1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. スポーツ総合

G.G.佐藤さんと悩んだ日々…トレードは人生をどう変えるか〜米野智人の場合

文春オンライン / 2021年7月8日 11時0分

写真

西武時代の筆者・米野智人

 思いもしない知らせは、突然告げられた。

 2010年6月18日、当時ヤクルトスワローズの2軍で悩んでいた、というより病んでいた私、米野智人は野球をやめようかなと真剣に考えるくらいの状態だった。高卒11年目、プロでのキャリアは思うように行っていなかった。

 関東甲信地方で梅雨入りが発表されて少し経ったその頃。イースタン・リーグ公式戦がヤクルトの2軍グラウンドの戸田球場で行われる試合前練習の時だった。

 2軍のマネージャーから真剣な顔で「ヨネ! 今すぐクラブハウスに行ってくれ」と言われた。何を言われているのか、すぐには意味がわからなかった。

「は、はい。ん? これは……ん? トレード!?」

 もしそうだったら、こんな俺を欲しいと思ってくれている球団はあるのか? そんなことを考えながらクラブハウスに戻り、球団の方が待っている部屋へ向かった。

米野「お疲れ様です」
球団「お疲れさん。なんで呼ばれたか、わかる?」
米野「あ、はい……。トレードですか?」
球団「そうだ」
米野「どこのチームで相手は誰ですか?」
球団「ライオンズの山岸」

 トレードの相手は2005年に青山学院大学から西武ライオンズに入団した山岸穣投手。

 そのシーズン、ヤクルトは低迷中の投手陣が補強ポイントだった。対してライオンズは、捕手の炭谷銀仁朗が3月のオープン戦で左膝を負傷して長期離脱の可能性があり、この交換トレードが成立した。

球団「じゃあ明日、11時に所沢の球団事務所で記者会見だから、よろしく。頑張ってくれ!」
米野「はい、わかりました。頑張ります」

 奇しくもトレード先は、同日からイースタンリーグ3連戦で対戦するライオンズだった。

 ヤクルトに入団した時は、自分がトレードで他球団に移籍するとは想像したこともなかった。10年以上も慣れ親しんだチームを離れるのは正直、嫌だった。しかも野球に対して情熱を失いかけていたタイミングだったので、最悪だと感じた。

「類友」のG.G.佐藤

 じつはこの年、捕手として行き詰まっていたことで、球団に一度「試合に出られなくてもいいので、外野にポジションを変えたい」と打診したことがある。

 トレードを告げられたのは、その1ヶ月後くらいの出来事だった。

 内心ではとても複雑な気持ちだったが、ライオンズは「まだ米野は捕手として戦力になる」と考えてくれていたので、自分としては頑張るしかなかった。

 所沢の球団事務所で入団会見を終えた後、西武第二球場で軽く汗を流して自宅に帰り、ヤクルトでお世話になった方々に連絡をした。その後、物思いにふけっていた時、ライオンズの2軍マネージャーから連絡が入り、「明日の戸田でのヤクルト戦で野手が不足しているから、申し訳ないけど参加して」とのことだった。

 一昨日までヤクルトのユニフォームを着ていたのに、2日後にはライオンズのユニフォームを着て古巣のチーム相手に試合をしている。なんとも不思議な気持ちだった。

 まだ自分のユニフォームが届いていなかったので、当時投手だった木村文紀の41番のユニフォームを着て試合に出場したのは、今振り返ればいい思い出だ。

 キム、貸してくれてありがとう!

 移籍後、僕はやはり低迷が続き、1軍に呼ばれることもなく2軍で悩んでいた。

 ちょうどそんな時、西武のファームにもう一人悩んでいる人がいた。G.G.佐藤さんだ。

 G.G.さんも本来のプレーができず、いつも考え込んでいる様子だった。

 今だから、笑い話として振り返ることができる。あの時は、二人とも精神的に病んでいた。

 類は友を呼ぶではないけれど、よくロッカールームで話していたのが懐かしい。

 ある日、一緒に車でラジオを聴きながら移動していると、美空ひばりさんの名曲「愛燦燦」が流れた時に二人とも泣きそうになったことをよく覚えている。

プロ野球人生で最も練習した1年

 移籍2年目の2011年もほとんど2軍生活で、もしかしたら今シーズンで現役生活が終わるかもしれない……という不安が頭をよぎっていた。

 シーズン終盤は、野球選手にとって電話の呼び出し音に敏感になる時期だ。覚悟はしていたが、結局、その通達は来なかった。

 その年の秋季キャンプで、首脳陣から思いもしない言葉をかけられた。

コーチ「外野で勝負してみないか!?」
米野「は、はい! やってみます!!」

 まさかライオンズに来て、首脳陣からその言葉をかけられるとは思わなかった。

 ヤクルトの時に「外野にポジションを変えたい」と言った1ヶ月後にトレードとなり、「自分は捕手としてチームに貢献できるようになるしかないんだ」と耐えてきたが、ここにきてコンバートだ。

 この年で退団することになったG.G.さんもいなくなり、右打者の外野が少し手薄になったこともあり、外野で勝負した方がチャンスはあるという。

 やるしかない――。

 当たって砕けろの精神で、秋季キャンプからノックを浴びるように打ってもらった。バットスイングの量も捕手時代より増やし、翌2012年春季キャンプでもノックの嵐、毎日居残り特打。30歳からの、捕手一筋からの外野コンバートだった。

 若手よりも練習した。過去で一番練習した。

 プロ野球はそんなに甘い世界じゃない。短期間の練習だけでは結果が出ないことなど知っていたが、やるしかない。

 その甲斐あってか、2012年に外野手として気持ち新たにスタートした僕は開幕1軍をつかみ取り、同年4月26日 あの逆転満塁ホームラン を放ち、やっとライオンズの一員になれた。

 そのインパクトは強く、おかげで2015年までライオンズでプレーすることができた。

 最後は戦力外通告を受けたが、覚悟はしていたし、予想通りだったので本当に落ち着いていた。

 ライオンズに5年半、いろいろな経験をさせていただいた。感謝――。

最初と最後が「ファイターズ」

 しかし、自分の中でやり残していることがあった。捕手に再挑戦したいという思いだ。

 高校卒業後に捕手としてこの世界に入ってきた。最後にもう一度だけ挑戦したい!

 ここで諦めたら後悔する、そう思って現役続行を希望した。

 練習を続け、他球団からのオファーを待った。

 すると、懐かしい方から着信があった。電話越しの声は、木田優夫さんだ。

 当時、北海道日本ハムファイターズのGM補佐を務めていた木田さん。ヤクルト時代によくバッテリーを組ませていただいていた方からの連絡だった。

木田「米野、久しぶり。元気?」
米野「はい。なんとか元気です」
木田「この後は、どう考えてる?」
米野「現役続行を希望してます」
木田「わかった。また連絡します」
米野「はい。お願いします」

 早っ。

 本当にまた連絡来るのか、心配になった。

 それから1週間後、本当に連絡が来た!

 正式に契約してくれるという内容だった。が、予想外の契約内容で、選手兼2軍バッテリーコーチ補佐というオファーだった。

 コーチ補佐!? 正直、その話を聞いた時は戸惑った。

 とてもありがたい話ではあるが、もちろん経験したことはないし、球団としても前例のない契約内容だった。

 でも、選手としても挑戦できるので、もちろん「よろしくお願いします」と回答。北海道日本ハムファイターズに入団することが決まった。

 結局、ファイターズには1年間しかいなかったが、選手とコーチの両方からプロ野球を経験することができた。後悔はない……と言ったら嘘になるが、自分の野球人生に未練はなく、納得するかたちで引退することができて本当に良かった。

 日本一にもなれたし、大谷翔平ともチームメイトになれたし(笑)。

 前年に戦力外になり、手を差し伸べてくれたファイターズに、僕は自ら引退を申し出た……。

 自分で考えた末に下した決断だが、本当に申し訳ない気持ちになった。それでも球団は僕を尊重してくれた。

 本当にお世話になりました。

 小学生の頃、初めて入団した地元札幌の少年野球チームはファイターズだった。

 現役最後のチームもファイターズ。

 これからもファイターとして戦い続けます!

 結果的に僕の現役最終戦は2016年4月20日、札幌ドームでの対埼玉西武ライオンズ戦だった。ここでも古巣が関わっている!

 今になって思うのは、3球団を経験したことは引退後の人生に確実に活きている。スワローズ、ライオンズ、ファイターズ。お世話になりました。

 本当にいろんなことを経験させくれた野球に、心から感謝しています。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2021」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/46149 でHITボタンを押してください。

(米野 智人)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング