妻のケータイに“みだらな動画”で不倫発覚 「iPhoneを探す」で現場に乗り込んだ夫がとった行動とは?

文春オンライン / 2020年11月3日 17時0分

写真

写真はイメージです ©iStock.com

 3組に1組が離婚する「大離婚時代」。離婚というと男性が問題を起こし、女性が切り出すイメージが強いが、近年は妻側に問題があり、夫が離婚を望むパターンの案件が急増しているという。

 そんな夫婦問題に苦しむ男性のための書籍『 男の離婚ケイカク クソ嫁からは逃げたもん勝ち なる早で!!!!! 』が話題だ。著者の露木幸彦氏は行政書士として、1万件近い男女トラブルを専門に扱ってきた。

 同書の中から、妻の不倫をじわじわと追いつめて離婚に成功した「事件」を紹介した章を抜粋して転載する。

◆◆◆

不倫発覚の季節は「秋」ではなくなった!

 突然ですが、質問です。

「不倫の相談」が1年のなかでいちばん多いのは何月でしょうか?

 正解は8月。しかし、5年前は「10月」でした。この5年間で何が変わったのでしょうか? 不倫の相談者の大半は「バレたとき」にやってくるというのがヒントです。

 例えば、暑さの厳しい8月。人妻が誘惑に負けて、ちょっとハメを外し、夫以外の男に体を許してしまったとします。そんな夏休みのアバンチュール、不倫お忍び旅行、そして一夜限りの関係などは夏の風物詩。

 かつて、そんな8月の不倫が夫にバレるのは、せいぜい2か月先の話でした。「探偵に頼んでおいた証拠をようやく入手」「クレジットカードの明細に2人分の旅行代金を発見」「久々の性交渉で避妊に失敗し、妊娠が発覚」などは秋の季節もの。

 そう、今までは「ヤッた日」と「バレる日」に、必ずといっていいほど「時間差」があったのです。まるで種をまいて、芽が出て、花が咲くかのように。真夏の夜の夢が即覚めることはなく、夏の風が秋の風に変わる頃までは思い出の余韻に浸ることができたのです。しかし、最近はどうでしょうか?

 いかんせん、ここ5年の間でIT技術が進歩しすぎました。前述の時間差などは存在せず、「ヤッた日」=「バレる日」というケースも珍しくありません。

 誰しもFacebook、LINE、Twitterなど、SNSのひとつくらいアカウントを持っているでしょう。今のご時勢、リアル世界の友達のほとんどはネット社会でも友達。不倫関係だってSNSを通せば「丸見え」です。

便利な機能は不倫の追跡にも役立つ

 さらに、スマートフォンやタブレット、クラウドサービスの普及により会話の中身はありのままに保存されており、不倫相手とのやり取りは「筒抜け」も同然。これが動かぬ証拠になり得るのです。

 リアル世界の目撃情報は、SNSという「拡声器」を通して知人から知人へ、まるで数珠つなぎのように広まっていきます。ネット上で伝言ゲームを繰り返していれば、いずれ一番知られたくない相手(配偶者)の耳に入るのは、もはや時間の問題。それなのに「不倫デート」をTwitterで実況中継したり、LINEのグループに写真を投稿したり、Facebookで居場所をチェックインしたら、どうなるでしょうか? どこの誰と何をしているのか……あっという間に「特定」されてしまうのは当然です。

 写真の同期機能、スマートフォン紛失時のGPS機能、SNSのタグ付け(写真に映っているのは誰かを投稿できる)機能、テレビ電話の機能、ソーシャルゲームのチャット機能、データのバックアップ機能、誰でも友達申請できる機能、パスワードの管理アプリ、既婚でも利用可能な婚活サイト、そしてアバターやピグの匿名性などにより、不倫がバレるスピードは加速度的に向上しています。

【実例I】嫁のデート現場に乗り込み制裁!

 ただでさえ、窮屈で落ち着かない世の中ですが、もはや不倫の余韻に浸るような余裕はなく、季節の移り変わりを感じる前に尻尾を掴まれるという「即バレ」の時代に突入したのです。そんな不倫の最前線について相談実例を交えながらお話ししましょう。

実例I 嫁のデート現場に乗り込み制裁!
【登場人物】※すべて仮名
夫:対馬孝治(37歳・地方公務員・年収600万円)
妻:対馬絵里香(39歳・看護師・年収100万円・ハンドルネーム『エリリン』)
子:対馬颯太(6歳)
妻の不倫相手:赤井剛(年齢、職業、住所不明・ハンドルネーム『つよぽん1975』)

「もっと早く気が付いていれば……家内が誰とでも『ヤル』なんて、まさか夢にも思いませんでした」

 孝治さんは今になって後悔の念をそう口にします。妻がFacebookを始めたのは今から5年前。最初は中学や高校の旧友との久々の再会を喜ぶというSNS本来の楽しみ方をしていました。

 当時、孝治さんの妻は育児ノイローゼ気味。毎日イライラしている様子で、孝治さんが気を遣って家事を手伝おうにも「いい人ぶってんじゃないわよ!」と逆ギレする有様……。とにかく事あるごとに癇癪を起こすので、話しかけることすらままならなくなっていきました。

 そんな矢先、妻が「日帰りで出かけたい。神社参りに行きたい」と切り出してきたのです。どうやらFacebookのなかに『パワースポットサークル』という集まりがあるようで、30人ほどの男女が参加し、神社仏閣や登山、滝、湖などのパワースポットを一緒に巡るとのこと。孝治さんは「気晴らしになれば」と妻を快く送り出し、代わりに子供の面倒をみることにしたのです。

「そのときは何とも思わなかったんです。でも今思えば、確かにおかしかったんです」

「共通の友人」がいないサークルで

 孝治さんがFacebook上のイベントページを覗いてみると、参加者と妻の間に「共通の友人」がいませんでした。イベントの参加者同士はほとんど初対面。見ず知らずの男女が行動を共にするのだから、参加者同士で「間違い」が起こっても全く不思議ではないでしょう。「共通の友人」がいないからこそ、後腐れなく付き合うにはちょうど良かったと穿った見方もできるでしょうが……。

「本当はこんなこと……したくなかったんです。でも、どうしても気が気じゃなくて」

 孝治さんは当時の心境をそんなふうに吐露してくれました。

 確かに、妻がサークルに参加すると1週間ほどは機嫌が良く、子どもにも優しい。急に癇癪を起こすようなこともなくなりました。孝治さんも「パワースポットのエネルギーはすごいな。こんなに人が変わるとは?」と本気で思っていたようですが、妻はますます調子に乗って外出回数が増えていったのです。

 最初は2か月に1度のペースだったのに、今や毎週のように出かけるので、家事や育児もおろそかに。結局、土日はほとんど孝治さんが子どもの世話をせざるを得なくなり、不信感が募りました。

「一体、僕は何をやっているんだろう。家内ばかり遊び歩いて、こんなのはおかしいのではないか。そもそもちゃんとサークルに参加しているのだろうか。精神的に安定しているのは本当にパワースポットのおかげなのか? 毎週、毎週、一体どこの誰と会っているんだ」

ミッション(1) 動かぬ証拠を収集

 孝治さんは居ても立っても居られなくなり、どうしても事の真偽を確かめずにはいられなくなりました。とはいえ、妻を直接問い詰めたところで、どうせ癇癪を起こして、逆ギレするに決まっています。

 そこで、妻がパソコンに保存している『iPhoneのデータ』を探ることにしました。万が一、iPhoneのバックアップをとらずに故障して買い替えを余儀なくされると、再度、各種設定をするのはかなり大変。だから、パソコン上にダウンロードしたiTunesを通じてバックアップをとるのは決して珍しいことではなく、孝治さんの妻の場合、隔週で行っていました。

 バックアップの対象は、電話帳や音楽、写真などのデータ、アプリ、SMSメールの送受信やLINEトーク、Facebookのメッセージなど。自宅のパソコンは夫婦共用で、夫のアカウントと妻のアカウントを使い分けていたのですが、孝治さんは妻のパスワードを知っていました。なぜなら、妻の手の動きを横目でこっそり観察したところ、パスワードは「誕生日の4桁」だろうと推測できたからです。

「早く一緒になりたいね」LINEの履歴には甘い言葉が……

 恐る恐るパソコンを開き、パスワードを入力。「妻のアカウント」でログインすることに成功し、そのままiTunesを開いてみたのですが……。

「愛している」「早く一緒になりたいね」「同時にベッドに入ろうよ。眠りにつこうよ」

 そんなふうに孝治さんとは別の男とスタンプを交えながら甘い言葉をかけあう様子がLINEトークに保存されていたのです。ハンドルネームは「つよぽん1975」。Facebookの『パワースポットサークル』の参加者一覧を見てみると「赤井剛 1975年生まれ」という輩がおり、LINEのIDと極めて似ていたため、おそらく同一人物と察しがつきました。

 しかし、それだけではありませんでした。

妻も裸の状態で……

 iPhoneにはFaceTimeというテレビ電話のアプリが標準で入っています。これは相手の姿形を画面で見ながら会話を楽しむことができる便利なツール。妻と男はこれを使ってやり取りをしていたようで、その中身は完全に常軌を逸していました。

つよぽん「おっぱい見た~い!」「いくところ、ちゃんと見せろよ」
エリリン「気持ちいい?大きくなってる?一緒になれてうれしい」

 そんなふうに卑猥な言葉を交わしていたのですが、卑猥なのは言葉だけではありませんでした。FaceTimeに映っていた男はもちろん、妻も裸の状態で、どちらも自慰行為をしながら、互いにその淫らな様子を見せ合っていたのです。

 確かに不倫の場合、普通の恋愛と比べ、会いたいときに会えないことが多く、直接会って性交渉する機会は限られるのですが、それにしても……です。

「とにかく屈辱的でした。今までの結婚生活が全否定されたような気がして、もうプライドはズタズタですよ」

 孝治さんは受け入れがたい妻の姿を運悪く目にしてしまったときの心境について、そう振り返ってくれました。FaceTimeでの一部始終が、あろうことかパソコン上に同期され、動画データとして保存されていたため、発覚した悲劇。夫婦は長男が産まれてから現在まで、ほとんど夜の生活がなかったようで、まるで自分への「あてつけ」のように感じられ、怒りを通り越して虚しい気持ちに……。

ラブホテル街での待ち合わせを発見

 さらに、直近のLINEトークでは、こんなやり取りが行われていました。

「エリリンはいつもどういう感じ? デートしてから、そういうところ、でしょうか? それとも食事してから、でしょうか?」

「つよぽんに任せるよ。食事やデートはどっちでもいいよ」

 ここでいう『エリリン』とは妻の呼び名。そして『そういうこと』が性交渉を指していることが行間のニュアンスから読み取れます。

 夫の目を盗んで2人が肉体関係を結ぼうと企んでいることが発覚したのです。孝治さんが引き続きLINEのトークを追っていると、どうやらエックスデーは次の木曜日。デートも食事もせず、いきなり本番行為に及ぶべく、ラブホテル街のコンビニで待ち合わせをする約束を取り付けたところまで追跡できました。

 孝治さんは有給をとり、その場所へ急行しようとしたのですが、いかんせん、ラブホテル街には同じ系列のコンビニが複数存在し、LINEのトークだけでは待ち合わせ場所をピンポイントに特定するに至らなかったのです。

 そこで奥の手をひねり出しました。『iPhoneを探す』です。これはiPhoneを誤って紛失したとき、パソコンからiPhoneのGPSへアクセスし、どこにあるのかを特定できる機能。当日、妻はiPhoneを持ち歩くでしょうから、iPhoneの在り処=妻の居場所=不倫デートの待ち合わせ場所だと言えます。

 本来、これは不倫デートの調査を目的としたツールではありませんが、孝治さんも背に腹は代えられないので、当日、パソコンを持参し、この機能を使うことにしました。

ミッション(2)不倫相手に慰謝料を請求

 そして当日。前もって入念に準備を重ねたおかげで、孝治さんは現場(男と妻がコンビニの前で待ち合わせをしている瞬間)をおさえることができたのです。妻と男がまるで恋人のようにイチャイチャする姿を目の当たりにし、見つけてしまった写真や動画のやり取りを思い出すと、もう感情を抑えることができません。2人に向かって飛びかかり、妻の手を力ずくで掴むと、「ふざけるな! ここで何やってるんだ!!!」と詰め寄ったのです。

「こっちはLINEのトークやFaceTimeの動画を保存しているんだ! これって客観的な証拠だし、言い逃れの余地はないはずだ! 悪いと思っているんだったら慰謝料を払うべきでしょう!」

逆ギレ、そして泣き落とし

 孝治さんは事実関係に焦点を当てた上で「100万円の慰謝料」という条件を突きつけましたが、男は全く怯むことなく、別の切り口で言い返してきました。

「彼女から聞いているよ。『バレたら離婚でもしょうがない』って。とっくの昔に結婚生活は破綻していたでしょ? だって夜の生活もなかったみたいだし。離婚はあんたの責任なんだから、こっちに押し付けるのは筋違いなんじゃないか?」

 慰謝料とは「離婚する場合、払わなくても良い」「離婚しない場合、払う」というものではありません。確かに離婚するかどうかで、孝治さんが被った精神的苦痛の大小は変わってくるかもしれませんが、金額の高低はともかく、根本的には「離婚しようと、しまいと」払わなければならないのです。

「離婚の件と慰謝料の件を混同しているのではないか? 離婚はこちらの問題でそっちとは関係がないから、くれぐれも勘違いしないでくれ!!」

 孝治さんはそうやって声を振り絞りました。心中を察すると私も心が痛みます。「離婚」という違和感ありありの二文字を連呼すればするほど、孝治さんは自分の存在意義、夫としてのプライド、男としての自信をズタズタに切り刻まれているだろうことは想像に難くなかったからです。

「わかった、わかった。でも、もう少し待って欲しい」

 男はとうとう目の前の相手を丸め込むことができないと観念したのか、今度は「泣き落としの策」に切り替えてきました。女々しくも、「100万円を分割で払わせてほしい」と支払の猶予を求めてきたのです。

「これ以上、ゴネるなら裁判だ」

 しかし、これを許せばどうなるでしょうか。孝治さんの通帳には毎月「アカイツヨシ」と悪名が印字されることになり、嫌でも目に入りますし、期日に弁済されなければ督促をしなければなりません。いずれにしても、不倫男との接点が残るようでは、現時点で根本的に解決したとは言えないでしょう。

「これ以上、あなたがゴネるなら、僕は裁判も考えていますが、そうすると長期化は避けられない。考えてみてください。僕が今、あなたを前にして、こうして話をすること自体、苦痛以外の何者でもないんです。長引けば長引くほど、あなたは僕たち家族を傷つけることになるんです。僕だって、必ずしも裁判を望んでいるわけではないんですよ!」

 孝治さんは分割ではなく一括での弁済を求めました。男に100万円を一括で弁済できるほどの収入や資力があるかどうか、確信があるわけではありませんでしたが。

 直談判の日から1週間後、孝治さんの口座には100万円が振り込まれていました。オトコが身銭を切ったのか、両親や勤務先、銀行やカード会社から借入などの方法で用立てたのかは不明ですが、裁判沙汰にはせず、示談で解決できたのは不幸中の幸いと言えるかもしれません。

ミッション(3) 嫁が拒んでも離婚に同意させる

 ところで孝治さん夫婦は、その後どうなったのでしょうか?

 男の件が片付いた後、今度は妻に対して「話がある」と切り出し、次の週末に話し合いの場をもうけたそうです。

「ここまでバカにされ、コケにされ、人格を否定されたんだから、覚悟できているだろうな!」

 孝治さんは強い口調で妻に言い放ちました。

涙ながらの「心から反省しているわ」

 実は「妻の不貞」を疑ったのは今回が初めてではなく、PC上の『iCloud』に保存されている怪しげな写真を他にも発見していたのです。当時は、妻が見知らぬ男と肩を寄せ合う写真を「見なかったこと」にして水に流したのですが、さすがに2回目となると我慢の限界。今回ばかりは、と離婚を決断していました。もちろん、妻が男に『バレたら離婚でもしょうがない』と口走っていたことも一因でしたが。

「心から反省しているわ。許してもらえるなら、これからも一緒にやっていきたいの」

「女だから無罪放免」ではなく、決定権は不倫の被害者が持つ

 妻は孝治さんの心境など露知らずという感じで、涙ながらに懇願してきました。過去の経緯を振り返ると、妻の反省や改心、贖罪の気持ちは信じるに足りないのは当然でしょう。妻は不倫の加害者であり、家庭、夫婦関係を壊した張本人なのに「離婚するか、しないか」の決定権を持っていると思いますか? 当然、「女だから無罪放免」ではなく、決定権は不倫の被害者が持っているのです。

 なぜなら、不倫(法律上は「不貞行為」)は法律の条文のなかで「婚姻を継続しがたい事由」とされ、裁判所で争えば裁判官が離婚を認める可能性が高いのだから。つまり、今の時点で妻が離婚を拒んだとしても、孝治さんが妻を許さず、裁判を起こせば、妻の反対を押し切って離婚が成立するのです。

(参考)民法第770条
夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
一 配偶者に不貞な行為があったとき(以下、省略)

「遅かれ早かれ『離婚』という結果は変わらないよ。でも長引けば長引くほど、お互いに傷つけあってしまうんじゃないかな? 例えば、慰謝料とか……同じ結末が待っているなら、なるべく円満に終わらせるのがお互いのためでしょ?」

 孝治さんはそう投げかけましたが、妻の年収は100万円。どうせ慰謝料を払えないことは分かった上で、あえて「慰謝料」という言葉を使いました。

不倫しやすく、バレやすい時代

 妻は数日後、署名済みの離婚届けを自宅リビングに置いて家を出ました。「慰謝料を請求されたらどうしよう」と恐れおののいたのか、間男3号、4号がいて、夫にこれ以上秘密を知られるのが耐えられなかったのか。それとも離婚をさらに先延ばしするのは無理だと観念したのか、今となっては定かではありませんが。

 このようにSNSの普及やソーシャルゲームのチャット機能、誰でも友達申請できる機能、アバターやピグの匿名性などのおかげで、今までよりも男女の出会いの場が増えたのは確かです。しかも見ず知らずの男女が直接会ったり、性交渉に及んだりすることに対する心理的なハードルは下がっているようですが、このことは未婚同士に限らず、既婚の場合も同じなので、今までよりも不倫しやすい世の中になったと言えるでしょう。

 一方で写真の同期機能、スマートフォン紛失時のGPS機能、SNSのタグ付け(写真に映っているのは誰かを投稿できる)機能、テレビ電話の機能、データのバックアップ機能、パスワードの管理アプリなどにより、今まで以上に不倫の足取りがネット上に残りやすくなり、足跡をたどって不倫の証拠を手に入れるのが容易くなったのも、また事実なのです。

(露木 幸彦/Webオリジナル(特集班))

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング