“絶対に笑ってはいけない”ガースー内閣 「全集中の呼吸」で繰り出すフリとオチの結末

文春オンライン / 2020年11月10日 6時0分

写真

「全集中」で答弁した菅首相 ©JMPA

 いま一番面白い人は菅首相ではないか。

 まずフリとオチがしっかりしている。

「鬼滅の刃」が大ブームとなっているが菅首相も国会で「『全集中の呼吸』で答弁させていただく」とセリフを引用して世間の話題を誘った。すると学術会議の件が説明になっていないとして野党から「集中審議」の開催を求められる展開となった。

 菅さんのフリとオチが全集中の呼吸で素晴らしい。

 所信表明演説では「温室効果ガス」排出を2050年までに実質ゼロとする目標を高らかに掲げたが、菅首相はそのあとの衆院予算委員会で「こうしつおんかガス」と言ってのけた。

一国の首相が自分の政策を言い間違える“意味”

 いや、誰だって言い間違えはある。

 だけど普通のおじさんではなく実質ゼロ目標を宣言した一国の首相だ。

 ここまで間違えると自分の政策に興味無いのかと思わせる。たとえば歴史を熱く語っている人が豊臣秀吉のことを「とよとみひできち」と言っていたらこの人は大丈夫か? と思うだろう。それと同じ。

 同じ間違いでもASEANをアルゼンチンと言うとか、「期待はそこにある」を「期待はそこそこにある」と読み間違えるのはご愛敬だ。

 しかし「温室効果ガス」を「こうしつおんかガス」と言ってしまうのは大事なものがガラガラと崩れ落ちてゆく。これもフリとオチだったら菅さんかなり攻めてる。

  まだあった。学術会議会員候補6人の任命拒否の理由について菅首相は先々週ぐらいから「多様性を念頭に置いたため」と言い始めた。若手が少ない、一部大学に偏りがあるなど。

 しかし現在、東京慈恵会医科大の会員がいないのに、同大の小沢隆一教授を任命しなかったこととも整合性が取れない(毎日新聞WEB11月8日)。ほかにも1人しか所属していない立命館大の教授もいるなどすぐに反論された。すごい。

 それにしても自分の意向に沿わない官僚を左遷させるエピソードなど独善的な態度があらためて注目されているのに、なぜ「多様性」という言葉をわざわざ使ったのだろう。

 かなりの大技、大ボケを出してきた感がある。

 すると、「関係者に聞いてみると事務方から『多様性』という言葉があがってきて、菅総理が飛びついた」と「NEWS23」(TBS系)でジャーナリストの星浩氏が言っていた(10月29日)。飛びついたという表現はわかりやすい。菅首相は格好がつく理由を必死で探していたことになるからだ。

無理な言い訳を重ねる「喜劇の法則」

 あのパターンである。最初のミスを認めたくないので無理な言い訳を重ねたらますます事態が大きくなって面白くなる喜劇の法則である。

 首相が大ボケを繰り出すからツッコミもにぎやか。

 日刊スポーツコラム「政界地獄耳」は、

《秘書官のメモなくして答弁できない首相こそ、まずは自分で答えてみる自助をお勧めする。》(11月6日)

 ああ、もうやめてあげて。

《これでは首相は自助ができておらず、秘書官のメモと関係閣僚の時間稼ぎの答弁が共助になっている。》

 首相の持論である「自助・共助・公助」がこういう回収ネタになるとは。フリとオチが鉄壁のガースー。極上の喜劇を国会中継で見せている。いま一番面白い人は菅首相ではないか、と言ってみたのはそういうワケである。

 しかしやはりというか笑えないヤバい話も新たに出てきた。

政府と学術会議、17年に事前調整 首相「候補推薦前」』(日経WEB11月6日)

《菅義偉首相は6日の参院予算委員会で、2017年に日本学術会議が候補者を推薦する前に人事を事前調整したと明らかにした。「推薦前に任命についての考え方を擦り合わせた」と話した。》

 以前は学術会議が正式の推薦名簿を提出する前に「調整」していたが、今回は「調整」がなかったから任命しなかったというのだ。

 これ、ふつうに「介入」の話をしているではないか。

 ここにきて任命を拒否した理由についても書かれ始めた。先週土曜の毎日新聞・伊藤智永記者のコラム。

《今度の日本学術会議人事は、菅義偉首相が認めなくても、公安関係者によれば、安倍政権の特定秘密保護法・安全保障関連法・共謀罪法に反対した学者を見せしめに排斥する狙いが濃厚という。》(11月7日)

削除された共同通信の記事

 すると、翌日の日曜に共同通信がこの記事を。

官邸、反政府運動を懸念し6人の任命拒否』(11月8日)

《首相官邸が日本学術会議の任命拒否問題で、会員候補6人が安全保障政策などを巡る政府方針への反対運動を先導する事態を懸念し、任命を見送る判断をしていたことが7日、分かった。複数の政府関係者が明らかにした。》

 ギョッとした。

「政府方針への反対運動を先導する事態を懸念」したと「複数の政府関係者が明らかにした」というのだ。

 この記事はそのあと削除された。何があったのか。いろいろギョッとする。

 こうなると菅政権のもうひとつの顔が見えてくる。安倍政権から続いて事務方トップの官房副長官を務める杉田和博氏だ。警察庁出身で警備・公安畑を歩んだ。

 先ほどの伊藤智永氏のコラムには、

《事は学問の自由といった崇高な理念より露骨な、国家の軍事政策に協力的かで線引きする際どい思想統制事件である。》

 と書かれている。

 思想統制事件! こうなると杉田官房副長官の話を聞かなくてはいけない。

 杉田氏の国会招致に関して政府・与党は「前例がほとんどない」と拒否している。しかし菅首相は「あしき前例主義 打破」を掲げていたではないか。

 菅さん、ここでもフリが素晴らしい。しっかり「回収」してください。

(プチ鹿島)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング