1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

綾瀬はるかV3達成! 不動の女王に迫る長澤まさみ、新垣結衣、のんが大混戦《「好きな女優」ベスト15》

文春オンライン / 2021年7月25日 12時0分

写真

15位 深田恭子 ©文藝春秋

石田ゆり子、江口のりこ、黒木華、浜辺美波…全世代女優がガチンコ対決!「好きな女優」2021アンケート結果発表 から続く

 いよいよ「好きな女優」部門ベスト15の発表です。

 昨年10月に石原さとみが一般男性と年内に入籍すると発表し、12月には戸田恵梨香が松坂桃李との結婚を発表しました。今年5月には新垣結衣が星野源との電撃婚を果たし、世間を驚かせました。有名女優のおめでたい報道が続きましたが、ランキングにはどう影響しているのでしょうか。

 前回(2020年)の「好きな女優」アンケートでは綾瀬はるかが2連覇で1位となっています。このままV3となるのか、前回2位にランクインした、のんが王者奪還となるのかも気になるところです。

 アンケートは、6月4日から27日までの24日間実施し、10歳から92歳までの幅広い年齢層から、7580(男性37%、女性63%)もの票が集まっています。

 それでは、「好きな女優」部門の上位15人をみていきましょう。

15位 深田恭子(38) 「『神様、もう少しだけ』から第一線で走り続ける」

 15位にランクインしたのは深田恭子(前回13位)。今年5月26日に適応障害により芸能活動を休止することが発表され、日本中に衝撃が走りました。コメントにも心配や応援の声が多く寄せられました。

「活動休止になってしまったけれど、今はゆっくり休んでから素敵な笑顔で戻ってくることを信じてる!」(20・女性)

「『神様、もう少しだけ』から、第一線で走り続ける。いくつになってもかわいい女優さん。深田さんが出演するドラマにハズレなしと思ってます」(46・女性)

「愛らしい笑顔に癒されます。『下妻物語』でのラストのカッコいい姿に痺れました! 今はゆっくり休んで、深田さんが幸せに過ごせる日々が訪れることを願っています」(35・女性)

「焦らずじっくりと心身ともに休ませて、また元気な姿を見せて欲しい……」(46・男性)

「お嬢様で色気もあり愛する男を健気に支えていた『ルパンの娘』が実にはまり役で素晴らしかった」(62・男性)

「主人が大好きで。ドラマは必ずみてます。ちょっと天然で、気にしない性格に見えてたんですが。適応障害と発表されて驚きました。かわいくて、大好きです」(48・女性)

14位 戸田恵梨香(32) 「松坂桃李さんを選んだところが流石!」

 戸田恵梨香(32・前回7位)が14位にランクイン。2020年12月には俳優の松坂桃李(32)と結婚したことを発表しました。7月期ドラマでは『ハコヅメ』(日本テレビ系)で永野芽郁とW主演を務めています。

「『スカーレット』でのサバサバした女性から『俺の家の話』でのかわいらしい女性への変貌に改めて驚いた。演技力の振り幅が素晴らしい」(46・女性)

「『SPEC』の当麻からずーーっと好きな役者さん。幅広い役柄を見事に演じられるところが、魅力」(46・女性)

「『スカーレット』がすごく良かった! それ以外の『俺の家の話』も存在感があり、役に合わせてかわいさや強さを自由に演じられる」(56・女性)

「松坂桃李さんを選んだところが流石! 趣味が良くてますます好きになりました。演技派夫婦♡これからも応援しています」(32・女性)

「『大恋愛』というドラマで好きになり、朝ドラ『スカーレット』での自然で高い演技力に、さらに好きになった」(50・女性)

「演技の上手さ。ミサミサの頃から応援中。推しと推しが結婚して嬉しかった」(56・女性)

13位 松たか子(44) 「歌の上手さは女優一」

 昨年圏外から13位に松たか子がランクインしました。4月期ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』(関西テレビ)での好演が印象に残ったようです。2022年には司馬遼太郎原作『峠』の映画が公開される予定です。

「当初から佇まいや雰囲気の好きな存在だったが、一気にファンになったのは舞台を拝見してから。声が通るし、耳に優しい。舞台での彼女の存在感はやはりひと味もふた味も違う」(60・男性)

「歌の上手さは女優一」(53・女性)

「『大豆田とわ子と三人の元夫』を見て、こんなにもてている役を演じて違和感ないのはすごいと思った。彼女自身の性格がよくて、人を引き付けるところが役に出ていると思う」(58・女性)

「漂う育ちの良さがありながら竹を割った様な感じ……と言うか、女性でありながら女っぽ過ぎない何とも言えないあの雰囲気。ミュージカルでの歌や演技は圧巻です。ドラマもいいけど、ミュージカルまた観たいです」(54・女性)

「『カルテット』から好き。今の『大豆田とわ子と三人の元夫』も良い」(23・女性)

「坂元裕二さん脚本での松たか子さん、本当に秀逸です。この役はこの人しかあり得ないと感じさせられます」(51・女性)

12位 広瀬すず(23) 「ゼクシィのCMは、もう、伝説」

 昨年8位だった広瀬すず(23)は12位にランクインしました。2020年はCM女王にも選ばれています。4月期ドラマでは『ネメシス』(日本テレビ系)で櫻井翔さんとW主演を務めました。

「『平成の吉永小百合』ではないかと思える活躍をしている女優さんです。若いのに確かな演技力だと思います」(62・男性)

「一生懸命さが伝わってくる。ゼクシィのCMは、もう、伝説だと思う」(57・女性)

「“泣きの演技”が好き。作品の中で広瀬さんが泣くシーンはどれも心に強く残っていて、思い出すだけでも泣けてくる」(25・女性)

「『海街diary』は映画も女優も素晴らしかった。綾瀬はるかや長澤まさみ、夏帆などの演技力のある美女の中で広瀬すずは抜群の魅力。朝ドラも良かった」(68・男性)

「『いのちの停車場』を見て演技の上手さに気づきました。桃李さんと並びも良かったのでまたいつか共演して欲しいです」(52・女性)

「NHK朝ドラ『なつぞら』のさわやかな好演、『ネメシス』でのミステリアスな役柄は記憶に留まる」(61・男性)

11位 石原さとみ(34)「『アンナチュラル』でのハマり具合が素晴らしかった」

 2020年10月に結婚を発表した石原さとみは昨年8位から11位となりましたが、今回もしっかりと上位をキープしています、舞台『終わりよければすべてよし』では初となるショートヘア姿を披露し、話題になりました。

「本当に綺麗で見とれてしまう。こんな顔に生まれたかったっていうくらい好きなお顔」(41・女性)

「ドラマもずっと観られる女優さん。『失恋ショコラティエ』と『アンナチュラル』の役は本当に見事でした」(20・女性)

「かわいくて女性でも守りたくなる」(39・女性)

「『恋はDeepに』で、海をこよなく愛する海洋学者、渚海音役が、石原さとみらしく、柔らかいナチュラルな雰囲気が出ています。東京メトロ『Find my Tokyo.』のトレインビューでは、東京各地を笑顔と共に紹介し、その表情に癒されたからです」(39・男性)

「『アンナチュラル』での石原さんのハマり具合が素晴らしかったので。相手の役者さんとの呼吸が素敵だなぁといつも見てしまいます」(47・女性)

10位 清原果耶(19)「才能の塊」「大女優になれるひとり」

 清原果耶が昨年18位から10位に大躍進。NHK連続テレビ小説『あさが来た』で女優デビューしましたが、2021年度前期の連続テレビ小説『おかえりモネ』では気象予報士を目指すヒロインを演じています。

「『透明なゆりかご』から注目しています。『なつぞら』では、子どもがいる役も違和感なく演じていてすごい子だなと思いました。可愛い外見だけじゃなくて、いろんな役をナチュラルに演じられる素敵な女優さんだと思います」(57・女性)

「『蛍草』では若いにもかかわらず、清楚な日本女性を見事に演じていた。『透明なゆりかご』でも感情表現豊かな演技が良かった。NHK朝ドラ『おかえりモネ』にも期待」(61・男性)

「中学生の頃から演技がしっかりしていて、正統派日本美人。いずれ大女優になれるひとりだと思う」(54・男性)

「『3月のライオン』の時から注目していました。とにかく才能の塊、だと思います。演技の振れ幅が、若年齢を感じさせない、そんな凄みを感じました。このまま大女優への道を、ただ真っすぐに歩んで行ってほしい」(41・男性)

「口数が少ない役でも表情でぐんぐん引き込まれる演技。10代にしてあの表現力は末恐ろしいほど。この人の演技を見るために劇場に行きたいと強く思わされる。素晴らしい」(33・男性)

9位 吉永小百合(76) 「日本の最後の大女優」

 往年のファンから熱い支持を受け、昨年20位から9位に上昇したのが吉永小百合。演技だけではなく平和活動や生き方にも絶賛の声が寄せられました。今年5月に公開された映画『いのちの停車場』では2年ぶりに主演を務めています。

「これだけ何十年も変わらず、そして主役を続けられる女優など今までだれもいない。お姿を拝見するだけで癒される」(54・男性)

「『いのちの停車場』を観て、改めて存在自体に感動。日本の最後の大女優の名にふさわしいのは彼女しかいない」(55・男性)

「子供の頃から変わらないと錯覚するくらい、落ち着いた佇まい、所作が美しい。朗読を通しての平和活動も長く続けておられ、続けていかなければ大変なことになると最近痛感しています」(61・男性)

「年を重ねてもかわらぬ美しさと、出演作品への愛情を感じるプロモーション活動はさすがだなと思います」(54・女性)

「『いのちの停車場』の名演技に感動したから」(68・男性)

「人間としても尊敬できる女優さん。人前では言えないけれど、あのように年を取っていくことがひそかな目標です」(52・女性)

「芝居もそうだが若手の手本になる様な仕事に対する姿勢が素晴らしいと思う」(37・男性)

8位 有村架純(28) 「『あまちゃん』の朝ドラで一目惚れ」

 昨年の圏外から一気にベスト10入りした有村架純。2021年は菅田将暉と共演した『花束みたいな恋をした』が話題になりました。4月と6月には『るろうに剣心 最終章The Final/The Beginning』が公開され、8月6日には『太陽の子』の公開も控えています。

「『花束みたいな恋をした』で初めてしっかり観た人なので、こんなに演技が上手いと思ってなかったからびっくりしました。それから一番好きな女優さん」(60・女性)

「『コントが始まる』を見て、より好きになりました! 酔っ払いの演技から号泣の演技まで素晴らしいと思います」(28・女性)

「『中学聖日記』を見てから一目を置いてます。これからは大人の女優さんとしてどうなっていくのか見守ります」(62・女性)

「『コントが始まる』の有村さんはよかった。彼女らしくない役だったように思うけど、この路線の役をもっと見てみたい」(42・女性)

「『あまちゃん』の80年代ルック。『ひよっこ』のホンワカした演技。『コントが始まる』の屈折した役柄。とにかく彼女は見てるだけで、癒されます」(56・男性)

「プレッシャーが大きいであろう『るろうに剣心』の巴を見事に演じていた」(37・男性)

7位 土屋太鳳(26)「アクションも踊りも出来る」 

 前回5位の土屋太鳳は7位にランクイン。今年4月からは「シブヤのオト」(NHK総合)の新MCとなりました。今年だけでもすでに2本の映画に出演。8月には直木賞作家・佐藤正午原作の『鳩の撃退法』が公開されます。

「『花子とアン』に出てた頃から応援してます。キラキラした少女漫画の主人公からダークな役までなんでもこなせる女優さん。『るろうに剣心』や『今際の国のアリス』で見せたアクションもすごかった! 自分の演じた役の一つ一つを大切にしている人間性も素晴らしい」(37・女性)

「謙虚な姿勢や去年観たミュージカル『ローマの休日』は凄く感動しました。アクションも踊りも出来るし大好きです」(21・女性)

「アイドル的なイメージでしたが、『哀愁しんでれら』の演技で覆されました」(65・女性)

「数年前は学園ものを演じるイメージだったけれど、ここ最近は幅広い役を演じていると思う。『哀愁しんでれら』『ヒノマルソウル』では妻や母を演じていて同時期に撮影されたにも関わらず役の印象が全然違って演技が上手い!」(17・女性)

「『鈴木先生』で初めて見たときから惹かれるものがあって、自分の中で唯一“ファン”と言えるほど熱中している女優さん。ドラマや映画で見せてくれる演技だけでなく、10年以上前からずっと書いているブログ、現在はインスタグラムに綴られる丁寧で心のこもった言葉から、昔から変わらず本当に素敵な人だということが伝わってくる」(25・女性)

「Netflixで配信された『今際の国のアリス』を観て大好きになりました。映画『るろうに剣心』でもめちゃくちゃカッコいいアクションで、もっとアクション映画に出て欲しい」(22・女性)

「『るろうに剣心』アクションかっこよかったです! バラエティーでは可愛い。お小遣いで初めてファンクラブ入りました」(14・女性)

6位 北川景子(34)「女優とママを両立させていてカッコいい」

 昨年18位の北川景子が6位に急上昇。2020年秋には第一子を出産しました。直木賞受賞作『ファーストラヴ』の映画が今年2月に公開され、映画では3年ぶりに主演を務めました。8月には『キネマの神様』も公開されます。

「『筆談ホステス』で観て以来好きな女優さんです。『家売るオンナ』も楽しかったですが『リコカツ』で決定的。リコカツロスで『HERO』も『パラダイス・キス』もレンタルして見ています」(62・女性)

「『リコカツ』でファンに。DAIGOさんと結婚したことも好印象」(51・女性)

「サバサバしていて好感が持てる。子育てしながら女優業もこなしていて努力家だと思うから」(21・女性)

「あんなに美人なのにサッパリした性格なのと、実は笑い上戸で小動物のようにクシャっと笑うところが可愛過ぎてギャップ萌えしてしまった」(40・女性)

「女優とママを両立させていてカッコいい」(56・女性)

「結婚して子供が産まれてもバリバリ働いていて凄いと思う。あまり無理はしないでと思うけれど」(26・女性)

「大河ドラマ『西郷どん』の篤姫役が名演技が好き」(65・男性)

5位 天海祐希(53)「同性も憧れるハンサムな女優」

 昨年3位の天海祐希は2ランク下げるも、ベスト5入り。7月期ドラマでは4シーズン目となる『緊急取調室』(テレビ朝日系)で主演を務めています。宝塚時代からのファンからも多くのメッセージが寄せられました。

「宝塚のころからファンです」(54・女性)

「医者役や刑事役をやってる天海さんがかっこよくて好きです」(37・女性)

「日常を感じさせる俳優もいいけど、夢やファンタジーを感じさせてくれて、しかも実在するなんて素敵~と思える俳優」(62・女性)

「宝塚出身で男らしいところが良い!」(61・男性)

「常に凛とした格好良さと、同業者からも慕われる性格の良さと、お笑いが好きでお茶目なところ」(56・女性)

「姉御肌で上司役も似合うが、舞台を見た時にあまりの美しさに絶句。宝塚出身ゆえ、立ち姿も美しいし、ダンスもいける」(53・女性)

「スッキリとした佇まいや歯に衣着せぬ語り口に惹かれます。かと思えば、結構な乙女感もあり益々惹かれてしまいます」(61・女性)

「永遠の理想の上司です」(58・女性)

「さっぱり系のように見えてウエットな演技が出来る女優。昔見た『狗神』という映画が忘れられない。女の性(さが)をじっとり演じる彼女は必見。最近では『緊急取調室』での演技が光る」(63・女性)

4位 新垣結衣(33) 「ご結婚おめでとうございます!」

 今年5月19日に星野源との結婚を発表した新垣結衣(前回4位)が4位にランクイン。“逃げ恥婚”を祝福する声が多く寄せられました。4月期ドラマ『ドラゴン桜』(TBS系)の最終回にはサプライズ出演をし、視聴者を驚かせました。

「かわいい。星野源さんとの結婚で、『逃げるは恥だが役に立つ』を見返しましたが、やっぱり透明感とかわいさが最高。かわいすぎ。天使」(48・女性)

「ご結婚おめでとうございます!」(41・女性)

「『空飛ぶ広報室』以来、気になる女優さんです」(74・女性)

「何歳になってもガッキースマイルがほんとに可愛い!! 結婚は驚きましたが、ほんとにおめでたいです! これからもどんどん活躍してほしい。同性の私でも推せるから!」(17・女性)

「『逃げるは恥だが役に立つ』のみくりさんは最高。息子の嫁にこんな人いないかと探したけど、いなかったね」(71・男性)

「チキンラーメンのCM観てから更に好きになった」(37・女性)

「三浦春馬君との共演で素晴らしく感動させてもらいました。春馬君との共演をまた見たかったですね」(64・女性)

「結婚おめでとうございます。初めてドラマに出演していたのを見た時はなんて可愛いんだろうと思いました。今でも素敵です」(51・女性)

3位 長澤まさみ(34) 「美人でコメディーもこなせる」

 

  3位にランクインしたのは長澤まさみ(34・前回11位)。4月期ドラマでは『ドラゴン桜』(TBS系)に出演し、阿部寛と16年ぶりの共演となりました。9月に公開を控えている『マスカレード・ナイト』では前作の『マスカレード・ホテル』に引き続きヒロインとして出演します。

「映画『キングダム』でのまさみ様のカッコ良さ、美しさにあらためて惚れました」(43・女性)

「メジャーなエンタメ系作品よりも、『MOTHER』『すばらしき世界』など質の高い作品で主役脇役問わず活躍している姿が好き。彼女の演技力も光る」(58・女性)

「コメディに関しては一番だと思う。『コンフィデンスマンJP』の続編、見たい」(44・男性)

「ただひたすらに好きですね。30代に入ってさらにかわいさが増しました」(41・男性)

「最近風格すら漂ってきた。日本というよりもアジアを代表する女優」(47・男性)

「売れっ子女優なのに、『MOTHER』の毒母を引き受けたことにビックリした。長澤まさみがホームレスになったり、意味なく男と関係をもったり、10代の頃から彼女の活躍を観てたので、少しショックだった。女優として、どんな役も引き受ける覚悟が凄い」(38・女性)

「数年前に三谷幸喜演出の舞台『紫式部ダイアリー』をWOWOW で観てから、コメディエンヌとしての長澤まさみに惚れ込みました」(59・男性)

「『キングダム』で長澤さんを見た時、めちゃくちゃお綺麗になっていて、女ですが惚れました。CMではコメディセンスもあり幅広い女優さんになられたなぁと思います」(60・女性)

2位 のん(28)「自分の力で新たな道を切り拓いていく」

 昨年2位にランクインしたのんが今年も2位をキープ。女優活動以外にもナレーション業も行っています。2020年5月からはオンラインライブ『のん おうちで観るライブ』を毎月開催。さらに、監督・脚本・主演を務めた映画『Ribbon』が2022年に公開予定です。

「圧倒的魅力とオーラは他の追随を許さない」(70・男性)

「テレビドラマに出れなくとも、日本映画批評家大賞を受賞したりで頑張っている」(58・男性)

「映画『私をくいとめて』を見て、素敵な女優さんで好きになりました!!」(37・女性)

「唯一無二の存在感と他の誰とも違う狂気を孕み、もはや演技をしていることも忘れさせてしまうほど、その人物になりきってしまう表現力がすばらしい」(63・男性)

「役の名とキャラクターを与えられたのんが物語の中に自然に溶け込んでいる感じ。『この世界の片隅に』はアニメなのにのんが物語の中で右往左往してるような不思議な感覚に陥った」(50・男性)

「『あまちゃん』以来ずっと応援しています」(52・男性)

「まっすぐ見据えた瞳のように迷いなく好きなことに突き進む行動力にはいつも驚かされる」(54・男性)

「朝ドラの成功で約束された国民的女優への道を理不尽にも閉ざされても、愚痴らず、ふてくされず、自分の力で新たな道を切り拓いていく彼女を応援したい。私の歳では、大女優になるときまで見届けられないのが残念だけど」(66・女性)

「女優、音楽、アート、声優等独自の活躍を続ける唯一無二の存在。いつまでもキラキラと輝き続けている」(61・男性)

「朝ドラ以来ずっと応援してる女優さん。のんと呼ばなければいけない事が辛い」(28・女性)

1位 綾瀬はるか(36)「和製アンジェリーナ・ジョリー」

 1位は綾瀬はるか(36)でV3を達成。1月期ドラマ『天国と地獄』(TBS系)では男女入れ替わりの役を見事に演じたことが視聴者の心にも響いたようです。また、天然な言動とアクションもこなせる演技派な一面にギャップを感じるという声が多く寄せられました。

「役者根性があり、坊主になったりコミカルな役もこなし、『JIN-仁-』では、強い芯のある女性を演じきり、好感を持ちました」(64・女性)

「バラエティなどでは、ポンコツぶりを発揮する綾瀬はるかさん。でもその反面『精霊の守り人』でのアクションやキリリとした顔がかっこよかったです。今年の『天国と地獄』で高橋一生さんの役を演じるときの邪悪な表情が最高でした。久しぶりに『白夜行』で演じた悪女ぶりが垣間見えてよかったです」(60・女性)

「『ホタルノヒカリ』に代表されるように最強のコメディエンヌでありながら、『奥様は、取り扱い注意』などではスタントなしのアクションを見せ、『天国と地獄』では男性のサイコパスと魂が入れ替わるという非常に難しい役を見事に演じてみせた、唯一無二の存在」(54・女性)

「ドラマ『天国と地獄』で男性になりきって、猟奇殺人を笑顔で演じる不気味さに圧倒され、綾瀬はるかの凄さを改めて思い知らされました。同世代の女優さんの中では、演技の幅も演技力もピカイチだと思います」(48・女性)

「なんでも出来る女優さん、和製アンジェリーナ・ジョリー。人柄も良くて、ずーっと大好き」(44・女性)

「ドラマ『天国と地獄』で新境地で魅せてくれた。ただの天然&かわいいだけの女優ではないことを世間に証明した。演技も上手く、色気も年齢相応に備わっており、これから大女優への階段を登っていくのだろうなと思っている」(50・女性)

「オンとオフの切り替えがもっとも凄い女優と言える。インタビューなど素の時は本当に女優か?と思うくらい天然で、どこか抜けたところさえ感じるのに、演技になるとそれが全くなく一分の隙も感じない。演技に対して常に真摯かつ完璧主義者であり、普段とのあまりのギャップにいつも驚かされる」(37・男性)

「共演する俳優さんによって輝く、実力以上のものを発揮する。『世界の中心で、愛をさけぶ』で知ったが、『白夜行』で山田孝之さんと共演して花開いた感じがする。『JIN-仁-』での存在感も見事」(62・女性)

 

 

(「ベスト50」を見る)

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング