〈グループ卒業を発表〉欅坂46・石森虹花(23)が新宿・有名ホストと“自宅デート1年愛”《アフターからタクシーで直行》

文春オンライン / 2020年9月30日 15時25分

写真

9月30日、石森虹花本人も卒業メッセージを発表した (石森虹花公式ブログより)

 9月30日、欅坂46の運営会社である「Seed & Flower合同会社」は、同メンバーの石森虹花(23)の卒業を発表した。石森本人も公式ブログで《私、石森虹花は欅坂46が終わると同時に卒業させて頂くことになりました》とメッセージを公表している。「文春オンライン」ではちょうど10日前、石森と新宿歌舞伎町の人気ホストとの“1年愛”を報じていた。当該記事を再公開する。(初出:9月20日、年齢や肩書きは当時のまま)

◆◆◆

 9月13日の昼下がり、キョロキョロと辺りをうかがいながら都内の高級マンションから出てきたのは、人気アイドルグループ「欅坂46」の石森虹花(にじか・23)だ。実は石森は、ここ1カ月ほどグループの活動にまったく参加していない。これについて運営はファンに何の説明もしていない。この“音信不通”状態にファンの間ではさまざまな憶測が飛び交っていた。

 実は、石森はすでに運営に対して「卒業」の希望を申し出ているという。その背景には、新宿・歌舞伎町の売れっ子ホスト・A氏の存在があった。

 石森は、2015年に結成された人気アイドルグループ欅坂46のメンバーの1期生。宮城県出身で、2019年には東北楽天ゴールデンイーグルス「2019イーグルスガールイメージキャラクター」にも就任している。

8月の「Mステ」を突然欠席した石森

「グループの中でも年上メンバーとしてお姉さん的立ち位置です。欅坂46の冠バラエティ番組『欅って、書けない?』(テレビ東京系)の企画で“初代おバカ女王”に輝くなど、バラエティには欠かせない存在。一方で、歌唱力はグループ内で1、2を争うほどの実力というギャップがファンを惹き付けている人気メンバーです」(スポーツ紙記者)

 石森が“音信不通”になったのは、8月21日に欅坂46が出演した音楽番組「ミュージックステーション 2時間スペシャル」(テレビ朝日系)への突然の欠席からだった。その翌日、本人の有料モバイルメールで、《体調不良の為お休みさせて頂いたのですが連絡が遅くなり本当にごめんなさい…。》と発信している。その日以降、他の音楽番組も欠席し、ブログ、モバイルメールも更新していない。

 そこには、新宿・歌舞伎町の人気ホストA氏と石森の1年にもわたる交際が関係している。2人を知る人物が匿名を条件に内実を明かした。

岩田剛典似で相手を本気にさせる“色恋営業”の有名人

「Aは、月間1000万円以上を売り上げる歌舞伎町の超売れっ子ホスト。EXILEの岩田剛典似の中性的なルックスの超正統派イケメン。甘い笑顔と可愛らしい性格で、相手を本気にさせる“色恋営業”です。A自身もお酒は大好きですが、客に対して無理矢理高いお酒を入れさせたりはしない優しい接客が好評なんです。歌舞伎町界隈では超有名人で、Aの顔がデカデカと載った看板が歌舞伎町のいたるところに掲げられています。

 そんなAが在籍しているホストクラブ店を、昨年9月、石森さんが訪れたのがきっかけで2人は定期的に会うようになりました。会うのは決まって、石森さんの自宅のようです。2人は絶対に外では会わず、“超厳戒態勢”だったと聞いています」

 実際に取材班も、A氏が石森の自宅を訪ねる姿を複数回確認している。A氏はスーツ姿はもちろん、カジュアルなTシャツ姿でも全身ブランドずくめの“夜の街スタイル”。ルイ・ヴィトンの限定クラッチバッグがお気に入りらしく、片手にはいつもアイコスを持っている。

アフターのバーから直行。石森のマンションに14時間滞在

 8月5日早朝4時、ホストクラブ営業終了後に客とのアフターによく使われる歌舞伎町のバーを出たA氏が、タクシーに乗り込んで向かったのが石森の自宅マンションだった。インターホンで石森の部屋番号を押し、慣れた様子でマンションの中へと入っていく。

 A氏がマンションから出てきたのは14時間後。同日の18時頃だった。A氏は再びタクシーに乗り込み、数時間後にはまたホストクラブに出勤していた。

 A氏と石森の関係は自宅デートをメインに1年も続いていたが、ごく最近、2人の関係に変化があったという。実は、A氏には他にもB子さんという女性がいたのだ。

「Aと石森さんとの関係を知ったB子さんが、Aにそのことを問い詰めたんです。するとAは、石森さんとの関係を全面的に認めてB子さんに謝罪。その事情を石森さんにも伝えたのです。石森さんは、Aとの関係が他人にもバレていたことを知り、すぐにグループの運営幹部に報告しました」(前出・2人を知る人物)

2人の出会いは欅坂「内部崩壊」が加速した時期

 2人が出会った2019年の夏は、グループにとっても激動の時期だった。前年には人気メンバーの 志田愛佳 (21)、 今泉佑唯 (21)が卒業し、19年7月には 長濱ねる (22)が卒業。初めての東京ドームライブが決まるなど、欅坂46は平手友梨奈(19)1人に頼る “一強体制” で突き進む一方で、“離反者”が出始めたのもこの時期なのである。

 同年9月にはグループの精神的支柱だった 織田奈那 (22)に熱愛スキャンダルが発覚。 “いじめファイブ” の問題なども浮き彫りとなり、欅坂の内部崩壊は加速していった。結局、翌2020年1月には 平手自身が脱退 。織田と 鈴本美愉 (22)の卒業、佐藤詩織(23)の活動休止が発表された。3月には 長沢菜々香 (23)も卒業し、その後、IT社長とのグループ在籍時からの交際と結婚予定を発表した。

 この年に運営が導入を決めた9枚目シングルの「選抜制」も、メンバーを動揺させた。

「石森は9枚目シングルで“選抜落ち”してしまったのです。でも、そんな自分のこと以上に、他の主要な1期生が選抜から漏れてしまったことに怒りを露わにして、『なんであの子が選抜落ちなんですか?』と運営に直談判してきたこともありました。石森は誰よりもメンバー思いで、とにかく欅坂46というグループが好きでした」(欅坂関係者)

「改名」にも納得できなかった石森

 欅坂46は、きたる10月に行われるライブをもって活動を休止する予定で、「改名」して再出発することが決まっている。が、この改名に一番納得がいっていないのも石森だったと欅坂関係者が続ける。

「今までメンバー達が作り上げてきた『欅坂46』というグループの活動に幕を下ろすことに悲しみの声を上げ、納得していなかった。石森にとって、欅坂はエースだった平手がいてこそのグループ。秋元康の寵愛を受けて人気もダントツの平手は徐々にメンバーの中で孤立していったが、その平手に寄り添い続けたのが石森。平手が周囲との関係で苦しむ姿を誰よりも間近で見ていた石森は、平手を支えて、グループを守らなければいけない、という責任感を強く持っていたのです」

 石森はそうした重圧から逃れるためにホストに走ったのか、それとも崩壊していくグループを見て自暴自棄に陥ったのか。石森はA氏との関係が露わになると、前述の通り運営に報告し、すぐさま「卒業」を申し出たという。

 別の欅坂関係者が石森の現状を明かす。

欅坂が「ホストクラブ由来」のコロナクラスターに!?

「石森は今、運営に卒業を申し出ています。男性問題ということで正直に話していて、『責任を取って卒業します』と伝えたようです。グループとしては10月に活動休止、改名を控えている大事な時期。卒業は既定路線だと思います。

 Aの勤めるホストクラブでは4月頃にコロナ感染者が出たという噂があったとも聞きます。もし石森がコロナに感染していたら個人の問題ではなく、グループ全体の問題に発展しかねない事態だった。『欅坂メンバーがホストクラブ由来のコロナ感染。クラスターに』なんてことになっていたら、10月の“改名リスタート”がおじゃんになるところだった。

 どちらにしても、ホストと熱愛なんて、前代未聞のスキャンダルです」

 欅坂46の運営事務所「Seed & Flower」に石森の熱愛、卒業について事実関係の確認を求めたが、期日までに回答はなかった。

 一方のA氏にも取材班は9月19日18時頃、事実確認のために自宅付近で声をかけた。すると、A氏は石森との関係を認め、15分以上にわたって「文春オンライン」の取材に答えたのだった——。

 9月20日(日)21時から放送の「 文春オンラインTV 」では、担当記者が本件について詳しく解説する。

〈グループ卒業を発表〉【直撃】欅坂46・石森虹花(23)“新宿ホスト1年愛”「来店は1度きりでA氏を指名。メインは自宅デート」 へ続く

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング