1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. スポーツ総合

「この売女!」福原愛を離婚決意に追い込んだ「モラハラ夫」

文春オンライン / 2021年3月3日 16時0分

写真

結婚会見 ©文藝春秋

 元卓球日本代表の福原愛(32)が、元卓球台湾代表の夫・江宏傑(32)と離婚協議に入っていることが「週刊文春」の取材でわかった。夫とその家族による「モラハラ」が続き、離婚を決意した福原は、今年1月に夫に離婚を伝えたという。

 福原は女子団体で銅メダルを獲得したリオデジャネイロ五輪直後の2016年9月、江と結婚。翌2017年2月には、東京ディズニーリゾートで盛大な結婚披露宴を行った。

 以降、台湾に拠点を移した福原。2人の子どもにも恵まれ、インスタグラムでは親密な2ショットを頻繁に投稿するなど、幸せな家庭を築いているかに見えた。

 ところが、福原の知人はこう明かす。

「最初の出産の時、愛ちゃんはつわりが本当に大変だったのですが、江クンから何回も酷い言葉を投げかけられていました」

 福原が第1子となる長女を出産したのは、2017年10月のこと。つわりが重く、何度も吐いたりすると、江からは「栄養がいかない」と叱られていたという。

「それでも、愛ちゃんは『私のホルモンバランスが悪いだけ』と自分を責め続けていました」(同前)

 2019年には、福原にとって決定的な出来事があった。歯科治療に行った時のことだ。妻が日常生活で華美なファッションをすることを嫌っていた江。福原はこの日も地味な服に着替えさせられ、夫と一緒にクリニックに向かった。

 そして、歯科治療を終えた後の帰り道、江は福原をこう激しく罵ったのだ。

「誘うような口の開け方をして。この売女!」

 福原は夫から吐き捨てられたこの言葉を、今でも忘れられないという。

 福原本人を電話で直撃した。

――江さんのモラハラで離婚を決めた?

「えっ……それは、夫婦でよく話し合って決めていきたいと思います」

 そう答え、後は「お騒がせして申し訳ありません」と繰り返すのみだった。

 3月4日(木)発売の「週刊文春」では、結婚生活で夫から受け続けた「モラハラ」の詳細のほか、39歳で芸能界デビューを果たした義姉からの罵倒の言葉、信じていたはずの義母の裏切り、そして、夫に離婚を告げた瞬間や離婚届を記入した場面など、福原が離婚を決意するに至った「全真相」を詳報している。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年3月11日号)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング