《44部屋中5部屋がクラスター》大相撲が苦難の時代にも消えなかった理由「そこに土俵があるからだ」

文春オンライン / 2021年1月30日 17時0分

写真

©JMPA

 緊急事態宣言下での開催となった大相撲初場所。横綱・白鵬を始め新型コロナ関連による休場力士が65人も出た異例の場所は、平幕の大栄翔(27)の優勝で幕を閉じた。日本の国技を担う力士たちがコロナと戦い続けた「15日間」の軌跡を、長年角界取材を続けてきた共同通信運動部の田井弘幸氏が綴る。

大相撲初場所は「何とか終わった……」

 激しい突き、押しの大栄翔が初優勝を遂げ、大相撲初場所は1月24日に幕を閉じた。

「やっとだね……」「何とか終わった……」「やり切った……」

 角界関係者は一様に胸をなで下ろし、言葉の最後に「……」が付くような語感がこぼれ落ちていた。

 大栄翔は27歳での平幕優勝で、最近の力士にありがちなガッツポーズや大粒の涙はない。淡々と喜びをかみしめたたたずまいは新鮮で、逆に心に響いた。千秋楽の夜は余韻に浸りながら酒に酔い、去りゆく本場所を惜しむのが本来の姿だ。だが新型コロナウイルス禍に襲われた昨年3月の春場所以降はそんな小粋な千秋楽が失われた。大相撲に携わる全ての人々が重い荷物を少しだけ下ろし「ふーっ」と一息つきつつ、翌日、そして次の場所への緊張感や不安と向かい合うことになる。しかも2021年最初の場所は緊急事態宣言下での開催。開幕直前から揺れに揺れた大相撲は感染者が続出すれば途中打ち切りという前例のない危機と闘った。寒くて、寂しくて、重苦しくて、長くて……。でもやっぱり相撲は面白い。さまざまな感情が行ったり来たりする15日間だった。

横綱白鵬の新型コロナ感染という衝撃

 年明け早々から政府による緊急事態宣言の再発令が時間の問題とされると、日本相撲協会は早めに動いた。横綱白鵬の新型コロナ感染という衝撃が走った5日には、15日間全てのチケット販売を6日午後5時で終了する「売り止め」を発表。政府のイベント開催要件である5000人以下の観客動員に対応するための措置だった。

 そして7日に東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県に緊急事態宣言が発出された。その直前には親方や力士、行司、呼び出し、まげを結う床山ら協会員約900人に一斉PCR検査を実施すると発表(昨年12月以降の感染者判明で既に同検査を行った宮城野、荒汐、湊の3部屋は対象外)。陰性者100%で場所を運営するための施策に踏み切った。昨年には過去の感染歴を調べる抗体検査を希望者全員に実施したが、まさに「今」の感染を調べる大規模なPCR検査は初となる。芝田山広報部長(元横綱大乃国)は、

「足を運んでいただけるお客様への安心、安全という部分を含めて、まず内部からしっかりと感染予防をしていこうということ。相撲を支えていただいている方々への信用と信頼を兼ねて、みんなで受けようということになった」

 と意図を説明した。

新型コロナ関連による休場者は十両以上15人を含む65人

 緊急事態宣言によって初場所は中止になるのではとの懸念も聞こえたが、最初から相撲協会にその二文字はなかった。開催へと真っすぐ進みながら、初日前日から大きく揺れた。

 検査結果判明を控え、9日午前10時からは両国国技館で15日間の安泰を祈願する土俵祭りが行われた。神主となった行司の所作が粛々と進み、30分近くの神事は終了。土俵のそばで見守った八角理事長(元横綱北勝海)や勝負審判の親方衆、感染対策による非公開で見学できないファンにとって、まさしく神頼みの心境だろう。その中に審判委員としているはずの九重親方(元大関千代大海)と友綱親方(元関脇旭天鵬)がいない。もしかしたら……と思ったら、午後12時40分に相撲協会から報道各社にメールでリリースが届いた。

 PCR検査を受けた協会員878人のうち九重部屋の幕内千代翔馬、十両千代鳳ら力士4人、友綱部屋の力士1人が陽性反応を示した。この5人はもちろん、2部屋で生活する親方や力士らは濃厚接触者の可能性があるとして全員休場が決定。さらに昨年末に集団感染が発生した荒汐部屋、白鵬だけが陽性だった宮城野部屋も全員が出場できず、新型コロナ関連による休場者は十両以上15人を含む65人に上った。初場所の番付に載った力士は665人だから約1割を欠いた事態の中、とても正月気分には浸れないまま初日へ突入することになった……と思ったら、さらに前代未聞の出来事が起きた。

 22歳の序二段力士、琴貫鉄が新型コロナへの恐怖から現役引退したことをツイッターで表明したのだ。

「このコロナの中、両国まで行き相撲を取るのはさすがに怖い」

 などとつづった。

コロナは俺だって怖い。それでも俺たちは相撲を取らなくてはいけない

 感染を避けたいという理由で休場の申し出を受けた師匠の佐渡ケ嶽親方(元関脇琴ノ若)が相撲協会側と相談した結果、休場に必要な診断書がないことなどから認定されず、引退を選んだという。インターネット上ではこの力士への同情や協会批判が渦巻いた。若手親方の間では、

「出場か引退かだけでなく、番付が下がることを承知で休場という選択肢を増やしても良かった」

「1人だけを特別扱いできるのか」

 との意見が交錯。私自身としては、40代の部屋持ち師匠による、

「コロナはみんな怖い。俺だって怖い。それでも俺たちは相撲を取らなくてはいけない。仕事を止めていいのか」

 との意見が胸にすとんと落ちた。

異例の緊急事態場所が始まった

 大相撲では年6場所のうち、初場所は格別な位置付けだ。五穀豊穣を願う伝統文化の面からすれば、新春という縁起の良さがおめでたいムードを醸成する。土俵に目を移せば、この1年を占える。今年の顔は誰か。顔になれそうな素材はいるか。国技館内で関係者と擦れ違えば互いに足を止め「明けましておめでとうございます」と、ほほ笑みながら一礼する。だが今年はそんな高揚感とは無縁だった。そもそも感染対策の観点から親方や力士らと報道陣(NHKアナウンサーは除く)の動線が区切られ、あいさつもできない。力士の取材は完全リモート。館内に入れるのは1社1人に絞られた。この方式は昨年7月場所から定着している。

 出場力士1割減に伴って取組の数も少なくなり、開始時間は先場所よりも1時間15分も遅くて午前9時50分。十両は28人のうち9人が休場し、通常なら14番ある取組は9番に減った。土俵入りでは力士間の距離が広がり、自然とソーシャルディスタンス(社会的距離)が生まれていた。新型コロナ感染の白鵬に続き、鶴竜は腰痛でともに4場所連続休場。初日までに土俵外が騒々しくて横綱不在をすっかり忘れていたが、いざ始まると決定的に寂しい。横綱土俵入りが新春早々から見られないというのは、興行的にも締まらない。横綱は、やっぱり必要だった。

 十両が6番進んだところで、初日恒例の八角理事長による「協会ごあいさつ」が始まった。新型コロナ感染者発生でファンに心配をかけたことへの陳謝、医療従事者への感謝、白熱した相撲で「世界中に感動を届ける」との決意など2分半近くと通常より長いものになった。そして「緊急事態場所」と呼んでいいような状況下で観客が土俵との距離感をいまいちつかめない雰囲気の中、かど番の大関朝乃山は大栄翔の突き、押しに完敗。初の綱とりに挑む大関貴景勝は小結御嶽海に不覚を取った。今にして思えば、初日のこの2番に初場所の明暗が凝縮されていたように思える。

 本場所というレールにいざ乗ってしまえば、粛々と進んでいくのが大相撲だ。これが国技の力とも言える。感染者は出ず、十両以上でけがや病気による休場者もいない。だが、貴景勝は初日から4連敗で綱とりが消滅し、結局は2勝しかできずに10日目から休場した。同時に十両以上の休場者が17人目となり、2002年名古屋場所の16人を超えて戦後ワースト。皮肉にも異例の場所が不名誉な記録を後押しする形となってしまった。

クラスターは44部屋中5部屋にとどまった

 後半戦早々の9日目には新たな感染者が発生した。今場所を全休している九重部屋から九重親方と幕下以下の力士計5人が陽性反応。同部屋ではその後も増え続け、計17人となった。こういう結果を見ると、来場所以降も場所直前の一斉PCR検査での絞り込み策は必須に思えてくる。それでも稽古、食事、風呂など24時間集団生活を日々送る角界で、いわゆるクラスターとなったのは44部屋のうち5部屋程度にとどまっているのは大健闘だ。コンビニに寄っただけでも小銭を消毒し、食材の買い出しから戻ったらシャワーを浴びると同時に服を洗濯するなど各部屋は涙ぐましい感染対策を根気良く続けてきた。場所後に時津風親方(元幕内時津海)の極めて残念な行動こそ発覚したが、おおむね協会員一人一人の努力で緊迫感漂う初場所はゴールへと向かった。

 ついに迎えた千秋楽。優勝争いも最後まで持ち越され、見る側の興味はつながった。大栄翔が自力で栄冠への白星をつかみ、大関同士による結びの一番は朝乃山が正代に快勝した。初のかど番で臨んだ2人はそろって11勝と地位の責任を果たした。いろいろあった初場所は何とか完遂された。今場所は開催すべきか否かで意見は分かれただろうが、私は前者だ。コロナ禍を戦時中と置き換える人もいると思うが、ならば大相撲は第2次世界大戦期間中も本場所を年2~3場所のペースで実施。苦難の時代を乗り越え、歴史と伝統を紡いできた。

「なぜなら、そこに土俵があるからだ」

 終戦間際の1945年6月は焼夷弾によって屋根にいくつもの穴が開いた旧両国国技館で傷痍軍人や関係者だけを招き、非公開の7日間だった。いまだに信じられないのが、終戦3カ月後の45年11月にも10日間の本場所を挙行したことだ。日々の生活すらままならないはずなのに、大相撲は消えなかった。その理由は「なぜなら、そこに土俵があるからだ」。当時から軍配を裁き、後に行司の最高位である木村庄之助を約13年間も務めた熊谷宗吉氏の言葉は永遠に胸に残る。

 緊急事態宣言の期間や感染状況の行方は不透明で、今年も角界は1場所1場所が試練の連続だろう。次の春場所は大阪での開催を断念し、5場所連続で両国国技館となった。だが土地や会場や運営方式が変わっても、4メートル55センチの土俵だけは変わらない。「時代がどう変わっても、大事なのは土俵の充実。この伝統を守らなければ」と生前に何度も言ったのが北の湖前理事長(元横綱)だ。時計の針が刻々と進むかのように、大相撲はこれからも続いていく。一日一日を耐えしのぎ、夜明けにも似た春をひたすら待っている。

(田井 弘幸/Webオリジナル(特集班))

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング