1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

「いかがわしくて、子どもをつれて歩けない!」世界最大の新興日本人街での“ヤバい暮らし”

文春オンライン / 2021年6月18日 17時0分

写真

シーラチャーは日系製造業の一大拠点だが夜のほうもお盛んだ ©室橋裕和

「それ、虐待じゃないですか」日本人女子高生の売春が噂になった“テーメーカフェ”で聞いた在タイ邦人のリアルな日常 から続く

「Gダイ」と呼ばれ、タイを中心に東南アジアのディープな情報を発信し続けた伝説の雑誌『Gダイアリー』。通常のガイドブックにはなかなか掲載されないリアルな現地情報がぎっしりと詰め込まれ、一部の旅行者に愛読されてきた。

 ここでは、かつて『Gダイアリー』の編集部員を務め、現在はフリーライターとして活躍する室橋裕和氏の著書『 バンコクドリーム 「Gダイアリー」編集部青春記 』(イースト・プレス)の一部を抜粋。急激に発展を遂げた日本人街シーラチャーの一風変わった日常を紹介する。(全2回の2回目/ 前編 を読む)

※本文は2010年頃の取材を基にしています

 ◆◆◆

シーラチャーの悲喜劇

「やーん、嬉しいっ!」

 ドリンクのおかわりをOKしただけで、居酒屋のウェイトレスが抱きついてきた。おっぱいの柔らかなふくらみに我を忘れそうになる。

「はい、あーん」

 ご褒美として僕には、天ぷらが与えられた。だらしない顔で差し出されたエビにぱくつく。シマくんもエプロン姿のウェイトレスといちゃつきご満悦だ。

 キャバクラではないんである。居酒屋なのである。純和風で入り口には赤提灯と暖簾なんかがかかり、畳の座敷で和食をいただける居酒屋だが、問題はウェイトレスとの距離があまりに近いことであった。

 タイ東南部チョンブリー県シーラチャー。この町の和風居酒屋は、日本の居酒屋がどんな店であるのか勘違いしているフシもあったが、これも取材であると僕たちはウェイトレスたちと飲んで飲まれて、なんだかほとんど合コンのようになっていた。

ちょっかい居酒屋

 バンコクでも、Gダイスタッフはこの手の店の常連ではある。「もりもり」にも、ほとんど毎日のように行っている。店員たちが空き時間に同席して、一緒に飲めて仲良くなれる業態を、我々は「ちょっかい居酒屋」と呼んで愛してきたのだが、シーラチャーの場合は度を越していた。隣のテーブルでも、工場服をまとった日本人のおじさんが、きっと娘くらいの年であろう居酒屋娘の肩を抱いてご満悦だ。バンコクのちょっかい系はあくまで居酒屋の範疇であり、だからこそ気軽でいいのだが、ここまでシーラチャーの店をいくつか調査したところ、どこもけっこうセクハラに特化しているのであった。なかにはお持ち帰りができる店もあると聞く。

「はい、おまたせー」

 シーラチャー名物イカそうめんが運ばれてきた。ここはタイ湾を見晴らす海辺の街だ。沖合に出ればキスだのアジだのがガンガン釣れるが、なによりイカが特産だ。タイ人は茹でてサラダにしたり、トムヤムや炒め物に入れたりするが、日本人相手の店では刺身を出す。なかなかにいけた。

 このまま泥酔していたいところではあるが、我々の戦場たる夜は短い。そしてやることは山積している。きわめて勤勉なGダイスタッフは「えーもー帰るのー」なんて声を振り払ってチェックビン(お会計)し、パトロールを続ける。

日本人相手の店が増殖

「すごい店増えたよね。前に来た時よりも居酒屋もスナックもかなり多くなってる」

 夜の街にレンズを向けながらシマくんが言う。どれもこれも、日本人相手の店なのだ。バンコクではない。タイの小さな地方都市の一角が、完全に日本人向け風俗街へとバケているのである。

「イラッサイマセー!」

「アナター!」

 恥ずかしい声が飛ぶ。ミニスカの姉ちゃんが行く手を遮り、腕を絡めてくる。「イッパイダケ」「サミシイ、コイシイ」。よくもまあ、そんな日本語覚えるよと思いつつも、しがみつかれればおじさんは嬉しい。つい路上で両手の花を抱き寄せてしまう。そこをシマくんがバッシバシ撮影する。こんなみっともない写真だが、載せればきっと誌面を楽しく彩るだろう。

 なんとか女どもを振り払って歩き出すと、またスナック嬢とエンカウントする。「チョットダケー」。キリがないんである。

 どの店も間取りは小さく、在籍しているギャルもせいぜい4、5人だろうか。スナック、カラオケとあるがその垣根はよくわからず、どこも歌って飲んで騒いでセクハラに励み、気に入った子がいればお持ち帰りというスタイルだ。小規模だがそんな店が、もはやタニヤを上回る数あるのではないだろうか。しかもどんどん増殖しているのだ。

タイ最大の深海輸出港で働く日本人

 シーラチャーは2005年頃から異常なスピードで発展を続けている街だ。円高や、安い人件費を求めて日系製造業の進出が激しく、日本人もどんどん増えている。この国を象徴するような街かもしれない。

 その理由はシーラチャーのすぐ南にあった。タイ最大の深海輸出港レムチャバンである。この周辺に立ち並ぶ巨大工業団地に、日系企業が続々と拠点を構えるようになったのだ。やはりタイ最大のアマタナコン工業団地をはじめ、アマタシティ、ピントン、ロジャナ、イースタンシーボード……四輪二輪関連の諸業種に加えて、電機、精密機械、化学、繊維、食品加工などなど、実に多彩な日本の企業群が、タイ東南部に押し寄せたのだ。

 で、そこで働く日本人はどこに住むのか。各工業団地からバンコクまでは、高速道路を使っても2、3時間と、通勤圏内にするにはキツい。チョンブリー県には「世界で最も下品なビーチ」パタヤがあるが、さすがに自社の社員を住まわせるのには大いに問題がある。そこで、そのパタヤとレムチャバンのやや北にあるシーラチャーに白羽の矢が立ったのだ。

 かくしてチョンブリーののどかな田舎町だったシーラチャーには、突如としてタワマンがニョキニョキと乱立する異常事態となった。これらの住民のほぼすべてが日本人なのである。あれよあれよという間にタワマンは増えていき、日本のレストランや居酒屋や食材店や日本人学校などが整備され、漫画喫茶やスーパー銭湯や学習塾や習いごと教室やゴルフ用品店までもがシノギをけずるようになる。すべて日本人相手なのである。 

日本人客の奪い合いでショットガン騒動が……

 となれば当然、激務に疲れた企業戦士を癒すためのエッチな施設も出現する。需要か供給かどちらが先だったかはわからないが、スナック・カラオケ・マッサージが爆発的に増え、Gダイとしてはもはや放置しておくわけにもいかないので、もちろん最強マップを制作し、ときどきパトロールに来ていたのである。

「あっ、これかな。問題の店」

「やばい事件があったとは思えないね。静かだ。普通の居酒屋に見えるけど」

 急激に発展する日本人社会は当然、さまざまな軋轢を伴いつつ膨張してきた。日本人客の奪い合いによる対立も起きる。とある居酒屋同士はなにが発端かはわからないが諍いを起こし、片方の店がタイ人のマフィアだかチンピラだかを雇って、ケンカ相手の店にショットガンをブチ込んだのだそうだ。ヒットマンの腕が良かったのか悪かったのか、幸い負傷者は出なかったと聞くが、玄関先に散弾をバラまかれたほうの店は平然と営業してるのであった。事件を知っているのかどうか、お客も入っている。チョンブリーは巨大港湾を擁する地が世界のどこもそうであるようにマフィアの力が強く、さらにアジア最大級の赤線地帯パタヤを抱えていることもあって、なかなか荒っぽい県なのだ。サッカーのチョンブリーFCサポーターもガラが悪いことで有名らしい。

子どもには見せたくない光景

 シーラチャーのさらなる問題は、子どもの教育であった。当初は単身赴任の駐在員だけの街だったのだが、嫁子どもを同伴して腰を据えてタイで暮らすパパが急増したのだ。だから日本人学校も建設されたわけだが、問題は学校教育のことではなかった。

「街のどこもかしこもいかがわしくて、子どもをつれて歩けない!」

 と奥さまたちが悲鳴を上げたのだ。クレームはもっともであった。家族で食事をしようと中心部のナコン6通りに行けば、ショーパン・ミニスカのギャルたちがカタコトの日本語で下品にお客を呼びまわってるのである。それならと街一番のショッピングモール「ロビンソン」に行けば、カラオケ嬢と日本人のお父さんが腕を組んで歩いている。タイスキチェーンMKに入っても、夜の臭いを振りまいたお姉ちゃんと鼻の下を伸ばした日本男児のカップルに出くわすわけで、子どもには見せたくない光景ばかりが視界に飛びこんでくるのだ。

 ため息をついてタワマンに帰れば、家族連れと買春カップルとが同じエレベーターに乗り合わせてしまうという不幸もたびたび発生するに及び、ママさんたちは立ち上がった。単身赴任あるいは独身で自由を謳歌し、たびたび自宅にギャルを連れ込む日本男児の玄関ドアに、

「夜のお店の女性をマンション内に立ち入らせることはご遠慮ください。子どもの教育への配慮をお願いします」とかなんとか、ばっちり日本語で貼り紙したのだという。なにも犯罪を犯しているわけでもないのに、自らの性癖を監視され非難された氏の屈辱はいかばかりであったろう。だがここは性急すぎる発展に、システムが追いつかない街シーラチャー。生き方の違う者同士でも互いに妥協して共存しなくてはならないのだ。

せめてものウサ晴らし

 とあるタワマンでは自治会によって、2台のエレベーターの使用者がわけられたというウワサも聞いた。ファミリー専用と、一人暮らし専用である。もちろん、おひとりさまサイドは香水の匂いが染みつくほどに、夜の天使同伴のGダイ読者が乗り込んでいたことだろう。そんな汚らわしいエレベーターをママさんたちは「エンジェルリフト」と侮蔑もあらわに呼ぶのだという。

 それほどまでに、製造業の最前線で働く工場マンたちはお盛んのようなのだ。タニヤやスクンビットのカラオケ屋がどこも不景気でお客が少ない、来てもみんなセット料金1時間で帰っちゃうと嘆いているのに、シーラチャーはどこもそこそこ賑わっており、がなり立てるようなカラオケのシャウトが響く。まるでストレスを叩きつけるかのようだった。僕たち現地採用は好きでタイにやってきて勝手にこっちで就職したわけだが、駐在の皆さまは社命で赴任しているのだ。本意ではない人もいるだろう。東南アジアのテキトーさが性に合わない人だっている。彼らはタイ語もほとんどわからないのだ。しぜん、こういう店に入り浸り、カタコトの日本語がわかるギャル相手にクダを巻き、ネンゴロになる。単身だったら、そりゃあ自宅に連れ込む人も出る。望まぬ異国暮らしの、せめてものウサ晴らしなのかもしれない。

現役JDのプラーちゃん

「でねでね、M社のエラい人っていうのが、そのスナックのいちばん人気のコに惚れちゃったんだって」

 聞いてもいないのに下世話な話を耳元で囁いてくるプラーちゃんは、現役JDであった。シーラチャーの北に位置するバンセンの街にあるブラパー大学2年生は、太モモあらわなミニスカでぴったりくっついてくる。シーラチャーは近辺の大学や専門学校の女の子がナイショのバイトをする街としてもひそかに知られていた。シマくんはそんな若い子たちを無視して熟女のママの手を取り、なにやら語り合っている。夕方からシーラチャーを重点的にパトロールして回ったが、最後のシメと思って入ったスナックだった。客は僕たちのほか、猛り狂ったようにオザキとナガブチを熱唱する作業着姿のたぶん30代。

「あのヒトたちも自動車関係。おじさんは?」

「僕らはまあ、そのなんだ。ナンスー・サラカディ(ガイドブック)」

 Gスタの常套手段であった。取材とバレたくない場合、よくこう擬装した。ガイドブック制作会社を称すれば、根掘り葉掘りあれこれ聞くのも写真をバッシバシ撮るのも自然である。それにGダイはガイドの一面も持っているのだから決してウソではない。

「へえ、いろんなトコ行けていいなあ。私もつれてってー」

 とか信じているので若くみずみずしい太ももを撫でてやれば、小さな頭をちょこんと肩に乗せてくる。かわゆい。

看板娘を取り合ってお偉いさんが乱闘騒ぎ

「で、M社のおじさんはどうしたの?」

「そうそう、M社もクルマでしょ。その店にはね、やっぱクルマ関係で、S社の人も常連だったんだって。でね、S社のエラいおじさんも、人気の看板娘目当てだったの」

「両社のおじさんで、同じ女の子を取り合いか」

「そう。で、そのコがすっごい悪いコだったんだって」

 もう女性週刊誌に食い入るおばさんの顔であった。タイ人もこういう話が大好きなのだ。ちょっと突つけばペラペラペラペラ止まらない。

「S社のおじさんの前で、M社のおじさんといちゃついてみたり、かと思ったらM社のおじさんが見てるのに、S社のおじさんにお持ち帰りされたり」

 競争心を煽ったのだろうか。気が気でない両社がひんぱんに来店してくれる効果を狙ったのかもしれないが、コトは剣呑な方向に流れていくのであった。両社のおじさん同士、いがみあうようになったのだ。当然といえば当然であった。

 そしてある日、とうとう日本を代表する自動車産業の両雄は、互いにブチ切れてその店で乱闘騒ぎを起こしたのだという。

「コワイネー」

 プラーちゃんは日本語で言って、くっくっくと嬉しそうに笑う。そして、いい年こいて大立ち回りを演じたおじさんたちの処遇を決めるため、それぞれの支店長が出張ってきたのだという。この騒動に対する裁断は、

「M社は偶数日、S社は奇数日。店に行く日を分けて、ケンカはしないように」

 こうしてトップ会談によって和平協定が結ばれ、両社の頭文字から取った「シーラチャーSM戦争」は終結したのだという。この顛末が実に面白くて、Gダイだけでなく僕はあちこちの媒体に書きまくってしまった。

 シーラチャーの日本人人口は、いまや7000人とも、短期長期の出張者も含めれば1万人ともいわれる。早すぎる発展の裏にはきっと、まだまだたくさんドラマが隠れているのだろう。

【前編を読む】 「それ、虐待じゃないですか」日本人女子高生の売春が噂になった“テーメーカフェ”で聞いた在タイ邦人のリアルな日常

(室橋 裕和)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング