1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

東日本大震災「検証や教訓の共有は進んでいるのか」 『いちえふ』作者が細野豪志に聞く“政府の決断”

文春オンライン / 2021年2月24日 11時0分

写真

東日本大震災のあと ©️iStock.com

「処理水問題の風説を放置したことの反省はある」 原発事故収束担当大臣だった細野豪志氏が語る“責任” から続く

 東京電力福島第一原発の事故から、10年が経った。当時、原発事故収束担当大臣だった細野豪志氏が今あらためて、関係者を訪ね、事故を検証した。原発処理水の問題、放射線の健康への影響、隣接自治体の現在――。それらの事実を気鋭の社会学者・開沼博氏と共に読み解いたのが、『 東電福島原発事故 自己調査報告 深層証言&復興提言:2011+10 』(徳間書店)だ。同書より、細野豪志氏と、マンガ『 いちえふ 』(講談社)の作者で、原発作業員でもあった竜田一人氏の対談を抜粋してお伝えする。(全3回の3回目。 1回目 、 2回目 を読む)

◆◆◆

国が腹を据えてやらないと風評は収まらない

竜田 あの震災瓦礫の広域処理は、ちゃんと事前に計画されていて、こうやりますよと公表して、実際に放射線量を測って、世間に広くリアルタイムで情報公開しながらやっていった。そこまでやってたから、事前にあれほど懸念された風評被害は起こらなかったんですよ。処理水の放出だって同じことなんです。放出しますって言って、当然モニタリングはする。そうやって計画的に公表しながら進めていくことで、風評被害は起きないんじゃないかってずっと思っているんですけど、誰もこれに関して言ってくれない。

細野 竜田さんとしては、処理水を放出しても大きな風評被害は起こらないとお考えなんですね。

竜田 そんなに心配する必要はないと思っています。ただまあ、多少はデマ流す人たちとか、一部マスメディアが大騒ぎするので、本当はそこを抑えないといけないんですけど、多少騒がれようが、実際の売り上げにはたぶん影響はしない。そう言ってあげたほうが福島の漁業者さんも安心するんじゃないかな。トリチウムがどうのこうのとか、安全だっていうこととかを言うのも大切ですけど、それよりもこの計画、この作業自体が風評被害に結びつく可能性っていうのは非常に低いことを、もっと言ったほうがいいんじゃないかって思いますよ。この視点で何か言ってくれる人が非常に少ないのが、非常に不満で。

細野 マスコミの影響は非常に大きいので、明らかにバイアスがかかっていたり、事実が間違っていたら的確に反論するということは必要ですよね。

竜田 それは必要ですね。福島県知事とかもそうだけど、「丁寧に説明を」としか言わない。そこも、もうちょっと何かやることあるんじゃないのと思いますよ。

細野 そこは福島の皆さんよりは政府ですよ。やっぱり国がすべきことです。国が腹を据えてやらないと風評は収まらないですね。

いちいち「風評被害払拭のため」って付けないほうがいい

竜田 もっとも、「風評被害は全くない」とまで言ってしまうと語弊があって、外国とかには実際にあるし、あとは贈答品ですね。贈ろうとする側が「相手が嫌がるかも知れない」と気を遣って福島県産品を躊躇しちゃうみたいな。ギフトには特に風評被害が根強く残っているので、「風評なんて全然ない」って言っちゃうのはちょっと乱暴かもしれない。

 ただ、それでも大きな影響はないはずなので大騒ぎしないほうがいいんじゃないかな。丸10年だからいろいろ話題にはなると思うんですが、そこで「まだ残る風評被害が──」とか言っちゃうと、それ自体が風評被害を大きくすることになる。復興庁さんも「風評被害払拭のために──」とか言ってますけど、何かをやるたびにいちいち「風評被害払拭のため」って付けないほうがいいですよ。ただ福島のものが旨いんだったら「旨いんだよ」って言う、それだけでいい。

細野 なるほど。「福島のものは旨い」それだけだと。

竜田 単にそれを食ってる姿を見せればいいってことなんだと思いますよ。中間貯蔵施設の除染土の再利用問題もありますけど、その除染土が膨大な量になってしまったことに関して、細野さんにちょっとお伺いしたいことがあるんです。こう言っちゃうとあれですけど、「線量1ミリ(追加被曝線量を年間1mSv)まで下げる」っていう当初の約束は、あれって正直、言いすぎたと思ってるんじゃないですか。

「1mSv目標」は言いすぎだったのか

細野 そこは2011年の夏から秋にかけて、ものすごく悩んだところなんですよね。除染を始めるにあたって、当事者である福島県の理解と協力は必要不可欠だった。そのための話し合いの中で、やはり「目標1ミリ」を福島県側が強く望んだという事情はありましたから。

竜田 当時の福島のこともそうだし、規則もそうだし、いろんな圧力があったのは非常によく分かります。

細野 私が懸念したのは、1ミリを目標にすることによって、「1ミリにならないと安全じゃない」、もしくは「1ミリにならないと帰れない」という議論につながってしまうことだったんです。実際、竜田さんも作業員の時には1ミリを年間どころか1日で浴びたりしているわけじゃないですか。それでも問題ないわけですよね。1年間で1ミリだから、よっぽど影響が小さいんですよ。

竜田 1ミリくらいでは健康に何の影響もないです。

細野 そうなんですよ。除染の目標を1ミリと決めた時に、安全性の基準や帰還の基準とは全く違うんですと言い続けたんだけど、なかなか伝わらなかった。

竜田 全然、伝わらなかったですよね。

細野 結局、帰還をするときのいろんな反対運動にもつながってしまったし、安全性を懸念する意見の増加にもつながりましたよね。

竜田 その誤解を解くためにもう一回、何か発信される予定はないですか。

甲状腺の被曝で甲状腺がんが増えるという事実はない

細野 具体的なファクトについて、きちっと発信していこうと思っています。例えば、甲状腺の被曝で甲状腺がんが増えるというのは、専門家と話していても、統計上も全くない。原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)からもそれを繰り返し指摘されています。しかし、影響がないにも関わらず検査を続けることによって、子供たちが本当は必要のない不安を背負わされたり、手術をしていたりする過剰診断問題が起こっている。それはやっぱり見過ごせないですね。

 

竜田 甲状腺についてはまさにその通りで、もう本当に検査を止めるべきだと、ことあるごとに私も言ってます。

 除染土に関しては、結果的にあれだけ膨れ上がっちゃったものに対して、当時の真意が伝わらなかったことや、過剰な対応をしてしまったことへの反省というか。将来、放射線に限らずこうした大きな災害があったときに、世間の声に押されて過剰な対応を政府がしてしまわないよう、検証や教訓の共有は進んでいるんでしょうか。

どういう決断をしても問題は必ず起こる

細野 そこは危機管理に必ず付きまとうジレンマの問題でもありますが、まず非常時には色んな状況が特に複雑に絡み合っていて、「万能の解決策は無い」「決断までの制限時間が極めて短い」という前提があります。

 例えば、原発事故が起こった直後は、高齢者の皆さんに避難してもらうかどうかも悩ましい判断でした。あのときも、高齢者の方々には残ってもらうべきだとの議論は官邸の中にもあったんですよ。ただ、そこで介護する人は若い方だったりもするわけです。若い人に残ってもらうとなると、今度はその人の子供はどうするのかという話にもなってくる。そうすると、年齢で分けるっていうのは現実的じゃないなと。

 だからといって、一日じっくり考えて検討しましょうというわけにはいかず、瞬時に決断しなければなりませんでした。どういう決断をしても問題は必ず起こるんです。状況により対応の順序や優先順位を付けなければならない。そこが危機管理の難しいところですよね。

「忘れない」よりも冷静な検証を

竜田 そうですね。悩ましいのも、あとから責めることができないのも分かるんですよ。ただ、結果的にやりすぎたっていうのは、いくつかの局面でありましたよね。それに対して一個一個、「ここはこうしたほうが良かった」っていう話を、10 年経ったんだからそろそろ出してもいいんじゃないかなという気はするんです。10 年経った今も、関係者の方が生きていたりするとやりにくいところもあったりするので、場合によっては20 年目にやったほうがいいこともあるかもしれないし。例えば「この判断のせいでこの人は死んだ」ってことになっちゃうとすごいキツいので、難しさもあるとは思うんですけど。

 

 ただ、避難地域の解除にしても、これだけ遅くなって、そのせいで町が荒廃して帰れなくなった人も少なくない現実もある。「ここはもう少し早く解除しても良かったんじゃないの」っていうのは、もうそろそろちゃんと検証すべきなんじゃないですか。

細野 10 年経って見えてきた現実として、川内村は震災前の8割にまで人口が戻っているわけですよね。あれはやっぱり、遠藤雄幸村長の帰村宣言が早かったことが大きかったと思います。当時は大変でした。村長は帰村宣言会見のときには顔面蒼白でした。しかし、明らかに結果は出ていますよね。

竜田 逆に双葉町は出遅れて、結果として今一番遅くなっちゃってる。10 年というタイミングは良い機会なので、そろそろ「ここはもっと早くできたんじゃないか」「ここは逆に足りなかったんじゃないか」みたいな検証をしてほしい。なんかもう、「忘れない」とか感情的になって振り返るよりも、そういうところを冷静に、多少つらいことがあっても検証する。10 年はそういう節目にしてほしいなと私は思います。

細野 10 年は、私も一つの大きな区切りだと思っています。そうした検証も含めて当時の記録を後世まで残す意味もあり、竜田さんも含め多くの方々との対談を企画させて頂きました。1mSvについては、検証が必要ですね。

 そして最後に、福島のこれからについてです。竜田さんは福島にものすごく詳しいですよね。

『いちえふ』の続編は「気長に待っていてください」

竜田 しょっちゅう遊びに行ってますからね。原発事故とかそういうのとは関係なく、もう友達もいっぱいできたので、単に親しい場所の一つとして遊びに行きたい。機会があれば、また働きにも行きたいっていう感じですね。

細野 音楽もやられましたよね、ライブで。

竜田 もっと違う格好で歌ったりもしてるんです。それは、ご存じの方はお楽しみにということで。

細野 でも、『いちえふ』の続編も描いてもらいたいな。

竜田 そうですね。やっぱり、まずは現場に入れないと正式な続編っていうのはなかなか難しいので。また下請けから仕事の話がくるのを待ってからって感じですけどね。

細野 下請けだけじゃなくて、東京電力とかメーカーの皆さんからしても、こういうリアルな現場を知ってもらうっていうのはプラスだと思います。

竜田 本当は、今の最前線になっている現場とかに行きたいんですけど、まあ、そればっかりはちょっとね。どうなのか。

細野 リアルな現場と、そこで皆さんが悩んでいること、考えていること、喜んでいることとかが伝わってくるとすごくいいなと思います。続編を期待しても宜しいでしょうか。

竜田 気長に待っててください。すみません。

細野 わかりました。今日はありがとうございました。

 

(細野 豪志,竜田 一人)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング