1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. スポーツ総合

「久美さんは目に見えて細くなっていく」女子バレー中田監督が全日本主将のメールを無視した理由

文春オンライン / 2021年7月31日 6時0分

写真

1次リーグ、セルビア戦でサーブを打つ黒後愛 ©共同通信社

《古賀欠場の“大きすぎる穴”》女子バレー・中田ジャパン コート外の「派閥」問題 から続く

 東京五輪初戦で世界ランク24位のケニアを下した女子バレー日本代表だが、その戦いの中でチームの中心選手・古賀紗理那(25)が負傷退場。古賀が欠場した続く第2戦のセルビア戦はストレート負け、強豪ブラジルにもストレート負けを喫した。1勝2敗となりA組4位に転落した背水の日本代表は、7月31日、因縁のライバル・韓国と1次リーグ突破をかけた大一番に挑む。

 指揮を執るのは前回のリオ五輪終了後から代表監督を務める中田久美だ。「バレー界初の五輪女性監督」となった中田には五輪にかける並々ならぬ思いがあった――。ジャーナリストの吉井妙子氏が寄稿した「文藝春秋」2019年9月号の記事を転載する。(※日付、年齢、肩書きなどは当時のまま)

(全3回の第2回/ 第3回 に続く)

◆ ◆ ◆

ふて腐れた全日本主将「反省メール」を敢えて無視した

 中田は、全日本主将に五輪の出場経験がない岩坂名奈を抜擢した。少し頑固だがおっとりしている岩坂は中高、久光でも主将を経験したことがない。プレー面でもスタメンになれるかどうか瀬戸際の選手だった。

 この起用には誰もが驚いた。一番びっくりしたのは岩坂本人だった。

「絶対に無理、と何度もお断りしたのに、是非と。尊敬する久美さんを余り困らせたくなかったので、力不足と思いながら引き受けました」

 だが、真面目な岩坂は理想のキャプテン像に縛られ1人で何でもこなそうとしてパンク寸前になった。自分のプレーも疎かになり、18年秋の世界選手権ではスタメンから外れた。岩坂は悔しさと情けなさを大会終了後、中田にぶつけた。ふて腐れた態度を取ったのだ。岩坂は全日本が解散してすぐ反省のメールを中田に送った。だが中田は敢えて無視。

「今、岩坂は凄く悩んでいると思う。トコトン悩むことが成長のエンジンになり、彼女をまた一段、引き上げてくれると思う」

 メールの返事を出さない代わりに、中田はVリーグ期間中に岩坂を訪ね、何も言わず1冊の本を渡した。岩坂が振り返る。

「その本には“素直に勝る成功材料なし”というようなことが書いてあった。私に足りないのはそこだった。仲間たちには『困ったことがあったら遠慮なく言って』と声をかけてもらっていたのに、甘えられなかった。今回久美さんに、人を動かしてなんぼ、ということを教わった気がします」

 中田が、キャプテン像から程遠い岩坂を抜擢したのには訳がある。

 日本は男女共同参画社会を謳いながら、その実、女性経営幹部比率ランキングでは世界ワースト1(国際会計事務所グラントソントン18年調べ)。ニュージーランド44%、オーストラリア42%に遥か遠く及ばない。世界経済フォーラムのジェンダーギャップ指数ランキング(17年版)でも114位と目を覆うような結果。中田は東京五輪でメダル獲得を目指しつつ、裏テーマに幾つかの目標を掲げていた。その1つがバレーを通して選手の人間性を磨き、女性管理職として通用する人材を社会に送り出したいということだ。中田が真剣な眼差しで言う。

エース・黒後愛が元気を失っていた

「全日本というのはトップオブトップ。才能を秘めた彼女たちに、バレー以外の能力も開花させてやりたい。岩坂がいい見本。大人しくて人の陰に隠れていたような選手が、今や背中を見せチームを引っ張っている。心から頼もしいと思う。人は環境によって変わる。だから上に立つ人間は、若い人に出来るだけ多くのチャンスを作ってやることが大事」

 今期のVリーグ期間中、20歳の黒後(くろご)愛に会った。元気がないので「どうした?」と声をかけるなり「久美さん不足です」と、まるでビタミン不足のように言った。黒後も中田に日本のエースに育てられた。

「心が折れそうになっていた時、久美さんに呼ばれたんです。色々話しているうちに視界がクリアになり、なんか体の底からふつふつと湧き上がってくるものがあった。久美さんは凄い人なのに、私の目線で話してくれる。だから久美さんの顔を見ないと、なんか自信が持てなくて」

 中田の選手指導のきめ細やかさは、日本バレーボール協会女子強化委員長の寺廻太(てらまわりふとし)も舌を巻いた。90年代後半に全日本男子監督だった寺廻はその後、女子チームのJTマーヴェラス、PFUブルーキャッツの監督を務めた。

「Vリーグで中田率いる久光に勝てなかった理由が、彼女の指導ぶりを目の当たりにしてやっとわかった。あの緻密さは、女性だからというものではなく、艱難辛苦を舐めつくしてきた中田だから可能なこと」

 そしてこうも言った。

「かつて中田は好き嫌いが顕著だった。苦手な人がいると食事の席でも中座するほど。でも今は、彼女の中から好きや嫌いという感情が完全に消えていると思う。“私”がない」

あまりの激やせに「病気説」も

 その一方、チームや選手に全力投球するあまり、中田の体は徐々に細くなった。176cmで62kgあった体重が今は54kg。新鍋は「全日本シーズンが始まると、久美さんは目に見えて細くなっていく。私たちが身を削っているのかと思うと切なくて……」

 あまりの激やせぶりに、一時病気説が流れたこともある。中田は大笑いしながら否定する。

「私はバリバリ元気。ただ練習後、ビデオのチェック、データ分析、スタッフとの打ち合わせなどをしてるとご飯を食べる時間がないんです。夕方になると噛むのも面倒になって来るし……。監督になってから確実に、睡眠欲と食欲は減りましたね」

「今一歩勝ち切れないのは、私が間違っているのかも」

 中田がこの2年半、全日本に渾身の力を注いできたこともあり、ひ弱だったチームが戦う集団に変貌を遂げた。それでも中田は、選手に全身全霊で向かい合ったにも拘わらず、選手にかけた自分の言葉がその選手にとって適切なものだったかどうか自信を持てないでいた。そのため、昨年の世界選手権が終わってすぐ、東京大学EMP(エグゼクティブ・マネジメント・プログラム)を受講。

 東京大学EMPは、東京大学の持つ知の資産を横断的に活用し、最先端の思考能力を身に付けた人材を育成しようと8年にスタート。東大で教鞭を執る教官を中心にノーベル賞候補にもなるような各分野のトップランナーが、企業の管理職、中小企業経営者、官僚など将来の日本を担う40代の受講者25人に、180コマを講義する。

 中田に教科書を見せてもらったことがある。素粒子物理学、情報通信工学、イスラム政治思想、銀河天文学、中国哲学、言語脳科学、ゲノム科学……。

 世界選手権を戦い抜き、つかの間の安息を求めてもいいはずなのに、すぐさま脳が沸騰するような環境に身を置くのは、フチ子さんらしい選択だった。教科書に目をやり言う。

「はっきり言って難しい。でも、私は選手の人生を預かっているわけだから、適切な判断をし、最適な言葉をかけてあげたい。それに試合で今一歩勝ち切れないのは、選手の問題ではなく私の指導が間違っているのかもという不安があった。だから私自身が全方位的に知識をつけ、自信を持って指揮したかった」

中田と他のビジネスエリートの決定的な違い

 東大EMPの立案者で、東京大学、ハーバード大学デザイン大学院、マサチューセッツ工科大学経営大学院修了後、マッキンゼーの東京支社長などを歴任した横山禎徳は、ハーバードやスタンフォード大MBAの上を行く授業を目指したという。そんな授業に中田は必死に食らいついた。横山が言う。

「中田さんは同期の中ではかなり優秀だった。他のビジネスエリートたちは現象面を捉えるのは的確だがその先がない。その点、中田さんは課題設定が鋭く、思考軸も他の人のように日本ではなく世界。若い時から思考訓練を相当重ねてきたことがすぐ分かりました。いつも一番前の席に座り熱心に聞いていた。スポーツ界では初めての受講者です」

《因縁の韓国戦へ》日本バレー界初の“五輪女性監督”中田久美が語った「絶対に負けられない理由」 へ続く

(吉井 妙子/文藝春秋 2019年9月号)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング