神奈川県民がよく降りる相鉄線“ナゾの途中駅”「二俣川」には何がある?

文春オンライン / 2021年2月24日 6時0分

写真

「二俣川」には何がある?

 先日、交通新聞社から『 相鉄はなぜかっこよくなったのか 』と題する新書を出させていただいた。詳しくは中身を読んでいただけるとありがたいのだが、まあつまるところ相模鉄道とはどんな鉄道なのか、それを書いたのである。

 そういうわけで、拙著をここで紹介(というか平たく言えば宣伝だ)させていただきたいのだが、問題がある。相模鉄道を知っている人がどれだけいるのか、という問題だ。

 これまでの例にならって相模鉄道のどこかの駅を“ナゾの駅”として訪れたいところだ。けれど、そもそも相模鉄道の駅を知っている人が少ない。横浜駅や海老名駅は相鉄と言うよりはどちらかというとJRや小田急線の駅だ。本を書いておいてこんなことをいうのは失礼千万だけれども、知名度が今ひとつなのである。

相鉄の「神奈川県内ではバツグンの知名度を誇る駅」

 ただ、そんな中でもひとつだけ、神奈川県内ではバツグンの知名度を誇る駅がある。二俣川駅だ。

 二俣川駅は相鉄本線と相鉄いずみ野線が分岐する駅で、相模鉄道にとっては運行上の重要拠点だ。そして神奈川県内で運転免許を取得した人ならば、必ず一度は降りたことがある。駅の近くに、神奈川県警運転免許センターがあるからだ。なので、神奈川県に住んでいる人に「相鉄って知ってる?」と水を向けると、「免許でしょ」とお約束のように返ってくるのである。で、続けて「免許を取ったときに乗ったけど、それだけだなあ」などと言われてしまう。

 後段の下りはともかく、少なくとも二俣川駅は運転免許センターの駅として、バツグンの知名度を誇っているのだ(ちなみに、文春オンラインの編集長氏も神奈川県出身。やっぱり二俣川、行ったんですかね……)。

二俣川には何がある?

 というわけで、免許センターターミナルとして名高い二俣川駅を改めて訪れてみることにする。相鉄の駅だから横浜駅から相鉄本線に乗って訪れるのもいいが、どうせならJR直通線に乗っていくべきだろう。相模鉄道は2019年11月に悲願とも言うべきJR線直通を実現。今では武蔵小杉を経て渋谷・新宿まで乗り入れている。首都圏の大手私鉄では最後となる、東京都心への乗り入れであった。

YOKOHAMA NAVYBLUEの濃紺の列車が待っていた

 そんな悲願の直通列車があるのだから、それに乗って二俣川駅に行こう。

 新宿駅の埼京線ホームには、相鉄線の濃紺の列車が待っていた。いわゆるYOKOHAMA NAVYBLUEと名付けられた全面塗装のオリジナル車両だ。似たようなデザインの車両ばかりが並ぶ新宿駅の中でひときわ異彩を放つ、その相鉄の列車に乗って二俣川駅を目指す。

 武蔵小杉までは湘南新宿ラインと同じルート。武蔵小杉からは東海道本線の貨物支線を走って地下に潜り、羽沢横浜国大駅からが相鉄線だ。新宿駅から二俣川駅までは約50分。早いのか遅いのかはなんともよくわからないが、横浜駅で乗り換える必要がないと思えば満足である。

駅舎全体を覆う巨大施設「ジョイナス」

 二俣川駅は2面4線の島式ホーム。橋上駅舎になっていて、ホームから階段を登ってコンコースに出る。このあたりまでは、とりたてて珍しいこともない普通の駅だ。ところが、改札口を抜けてからがスゴい。駅舎全体が「JOINUS TERRACE 二俣川」という巨大な商業施設に覆われているのだ。

 改札を出たところはちょっとばかり薄暗いが、それも商業施設の中にあるザ・私鉄ターミナルだからこその雰囲気だ。そこでさっそくジョイナステラスでお食事やお買い物、と決め込んでもいいのだが、あくまでもお仕事で訪れている。ジョイナステラスを横目に外に出てみることにしよう。まずは、南側である。

 南側は北側と比べると一段標高が高いようで、階段を登って駅前の広場に出る按配だ。駅前にはちょっとしたバスターミナルがあってその先には背の高いマンション。さらに駅前から南に伸びていく通りは上り坂。横浜市の西部は起伏の多い丘陵地であるということがよくわかる駅前風景だ。

「県下最大」のマンモス団地

 この南側のバスターミナルからバスを乗り継ぐと、その先は万騎が原の住宅地につながっている。万騎が原の住宅地開発を手掛けたのはもちろん相鉄だ。昭和30年代、相模鉄道が県とともに開発した一大ニュータウンで、完成当時は新聞に「県下最大の住宅地」などと書かれるほどのマンモス団地だった。その頃の二俣川駅は、万騎が原への玄関口であったのだ。そしてその頃の二俣川には、まだ運転免許センターはなかった。

「試験場通り」とがんセンターをぬけると…

 二俣川の運転免許センターは、万騎が原方面とは反対の北口にある。改札前の自由通路に戻って北側に出ると、足元に神奈川県道40号線が通る陸橋をそのままわたり、ドン・キホーテの入っている雑居ビル。ビルの間を北側に抜けていくと、「試験場通り」という名の通りに出る。その試験場とは、もちろん運転免許センターのことだ。

 道沿いには免許の筆記試験対策の予備校がちらほら。大きく左にカーブしてゆく道をそのまま進むと、正面には神奈川県立がんセンターが見えてくる。がんセンターの横を少し歩けば待ちに待った免許センターだ。歩いていくならばもうひとつ、商店街と住宅地の間を抜けていく近道もある。……と、わざわざ筆者がこの道筋を辿らずとも、神奈川県民の方々は、みんなここを歩いたのでしょう。

坪単価4700円程度の雑木林だった

 この免許センター、いったいいつ頃できたのだろうか。答えは昭和30年代末期だ。それ以前のこの一帯は、特に目立ったものは何もない丘陵地の雑木林だったという。ところが、1958年から翌年にかけて、神奈川県がこの付近一帯をまとめて買収したのだ。戦後の復興と経済成長に伴って、飛躍的に人口が増加。それに対応して公共施設を集約すべく、横浜の中心部から少し離れた丘陵上の二俣川の雑木林に白羽の矢を立てたのだ。

 いかにその当時の二俣川が何もなかったのか。それは、県の用地買収価格が坪単価4700円程度だったということからもよくわかる。それが1972年になると坪15万円までに高騰したのだ。所得倍増計画の真っ只中、つまり物価が右肩上がりの時代だったとはいっても、さすがにこれだけの地価高騰はスゴい。二俣川は、この時期に発展の足がかりを掴んだのだ。そうして、二俣川に免許センターが誕生した。以降、二俣川駅の周辺は一気に宅地化が進み、横浜郊外のベッドタウンに変貌したのである。

相鉄線と知られざる見どころたち

 運転免許センターから駅への帰り道は、“近道”を歩いた。最初は駅前を見下ろすような丘の上を歩く。その周りはごく普通の住宅が軒を連ね、徹底的なまでの住宅地だ。少しずつ坂を下り、下りきったところで商店街に出る。その商店街をまっすぐに抜けると再び二俣川駅である。

 二俣川駅から都心までは、もちろんJR直通線に乗って。こうなると、相鉄沿線の人たちは横浜駅に立ち寄らずに東京都心に出られてしまう。乗り換えなしで都心に戻れるのは意外と便利だ。が、同時に東京メトロ副都心線開通で東横線ユーザーが渋谷駅で乗り換えることがなくなって渋谷の地盤沈下が……などと言われたことを思い出す。果たして、横浜駅はどうだろうか。まあ、横浜は相鉄とJR以外にも京急や東急があるから大丈夫ですかね。

 そんなわけで、二俣川駅の旅は終わりである。

 相鉄線沿線、実は他にも知られざる見どころがある。マッカーサーがコーンパイプをくわえた厚木基地も相鉄沿線だし、横浜駅から西谷駅までの帷子川沿いの住宅街はかつて世界に名を轟かせた“横浜スカーフ”の捺染工場が建ち並んでいた元工業地帯。今はその面影はなく、染料で汚れていた帷子川も今や釣り人までいるほどになった。そんな相鉄沿線のいくつもの楽しみを、拙著で少しでも感じていただければ……。

写真=鼠入昌史

(鼠入 昌史)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング