北朝鮮大使館を襲撃した“謎の集団”…「事件はやらせだった」実行犯の韓国系アメリカ人が新証言

文春オンライン / 2021年2月28日 11時30分

写真

2019年に襲撃事件が起きたスペインの北朝鮮大使館 ©AFLO

 それは金曜午後の白昼に閑静な住宅街で起きた大胆な犯行だった。アクションスパイ映画のワンシーンさながらの事件だった。

 2019年2月22日午後5時ごろ、1人の東洋系の男がスペイン・マドリードにある北朝鮮大使館のドアベルを鳴らした。男は自らを「マシュー・チャオ」と名乗り、大使館代理大使のソ・ユンソク氏への面会を求めた。男はアラブ首長国連邦(UAE)とカナダにオフィスを構え、北朝鮮への投資に興味を示す投資家として、その2週間前にも大使館でソ氏と会っていた。

 男が大使館の中庭でソ氏の到着を待っている間に、外にいた仲間の6人の集団が一斉に大使館に侵入した。6人は黒い目出し帽を被り、ナイフや鉄の棒、マチェーテ(山刀)、模造銃を所持していた。そして、ソ氏以外の大使館職員3人に暴行を加え、手錠や結束バンドで手足を縛った。集団は3人を大使館の会議室に連れて行った。

大使館職員になりすまして地元警察も追い返す

 集団はソ氏にも暴行を加えてトイレに連行した。ソ氏の両手を背中の後ろで縛り、頭に袋を被せた。30分後、ソ氏は他の大使館職員3人がいる会議室に移された。大使館内にいたソ氏の妻と息子は寝室に閉じ込められ、外に出られないようにされた。

 だが、ここで予期せぬことが起きた。大使館の最上階にいた別の大使館職員の妻が、下の階の騒動を聞き、窓から脱出したのだ。

 助けを求める彼女を見た通行人がスペイン警察に通報。地元の警察官が騒ぎを聞きつけて駆け付けると、マシュー・チャオが金正恩氏のバッジを着用し、大使館職員になりすまして応対。「何も問題は起きていない。通常通りだ」と述べ、警察官を追い返した。

 同22日午後9時40分ごろ、集団7人のうち5人は、大使館の車3台を奪って逃走した。マシュー・チャオと残りの1人は配車アプリ「ウーバー」で予約したレンタカーを使って逃走したが、その際、マシュー・チャオは何と「オズワルド・トランプ」との名前で事前登録していた。オズワルドの名前は、ケネディ米大統領暗殺の容疑者として知られる。

 集団は大使館からコンピューター2台やハードディスク・ドライブ2個、ペンドライブ数個、携帯電話1台を奪った後、スペインから脱出していた。

 リーダー格のマシュー・チャオはポルトガルの首都リスボンから飛行機に乗り、翌2月23日に米ニュージャージー州のニューアーク国際空港に到着。その4日後の2月27日に米連邦捜査局(FBI)と接触し、事件の情報提供に加え、大使館で得たとされる物品を差し出した。

金正恩体制の打倒を掲げる「自由朝鮮」

 以上が捜査権限を持つスペイン高等裁判所の予審判事と、米カリフォルニア州ロサンゼルスの地方検事補がこれまで公表してきた「スペイン・マドリードの北朝鮮大使館襲撃事件」についての概要だ。

 このマシュー・チャオに扮していたのが、金正恩体制の打倒を掲げる反体制組織「自由朝鮮」の創設者でリーダーのエイドリアン・ホン氏だ。ロサンゼルスの地方検事補は事件から2カ月後、スペインとの犯罪者引渡条約に基づき、ホン氏を不法侵入、不法監禁、強盗、脅迫、窃盗など7つの罪で告訴した。最高で懲役28年に当たる罪だ。しかし、ホン氏は依然、逃走中で捕まっていない。

米朝首脳会談の5日前というタイミング

 この北朝鮮大使館襲撃事件は、2019年2月末にベトナム・ハノイで開かれた米朝首脳会談のわずか5日前に発生したこともあり、当時国際的な注目を集めた。特に、ハノイでの米朝首脳会談に向け、アメリカとの実務協議担当者に就任したキム・ヒョクチョル氏は、2017年9月までこの駐スペイン北朝鮮大使を務めていたからだ。同氏は、北朝鮮による度重なる弾道ミサイルの発射や核実験によって北朝鮮に対する国際世論の批判が強まる中、スペイン外務省によって、「好ましくない人物」と認定されるペルソナ・ノン・グラータの宣言を受け、国外退去処分となっていた。

 アメリカにすれば、当時、米国務省のビーガン対北朝鮮特別代表氏のカウンターパートとして一気に表舞台に出てきたキム・ヒョクチョル氏がいったい何者であり、どのような考えの持ち主であるかという情報を死ぬほど入手したかったとしてもおかしくはない。

 事件後、スペインの主要メディアは、捜査当局のスペイン警察とスペイン国家情報局(CNI)が襲撃事件にはアメリカ中央情報局(CIA)が関与していると判断したと報じていた。

 しかし、最近になって、こうした従前の見方を一気に覆す新たな証言が出てきた。

実行犯が「襲撃はやらせだった」と新証言

 大使館襲撃の実行犯の1人として、アメリカで逮捕・起訴された自由朝鮮の元メンバーでアメリカ海兵隊出身のクリストファー・アン被告が、「襲撃は偽装工作(やらせ)だった」と証言したのだ。アン被告は2021年2月22日にロサンゼルスの連邦地裁に提出した文書で、このことを明らかにした。

 韓国系アメリカ人のアン被告は事件2カ月後の2019年4月、襲撃事件の実行犯の1人としてロサンゼルスで逮捕された。そして、同年7月に保釈金130万ドル(約1億4000万円)を支払い、連邦地裁に保釈が認められた。自宅軟禁の条件で釈放され、現在は裁判を受けている。アン被告はスペインへの身柄引き渡しの可能性があり、これに強く抵抗している。

 アン被告は連邦地裁に新たに提出した6ページにわたる文書で、自分自身は北朝鮮外交官を縛ったり、武器を持参して大使館の中に入ったりはしていないと主張した。そして、犯行当日の朝にマドリードに到着し、自由朝鮮のリーダーであるエイドリアン・ホン氏から現地で指示を受けただけだと主張した。

 アン被告によると、大使館に勤務する北朝鮮外交官の1人が「誘拐事件に見せかけて北朝鮮から亡命したい」とホン氏に事前に依頼していた。そのような偽装工作を行うのは、亡命後に北朝鮮政府からのあらゆる報復を防ぐためだったという。アン被告が裁判所に提出した文書では、この外交官の名前は黒塗りになり、伏せられているが、前述のソ氏とみられる。

 アン被告は提出文書の中で、「北朝鮮は監視国家であると知っていたことから、大使館内は監視カメラであふれ、私たちが大使館内で行うことすべてを北朝鮮政府が把握できると十二分に予期していた」と主張した。

 そして、「自分自身は武器を持っていなかったものの、グループのメンバーは武器を持っていた。私の理解では、模造銃を含めた、そのような武器所持の目的は、『誘拐事件』をいかにも本物らしく見せるためであり、いかなる人も傷つけるためではなかった」と述べた。

 アン被告は「事件当時、右手を骨折していた」と言い、北朝鮮外交官たちを自らの手で拘束できなかったと主張した。また、「大使館職員に一切の暴力をふるっていない」と述べ、大使館職員の抵抗は北朝鮮の監視を意識してのものだと主張した。

 米誌ニューヨーカーの2020年11月の記事によると、ホン氏の指示の下、自由朝鮮のメンバーは大使館から脱出する際に、スペイン政府に対し、同国に入国するいかなる北朝鮮人をも監視するよう求める電子メールを送った。なぜなら、北朝鮮政府によって大使館職員に危険がもたらされる可能性があったからだ。アン被告が提出した裁判文書にも、この事実を一部裏付ける記述がある。

 また、アン被告によると、FBIが自由朝鮮メンバーへの逮捕状を出す前の2019年3月中旬、FBI当局者がホン氏の仲介を経て、アン被告の自宅を訪れ、マドリードで起きたことを聞いたという。そして、その後しばらくして、FBIは北朝鮮のエージェントがホン氏とアン氏の命を狙っているとの警告を両氏に与えたという。

イラク戦争にも派遣された元海兵隊員

 ビジネス向けSNSのリンクトインに掲載されているアン被告のプロフィールによると、アン被告は2000年から6年間は米海兵隊に就役した。特に2005年から2006年まではイラク中部の激戦地ファルージャで収容施設のチーフアナリストやキャンプ・ファルージャの情報分析官を務めていた。

 スペインの捜査当局は、襲撃事件が事前に用意周到に準備された、計画性の高い犯行だったと判断。あたかも軍部隊のように行動しており、プロ集団によるオペレーションだったとみていた。このため、アン被告のような海兵隊で訓練を受けた人物が襲撃に加わっていたとなれば納得がいくことだった。

 しかし、アン被告は「メディアで報じられてきた内容に反し、私は戦闘の専門技術があるからと言ってマドリードに来るように頼まれたのではなかった。私は海兵隊入隊後に標準的な訓練を受けたことを除き、特別な戦闘訓練を受けたことはなかった。エイドリアン(ホン氏のこと)は、北朝鮮外交官がパニックに陥った場合、彼らを落ち着かせるために私に現場にいてほしいと頼んでいた」と主張した。

 さらに「海兵隊員としてイラク戦争に派遣されていた時、極度の緊張下における人々の面倒や安全を確保する任務に従事していた」と説明。このため、自由朝鮮でも、コミュニケーターとしての役割や人々を落ち着かせる役目をしばしば担っていたと述べた。北朝鮮の人々は脱北時に、当局に見つかってしまうとの被害妄想にかかり、恐怖や不安に陥ることがあるからだという。

 アン被告は偽証罪に問われることから、裁判での証言が真正で事実と相違ないと明言している。その言葉通り、証言が事実ならば、自由朝鮮は北朝鮮外交官の誘拐事件を装った亡命劇を強行しようとしていたことになる。

「亡命を希望していた北朝鮮外交官が寝返った」

 そもそも脱北を目指す北朝鮮エリートは、他国に亡命することで、北朝鮮に残した家族が殺されることを恐れる。このため、拉致を装うことを望む者もいるという。

 しかし、今回の襲撃事件時には大使館内にいた大使館職員の妻が脱出し、スペインの警察官が大使館に駆け付ける事態にまで発展。さらに、事件時には大使館内の電話が鳴り続いていたことから、ソ氏が恐れおののき、亡命を希望してホン氏を招いたものの、土壇場で寝返って亡命を固辞したとアン被告は主張している。

 こうしたアン被告の主張は、これまでの自由朝鮮の主張と通じるものがある。自由朝鮮は襲撃事件後の2019年3月26日、北朝鮮大使館襲撃事件への関与を認める声明の中で、今回の事件は「攻撃(アタック)」ではなく、「大使館に招かれた」と述べて正当性を訴えていた。

 さらに声明は「私たちは、自らの説明を立証できる証拠を持っている。私たちの助けを求める人々を守り、そして、他者を守るために多大なリスクを負っている人々を守るために、私たちは現時点では、今回の出来事についてこれ以上は共有できない。私たちは今後も、極めてセンシティブな任務を世界中で続けていく」と述べていた。

 この声明の中の「私たちの助けを求める人々を守ること」とはソ氏を指しているとみられる。

 北朝鮮は襲撃事件から9日後に、外務省報道官の談話として事件を「重大なテロ行為」と非難し、「FBIと反共和国(北朝鮮)団体が関与しているなどの説も広まっており、注視している」と表明した。この言葉通りなら、北朝鮮は自由朝鮮による「拉致を装った亡命劇」について、少なくとも当時は気づいていなかったことになる。自由朝鮮にしてみれば、北朝鮮が騙され、してやったりの気分だっただろう。

 事件の主犯格で「自由朝鮮」を率いているエイドリアン・ホン氏は、米カリフォルニア州サンディエゴ出身の在米韓国人2世で1984年生まれ。偶然にも、金正恩氏と同じ年齢層である。

エイドリアン・ホン氏とは何者か?

 ホン氏は名門エール大学在学中の2004年3月、脱北者を支援し、北朝鮮人権運動を行う非政府組織(NGO)の「LiNK」(Liberty in North Korea=北朝鮮に自由を)を仲間とともに設立した。LiNKはこれまでに1000人以上の脱北を成功させてきた。朝鮮日報によると、当時、エール大学ではエリート脱北者の金賢植(キム・ヒョンシク)氏が教鞭をとっており、ホン氏は北朝鮮の人権問題などで感化されたという。

 ただ、ホン氏は2006年12月には、中国・瀋陽のアメリカ領事館に保護を求めた脱北者6人を、LiNKの仲間2人とともに支援している最中、中国の公安当局に拘禁され、国外追放された。

 2009年には「ペガサスプロジェクト」という別のNGOを始めた。ペガサスとは、ギリシャ神話の有翼の天馬。自由朝鮮の前身として知られる亡命政府団体の「千里馬(チョンリマ)民防衛」の「千里馬」とは、翼を持ち1日に千里走るという朝鮮の伝説の馬だ。これらの名称からもホン氏の信条がうかがえる。

 この千里馬民防衛は、2017年2月にマレーシアのクアラルンプール国際空港で金正恩氏の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏が殺害された後、正男氏の息子のハンソル氏とその母親、妹の3人をマカオから安全な場所に移動させることで一役買った。アン被告がハンソル氏らをエスコートした。

 ホン氏は2009年には世界各国の革新家が名を連ねる「TEDシニアフェロー」にも選ばれ、その後は何度もTEDのイベントで登壇している。

 2011年にはアラブ首長国連邦(UAE)アブダビの新聞に「アラブの春は、北朝鮮にとってのドレスリハーサルになると考えている」と述べ、同年リビアに足を運んでいる。朝鮮日報によると、ホン氏は2011年頃、カダフィ大佐追放後のリビア暫定政府の樹立を手助けするため、米政府とコンサルティングの契約を結んだ。そして、同氏のコンサルティング業務にはしばしばCIAが絡んでいたという。

「自由戦士」か、それともただの武装集団か

 ホン氏は2011年12月に国際情勢などを扱う米フォーリン・ポリシー誌に「北朝鮮を自由にする方法――平壌の犯罪政府を倒すときは今だ。その方法がこれだ」と題する論文を寄稿している。その中で、「大量の亡命は常に、革命と体制崩壊への先駆けとなる」と訴え、脱北者や亡命申請者の支援に国際社会が取り組むよう説いている。

 そして北朝鮮国内で民衆が立ち上がれば、国内での革命が可能と訴えている。

 脱北者や亡命者の支援を手掛けてきた自由朝鮮は、2018年11月に駐イタリア北朝鮮大使館から姿を消して行方不明となったチョ・ソンギル駐イタリア大使代理(当時)の韓国への亡命にも関与しているとみられる。

 なお、この大使代理夫妻の10代の娘は、両親と行動をともにすることができずに北朝鮮本国に送還された。その後の安否が心配されている。

 ロサンゼルスの連邦地裁裁は4月9日にアン被告のスペインへの犯罪人引き渡し可否を決める審理を開く予定だ。

 アン被告の新証言を受け、改めて自由朝鮮を「自由戦士」とみる向きが強まるのか。それとも依然、在外大使館さえも襲撃する単なる武装集団とみるのか。今後の国際世論の反応にも注目が集まる。

(高橋 浩祐)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング