“天才ギタリスト” エディ・ヴァン・ヘイレンはなぜ「別格」なのか?《「BURRN!」名物編集長が追悼》

文春オンライン / 2020年10月8日 17時0分

写真

「BURRN!」2012年12月号(エディは左。右はデイヴィッド・リー・ロス)、2006年4月号

 アメリカのレジェンド・バンド「VAN HALEN」のギタリストとして活躍したエディ・ヴァン・ヘイレンが10月6日、がんの闘病の末、65歳で他界した。息子のウルフ氏が発表した。

 アルバム「1984」や「5150」が日本を始め、世界中で大ヒットしたVAN HALENで、エディは、右手の指で弦を押す、独得の「ライトハンド奏法」で、世のギターファンの人気を集めた。一般的な音楽ファンには、マイケル・ジャクソンの大ヒットナンバー「Beat It」(邦題「今夜はビート・イット」)でソロパートを演奏したことで知られた。

 エディ・ヴァン・ヘイレンの急逝に際し、昨年35周年を迎えた音楽雑誌「BURRN!」で、26年にわたって編集長を務める広瀬和生さんが、「文春オンライン」に緊急寄稿した。


 ギター奏法の歴史を大きく変えた天才ギタリスト、エディ・ヴァン・ヘイレン。彼は間違いなくロック史で最も重要なギタリストの1人に数えられるだろう。

 そのデビューは鮮烈だった。“天性のエンターテイナー”デイヴィッド・リー・ロスをヴォーカルにフィーチュアした米国ハード・ロック・バンド、VAN HALENがデビューしたのは1978年のこと。ロックの世界をパンクが席巻し、ディスコブームにより音楽業界のメインストリームはダンス音楽一色、ハード・ロックが衰退の一途を辿っていた時代に、VAN HALENのデビュー・アルバムは全米チャート最高19位と大健闘、新人バンドとしては驚異的な300万枚というセールスを記録した。

「ライトハンド奏法」エディの出現でロックギターは変わった

 今と違ってバンドが実際に演奏している姿を映像として観ることが困難だった時代、彼らのライヴを観たことがないロック・ファン、特にギタリストにとって最大の驚きは、エディが「あり得ないフレーズを弾いている」ことだった。右手で弦を指板上に叩きつける「タッピング奏法」を用いるギタリストはそれまでも存在したようだが、驚異的なスピードでそれを用いるエディ・ヴァン・ヘイレンが彗星の如く現われるまで、それは一般には知られざる「秘技」だった。実際、あるプロの一流ギタリストから「当時はエディがどうやって弾いているのか全然わからなかった」と聞いたことがある。

 エディの出現により「ライトハンド奏法」と呼ばれることになったこのテクニックは、一気にロック・ギタリストの間に広まり、80年代以降のギタリストにとってごく基本的な奏法となっていったが、当時はまさに「革命」だった。エディ以前に彼に匹敵するほどの「革命」を起こしたロック・ギタリストはジミ・ヘンドリックスただ1人と言ってもいい。エディのタッピングを交えた速弾きスタイルは、それまでのブルーズを基盤とするロック・ギターの在り方を大きく変えた。

 VAN HALENの名曲「Jump」が全米1位に輝いたのは1984年のこと。全世界的なヘヴィ・メタル・ブームが巻き起こっていた当時、アメリカでブームを牽引した“LAメタル”勢の頂点にはVAN HALENが君臨した。当時、このシーンでエディの影響を受けなかったギタリストは皆無だったし、それは全世界的な視野で見ても同じで、ジャパニーズ・メタルの頂点に君臨したLOUDNESSの高崎晃に代表されるように、ここ日本でもエディの影響力は絶大だった。誤解を恐れずに言えば、ロック・ギターの歴史は「エディ以前」と「エディ以降」に分けられる。エディはそれほどまでにエポックメイキングな存在だったのである。

 

 

ハードロックながら全米チャート1位連発の偉業

 エディがロック・ギター史において「別格」であるのは、何よりそのポピュラリティによる。デビュー以来、すべてのアルバムでプラチナムを獲得してきたVAN HALENは、ヴォーカリストをサミー・ヘイガーに交代させた1986年の「5150」以来、1996年にサミーが脱退するまでの4枚のスタジオ・アルバムのすべてが全米チャートで1位を獲得するという偉業を成し遂げた。

 これほどまでにヒット作を出し続けたハード・ロック・ギタリストは、LED ZEPPELINのジミー・ペイジくらいだ。だからこそ、エディの死は全世界的なトップニュースとなった。今回の訃報で、エディがマイケル・ジャクソンの「Beat It」でソロを弾いていたことに触れている例は少なくないが、あの曲がリリースされた当時の感覚では、マイケルが「あの“ギター・ヒーロー”エディ・ヴァン・ヘイレンを起用した」ことが凄かったのであって、マイケルに起用されたからエディが有名になったわけではないのである。

 例えば、ヴァイオリンの超絶フレーズをコピーするためにスウィープ奏法による速弾きを独学で編み出した天才イングヴェイ・マルムスティーンもまたロック・ギターの革命児で(エディの影響を受けていない唯一の例外でもある)、スウェーデン人である彼は1983年にアメリカに渡った後、メタル・シーンに絶大な影響を与えたが、それはあくまでもヘヴィ・メタルの世界に「ネオ・クラシカル様式美メタル」というジャンルを定着させたという意味での影響力であって、音楽ジャンルを独力で創り上げたこと自体は驚異的ではあるにせよ、エディ・ヴァン・ヘイレンのようなポピュラリティを獲得するには至っていない。エディは一世代前のジェフ・ベックやエリック・クラプトンに匹敵する知名度を誇る。その意味でも稀有な存在なのだ。

 思いっきり強引かつ唐突な喩えであることを承知しながらあえて言うと、ジミ・ヘンドリックス、エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジ、リッチー・ブラックモアといったギタリストたちは、落語史で言うと志ん生、文楽、圓生、小さんといった「昭和の名人」だ、と僕は思っている。

エディは「落語界の志ん朝・談志」

 落語の歴史は「古典落語」という言葉が生まれる以前とそれ以降とに分かれる。戦後の高度経済成長期、落語で描かれてきた庶民の暮らしが過去のものとなっていく中で、古き良き落語の伝統は「古典落語」という造語で守られることになった。江戸以来の流れを受け継ぎながら、新時代に「古典落語」と呼ばれることになった芸能を確立したのが志ん生、文楽といった「昭和の名人」だ。

 ヘンドリックスやクラプトン、ブラックモアといったプレイヤーは、ギターという楽器の長い歴史を受け継ぎながら、ブルーズを基盤とする「ロック・ギター」というスタイルを確立した。それを「昭和の名人」が「古典落語」という概念を定着させた事実になぞらえるならば、エディ・ヴァン・ヘイレンは落語史で言うところの古今亭志ん朝や立川談志だったと言えるだろう。志ん朝・談志は「昭和の名人」が確立した世界を、より現代的な方法論で推し進めた「次世代の名人」であり、そのズバ抜けた人気と実力によって圧倒的な影響を後進に与えた。同様に、エディもロック・ギターを「次の次元」に推し進めた「次世代の名人」なのである。

2002年5月には「ガンに打ち克った」と宣言

 2001年にバンドの公式サイトで自らがガン闘病中であることを明かしたエディは、2002年5月に「ガンに打ち克った」と宣言。2004年にサミー・ヘイガーを、2007年にはデイヴ・リー・ロスを迎えてのVAN HALEN再結成ツアーを行なったものの単発的な興行に終わり、ファンの間ではエディの健康状態を危惧する声が高まっていた。

 2012年にはVAN HALENとして実に14年ぶりとなるオリジナル・アルバム「A DIFFERENT KIND OF TRUTH」(ヴォーカルはデイヴ)がリリースされて大規模な北米ツアーも実現、翌年には来日も果たしたが、2015年の北米ツアーを最後に活動休止。以来、エディは完全に表舞台から姿を消すことになった。こうした経緯から、「ガン闘病の末に亡くなった」と聞いて「恐れていたことが起きた」という思いのファンは多いはずだ。正直、「全く予想しなかった」ことではない。だが、現実になってほしくなかった。あまりに悲しい。

 ガンの再発による闘病生活を送っていた立川談志が亡くなったとき、「あり得る」けれど「あってはならないこと」が起きてしまった喪失感に僕は打ちのめされた。全世界のVAN HALENファンが、それと同じような喪失感を覚えているに違いない。

(広瀬 和生/Webオリジナル(特集班))

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング