

――負けて研修会の資格で女流棋士になる場合は師匠になってもらえなかったのですか。

野原 それは分からないです。勝ってベスト8になってから数日後に父と一緒に森内先生とお会いし、1局指して将棋を見ていただきました。翌日に師匠になって下さるとお返事をいただきました。その日は私の17歳の誕生日ですごく嬉しかったです。

 森内先生に師匠になっていただいたことは皆さんに驚かれ、手紙の話をするとさらに驚かれて「すごいね。ガッツがある」なんて言われました(笑)。

ソフト研究によって自分の得意な英春流の形ができてきました

――森内先生には弟子入りにあたり、心構えを説かれたりはしましたか。

野原 「ソフト研究はしているか」「この先、英春流が上達の壁になると感じた時に、ソフトを通じて1から将棋を勉強しなおす気持ちがあるか」と聞かれました。もともと英春流以外の戦法も勉強して指せるようになりたいと考えていましたし、「あります」とお答えしました。

――ソフト研究はいつごろからなさっていますか。

野原 中学生名人戦で優勝した中3で始めました。中学生アマでもソフト研究はしていて、決勝の相手は大会会場にパソコンを持ち込んで研究していました。中学生名人戦優勝は「女子初」と大きく報道されたので、その後の女性大会ではいつも優勝の本命と見られるようになって対策もされるようになりました。こちらもそれを上回る対策を用意しないといけないので、ソフト研究を始めたわけです。複数のソフトを試して、合う合わないを見ながらやっています。

 英春先生は、ソフト研究はしない方です。私はソフトで研究することにより、英春先生とは違う自分の得意な英春流の形ができてきました。英春流の中で進化しているというか、ソフト研究の成果でより良い将棋が指せるようになってきたと思います。

相入玉についての知識が曖昧で、投了が遅くなった

――英春流の序盤で、ソフトの評価値が悪くなることはないでしょうか。

野原 初手9六歩を指した時点で悪くなりますし、評価値の良い戦法ではありません。プロの世界では、相手もそれを分かって英春流対策のソフト研究をしてくるだろうと思いますし、私は対策の対策をソフトで研究しなくては勝つことはできません。棋士の先生方から見ればぬるいソフト研究かもしれませんが、指定局面から研究したり、こう指されたらどうするかを細かく調べています。自分専用のパソコンも持っています。

 自分の対局の振り返りもソフトを使っています。負けてしまった倉敷藤花戦準決勝の中井広恵女流六段戦を終えてホテルに戻った時も、富山から持参したパソコンのソフトを立ち上げて1人で反省をしました。

――中井女流六段戦では、敗勢のところから入玉を果たし粘りましたね。

野原 はい。入玉した後は、入玉将棋の経験不足でそこから大駒を取られ、中井先生が強かったです。点数が足りなくなったのは分かりましたが、宣言法のルールなど相入玉についての知識が曖昧で、投了が遅くなってしまいました。プロの対局で宣言法がこれまでなかったことも知りませんでした。Twitterで「初の宣言法なるか」とか書かれているのを見て、観る将の方のほうが私よりルールに詳しいと反省しました。

20代に全盛期を迎えられるよう、勉強を重ねていくつもりです

――中井女流六段も、「ルールをしっかり把握していないのはプロ失格。猛省です」とTwitterに書かれていましたし、難しいですよね。ところで、1年半後に高校を卒業したら進学はされますか。富山に残るか、東京か大阪に出るかどうかも教えて下さい。

野原 進学についてはまだ決めていません。卒業後は東京に出たいと考えています。研究会なども、対局以外のお仕事もしやすいと思うので。

――タイトルを取りたいとはっきりおっしゃっています。地元を中心に期待もされていますが、どう感じていますか。

野原 里見香奈女流四冠、西山朋佳女流三冠に勝ってタイトルを取るというのは、期待されていると思いますし、トップに立ちたいと思って女流棋士になりました。ただ、現時点ではお二人と大きな差があるので、もっと実力をつけなくてはいけません。まずはタイトルに挑戦できるように……。

 せっかく森内先生に師匠になっていただいたので、早く森内先生のような重厚な将棋が指せるようになって森内門下にふさわしい活躍をしたいです。何歳までにタイトルを取りたいとは運もあるし言えないのですが、今17歳でまだ伸びしろはあるので20代に全盛期を迎えられるよう、勉強を重ねていくつもりです。

――女流棋士になったことも大きく報道されました。学校のお友達の反応はどうですか。

野原 みんな女流棋士がどういうものかよく分かってないのですが(笑)、対局のたびに「未蘭頑張って」と応援してくれます。通っている富山第一高校は高校サッカー日本一になったこともある強豪高で、課外活動に理解があります。対局の時は公欠扱いにして、先生も応援してくれています。中学の先生に「この先将棋のことを考えるなら、理解のある私立がいいのでは」と勧められて入学して良かったです。

先を越されて悔しいとかではなく、その人の努力を認めて喜ぶ

――全国大会に何度も出る中で仲良くなった子も女流棋士になっていますか。

野原 全国大会では他県の女の子たちと相部屋で泊ったりするので、友達は増えます。加藤結李愛女流初段、水町みゆ女流初段、礒谷真帆女流初段と仲良くなりました。真帆ちゃんには所司門などの奨励会員との研究会に誘ってもらったり交流もあります。大会で仲良くなったのはプロになるような子ばかりではありません。高校でデザインを勉強している絵が上手な子は、私のためにTwitterのアイコンを描いてくれました。私の似顔絵と好きなヒマワリの絵で気に入っています。

――プロになってすぐにTwitter( @200308milan )を始められたのですよね。ヒマワリはお好きなのですか。

野原 はい、太陽に向かって凛として咲いているところが。夏生まれで夏が好きなんです。

――友達になった子が先に女流棋士になって活躍したことで焦ったことはありますか。

野原 礒谷真帆ちゃんが先に女流公式戦ベスト8に入って女流棋士になったときは、すごいなと思いました。アマでベスト8は可能なのだと励みになりました。加藤結李愛ちゃんが昨年、倉敷藤花戦で挑戦者決定戦に進んだのもすごいなと刺激になりました。焦るとか先を越されて悔しいとかではなく、その人が努力したことは認めて喜びたいと思います。

――人の努力の結果を共に喜ぶ晩成塾の教えですかね。ところで、今どれくらい将棋の勉強をしているのでしょうか。

野原 平日は学校から帰ったらすぐに将棋を始め、平均して2~3時間くらいです。実践型の7手、9手くらいの詰将棋に棋譜並べ、対局が近くなると相手の研究です。ABEMA中継も、どの将棋も勉強になるのでよく見ています。土曜日は2時間ほど叔父が開いている子ども将棋教室に教えに行き、残りは自分の勉強。日曜日は1日中勉強したりもしますけれど、息抜きにショッピングに行ったりもします。アマのとき、土日は大会や道場で対局が多かったけれど、コロナもあって今は1人で勉強がメインです。

棋譜を見て「これが野原未蘭だ」と分かるような将棋を指したい

――師匠の森内九段の他に憧れている棋士、女流棋士はいますか?

野原 師匠に一番憧れていますし、父がずっとファンの羽生善治九段にも憧れますが、佐藤康光九段の将棋が好きです。独創的で、見ていてワクワクします。私も英春流という変わった戦法を指しているので。

――10年後の目標を教えて下さい。

野原 難しいですね。1局でもいいから、名局と言われる素晴らしい将棋を残したいです。棋譜を見て「これが野原未蘭だ」と分かるような将棋を指したいです。

――今でも野原女流2級の将棋は見れば分かると言われていますが……。

野原 それは、初手に9六歩や、6二銀の英春流の出だしを指しているからですよね。例えば中井女流六段との対局では途中から見れば、銀冠VS矢倉で、私だと分かる将棋ではないと思います。森内先生の「鉄板流」、木村一基九段の「千駄ヶ谷の受け師」のように、途中から見ても「この将棋を指せるのは野原しかいない」と分かる将棋を残したいです。

――普及面ではやりたいことはありますか?

野原 将来的に女の子が将棋を指しやすい環境作りに貢献したいです。女子は1割もいなくて、私は周囲に恵まれましたけれど、男子に「女のくせに」のような嫌なことを言われた話もよく聞きます。自分が活躍して女流棋界を盛り上げることも貢献につながると思います。将棋の世界に女の子が増えることで、女流ではない女性の棋士も誕生するのかなと考えています。

写真=松本輝一/文藝春秋

(宮田 聖子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング