〈武闘派「山健組」が2つ存在する異常事態〉神戸残留組の名門トップが「空席のまま」の理由

文春オンライン / 2020年10月10日 17時0分

写真

神戸山口組の井上邦雄組長が、山健組の中田浩司組長に出した「除籍御通知」

〈山口組分裂抗争は新局面〉長野県ラーメン店で“親子”銃撃事件発生 6代目系組員は当番制で事務所“防衛” から続く

 長野県宮田村で9月28日に発生した銃撃は、「絆会」脱退トラブルを抱えた竹内組組長の前任者と後任者の間で発生した“内紛”だった。(全2回のうち2回目。 前編 を読む)

 この銃撃事件の一報を聞いて、ある指定暴力団のベテラン幹部は、神戸山口組の中核組織だった「山健組」をめぐる現状にも似ていると感じたという。

「長野の事件では、絆会傘下の竹内組を託した後任が、あろうことか6代目山口組に移籍することになり、前任者が後任者を拳銃で弾いてしまった。

 山健組では、先代の井上邦雄(現・神戸山口組組長)が、山健組を中田浩司に託した。しかし事情は色々あろうが、中田は神戸山口組を出てしまった。出た後、中田は神戸側に残った山健組の者たちを絶縁などの処分とした。これに対して井上は中田を除籍処分とした。事の大小はあるが、組を譲った前任者と譲り受けた後任者という関係の“親子”間の喧嘩だ」

「2つの山健組」という不穏な情勢

 2015年8月の山口組分裂前、井上は山健組組長として6代目山口組の直参という直系組長に取り立てられ、若頭補佐という最高幹部の地位にあった。しかし、分裂で神戸山口組として離脱。井上は、その後しばらく神戸山口組組長と4代目山健組組長を兼任していたが、2018年5月に山健組組長の座を中田に継承させ、中田が5代目組長の地位に就いていた。

 いま、この2人の間で書面の応酬が続いている。

〈今般 元神戸山口組々員 中田浩司(中略)右の者 当組の規約に反する行為此れ有り 令和二年九月十日付けをもちまして「除籍」致しました〉

 9月中旬、上記の一文が書かれた「除籍御通知」と題した書状が暴力団業界に出回った。文末には〈令和二年九月 神戸山口組 組長 井上邦雄〉とある。

 この書状で「元神戸山口組々員」と書かれているが、中田がかつての神戸山口組内最大勢力の武闘派組織「山健組」組長であることは、暴力団業界では知らぬ者はいない。

 書状は、神戸山口組が中田を「除籍」処分にしたことを業界に通知する内容だが、中田の側も、すでに8月付で「御挨拶」と題する書状を出し、独立を宣言していた。

〈今般私儀 諸般の事情に鑑み神戸山口組を脱退いたす事を決意致しました〉

 このような応酬の末、中田率いる「山健組」の他に、神戸山口組に残留したグループも「山健組」を名乗ることが決定。いま、暴力団業界には、「2つの山健組」が存在する不穏な情勢となってしまったのだ。

現在も勾留中の「山健組」中田組長

 山健組は、山口組を全国組織に拡大させた田岡一雄が3代目組長を務めていた際に、若頭として田岡を支えた山本健一が創設した。最盛期の山健組は6000人規模の勢力を誇り、山口組内だけでなく暴力団業界ではブランド的存在だった。2015年8月の山口組分裂以降も、神戸山口組の中核組織として位置づけられてきた。

 その山健組内で、今年7月ごろから神戸山口組から独立を目指すグループと、残留を主張するグループで断続的に話し合いが持たれてきた。しかし、結論は持ち越しとなるケースが多かった。

 それは中田が殺人未遂容疑で逮捕されていることも大きな要因だった。

 2019年4月、神戸市内の路上で、山健組若頭の與則和が刃物で切り付けられ、この事件の報復として組長の中田自身が同年8月に山口組弘道会系組員を銃撃。同年12月に逮捕されたのだ。

 現在も勾留中ということもあり、中田の意志が伝わらない時期が長かったが、今年8月になって離脱を正式に表明。先に紹介した書状を出すに至り、神戸残留組の若頭の與ら最高幹部を「絶縁」、その他の幹部を「破門」「除籍」として業界に通知していた。

 井上が9月に出した中田への除籍処分は、独立したからだけではなく、中田が“神戸残留組”に出した「絶縁」「破門」などの処分に対する対抗措置とみられる。

神戸山口組内の山健組は「組長空席」

 神戸山口組内の山健組は組長を空席としている。山健組の事情に詳しい指定暴力団幹部は、次のように指摘する。

「親分の下に若い衆が集まって組織となるから、通常は組長の空席はありえない。神戸山口組内の山健組の組長を空席にしているのは中田に復帰の意志があれば、除籍処分を取り消して神戸山口組に迎え入れる意思があるとも受け取れる。『中田が戻ってくるのを待つ』という意味もあるのではないか」

 ただ、今回の山健組の分裂については疑問を呈する。

「従来的な考えなら、神戸山口組から中田らの山健組が離脱した段階で、中田は神戸側から何かしらの処分が出されて当然だった。しかし、中田の方が自分に付いてこなかった神戸残留派を先に処分した。それも『絶縁』など重い処分だった。その後に、神戸山口組側が中田の処分を出した。順序が全く逆なのだ。こんな前例はないのではないか。それも『除籍』という比較的軽い処分。やはり戻ってこいというメッセージなのかもしれない」(同前)

「絶縁」とは暴力団業界からの永久追放を意味し、「破門」「除籍」は組織への復帰の道もあり得るということを意味する。さらに山健組というブランドについても言及する。

「やはり何と言っても、山健組という看板は大きい。ネームバリューは業界ではトップ。離脱した中田も、神戸山口組の井上も、双方ともに山健組の看板は欲しいのだろう。最近ではヤクザになろうという若者は少なくなっているが、ヤクザになるにあたって『山健組』という名前に憧れて、門を叩く若い者は今もいるだろう」(同前)

警察幹部「独立した山健も暴対法の規制対象」

 分裂した双方の組織が、同じ名称を使い続けるケースは他にもある。

 例えば、京都が地盤の会津小鉄会のケースだ。2017年1月、6代目山口組を支持するグループと神戸山口組支持派とが分断された状態となり、双方が7代目会津小鉄会を名乗っている。

 前出の指定暴力団のベテラン幹部は、「会津小鉄会ほどではなく、比較的小さな組織でも同様に内部が分裂状態となり、2つの組織がそれぞれ同じ看板を掲げているところがいくつかある」と指摘する。

 山健組を名乗る組織が2つ並列している現状について、警察当局は動向を注視している。

 山口組が2015年8月に分裂以降、離脱した神戸山口組は指定暴力団から外れるため暴力団対策法の規制の対象ではなくなった。このため、警察当局は急ピッチで指定作業を進め2016年4月、神戸山口組を指定暴力団とした。同組から離脱した任侠団体山口組(現・絆会)についても同様に指定した。

 しかし、今年に入って神戸山口組から池田組が離脱、ここまで説明してきたように山健組も内部分裂して、一部が神戸側から独立している。

 こうした状況に対して、警察当局の幹部は次のように語る。

「池田組や山健組が神戸山口組から離脱、独立したなどといった書状を回しているほか、アナウンスをしているのは承知している。警察としては、現状の情報収集を進めて、実態を把握することが重要だ。一時的な諍いかもしれないし、元に収まる可能性もある。見極めが必要だと考えている。最近の動向を見る限り、いまはまだ離脱などの状態とは判断していない。つまり、暴対法上の規制の効果は継続しているということだ」

 警察当局は、山健組も池田組も、いまだに神戸山口組の2次団体と認定しており、いずれの組織にも厳しい姿勢で対処していく方針だ。(敬称略)

(尾島 正洋/Webオリジナル(特集班))

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング