《本人直撃撮》ジャニーズ事務所は宇宙Six・山本亮太の“闇スロット”通いを認め「専属契約を解除」

文春オンライン / 2020年10月2日 10時30分

写真

9月10日、闇スロット店から札束をもって出てくる山本 ©文藝春秋 撮影・細尾直人

《スクープ撮》ジャニーズ「宇宙Six」山本亮太は“闇スロット”の常連だった! 美女と一緒に早朝まで から続く

 東京・新宿歌舞伎町の違法闇スロット店「K」に出入りしていたことが発覚したジャニーズJr.内の人気ユニット「宇宙Six」に所属する山本亮太(30)。 取材班は9月3日と9月10日に山本が「K」に出入りする様子を撮影した 。闇スロットで遊技することは「賭博罪」にあたる違法行為である(「単純賭博罪」は50万円以下の罰金、「常習賭博罪」になると3年以下の懲役)。

 前代未聞のスキャンダルが発覚した山本について、さらに取材を続けると、パチスロ通いに加え、アイドルとは思えぬ“奔放ぶり”が明らかになった。「文春オンライン」特集班は山本の自宅を出入りする本命彼女A子さんの姿をキャッチ。また闇スロット店が入っているビルから一緒に出てきたB子さんの存在も確認。さらに、別の日にはA子さんを裏切り、彼女とは違う女性3名とホテルに入る山本の姿を撮影した。

女性と一緒にいる写真がSNS上で流出、事務所から大目玉

 山本は2001年にジャニーズ事務所に入所したジュニア歴19年のベテランだ。自分のことを「亮ちゃん」と呼ぶ“オバカ愛されキャラ”として知られている。

 2008年よりJr.内のユニット「They武道」で活躍、2016年より後任のユニット「宇宙Six」を結成、同ユニットの中心的な存在ではあるが、かねてから女性スキャンダルを心配する声が上がっていた。ジャニーズ担当記者が説明する。

「山本は2017年、新宿区役所で彼女と噂される女性と一緒にいる写真がSNS上で流出して、話題になりました。女性はネイリストで、事務所からは大目玉をくらった。ファンからもその軽率さを責められ、人気の低迷に繋がっていきました」

「文春オンライン」では2月8日、ユニットメンバーの 松本幸大(31)がモデル風美女とお泊まりデートする様子を報じた が、同時期に自暴自棄になっていったのが、山本だった。山本は一時期、事務所を退所することも考えていたという。

 現在、山本は、仕事のない時期には週の半分以上をパチスロ店で過ごす状態が続き、違法な闇スロット店にも通っていた。9月4日に、取材班は、歌舞伎町の闇スロット店「K」からホステス風の美女と一緒に出てきた山本の姿を確認したが、この女性は、山本の本命の彼女とは別だと、山本と親しい友人が打ち明ける。

「17年に噂されたネイリストの彼女とは、今年の春ごろ完全に終わったようです。今、付き合っているのは、山本くんの近所に住むモデルが多数来店する、都内の人気サロンで働くアイリスト(まつ毛エクステやまつ毛パーマを施し、客の目元を美しくする専門職)のA子さん。毎日、美容に気をつかっている20代の女性です」

 取材班は、サロンの仕事を終えたA子さんが、山本の自宅に通う姿を9月の間に数度目撃した。山本が帰ってくるより前にやってきて、合い鍵を使って山本の自宅に入っていくこともあった。

3人の女性と待ち合わせ、自宅近くのホテルへ

 現在、山本は9月25日から始まった主演舞台「川崎ガリバー once again」に出演中だ(こくみん共済coopホール、公演は10月4日まで)。9月27日の夜の公演が終了した後、A子さんと合流、自宅近所のパチンコ店で、スロットデートを楽しみ、親密そうな様子で自宅へ入っていく様子も確認できた。

「山本は既に30代ですし、事務所としては、恋人がいてもファンにバレなければ、いっこうに構わない、といったところでしょう。ですが、彼はA子さん以外にも同時進行で肉体関係がある女性がいる。イメージの“おバカ系”とは全く違う“チャラ男系”の人物なんです。A子さんに内緒でやりたい放題です」(同前)

 その現場は思った以上に早く確認できた。9月21日午後10時、仕事を終え、帰宅した山本は、すぐにまた家を出ると、近所のコンビニで女性3名と合流した。待ち合わせ時間から随分遅れていたのだろう。山本は手を合わせ彼女たちに謝罪。その後、女性たちに気を遣いながら、一緒に歩いて移動し、4人は時間差で新宿区内のホテルへ入っていった。

「山本さんたちが入ったのは、1泊3000円の部屋もある簡易宿泊ホテルです。彼が使用した部屋はホテルの玄関口から近い広い部屋で、1泊1万円前後。随分と周囲を気にしている様子でした。コンビニで飲み物や食料品を買い込み、4人で何か楽しんでいる様子でした。1、2時間後、遅れて2名の男性が合流していました」(同ホテル関係者)

 山本と過去、親しかった女性が語る。

「これまでもホテルやレンタルルームで行われる“飲み会”は頻繁にありました。参加者は、彼のプライベートの友達やファンが多いけど、中には彼を通して他のジャニタレと繋がりたいという下心を持った子がけっこう紛れ込んでいました。

 彼は女性に対して、最初は優しく、低姿勢なんですが、親しくなるにつれて、いつの間にかオレ様キャラになる。完全な“S”です(笑)。その日の気分で『これから会おう』って呼び出されたりもする。女の子に合コンをセッティングさせといて、当日にドタキャンすることもありました」

 まさに「やりたい放題」の山本だが、女性3人との“秘密の飲み会”を楽しんだ翌日の22日には、再びA子さんとの自宅デートを楽しんでいた。

 果たして、違法闇スロット通いの事実について、山本はどう説明するのか。9月30日夜、公演を終えて、帰宅する時に声かけを試みた取材班だが、山本は更なる想定外の行動に出た。

 午後9時半、主演舞台のその日の公演を終え、劇場を出た山本は1人、早足でタクシーに乗り込むと、歌舞伎町のラブホテルへと向かった。ラブホテル前で合流したのは、21日に密会した3人のうちの1人、C子さんだ。2人は笑顔でホテルへ入っていった。

山本を直撃すると…

 滞在時間は約80分。ホテルを出た山本はすぐにC子さんと別れた。取材班はホテル街を1人歩く山本を直撃した。

——文春オンラインです。今一緒にホテルから出てこられたのは彼女ですか?

「……すいません、何とも言えません」

——アイリストのA子さんが彼女?

「それも何とも言えない。ごめんなさいね」

 立ち止まって、やや余裕をもって丁寧に受け答えしていた山本だが、次の質問を取材班がぶつけると、途端に動揺した様子になった。

——ところで山本さん、闇スロットに通っていませんか?

「通ってないです」

——「K」という歌舞伎町の○○のそばのビルに入っている店です。他の階にはホストクラブが入っているビル。行ったことないですか?

「知らないです」

——では「P」という店には?

「知らないです」

——スロットはお好きですね。

「はい、好きです」

——闇スロットは? インターホンがあるところに行ったことは?

「知らないです」

 そう言うと、あとは「ごめんなさい」とぺこりと頭を少し下げただけで、足早に歌舞伎町の雑踏の中へと去っていった。

ジャニーズは《本日をもって、専属契約を解除しました》

 山本が所属するジャニーズ事務所に質問状を送ったところ、10月2日の午前中に以下のような回答が書面で届いた。

《山本に対し事実確認を行ったところ、過去複数回、スロット店にて賭博行為を行ったとの報告を受けました。かかる行為は当社との専属契約に違反するものですので、当社は本日をもって、同人との専属契約を解除しました。

(山本の女性関係についての質問について)タレントのプライバシーに関する内容ですので、回答は差し控えさせていただきます》

 だが、専属契約を解除したからといって問題が終わるわけではないだろう。確かに山本は法に触れる行為に及んだが、そんな山本を、社会的な善悪の判断力を持たない12歳の時から預かって、30歳の現在まで育成してきたのは他ならぬジャニーズ事務所である。

 違法な闇スロットに通うことが社会人としてあるまじき行為であるということを、なぜこれまで周囲の大人たちは教育しなかったのか。約20年間、アイドルとして蝶よ花よと甘やかすばかりだったのならば、ジャニーズ事務所は山本の更生について今後どう責任を取るというのか。若き少年を預かる芸能プロダクションとして、ジャニーズの管理責任が問われるべきだろう。

 10月2日(金)21時から放送の「 文春オンラインTV 」では、担当記者が本件について詳しく解説する。

(「文春オンライン」編集部/Webオリジナル(特集班))

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング