近藤真彦 不倫旅行を“カモフラージュ”していた“側近”たちの言い訳

文春オンライン / 2020年12月28日 11時0分

写真

「週刊文春」11月19日号で報じた ジャニーズの「長男」近藤真彦(56)の「略奪5年不倫」 。25歳下の美人社長・A子さんと半ば公然と不倫を続けてこられた陰には、手厚く“サポート”する3人の名士がいた。

不倫を認め、無期限活動自粛

 11月17日、ジャニーズは不倫の事実を認め、近藤に「無期限活動自粛」という処分を下した。

「レギュラー出演するラジオ番組は放送休止。代替番組の用意など対応に追われた。一方、レース関係者の間には復帰待望の声も。年明けのレースから活動再開、という選択肢もありそうだが……」(芸能記者)

 プライベートの活動も鳴りを潜めている。

「11月下旬に南紀白浜で予定されていた、マッチが監督を務めるトライアスロンチーム『K-NEXT』の合宿も中止になったと聞いています」(近藤の知人)

近藤の隣の部屋を借りてデートをカモフラージュ

 チームのキャプテンを務めるのはU-NEXTの宇野康秀会長(57)。10月末、近藤とA子さんの3泊4日の沖縄旅行に同行した人物でもある。

「元々近藤さんのファンだった宇野さんは、マンションの隣の部屋を借りるほど。A子さんとのデートには彼のような“側近”がすぐ駆け付け、2人きりに見えないようカモフラージュしていた」(同前)

 11月、宇野氏に事実関係を聞こうと電話したが、狼狽したような声で「わからない」と繰り返すのみ。今回改めて質問したところ、会社を通じて「プライベートのことなのでお答えを控える」と回答した。

A子さんと引き合わせ「結果的に近藤氏の処分を招いた」

 ベネフィット・ワン社長の白石徳生氏(53)も沖縄旅行に参加した側近の1人。だが、今も「まんざらでもなさそうな様子」(白石氏の知人)だという。

「報道後、飲み会で知人の1人が、文春を持って白石さんに『サインくださいよ~』と茶化すと、写真を指して『これ俺、俺!』とネタにしていた」(同前)

 沖縄への行きの飛行機も近藤と同じ便。近藤はA子さんと席を離す警戒ぶりだったが、白石氏の傍らには若い女性の姿。2人は楽しげに会話していた。

 当初、「週刊文春」の取材に「(近藤とA子さんは)飲み仲間と認識」「(沖縄旅行は)10名でゴルフ合宿として」行ったと答えていた白石氏。

 だが、「週刊文春」が報じたように、5年前、近藤とA子さんを引き合わせたのは白石氏である。改めて沖縄旅行について見解を尋ねると、代理人弁護士を通じ、「結果的に近藤氏の処分を招いたことについては、白石氏は真摯に受け止めている」と回答。飲み会での件は、「サインを要求されたことは事実ですが、その他につきましては、事実に反します」とした。

密会の場を提供した“不妊治療の権威”

 もう1人、近藤の強い味方だったのが杉山力一医師(51)だ。

「A子さんとの密会の場となった高級クルーザーや高級寿司店は、杉山氏の所有。菅総理の肝いり案件である不妊治療の権威でもあり、12月11日にも総理と会食し意見交換しています」(前出・近藤の知人)

 杉山氏が理事長を務める病院に改めて取材を申し込んだが、氏が応じることはなかった。

“公私近藤”のリアクション、三者三様。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年12月31日・2021年1月7日号)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング