【ひき逃げ逮捕】伊藤健太郎「現場に戻り、飄々とスマホをいじっていた」恋人・山本舞香への献身の陰で危惧されていた“マイルドヤンキーな素行”

文春オンライン / 2020年10月30日 0時45分

写真

湾岸署へ移送される伊藤容疑者 Ⓒ文藝春秋 撮影・細田忠

「彼はもともと、やんちゃな性格で、酒癖がもの凄く悪い。焼酎、ビール、シャンパンなんでもござれで、酔うと他の席にいる見ず知らずの客を相手にケンカ腰で絡みだしたり、一緒に飲んでいた仲間に何も言わずに、勝手に帰っちゃうことも……。ヴィンテージもののアクセサリーを好み、休みの日はデカイ車に乗って、地元である西東京の仲間たちと海などに繰り出す“マイルドヤンキー”です」(伊藤の友人)

 10月29日、警視庁にひき逃げなどの容疑で逮捕された俳優の伊藤健太郎容疑者(23)。伊藤は、10月28日夕方、渋谷区・千駄ヶ谷の交差点で男女2人乗りの250ccオートバイとの衝突事故を起こし、女性が足の骨を折るなど、2人に重軽傷を負わせ、逃走した疑いがもたれている。

「逃走した伊藤の後ろを走っていた車がクラクションを鳴らしながら、数百メートル追いかけ、伊藤に事故現場に戻るよう諭したそうです。観念して事故現場に戻った伊藤でしたが、現場ではスマホをいじるなど飄々とした様子だったといいます。警察は原宿署に任意同行を求めて事情を聴き、いったん自宅に帰宅させた後、翌日の29日午前に逮捕しました」(社会部記者)

 伊藤といえば、2018年に放送されたドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系)で、ヤンキーの伊藤真司役を演じ、19年には戸田恵梨香(32)主演の朝ドラ「スカーレット」(NHK)に出演。戸田の息子役で、白血病を抱えながらも懸命に生きる陶芸家の卵という難しい役どころを見事に演じ、一気にブレイクした若手俳優だ。

「伊藤は『今日から俺は‼』で伊藤真司役を演じることができたのがよほど嬉しかったようです。役名が本名の姓と同じ『伊藤』であることに運命を覚え、それまでの芸名だった『健太郎』から、本名でもある『伊藤健太郎』に変えた。

 しかし、人気が出てからは、あちこちから『素行が悪い』という声があがっていました。例えば、先輩俳優への挨拶がなかったり、すぐにタメ口を利くことに対する不満があちこちから噴出していた。さらに現場に遅刻してくることもたびたびあり、時には、酔ったままの状態で現場に来たこともあったそうです」(スポーツ紙記者)

 プライベートでは今年1月、女優・山本舞香(23)との“熱愛同棲”が「FLASH」で報じられた。

山本舞香のためにLINEを退会した

「2人が当時住んでいたのは、世田谷区のマンション。交際のきっかけはお互いに共演した映画『とんかつDJアゲ太郎』(10月30日公開)の撮影でした。鳥取県出身で勝気な性格の彼女について、伊藤は『お互い性格が合うんだ』ってノロケていました。

 伊藤は山本に随分と尽くしていて、山本以外の女性とは遊ばないという証を立てるためにLINEも1度は退会している。女の子が同席する飲み会にもほとんど顔を出さなくなり、たとえ参加したとしても、羽目を外すことなく、ある程度飲んだら、きちんと帰宅するようになった」(前出・伊藤の友人)

 伊藤と山本は今年の夏、表参道ヒルズで、親しげに買い物デートをする姿が目撃されている。

「もともと山本さんの行き付けだったレディースのお店に2人で来ました。付き添いだった伊藤くんは、文句ひとついわずに彼女の買い物につきあっていました。5月に緊急事態宣言による外出自粛要請が解除されたあとは、数度、2人でお店に来たのをお見かけしました」(店舗関係者)

 プライベートは順調な様子の伊藤だが、9月、仕事面では大きな転換点を迎えていた。それまで所属していた事務所「aoao」を退社。古巣である「イマージュエンターテインメント」に再所属したことを発表したのだ。移籍の大きな原因の1つには、恋人である山本の存在があったという。

家賃100万円超の港区内の高級マンションに引っ越した

「今までいた事務所のマネジャーに、何度も山本と別れろと言われたようで、伊藤は『あいつはウザイ』と煙たがっていました。それ以前、伊藤には親のように慕っていたマネジャーがいたのですが、その人とも昨年、素行の悪さがきっかけで“ケンカ別れ”をしたのです。

 彼は要は“子ども”なんですよ。ギャラ交渉も強気なため、事務所の手に負えなくなり、結果、以前にいた事務所に戻るかたちになりました。今の事務所ではマネジャーが2人つく高待遇です」(前出・伊藤の友人)

 古巣に戻った伊藤が現在住んでいるマンションは、港区内にある超高級マンションだ。一流芸能人やトップアイドル、人気プロスポーツ選手らが大勢暮らしている。

「家賃が30万円前後の部屋もありますが、大抵の部屋は家賃100万円超。住人専用のレストランやジムがマンション内にあり、コンシェルジュが24時間常駐している。コンシェルジュに頼めば、自家用車を駐車場から玄関先などに出し入れしてくれるのです」(マンション関係者)

 29日午後、伊藤の身柄が拘束された原宿警察署には100人近い報道陣が集まった。15時、身柄を湾岸警察署に移送された伊藤は、車内で顔を隠すように、天を仰いでいた。せっかく掴んだスター俳優の座だが、ひき逃げによるイメージダウンは免れないだろう。留置所で今、伊藤は何を思うのか——。

 10月30日(金)21時から放送の「 文春オンラインTV 」では、担当記者が本件について詳しく解説する。

《伊藤健太郎釈放》“育ての親”マネジャーが初めて語ったやるせない思いと「憧れのキムタクへの裏切り」 へ続く

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング