1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. グルメ

大阪「卸売だから出せる本まぐろ」、三重「そびえ立つあなごツインタワー」、“かつお王国”高知は…全日本ローカル回転寿司チェーンベスト15〈西日本編〉

文春オンライン / 2021年10月2日 11時0分

写真

青森「人生最高のしめさば」、埼玉「海なし県だから出せる真鯛」、道東の衝撃「生のにしん」…全日本ローカル回転寿司チェーンベスト15〈東日本編〉 から続く

 地方で“独自の進化”を遂げた「ローカル飲食チェーン」のなかでも、手軽に食べられる回転寿司は激戦ジャンルのひとつだ。

 日本全国の飲食チェーン店を巡る旅を続け、全国津々浦々400種以上のチェーン店を探訪したライターのBUBBLE-B氏に、全国各地の「ローカル回転寿司チェーン店」を東日本、西日本に分けてそれぞれベスト15を挙げてもらった。

 今回は西日本編。店舗と料理の写真付きで紹介する(メニューや値段は取材時のもの。税率が違う場合もあるため、適宜「税抜」「税込」と表記)。

15位 海都 (岡山)

 ローカル回転寿司チェーン特集・西日本編の15位は、岡山生まれの回転寿司チェーン「海都」。古くはマリンポリスという店名だったが、現在はグルメ回転寿司指向の「海都」とカジュアル指向の「しーじゃっく」の2ブランドにて、中国・九州地方でチェーン展開を行っている。

 海都のこだわりは、日本各地の漁港から毎朝鮮魚を仕入れることで、食材の種類と鮮度の両方が確立されている点。もちろん瀬戸内海で水揚げされた地魚も楽しむことができる。

 特にマグロは常にベストな状態のものを確保するため、季節に応じて様々な漁港から仕入れるというこだわりようだ。

〈推しネタ〉鮮やかな色が鮮度の良さを物語る「中トロ」

 大トロは脂身が美味しいけどちょっと重いし高い。赤身はさっぱりして爽やかだけど物足りない……。その中間にあるのが中トロで、私の好みのバランス感だ。

 海都の中トロは、シャキッと新鮮な身を口に入れるとまぐろの旨味が口の中全体に行き渡るような逸品。鮮やかな色をしたまぐろが、その鮮度の良さを物語っているようだ。

14位 元祖 廻る元禄寿司 (大阪)

 大阪の「元禄寿司」は、1958年に日本で初めて回転寿司を発明した回転寿司のパイオニアだ。

 回転寿司は、1958年に元禄寿司創業者の故・白石義明氏によって考案された「コンベア旋回式食事台」によって実現した。それまで高かった寿司が庶民でも手軽に楽しめるようになった重要な発明である。

 元禄寿司は日本中にフランチャイジーを持つほど成長し、その後は時代と共にフランチャイジーたちが新たなブランドを掲げて独立していったが、元祖の元禄寿司は今なお創業地の大阪に本店といくつかの店舗を構え、地域密着型の回転寿司として愛されている。

〈推しネタ〉ネタが大きく鮮度も抜群な125円「トロサーモン」

 全品125円という低価格にもかかわらずネタは大きめで鮮度も抜群。トロサーモンは脂が乗って柔らかく、口の中でまろやかに溶けていく。

 一世を風靡した元禄寿司だが、今時のタッチパネルや特急レーンはなく、昔ながらのスタイルを守っている。しかし、低価格なのに満足感の高いネタがずらりと揃った様子は、回転寿司のパイオニアたる矜持を感じることができる。

13位 すし大臣 (佐賀)

 佐賀の鳥栖に本店を持つ回転寿司チェーン「すし大臣」。

 九州ならではの食材をふんだんに仕入れたグルメ回転寿司だ。

 1976年に福岡県春日市で立ち食い寿司として創業し、その後回転寿司に業態変更したのが今のすし大臣。全店舗に生け簀を設け、地元の食材をふんだんに取り揃えるグルメ回転寿司だ。

 ちなみに長崎の大村湾に浮かぶ「橘島」という無人島は、以前は島ごとすし大臣が所有して社員の研修場として使われていたが、2019年1月に平成ノブシコブシの吉村崇氏が1億8000万円で購入するという話が出たことも記憶に新しい。研修所時代の調理設備などがあり、今は寿司バーとしても利用しているというのだから、なんともうらやましい話だ。

〈推しネタ〉簡単には釣れないレアなネタ「マハタ」

 マハタは、釣ろうと思っても簡単には釣れないほどのレアなネタだという。体に縞模様があることから「しまあら」とも呼ばれている。すし大臣おすすめのマハタはやや硬めで、白身らしい淡泊さの中にもしっかりとした旨味が感じられた。臭みなども全くなく、とても爽やかな後味だ。

12位 にぎり長次郎 (大阪)

 大阪を中心に関西で広く展開する回転寿司チェーン「にぎり長次郎」。かつてはアトムボーイとして展開していた店舗の一部が2001年にブランドを一新し、本物志向のグルメ回転寿司店として生まれ変わったのが同店だ。

 にぎり長次郎は、より高級志向の「CHOJIRO」も展開しており、東京でも二子玉川に店舗を持っている。

 店内には巨大な生けすが設置されており、「活魚」の名のとおり新鮮なネタが楽しめる。

〈推しネタ〉まさに“ふわとろ”「とろサーモン」

 にぎり長次郎のとろサーモンを食べると、グルメ回転寿司のとろサーモンは一味違うなと感じることができるはずだ。大きくカットされたネタは口の中でとろけるように柔らかく、サーモンの独特の旨味を存分に味わえる。

11位 大起水産回転寿司 (大阪)

 回転寿司発祥の地である大阪で、塩干物の卸問屋からスタートした「大起水産」。まぐろの解体ショーも楽しめる、人気の関西ローカルチェーンだ。

 まぐろの卸問屋が母体ということで、まぐろはもちろんのこと、取り扱う全てのネタの新鮮さはお墨付き。大阪にいながらにして多くの種類のネタを安価に楽しむことができる。

 ここ大起水産回転寿司 堺店は堺中央綜合卸売市場の敷地内にあり、新鮮な魚介類を購入できる「まぐろパーク」と共に連日多くの人が訪れている。

〈推しネタ〉これが“卸売業の品質”!「本まぐろ大トロ」

 柔らかく、口に入れると自然の甘さがほのかに広がる「本まぐろ大トロ」。さすがに卸売業を営む品質で、大トロだけでなく中トロや赤身に至るまでワンランク上のまぐろが堪能できるのは大起水産ならではだ。

10位 海鮮アトム (福井)

 かつてアトムボーイという回転寿司チェーン店があったことをご存じの方も多いだろう。ここ「海鮮アトム」はアトムボーイの源流を今に受け継ぐ、福井ローカルのグルメ回転寿司チェーン店だ。

 鉄腕アトムのキャラクターと共に一世風靡したアトムボーイも今は無く、大半の店舗が別のブランドとなって再スタートした。そんなアトムボーイの源流は福井で創業された「徳兵衛寿司」で、この海鮮アトム本店の場所こそが徳兵衛寿司の本店があった場所である。

 現在、店内に鉄腕アトムの姿はないが、それでも「アトム」を名乗る姿は、かつて一世を風靡した回転寿司の発祥地である誇りを感じさせてくれる。

〈推しネタ〉ジューシーなネタをおろしでさっぱり「焼きさば」

 古来より、若狭湾で水揚げされたさばは鯖街道を通って京都に運ばれた歴史があり、さばと馴染みの深い福井。

「焼きさば」寿司はその名の通り焼いたさばをネタに握った寿司で、そんな福井の新たな名物となっている。海鮮アトムの焼きさば寿司は、脂が乗ってジューシーな焼きさばを、大根おろしと共にさっぱりと楽しむことができる。

9位 すしまんまん (三重)

 三重ローカルでチェーン展開する「回転すしまんまん」。三重の尾鷲港はもちろん、全国の漁港から仕入れたこだわりのラインナップを誇るグルメ回転寿司だ。

 回転すしまんまんは2度に渡る店名変更という数奇な歴史のあるお店だ。当初、「寿司かっぱ」としてオープンするが、その後大手回転寿司チェーンの店名と重複したため、「回転すしざんまい」に名称変更。しかしながらまた別の大手寿司チェーンと重複したため、2018年に今の「回転すしまんまん」へと店名が変更されたという経緯を持つ。

 回転すしまんまんの店舗は実に素朴で実直、商売っ気をまるで感じない。しかしその中身は濃厚そのもの。このメニュー表の作りからも、真面目さが伝わってくるようだ。

〈推しネタ〉塩・おろし・タレで堪能!「えんがわ炙り三種盛」

 柔らかく、脂身の甘さが際立つ厚身のえんがわを炙り、「塩・辛子おろし・タレ」という3つの味で楽しむことができる、えんがわ好きにはたまらない逸品だ。

〈推しネタ2〉そびえ立つツインタワー「あなご天巻」

 もう一品のおすすめネタは「あなご天巻」。あなごを天ぷらにしたものを、軍艦巻きの真ん中にブッ挿して立てたアバンギャルドなものだ。

 揚げたてサクサクの衣の下にあるフカフカのあなごだけで十分満足なのだが、それを軍艦巻きにして立てることで発生する異次元のインパクト、ひたすら楽しい。

8位 弥一 (和歌山)

 和歌山と大阪で展開する回転寿司チェーン「弥一」。

 地元和歌山の豊富な食材はもちろん、日本中の食材が楽しめるグルメ回転寿司だ。

 海と山に囲まれた和歌山は食材の宝庫。生まぐろの水揚げ日本一で知られる那智勝浦や湯浅のしらすなど、豊富な海産物に恵まれた土地。そんな和歌山で1998年に創業したのが弥一だ。

 那智勝浦漁港は生まぐろの水揚げ量、日本一。そんな上質の生まぐろを直送し、新鮮なまま食べることができるのは弥一ならではだ。

〈推しネタ〉柔らかさの中のモチモチ弾力「まぐろ三昧」

 そんな弥一で食べたい「まぐろ三昧」は、上ネギトロ・本まぐろ中トロ・本まぐろ大トロのトリオ。そのどれもが柔らかさの中にモチモチとした弾力を持ち、生ならではの食感を存分に味わうことができる。

〈推しネタ2〉とろける食感が直撃!「炙り三昧」

 弥一でまぐろと共にお勧めしたいネタは「炙り三昧」。「炙りえんがわ・炙りサーモン・炙り貝柱」という組み合わせだ。

 この中で特に炙りえんがわのとろけるような食感が衝撃的、脳天を直撃するような旨味が凝縮されている。是非とも弥一で食べていただきたい。

7位 寿し一貫 (高知)

 四国随一の食材の宝庫、高知。そんな高知で生まれたローカル回転寿司「寿し一貫」は、高知を中心に四国4県で展開している。

 寿し一貫の1号店であるあぞうの店は、手作りマンションとして知られる沢田マンションのすぐ近くに立地する。かつおはもちろんのこと、海と山に囲まれた高知ならではの食材を活かしたグルメ回転寿司だ。

 そのルーツは、70年代に小僧寿しのフランチャイズとしてスタートしたことだという。高知県内の小僧寿しは今でも寿し一貫の運営であり、1号店のあぞうの店に小僧寿しの店舗が隣接していることもそういった事情によるものだ。

 おすすめメニューを見て驚いた。牛タン握り以外の全てが高知産の食材なのである。そして、シャリで使っている米ですら高知で精米された米を使用するという地産地消具合だ。

〈推しネタ〉“かつお王国”の見たことないこだわり「戻り鰹の昆布塩」

 高知のかつおは次元が違う。上物が地元に出回り、しっかり締めた後に厳格な温度管理で寝かされたものが、藁焼きのタタキにされる。そんな“かつお王国”高知では、たとえ回転寿司であっても舌の肥えた高知県民を納得させる味が要求される。

 寿し一貫の「戻り鰹の昆布塩」は、その名の通り秋が旬の戻りがつおをタタキにして、海水に昆布出汁を注入して作られたという特製の塩による味付けがポイント。他の回転寿司店でのかつおでは見たことのないレベルのこだわりだ。

 たっぷりと脂を蓄えた戻りがつおの旨味と芳醇な塩が絶妙にマッチし、その味はまさに高知レベル。これが290円だなんて信じられない。ちなみに季節限定なので、春と秋のかつおシーズンに行くべし。

6位 北海道 (鳥取)

 なぜ西日本編に北海道が?と思われたかも知れない。しかし間違いではなく、鳥取と島根のローカル回転寿司チェーンとして存在する「北海道」だ。

 鳥取で創業した北海道。その名前は、社長が北海道の寿司店で修行したことと、当初は北海道産のネタを多く取り揃えていたことから名付けられたという。

 しかし鳥取には境港漁港があり、日本海の新鮮な食材を提供できることから、いつの間にか山陰の海の幸がじっくりと味わえるグルメ回転寿司となり、系列の「すし弁慶」と共に人気を博している。

「今日はメッチャでかいのが揚がってきました」と書かれていたポスター、その日付を見たらなんと私が訪問した数日前! 最新のニュースをポスターにして店内に掲示しているのが凄い。そりゃ食べたくなる……。

〈推しネタ〉最も旬な地魚を厳選「おすすめ三貫盛」

 様々な三貫盛りがラインナップする北海道で、これは日替わりの三貫盛。その時最も旬な地魚を3つセットにしたもので、この時は「特大生えび・炙りかます・白ばい」で、それぞれ境港漁港から直送されたもので、新鮮さを存分に感じることができる。

〈推しネタ2〉ひたすら柔らかい「いさき」

 もう一つの推しネタは地魚の「いさき」。淡泊ながらも柔らかく、口に入れるとスイーツのような食感がたまらない。

5位 もりもり寿し (石川)

 北陸でも石川は特にグルメ回転寿司の激戦区。ここ「もりもり寿し」は石川県を中心に、首都圏のショッピングセンターにも出店するグルメ回転寿司だ。

 数々の高級寿司店がひしめく金沢で、金沢まいもん寿司と共にしのぎを削るのがもりもり寿司。2016年には能登半島の宇出津新港に能登総本店もオープンし、北陸発祥回転寿司のイメージリーダーとしての地位を高めている。

 もりもり寿司1号店である野々市店は、能登総本店ができる前は本店扱いだった。これはまだ本店だった時代の写真で、什器メーカーや取引のある卸業者などがスペシャルサンクスとして飾られたもの。キラキラ具合に金沢を感じる。

〈推しネタ〉白身の大トロ!「のど黒炙り」

 日本海を代表する寿司ネタ、のどぐろ。良質の脂身が楽しめて、白身の大トロとも呼ばれることもある高級魚だ。

 もりもり寿司ののどぐろはたっぷりと脂が乗り、ネタの厚みも十分。軽く炙られたことによるビターな風味が、柔らかい白身の甘さと旨味を最大限に引き出してくれる。さすが金沢ののどぐろだと思える一品だ。

4位 氷見きときと寿し (富山)

 富山では「きときと」という言葉は新鮮という意味で、その名のとおり地元富山の食材はもちろん全国の新鮮な食材が楽しめるグルメ回転寿司が「氷見きときと寿司」だ。

「ひみ寒ぶり」。それは富山湾にて冬の短い期間に定置網で捕獲され、氷見漁港で競られたぶりのブランド。産卵前のぶりは丸々と脂を蓄え、重さ6キロ以上になるという上物だ。

 そんな寒ぶりの聖地にある氷見きときと寿司では、他にないレベルのぶりを楽しむことができる。

 さすが富山!と思ったのは、タッチパネルが「鰤」から始まるところ。多くの回転寿司ではまぐろが主役だが、ぶりの聖地である富山では当たり前のようにぶりが主役なのだ。

〈推しネタ〉ぶりのイメージが一新!「ぶりとろ」

 訪問したのは12月、まさにひみ寒ぶりのシーズンだ。そこでオーダーした「ぶりとろ」は、ぶりの中でも特に脂身の多いネタ。とろけるような脂身が、口の中で柔らかく消えていく。ぶりのイメージが一新されるような衝撃体験だ。

〈推しネタ2〉この時期が最高!「地物甘えび」

「この時期(12月)の甘えびが最高なんですよ!」とプッシュされたのでオーダーした「甘えび」。その甘さ、そして柔らかさが素晴らしく、店員さんのプッシュには理由があると思えた一皿だ。

3位 金沢まいもん寿司 (石川)

 ネタの群雄割拠、シャリの百万石。最高の寿司を極めるべく数々の名店がひしめく金沢。そんな中でひときわ人気の回転寿司チェーンがここ「金沢まいもん寿司」。

 1999年に創業してから、ひたすら高級グルメ回転寿司路線を突き進む同店。現在は石川だけでなく、首都圏や西日本、そして海外まで17店舗で運営されている。

 金沢まいもん寿司は価格レンジが広く、回転寿司チェーンの中では高価格店に入るのではないだろうか。

〈推しネタ〉焼き&煮ツメ「自家製煮あなご食べ比べ」

「自家製煮あなご食べ比べ」は「焼き・煮ツメ」という、食感と味付けの異なる2つのあなごを食べ比べることができる。

 特に「焼き」の方はあなご本来の自然な甘みと焦げ目の苦味、そこに塩によってフィニッシュされる複雑な味わいを一度に味わえる。

〈推しネタ2〉コクのある能登塩の相性も抜群!「のどぐろ」

 上品なピンク色をした「のどぐろ」。金沢を代表する寿司ネタだ。

 夏ののどぐろは脂身が少なく、すっきりとした味わい。コクのある能登塩との相性も抜群で、見た目通り上品な味わいを堪能できる。

2位 若竹丸 (長崎)

 長崎を中心に展開する「若竹丸」。長崎産の数々の食材を楽しめる同店は、去年神奈川の藤沢に出店したことも話題になったグルメ回転寿司だ。

 有明海にほど近い諫早の地に本店を構える若竹丸。ネタは全て産地直送で、新鮮さとリーズナブルな価格の両立を実現している。また、回転レーンがなく、全て特急レーンという構成も特徴だ。

 メニューをよく見ると長崎ならではの食材がたくさんある。「ハーブ生サバ」や「鯨赤ベーコン」など、他の回転寿司チェーン店ではお目にかかれないものがいくつもある。そして全体的にリーズナブルな価格なのも嬉しい。

〈推しネタ〉臭みのない“ローカルブランドさば”!「ハーブ生さば」

 ハーブさばとは、長崎ハーブさば生産グループが共同で開発して生産するさばのブランド名。飼料としてナツメグ・オレガノ・シナモン・ジンジャーが与えられ、養殖で生産されているさばだ。

 通常、生のさばは臭みがあるため、酢などでしめられることが多いが、ハーブ生さばは臭みがないことが特徴。だから生のまま寿司のネタとして提供可能で、さば本来の濃厚な旨味が堪能できる。

〈推しネタ2〉え、170円ですか!?「炙りあなご」

 皿からはみ出すくらいの長いあなごが好きだ。数々の回転寿司店が高級ネタのひとつとしてあなごをラインナップしているが、若竹丸の「炙りあなご」はこの大きさなのに税抜170円なのだ。どうなってるの!? 味も絶品で、ふっくらと柔らかいあなごを甘めのタレと共に存分に楽しむことができる。

1位 めっけもん (鹿児島)

 ローカル回転寿司チェーンベスト15西日本編。素晴らしいお店ばかりで、ランキングは最後まで悩んだが、1位に選ばせていただいたのはこちら、鹿児島を中心にチェーン展開する「めっけもん」。

 めっけもんは桜島を望む商業施設「ドルフィンポート」が2005年にオープンすると同時に創業した回転寿司チェーンだ。同店舗はドルフィンポートが閉館するタイミングで2020年4月に近くに移転、リニューアルオープンを果たしている。

 現在も鹿児島を中心に展開するめっけもんは、鹿児島中央市場から毎日仕入れる地元の食材を数多くラインナップするグルメ回転寿司として、地元で高い人気を誇っている。

 コゼン、にが竹天、フエフキ鯛、メダイ、アラ、地グロ、コロダイ、ウスバハギ……。他の回転寿司チェーンでは滅多に見ることのないネタの数々が、はるばる鹿児島まで来たことを強く実感させてくれる。ちなみに「にが竹」は種子島名産のタケノコで、別名「ロケットダケ」とも言われている。

〈推しネタ〉炙りのメニューがやっぱり旨い!「えんがわホルモン炙り」

 地元の食材の数々もすばらしいが、どういうわけか炙りのメニューが全て最高だった。この「えんがわホルモン炙り」は厚みのあるえんがわを炙り、ホルモン用のタレで味付けされたもの。コッテリと脂が乗ったえんがわはひたすら柔らかく、ホルモンのタレと相まって異次元の旨さに溢れている。

〈推しネタ2〉これが“桜島”だ!「ネギトロ桜島」

 大量のネギトロを台形にしてシャリにかぶせ、山頂にはうずら玉子、そして辛味噌が流れ出ている。その姿はまさに噴火する桜島を表現した創作寿司だ。めっけもんのドルフィンポート店の窓からの雄大な桜島を見ながら食べる「ネギトロ桜島」は別格の味わいだ。皿のデザインも素晴らしい。

写真=BUBBLE-B

(BUBBLE-B)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング