1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. スポーツ総合

阪神ファンよ、敵は巨人にあらず…2008年、あの夏の失意を思い出せ

文春オンライン / 2021年7月3日 11時0分

写真

岩田稔 ©文藝春秋

 本コラムを書いている7月2日夜、最大8ゲームあったセ・リーグ首位の阪神と2位巨人とのゲーム差は1.5にまで縮まった。交流戦を6連勝で終えたタイガースは、このまま独走しつづけるにちがいない。多くのファンがそう思った。いや、勝ち続けることに臆病なファンの大半は「お願い、このままいって!」と願うか、「せめて勝率5割でいいから」と殊勝な星勘定を脳内でおこなった。

 一ファンである私も例外ではない。

 一方で、本コーナーの監督を任された立場としては、現状に一喜一憂することなく、冷静なる眼で俯瞰するよう心がけている。そうするなかで、じょじょに、巨人の猛追は恐るるに足らず、むしろ、「想定内」と捉えられるようになった。なんとなれば、あらゆる自然のおこないには波がある。海面の波は言うまでもなく、景気の波、好不調の波、感情の波……、人間関係にだって波がある。勝負事に波があるのは、必定と言えよう。落ちない波はない。同様に、凪が永久につづくこともない(見よ、DeNAを! 開幕から永遠に負けるかと思われたが、交流戦は大活躍だったではないか……と、DeNAを例に出してしまい、横浜ファンの松樟太郎先生にお詫びします)。

 この視点に立てば、開幕から絶好調を維持してきた阪神が、ここで小休止するのは必然。かえって、ちょうどいいタイミングで落ちたと言えるのではないか。夏前に一度、波を落ち着かせておいて、大山、サンズ、近本など、夏場に強い主力がそろう阪神は、秋に向けて快進撃することだろう。

 よかったよかった。何も案ずることはない。矢野監督のシナリオ通りだ。

 ……とここまで思考が進んだところで、おや? と思われた方もいよう。

 そう、そのとおりである。

 以下、阪神ファンのなかでもまだあまり語られていない、阪神最大の敵について見てみたい。

敵は巨人にあらず、東京五輪にあり

 まずは、以前このコーナーに登場したわが心中に眠るもう一人の私(「俺」)に語らせてみよう。数ヶ月出番がなく、うずうずしていたようだ。そのストレスでずいぶん「おっさん化」が進んでしまったが、どうぞお許しいただきたい。

     *

「いやいや、え、これもうマイク入ってるの? あ、そう。ほな、言うけどね、敵は巨人やないよ。みんな勘違いしたらあかん。じゃあ、誰って? なに言うてんの。そんなん、決まってるやん。オリンピックやオリンピック。東京五輪に決まってるやん。

 いや、びっくりしたわ、ほんま。7月19日から8月12日まで中断って、何それ。25日間の中断。

 25日やで? わかってる?? 約1ヶ月。オープン戦の期間とほとんど変わらへんやん。

 この夏場が正念場やろ。昔から言うやん、夏を制するものがペナントを制す、と。

 特に今シーズンの阪神は、そう。誰やらも言うてたけど、いま、一時的に不調の波がきてるのはしゃあない。波を上向きにするためのタメの期間が今や。問題は、ここから。一度、底で溜めたエネルギーを上に引き上げる。7月に入って、波の角度が下から上に向き始める。たぶん、そうなるやろ。

 そうして、上がってきた。よし、また開幕から始まった快進撃の再来や! こういうシナリオを阪神ファンは待っていたわけや。それが、や。

 上向きだした波の先端が、ぷつりと断ち切られる。

 試合がなくなるというのは、そういうことや。波の勢いがいったん削がれる。削がれた勢いはいったんゼロになるわけで、再開後、波の角度が以前どおり上向いたまま上がっていくことはない。大きな石をもちあげるときを考えてみればわかるやろ。もちあげるときが重いわけや。宙に浮きだしたら、あとは腰の位置までいっきにもちあげる。そのほうが楽なんちゃう? 途中で、中腰のまま止めてみぃ。めっちゃ重いし、しんどいで。25日もその体勢でいてみいや。そっからもう一回もちあげるの、並大抵やないで。ちゅうか、腰いわすやろ。

 25日間の中断ってそういうことやで。

 エキシビジョンマッチが12試合あるやろ、って、何言うてんねん。公式戦ちゃうやん、それ。公式戦ちゃうやつを、シーズン真っ只中にやって、なんの意味あるの。仮にそこで全勝でもしてみ? あとが怖いで。かといって全敗も嫌やろ。それに、選手はあくまで調整のためだけに出場するわけで、調整のためだけに出ている打者に調整のためだけに出ている投手がどんなボールを投げるの。毎年、オープン戦の活躍を手放しで喜べへん、あれと同じこと。ただひとつ、決定的にちがうのは、オープン戦はシーズンを前にしたほんまの調整の意味があるのに対し、エキシビジョンマッチは、好調なチームであれば、その勢いをできるだけ持続するという類の調整が加わるということ。つまり、個々人の調整にくわえ、チーム全体の波を調整する必要がある。なにせ、シーズン真っ只中なわけやからな。

 現に、交流戦後のわずか4日間のブレイクで、流れが変わったやろ?

 楽天との3戦目(6/13)、すごかったやん。どうやっても負けへん、めちゃ強いチームになってた。……って、おいおい、なんでマイクとるねん。ちょい待ちい……」

 *

 まったく異論はないのだが、ここからさらにヒートアップしそうなので、いったん司会にマイクを戻すことにする。

 とりわけ、この点については、「俺」と意見がぴったり重なる。

 敵は巨人にあらず、東京五輪にあり――。

 ちなみに、「俺」が話しかけていた対楽天戦の勝利は見事だった。

 楽天先発の新人・早川と久しぶりの登板となったガンケルの投げ合い。一進一退の攻防の末、同点で迎えた9回表。3連敗だけは避けたい楽天は抑えの松井裕樹を投入した。松井は、現時点でのパリーグのセーブ王である。あと一死で楽天の負けはなくなるツーアウト後、阪神は粘りに粘って梅野が出塁。そこで盗塁を決める。ただし、ただの盗塁ではない。ディレイド・スチール(delayed steal)といって、わざとワンテンポ遅らせての盗塁である。投球直後に走らなかったため、捕手・田中貴はあわてて送球。それがセンターへ逸れ、梅野は三塁までいっきに進塁。結局、この走塁で追い込まれたバッテリーは、一番近本との耐久戦のような対戦に粘り負け、タイムリーを打たれる。この1点を9回裏、阪神の守護神スアレスが守りきり、ゲームセット。

 すきのない、真の強者の戦いだった。

 それが、交流戦後の巨人戦では、初戦こそとったものの、2戦、3戦目を落とし連敗。とくに、6月20日の3戦目は、原采配に翻弄されっぱなしだった。一打同点という場面で左の高梨に対し、阪神は新人・中野(左打ち)を下げ、右打ちの北條を打席に送る。ツーストライクまで追い込まれる。その瞬間、突如、原監督がベンチを飛び出してくる。審判となにやら、話し込む。な、なに? 球場が心なしかざわついた。そして、ピッチャー交代が告げられる。ツーストライクから右投げの投手への交代という意表をついた作戦をとったのだ。それに対し、阪神ベンチは沈黙。そのまま北條が打席にたち、代わった鍵谷の1球目を強振し、三振に倒れた。ツーストライクと追い込まれていたとはいえ、左の糸井を送るという選択肢はなかったか。そもそも、テレビ解説者(岡田元監督)が言っていたとおり、「1番・近本、2番・中野で今年はいく。そういう意味でも中野でいくべき」だっただろう。1週間前にディレイド・スチールを決めたチームの面影はまるでなかった。さらにいえば、この日以降、中野はスランプに陥ることになった(次の試合から月末までの打率が.161)。

 かように、シーズン中における試合のない「間隔」はこわい。感覚と流れを容易に変えてしまう。

阪神ファンにとって、五輪は鬼門

 さて、ここで別の人物の筆に委ねてみたい。無名の文士であるが、阪神を愛すること筆者など足元にも及ばず、記憶力の旺盛なること山のごとく、そして過去への悔恨の度合いなどは常軌を逸しているとさえ言える。

 *

 当時、我々の界隈での話題といえば、こればかりであった。つまり、

「岩田なる理由は如何?」

 2009年の初春であった。第二回WBC(ワールドベースボールクラシック)を3月に控え、急きょ、4年目の岩田稔が代表に招集された。ドジャースの黒田博樹が調整を理由に代表を辞退。その代役であった。代表監督は原辰徳である。巨人の監督でありながら、代表の監督を務めていたわけである。

「いただけない」

 我々は顔を合わせば、口をついた。いただけない、いただけない。岩田の選出は実にいただけないものだった。

 前年、プロ入り初の10勝をあげた岩田であったが、代表に値する実力というにはまだ遠い、未完成の投手にすぎなかった。他の代表メンバーの面々と比べてみれば一目瞭然であろう。ダルビッシュ有(日本ハム)、馬原孝浩(ソフトバンク)、田中将大(楽天)、涌井秀章(西武)、松坂大輔(レッドソックス)、岩隈久志(楽天)、藤川球児(阪神)、内海哲也(巨人)、小松聖(オリックス)、渡辺俊介(ロッテ)、山口鉄也(巨人)、杉内俊哉(ソフトバンク)。文字通り、日本球界を代表する投手ばかりである。

 我々の不安は的中した。緊張と実力不足。岩田は一見して硬かった。一戦必勝の大会で投げるには場数、実績、地力、すべてを欠いていた。必然、無理をして投げることになる。言わずもがな、無理はどこかで表面化する。

 初登板は、第1ラウンドでの韓国戦だった。1イニング投げ、1奪三振、2四死球。次に投げたのは同じく韓国戦(第2ラウンド)。0/3イニング、2四球、うち1つは押し出しという惨憺たる結果となった。そして大会後に「左肩肩峰下滑液胞炎」発覚。復帰は6/10の西武戦まで待たなければならなかった。

 我々仲間うちでは、「原の陰謀」「原の呪い」とさえ唱えるものもいた。むべなるかな。前年の2008年、岩田は対巨人戦でプロ初勝利を挙げ、最終的に巨人から3勝をもぎ取った。原の立場から言えば、目の前で実力を見せつけられたからこその選出、ということなのだろう。だが、我々の間では、原の岩田潰しにしか見えなかった。若い芽を摘み取るには、絶対に批判の出ない、出ようのない、うってつけの場であったのだ。

 ところで我々が物心ついたころ、初めて野球盤なるゲームをしたその商品の広告塔は若大将・原辰徳であった。この野球盤でフォークボールをなげられると、ほぼ打てない。消える魔球となる。ときおり、そのフォークを投げる友に対しては、「はらたつ、はらたつ、はらたつのり!」と言った。そうしてせめてもの鬱憤を晴らしたものだ。

 WBC のあと、我々のあいだで、ぶつぶつとつぶやく者が増えた。ご飯を食べながら、バスを待ちながら、散歩をしながら、唱えることばはいつもこれだった。「はらたつ、はらたつ、はらたつのり!」。

 事実、前年(2008)は見事にしてやられたのであった。世の言うところの「メイク・ミラクル」である。最大13ゲーム差をひっくり返され、阪神は原巨人にペナントを奪われる。

 その大きな要因は、原采配だけでない。背後には、「五輪」という大きな存在があった。 

 2008年夏、北京五輪。阪神から現監督の矢野、藤川にくわえ、広島から移籍して1年目の新井貴浩が選出された。新井は、腰痛を押して五輪へ出場。ジャパンの4番という大役を担っていたのである。結果は4位に終わり、星野ジャパンは失意の帰国。しかし、阪神ファンにとっての失意は、五輪の順位なんぞではまったくなかった。「新井、第五腰椎疲労骨折。シーズン絶望」、この知らせほど大なる失意を生むことはなかろう。星野は、「私の責任。阪神と阪神ファンに申し訳ない」と謝罪のコメントを出したが、謝られたところで新井が戻ってくることはない。「まったくなんてことをしてくれたんだ!」。憤った。怒髪天を衝いた。怒れる我々は、憤りのやり場について話しあった。

 結論――。五輪は諸悪の根源なり。

 なぜならば、星野にそれを求めたところでしかたがないのであった。たしかに新井を無理させた責任は星野にあろう。だが、金メダルという阪神ファンならずともプロ野球ファンからしてもどうでもいい目標を求められ、それに縛られた監督が強力な4番を希求するのはやむをえない。むろん、星野が無理を言える球団は、当時、シニアディレクターを務めていた阪神である。さらにいえば、移籍1年目の新井が阪神元監督である星野の期待に応えようとするのはもっともであり、それ以外の選択肢などとりようがない。プロ野球が五輪に参戦しさえしていなければ。その思いの果てに行き着いたのが以下である。――アマチュア精神を失い、醜悪なコマーシャリズムに走る五輪こそが悪。

「五輪憎し、五輪憎し」。我々は顔を合わせば、こう言ったものだ。

 その年、メイクミラクルなんぞという浅はかな言葉が巷間出回ったが、阪神は五輪の犠牲となったのである。そこへ、原巨人が見事につけ入った。そういうことである。

 あのとき以来、我々阪神ファンができうることは以下のお題目を唱えることだけとなった。

 五輪よ、二度とプロ野球にかかわるなかれ。ペナント争いの邪魔をするなかれ。

 ……

 ところが、である! 

 *

 このあと、恨み骨髄に達する筆致で、今年の東京五輪への批判がつづくのであるが、ここでは割愛したい。この文士、過激であることは間違いなかろうが、言わんとすることはわかる。

 阪神ファンにとって、五輪は鬼門。

 これは間違いないであろう。そして加えるならば、文士の見立てのように、原采配、あるいは文士の言うところの原の呪いが微妙に関わってくる気がしてならない。五輪という鬼門を前にどうしても生じてしまう綻びを、原監督が見逃すはずもないのだ。その兆候はすでに出ていよう。6/20の原巨人との駆け引きに敗れて以降、矢野采配にキレがなくなったのは多くの阪神ファンが気づいているはずだ(7月1日のヤクルト戦で、スアレスを3連投させたのなど、その負の典型であろう)。すでに五輪の呪いが周辺にまで影響してきている気がしてならない。

 以上をふまえ、本コーナーの阪神監督として、以下を切に訴える次第です。

 阪神優勝のため、なんとしても東京五輪は中止にしてもらいたい。代わりに、中断予定の25日の間にできるだけ多く、公式戦をおこなってほしい。

 そして、これは一プロ野球ファンからの願いであるが、二度と五輪へのプロ野球選手の派遣はやめてもらいたい。プロ野球は粛々とプロ野球をやろう。アマチュアのスポーツは、アマチュアに任せて。

 以上、本コーナー・タイガース監督である私からの訴えでありました。

 最後に一つ。私は文士と違い、原監督の勝負師として見事な采配に脱帽こそすれ、原監督に恨みも怒りももっていない。どころかひそかに期待しているのだ。

 あのさわやかな口調で突然、こう発言してくれないかな、と。

「うん、みなさん、五輪はやめましょう!」

 言ってくれないかなぁ。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2021」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/46141 でHITボタンを押してください。

(三島 邦弘)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング