“専業主婦なんて100年の歴史もない” 古市憲寿が語る”伝統的家族観”のウソ

文春オンライン / 2020年10月24日 11時0分

写真

©iStock.com

古市憲寿が杉田水脈衆院議員に伝えたい「ジェンダーフリーは家族観の崩壊か?」 から続く

 安倍政権以来、保守とリベラルの対立軸としてずっと横たわっている「家族」の問題。保守派議員が理想とする「伝統的な家族」像は本当に「伝統的」なのか。前編に続いて、古市憲寿氏の『 絶対に挫折しない日本史 』から、「家族と男女の日本史」を紐解いていく。(全2回の2回目。 #1 を読む)

平和な江戸時代、女性の地位が下がった

 中世までは女性が、「家」の土地を所有したり相続することもあったが、近世(江戸時代)に近づくにつれて、女性が「家」の主になることが難しくなっていった。

 それでも同時代のヨーロッパよりはマシだったようだ。16世紀半ばに日本へ訪れたキリスト教の宣教師は、日本では処女でない女性も結婚ができること、妻から離婚する夫婦がいること、妻が夫の許可を得ずに好きな場所へ行ける権利を持っていることなどを驚きと共に記している(注17)。

 17世紀から始まった江戸時代は、女性の地位がはっきりと低下した時代だと知られている。特に武士などのエリート階級では、男性の家系のみが重視され、女性は「子どもを産む機械」扱いだった(注18)。

 女性の地位が低下した理由の一つには儒教の影響があると言われている。江戸時代は、平和な時代である。その平和は、秩序によって担保されていた。身分差別や男女差別を正当化することで、秩序は保たれた。江戸幕府が差別の根拠として用いたのが儒教だったのだ。

 江戸時代前期に発行された『女鏡(おんなかがみ)秘伝書』という女性向け自己啓発書がある。その中で、若い男たちは色白でたおやか、「柳の風」の女性を好むという記述がある。同時に、骨太で指の大きな女性になることを諫める記述があり、当時はすでに、か弱い女性がある種の理想になっていたことがわかる。

 全員が死に物狂いで働かないと生きていけない時代に、このような「理想の女性」像は成立しにくい。時代や地域ごとに「美人」は存在しただろうが、食べていくのが精一杯の階層の人々は、「理想の女性」を論じている余裕などなかったはずだ。

 平和で、ある程度の豊かさが担保された時代だからこそ、色白でたおやかな女性を理想とするような、「女性差別」が進行したとも言えるだろう。

男色が大流行した江戸時代

 ちなみに江戸時代は、男性同性愛が大流行した時代でもあった。正確にいえば、男色が少しも奇特なものと扱われていなかったのだという(注19)。

 もちろん男性同性愛は、江戸時代に始まったわけではない。平安貴族の日記にはたびたび記述が見られ、中には天皇がセックス目的で美しい少年を雇っていたという記述まで登場する(注20)。また天皇が愛情表現として、寵愛する男を高い位に任命するということもあった(注21)。その後も、武士と寺院の中では男色文化が発展したことが知られている。

 江戸時代になる頃には、男色は一大セックス産業として開花していた。都市部を中心として、経済的ミドルクラスが台頭することで、セックスの巨大市場が生まれたのだ。

 江戸、京都、大坂の3都のみならず、名古屋や仙台など数十の都市や宿場町で男が買えた。また男色を扱った出版物も次々と発行されている。

 ただし、男性だけが好きな男性が多かったというよりも、男性とも女性ともセックスをする男性が多かったというのが実情のようだ。17世紀のベストセラー作家である井原西鶴は、作中の人物に「男色、女色のへだてはなきもの」と言わせている。性的関係において、男女は関係ないというのだ(注22)。

 現実社会においても、男色は結婚の妨げにはならなかった。将軍綱吉は女性より男性を好んだようだが、女性ともセックスをして、子孫を残している。

 ここまで男性同性愛が流行した裏側には、男女比の問題もある。1730年代の江戸には、女性100人に対して男性が170人もいたという。仕事を求めた地方の男性が江戸に集中したためである。その後、女性の移住も増えていくが、男女比が完全に1対1になるのは明治維新の前年にあたる1867年であった。

 女性の増加によって、江戸の男娼文化は少しずつ廃れていったらしい。そして明治時代に流入した西洋文化の影響によって、男性同性愛は一気にタブーとなってしまうのである。

実はラディカルだった「生産性」議員

「家族」の形は明治維新ですぐには変わらなかった。職住一体の零細企業のような家族が主流だったし、新たに制定された民法でも「家」制度が残された(注23)。

 ようやく家族に変化のきざしが訪れたのは、20世紀初頭(大正時代)だ。

 第一次世界大戦後の好景気により、「会社」や「工場」が増えたことで、「男が外で働き、女が家事をする」という家族が増え始めたのである。

 この時、初めて「専業主婦」という存在が生まれた。それまでの家族は、労働をしない人を養う余裕などなく、男も女も働ける人は全員で働くのが基本だったから、主婦の生まれる余地など無かったのである。

 このように、夫が働き、女が家事をするような家族を「近代家族」という。文字通り、近代に成立したからなのだが、一部の保守派の人々は、この「近代家族」を「日本の伝統的な家族」と勘違いしてしまうらしい。

 近代家族は一気に日本中に広まったわけではない。20世紀半ばまで、この国では農業従事者が圧倒的に多く、「サラリーマン」や「専業主婦」になれたのは一部の特権階級の人々だけだった。都市部でも自営業者が多く、何もしなくても定期的に給料が振り込まれる「サラリーマン」は憧れの存在だったという。

 また1930年代後半に戦争が本格化すると、戦地に行ってしまった男性の代わりに、女性は貴重な労働力となった。政府は「共働き婦人」の保護方針を打ち出し、全国の兵器工場などにも託児所が作られ、今でいう「女性活躍」が進められたのである。

 しかし敗戦後、再び働く女性に逆風が吹き始めた。民法の改正によって「家」制度は廃止され、新憲法でも法の下に性別で差別されないという条文が設けられたものの、現実は一筋縄には進まなかった(注24)。

 敗戦後、世帯単位の戸籍を廃止して、個人単位の出生カード制度を創設しようという提案がGHQからあった。しかし日本の司法省は何と紙不足を理由に拒否。物資不足は本当だったが、官僚は実務を優先して最小限の法改正に留めたかったようだ(注25)。結局、世界でも珍しい戸籍制度が、マイナンバー制度が成立してからも残存している。

 戦後日本は、めざましい勢いで経済復興を達成したが、経済が豊かになるにつれて、働く女性の割合は減っていった。高度成長期を経て、1975年になるまで、女性労働力率は低下し続け、専業主婦が増えていったのである(注26)。

 本稿の冒頭で、「生産性」議員の、「昔の日本は夫が外で働き、お金を稼いで妻にわたし、家計のやりくりをしてい」たという発言を紹介した。

 この「昔」はどんなに遡っても大正時代、それが一般化した時期となると、1970年代なのである。確かに半世紀前は「昔」と言えなくもないが、保守主義者が守る「伝統」としては新しすぎる気もする。

 仮に、このような近代家族の成立が困難になることで「日本」が「崩壊」するなら、1970年代より前の「日本」はずっと「崩壊」していたことになる。それはそれでラディカルな歴史観だが、一般的にそのような思想は保守とは呼ばれない(注27)。

家族の未来と生殖の未来

 確かに「家族」は徐々に姿を変えつつある。1950年代の日本は生涯未婚率が男女ともに1%台だったが、2015年には男性23・4%、女性14・1%にまで高まっている(注28)。この生涯未婚率は2035年には男性30%、女性20%になると予測されている。つまり結婚が「当たり前」ではなくなるということだ。

 このような時代に、特定の形の「家族」だけを「当たり前」と考える必要はない。男同士の家族がいてもいいし、精子バンクや養子制度を用いて望んでシングルマザーになる人が増えてもいい。これまでの「家族」という言葉が通用しないくらい「家族」は多様化していくはずだ。

 それでも、母子の結びつきが一番根強く残るだろう。出産が機械に代替される目処は立っていない。つまり、女性が子どもを産むという意味において、母子の結びつき自体は希薄になりにくい。

 ただし、テクノロジーが家族のあり方を根本的に変えてしまうことはあるかも知れない。たとえばiPS細胞は、原理上は皮膚細胞から精子も卵子も作ることが可能だ。研究が進めば、高齢同士や同性同士のカップルでも子どもを産めるようになるだろう。

 場合によっては子宮は代理母に頼むことになるが、女性を悩ませる出産や育児に、厳密な意味でのタイムリミットがなくなるのだ。また同性婚に反対する根拠になってしまった「生産性」の問題もクリアできることになる。

普遍的な「家族」像など存在しない

 それは、ある時代を理想と考える人には「家族崩壊」と見えるかも知れない。だが日本史を振り返る限り、普遍的な「家族」像など存在しない。「家族崩壊」を唱える人が恐れるべきは、自身の頭の崩壊である。

注17 ルイス・フロイス『ヨーロッパ文化と日本文化』岩波文庫、1991年。

注18 本郷和人『日本史のツボ』文春新書、2018年。

注19 ゲイリー・P・リュープ『男色の日本史』作品社、2014年。

注20 藤原頼長や藤原兼実の日記が、白河天皇や鳥羽天皇について言及している。

注21 『平治物語』などによると、後白河天皇は愛人だった藤原信頼に異例の出世をさせたという。しかし信頼は最後は政争に敗れ、後白河にも捨てられ、京都の六条河原で斬首される。28歳で命を落とした「傾城の美男子」として伝説化されているが、NHK大河ドラマ「平清盛」ではお笑いタレントの塚地武雅が信頼を演じ、ファンを落胆させた。

注22 1686年に発行された『好色五人女』からのフレーズ。26歳まで女性と性的関係を持ったことのない主人公が、若い女性と関係を持った時に至った心境である。彼はその女性と結婚する。

注23 明治民法では家のトップを「戸主」、それ以外のメンバーを「家族」と定義するが、本稿ではその区別を用いていない。

注24 横山文野『戦後日本の女性政策』勁草書房、2002年。

注25 下夷美幸『日本の家族と戸籍』東京大学出版会、2019年。

注26 1930年代から横ばいだった女性労働力率は、1960年代に大きく減少する。特に25歳から29歳に限定すると、1960年は56・5%あった労働力率が1970年には45・4%、1975年には42・6%にまで低下している(総務省統計局「労働力調査」)。

注27 「勉強不足」と呼ぶことはできる。大した歴史もないものを「伝統」とありがたがる人々は多い。それをあざ笑う本としてパオロ・マッツァリーノ『歴史の「普通」ってなんですか?』(ベスト新書、2018年)がある。30年も続けば「輝かしい伝統」になってしまうことが多いらしい。

注28 生涯未婚率は、50歳以上の男女のうち結婚歴のない人の割合。最近では単に「50歳時未婚率」とも言う。

※本稿は古市憲寿『絶対に挫折しない日本史』(新潮新書)を元に再構成しています。

(古市 憲寿)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング