“謎解き王”松丸亮吾に22歳アイドルとの交際を直撃《皆様には温かく見守ってもらえたらと思います》事務所回答

文春オンライン / 2020年12月29日 18時0分

写真

12月25日、直撃に答える松丸亮吾 撮影・細尾直人 ©️文藝春秋

《通い愛撮》“謎解きクリエイター”松丸亮吾(25)が高級マンションで誕生日のお祝いをした「22歳アイドル」 から続く

 人気急上昇中の“謎解きクリエイター”松丸亮吾(25)。メディアに引っ張りだこの“謎解き王”松丸は今年、テレビ出演本数は約400本、オリコンニュースが11月に発表した「男性が選ぶ“なりたい顔”ランキング」では10代部門で1位に選出されるなど、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いだ。

 その松丸が12月19日、自分の誕生日当日に交際中の現役東大生タレント・中澤莉佳子(22)と“家デート”を重ねていたことが、「文春オンライン」の取材でわかった。( #1 より続く)

12月25日23時、松丸を直撃

 取材班はクリスマスの12月25日23時頃、松丸が代表取締役を務める「RIDDLER(リドラ)株式会社」(自宅とは別の場所)で仕事を終えた松丸を直撃した。中澤との交際の事実を確認すると、困惑した表情を浮かべ、額には汗をにじませながら話し始めた。

——松丸さん、文春オンラインです。

「ちょっと待ってください」

——突然ごめんなさい。

「はい」

「いや、付き合ってはないんですけど」

——中澤莉佳子さんと松丸さんがお付き合いされているということを伺っています。12月19日にもお誕生日を一緒に過ごされていました。お誕生日のケーキやプレゼントももらった。

「いや、付き合ってはないんですけど。会社のインターンで中澤が来ているので、その将来の話とかをしていただけで、2人ではないです」

——秋頃からお付き合いされていると聞いています。

「そんなことはないですね」

——(中澤さんが)ポケモンのケーキを買って。

「いや、あれも別にそうですね、ポケモンのケーキ自体はまあ貰いましたけど、それはちょっと誤解っていうか」

——交際しているわけではない?

「はい。お祝いとしていただいています」

“会社”で「友達」と集まっているだけ

——他の日にも(中澤さんが)マンションに出入りされているのを確認しています。

「いや、それは普通に会社で友達と集まっているからで」

——松丸さんのお家で、会社の集まりがあるということなんですか?

「ありますね。それこそ今、結構やりづらい時期ではあるんですけど。会社の役員の人とかベンチャーで出来たての会社なので、その会社の人たち同士で話したりすることはあるんですけど」

——(中澤さんと)マネジャーさんが一緒なんですよね?

「はいはい、マネジャーさん、一緒ではありますね」

——そのマネジャーさんも公認のカップルだということを伺っています。

「いや、そんなことは……」

——あの日は2人じゃなかった?

「2人ではなかったですね」

——どなたがいらしたんですか。

「会社の人も先に来ていましたし」

——先というのは松丸さんよりも先に?

「僕の家は結構フリースペースとして使っているので、人は別に2人じゃないですけど」

「うーん、まあなんでしょうね」

——他の方もいらっしゃったということなんですね。

「そうですね。勘違いされ……。確かにずっと張ってたらそう思うかもしれないんですけど、会社の子も来ているので、あんまりちょっと、うーん」

——お付き合いは否定される?

「いや、付き合ってはないです」

——付き合ってないということなんですか。

「なんか、うーん、まあなんでしょうね」

——2人で松丸さんのマンションでお会いになっていることは、実際に目撃をしているわけなんですけど。

「実際にマンションというか僕の家自体は普通に友達も結構来ていますし、別に彼女がどうかってことじゃなくて、僕とマネジャーさんと一緒に集まって食事会をしていることも結構あるので、その2人だけを抜き出して付き合ってるって言われても、ちょっとって感じではあるんですけど」

「恋愛とかではないです」

——2人きりでマンションで会ったことはないですか?

「会ったことないですね。2人きりはないです」

——本当ですか?

「はい。まあ2人きりになった瞬間はあります。それこそ僕らが先に来ていて後から合流するってことはあるので、それはありますけど、僕と中澤は先輩後輩だったり、会社の関係はあるけど、そういう関係ではないです」

——ちなみにスニーカーを、ナイキのスニーカーを買ってもらったと思うんですけど。

「ナイキのスニーカーをもらいました、誕生日プレゼントで。ナイキのスニーカーとかも普通に僕が中澤にプレゼントをあげていたので、そのお返しに貰っただけなのでそういう恋愛とかではないです」

——中澤さんの誕生日のときもお会いになっていなかったですか?

「中澤の誕生日の時もそれこそ会いましたね。でもそれでいうと別に僕の社員の他の子も僕の家で誕生日祝いしているので、別に中澤に限った話ではないです。それこそ取締役の子を一緒に祝ってますし、別の10月に入った子の誕生日とかも祝っているので……」

《皆様には温かく見守ってもらえたらと思います》

 松丸は交際について否定した。だが、この直撃の後、松丸が関係者に連絡をとり、「否定するしかなかった」と打ち明けたことを取材班は掴んでいる。2人を知る関係者が解説する。

「松丸さんの人気を支えているのは主婦層をはじめ圧倒的に女性ファンが多い。交際報道によってファンが離れていくことを松丸さんは懸念したのでしょう。東大生アイドルとして売り出し中の中澤さんへの配慮もあったはずです」

 後日、松丸と中澤の共通のマネジャーに事実確認を求めたところ、こう回答した。

《よき先輩、後輩と聞いております。松丸も中澤もどちらもとても素晴らしい子達なので今後ご縁あるかもしれないし、よき仲間である事には違いないので、今後の動向は本人に任せておりますし、皆様には温かく見守ってもらえたらと思います》

 東大生同士、“超高偏差値カップル”の誕生。2021年には2人のテレビでの共演は見られるのか?

 12月29日(火)21時放送の「 文春オンラインTV 」では、担当記者が本記事についてウラ話もまじえて解説します。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング